『スケート・キッチン』ニューヨークのガールズスケーターが原宿を絶賛「So cool!」【来日インタビュー】

映画のインタビュー&取材漬けの日々是幸也

赤山恭子

様々なカルチャーを発信するNYより、今とみに注目を集めているのが“スケートボード”。実際にスケボーを楽しんでいるガールズスケーターたちをスカウトし、彼女たちのリアルを描き出したのが、現在公開中の映画『スケート・キッチン』だ。

スケート・キッチン

ニューヨーク郊外に住む17歳の内気な少女カミーユは、スケボーに夢中。ある日、自分と同じくらい熱心にスケボーを楽しんでいる「スケート・キッチン」と呼ばれる女の子たちだけのスケートクルーと出会い、カミーユは仲間に入れてもらうことになる。「スケート・キッチン」内で紡がれる女同士の友情、ちょっぴり悪い遊び、そして恋――カミーユは思いがけない感情と向き合うことになる。

劇中では、カミーユを演じたレイチェル・ビンベルクを筆頭に、個性豊かなガールズスケーターたちが登場する。来日したアジャニ・ラッセルカブリーナ・アダムズジュールス・ロレンゾブレン・ロレンゾの4名にインタビューを実施すると、彼女たちのリアルな声、日本のカルチャーへの興味が色濃く出た。

スケート・キッチン

――『スケート・キッチン』は造語なんですよね。どうやって生まれたんですか?

ジュールス 女の子がスケートしているYouTubeの動画に、よく男の子が「女は台所にいろ」的な感じの皮肉ったコメントをしていたの。レイチェルが批判を踏み台に、裏を返すように、「女だし、キッチンの中でも外でも何でもできる」という意味も込めて、「スケート・キッチン」とつけたの。

スケート・キッチン

――『スケート・キッチン』は体験談を基に描かれているそうですが、皆さんにとって、スケートはどういうものですか?

アジャニ 新しい友達を作ることと、自分に自信を持てるためのスケートね。

ブレン 確かに、新しい友達ができるね! ただ、人生の中でスケートだけをしているわけではないので、息抜きでもあるかな。

スケート・キッチン

ジュールス ほかの国とか、言葉が通じないところに行っても、スケートがあればすぐにコミュニケーションを取れるし、友達を作るツールのひとつでもある。あとは、危険なときにはすぐに逃げられるし、場合によっては武器になるの(笑)。

カブリーナ 自分の人生の中の、もうひとつの人生かな。私たちはスケートだけじゃなくて、いろいろクリエイティブなことをしているから、スケートがすべてではないの。そこは映画とは違うところね。普段、自分がやっていることを抜け出してスケートをしたりすると、リフレッシュになるの。

スケート・キッチン

――スケート以外には、例えばどんな顔を持っているんですか?

ジュールス 曲を書いたり、ショートフイルムのスクリプトを書いたりしている。

ブレン 私も、音楽。

スケート・キッチン

アジャニ 私はモデルもやっているし、学校にも通っているわ。あとアーティストでもあるから、いろいろなメディアを作ってかなり大きな作品を作ったりもするの。そういうのから頭をリフレッシュするためにスケートをするのは、すごく気分転換になる。

カブリーナ ダンスも好き。あとはビデオを撮ったり編集すること、今はビジネスに興味がある。

スケート・キッチン

――日本にも独自のカルチャーがありますが、皆さんの目に、今の日本はどう映りますか?

アジャニ 日本に来る前に、映像ではなく日本のアニメを観ていて、イメージを膨らませていたのね。実際、渋谷に着いて歩いているときに、アニメが現実になっている感じがしたというか……! ギャップというか、自分がアニメの世界にいるみたいに感じて、すごく面白かった!

ジュールス アニメで見たことがあるから、実際に来ると「あ、見たことがある」という感覚になるんだけど、「本当にここに今、私がいるんだ」という不思議な感じになるよね。

スケート・キッチン

――どんなアニメを観ていたんですか?

アジャニ 「ONE PIECE」、「HUNTER×HUNTER」も観たわ。クールよね。

スケート・キッチン

――今日の撮影場所は原宿ですが、原宿はどうですか?

全員 So cool!

ジュールス ショッピング、大好き! 原宿で買い物するの、すごい好き。

ブレン ニューヨークにあるものとは違うから、格好いい。ここに来ると、日本人以外にも海外から来た外国人とも会ったりするので、すごく面白い。いろいろな人が集まって、ここで再会するのも不思議な感じ。

カブリーナ 渋谷から原宿は思った以上に近いから、スケートで移動できたら楽しそうだしね。それに直線的な建物の作りや、ビルの色が好き。看板もすごく興味深いわ。いちいちキャラクターがいたりするのが、面白いしね。

スケート・キッチン

――特に原宿や渋谷に集う日本の若い子に、『スケート・キッチン』は共感を呼ぶ作品かもしれません。どんなことを感じ取ってほしいですか?

アジャニ スケートをしている女の子たちにフォーカスが当たっている話だけど、スケートじゃなくても、自分がやりたいことをやるのに年齢も格好も関係ないし、やりたいことをとことんやってほしいと思う。

ジュールス そうね。自分のやりたいことをやっている人たちが少ないとしても、続けていくことによってコミュニティが増えることは、メッセージとして伝えたいわ。

スケート・キッチン

全員 ぜひ楽しんでね!(取材・文=赤山恭子、撮影=映美)

映画『スケート・キッチン』は渋谷シネクイントほかにて公開中。

スケート・キッチン

出演:カブリーナ・アダムズニーナ・モランジェイデン・スミス ほか
監督:
クリスタル・モーゼル
公式サイト:http://skatekitchen.jp/
(C)2017 Skate Girl Film LLC.

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • あっこ
    3.5
    2019.5.21 渋谷シネクイント ◎
  • Mayo
    4.1
    女の子がただずっとスケートしてるだけなのに何でかずーっと見ていられた。 まるでドキュメンタリーのように切り取られていく女子スケーターたちの日常。ただ滑る、喋る、傷つく。妙にリアルで、オシャレでかっこいい。それもそのはず、スケートキッチンのメンバーを演じているのはみんな、実在する〝The Skate Kitchen〟という女子スケーターのグループのリアルなメンバーたち。だからスケートはもちろん上手いし、上手に追っていくカメラワークが臨場感と爽快感を煽る! ストーリーはあるんだけどセリフは用意されてない、みたいな感じの映画(わかんないけど)。スケートキッチンの皆が自然体ですごく共感できる。 主人公カミーユを演じたレイチェル・ヴィンベルクも、スケートキッチンの立ち上げメンバーだというから驚き。ゆるっとしたロングのブルネット、半パンにTシャツ、メガネのスタイルながらお顔も可愛く、物思いにふけっている表情がなんとも魅力的だった。 Instagramを見てみると、他のみんなもほぼそのままのファッション、スタイルで映画に登場してる。ニューヨークのリアルな若者たちって感じで楽しい。 この映画の元となったmiumiuプレゼンツの動画「That one day」も観ましたが、衣装がmiumiuっぽくオシャレ度がかなり高くて、10分程度の動画なのでストーリーというよりは映像として美しい感じで、ここから映画として作るときにこんなにリアルな方向に持ってこれたのはすごいなと思った。 みんなといる今孤独を感じなくなったよって話すシーンはこの動画にも映画本編にも存在しているんだけど、主人公の気持ちの表現の仕方が全然変わっていて、映画版にするときに演出を変えたのは大正解だったと思う。 ニューヨークのあの街の中に、こんな世界があるんだ、と思うと最高にワクワクした。今どきの女の子の良さも悪さも、カッコ良さも切なさも、全部スケートを通して描かれている、おしゃれな映画だった。 女がスケートして何が悪い!
  • nam
    4.3
    ストーリーとか、そんなのあってもなくてもこの映画が好き。 彼女たちのファッションとか会話とか友情とか、マリファナとか男とかもマイルドに詰め込んだ青春的なやつ。何よりスケボーシーンがめっちゃかっこ良くて心底羨ましい🛹🍌 レイチェル・ヴィンベルクの憂いた表情や雰囲気が最高に良くて一気にファンになるミーハーっぷり。何度でも観たいよ。
  • KosukeKumakura
    3.8
    スケートキッチン、観た。 街並みがまず良い。NYやっぱり絵になる。また行きたい。カミーユの友達との付き合い方にはヒヤヒヤして、でもスケボーに乗ってる時は本当に自由に見えて。で、やっぱりそうなるよね、てなって。僕は、カミーユには共感できてしまう。好きな映画。ラストはあっさりだけどそれも青春か。クリスタル・モーゼル監督
  • 架空のかいじゅう
    4.5
    どこか垢抜けない女の子がスケボー乗ってる予告だけで 「あ、この作品見たい」と思い、想像通り求めてたものが映し出された。 都市の喧騒の中、並走するスケボー女子軍団の心の叫びのように力強くも切なく喚くBGMだけで目頭が熱くなった。 情報にまみれた街角で彼女たちだけを捉えるカメラの窮屈さが心理的に入り込みやすく、たまに高いビルから街を見下ろすのもまた良かったな~。 テレビゲームでしかトリック決めたことがないスケートチキン(...)ではありますが、 彼女らの足下の細かい動きが結構わかって視覚的に飽きる暇なかった。 スケボーってダイナミックかつ地味で、人や街と密接で、独特な絵面の魅力がある。
「スケート・キッチン」
のレビュー(424件)