【試写会】観る者を翻弄する《脳》コントロール・スリラー 『ジョナサン -ふたつの顔の男-』

Filmarks公式

フィルマーくま

『ジョナサン -ふたつの顔の男-』Filmarks試写会を50名様にプレゼント。応募締め切りは、2019年5月30日(木)まで。

アンセル・エルゴート主演 『ジョナサン -ふたつの顔の男-』Filmarks試写会へご招待します!

ジョナサン_2

 

《午前7時と午後7時》に切り替わる、ふたつの異なる人格

ひとつの身体にふたつの人格をもつ、アンセル演じるジョナサン/ジョン。12時間で人格が切り替わるため、ビデオテープにメッセージを残すことで知らない時間に起こった出来ごとを共有し、生活をおくる2人。すべてが順調だったはずが、ある女性と出会ったことにより、2人の歯車が狂いだす。

ベイビー・ドライバー』で大ブレイクを果たした注目株アンセル・エルゴートが主演を務める。共演に、『あと1センチの恋』のスーキー・ウォーターハウスマット・ボマーパトリシア・クラークソンなど実力派俳優が脇を固める。監督は、本作が長編映画デビューとなる新鋭ビル・オリバー

Filmarksユーザー50名様をご招待!

◼︎日時:2019年6月12日(水)開場18:30/開映19:00/上映後トークショー
◼︎上映時間:95分
◼︎会場:京橋テアトル試写室中央区京橋1-6-13 アサコ京橋ビルB1

【応募資格】
・Filmarksユーザーで当日ご参加いただける方
・対象作品をClip!(観たい)している方
・試写会参加日から2日以内に対象作品のレビューを投稿していただける方

【応募方法】
・応募フォームに必要事項をご記入の上ご応募ください

【当選発表】
・応募締め切り後当選者へのメールをもってかえさせていただきます

応募締め切り:2019年5月31日(金)23:59までのご応募分有効​

【ご注意点】
・当選権はご本人様のみ有効です
・当選権利の譲渡、換金は一切できません
・応募内容に不明な点があった場合は、応募を無効とする場合がございます
・試写会場までの交通費はご本人様ご自身でご負担ください
・開映後及び満席の際のご入場はいかなる理由(交通機関の遅れ、お仕事のご都合など)がございましても、固くお断りしております
・会場内でのご飲食、写真撮影、録音、録画はお断りします
・お使いのメールサービス、メールソフト、ウィルス対策ソフト等の設定により「迷惑メール」と認識され、メールが届かない場合があります。 (特にYahoo!メールやHotmailなどのフリーメールをお使いの方) その場合は「迷惑メールフォルダー」等をご確認いただくかお使いのサービス、ソフトウェアの設定をご確認ください

◆『ジョナサン -ふたつの顔の男-』information

ジョナサン_1

あらすじ:毎日ルーティーンの生活を送る、内向的なジョナサン。彼は自分の身体にもうひとりの人格をもっていた。自分とは正反対の性格の青年ジョンだ。脳にタイマーを埋め込み、お互いが12時間で切り替われるよう設定していたふたりは、ビデオテープにメッセージを残すことで、知らない時間に起こった出来事について共有しあっていた。全てが完璧のはずだった。ある女性と出会うまではー。

上映時間:95分
公開日:6月21日(金)より、新宿シネマカリテ他全国順次公開
配給:プレシディオ
公式サイト:http://jonathan-movie.jp/
(C)2018 Jonathan Productions, Inc. All Rights Reserved

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ヨラ
    -
    二重人格をまったく片方だけで描くってのがサスペンスで好き。だけどめっちゃくちゃ地味。すごく地味。
  • Kota
    3.8
    “君は誰だ。” 二重人格のジョナサン(アンセル・エルゴート)。朝は自分の人格で、夜はジョンという別の人格が現れる。二人はお互いを兄弟だといい、同じ体を共有しながらいくつものルールを決めて生きていた。しかしある日ジョナサンが体のダルさを感じた時から2つの人格は壊れだす。 もうこのストーリーラインだけでかなり面白そうでしょ。SFというよりはワンシュチュエーションスリラーに近くて、ジョナサン目線でしか話が進まないから夜のジョンの人格の時に何が起こっているのか手がかりを頼りに推測していくのが楽しい。世界観は“ガタカ”のような無機質な感じでより奇妙な設定が映える。アンセル・エルゴードファンは問答無用で必見。
  • よあしい
    4.2
    一つの体にふたりの兄弟が入っている。朝7時から夜7時までは兄、夜7時から朝7時までは弟。彼らは会うことなく、テレビに録画した自分たちを見てお互いの生活リズムや考えることを知る。 ふたりが一つの体にいるということで、ルールを作り守っていたはずだったが、破天荒な弟がガールフレンドを作ってしまったことにより、兄の生活まで狂うことになる。 なかなか面白い題材で、入れ替わりや一人二役のアンセルも見れるしとても良い静かな作品だと思う。が、展開が遅すぎてイライラする。 何もない家、殺風景なSFをコンセプトに作られた家が時間の進みをもっと遅く見せているのかもしれない。 ベッドがふたつ、食べ物もふたつずつ。整理整頓された家には兄の個性が強く響いている。 兄は仕事をし、弟は夜中遊びまわる。二日酔いは兄に影響し、その関係は次第に崩れていくが、こういうことが本当にあるんだろうなあと錯覚するようなうまい作り方で魅了された。 淡々と進んでいくが終わりにはほろっと泣ける良い作品だった。SFドラマ。
「ジョナサン ふたつの顔の男」
のレビュー(10件)