【週末】6月1日お得なファーストデイに観たい!おすすめ最新映画8選

毎月1日は劇場鑑賞をお得に楽しめる「ファーストデイ」。

国内最大級の映画レビューサービス・Filmarks(フィルマークス)の評価やレビューをもとに、6月1日(土)に公開・上映中のおすすめ最新映画8作品をご紹介。

洋画[4作品]

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

ハリウッドが映画化した『GODZILLA ゴジラ』の続編。ゴジラ生誕65周年に相応しく、前作を凌ぐスケールでゴジラやキングギドラなど怪獣たちの戦い、そして彼らから世界を守るために戦う人々の死闘を描く。

先行して鑑賞したFilmarksユーザーからは、「東宝怪獣が神々しく美しい壮大なド迫力バトルを繰り広げる!」「これが見たかった」「最高に素晴らしいゴジラ映画でした……。予想を遥かにうわ回るおもしろさ」「音楽も最高に良かった」といったレビューが集まっている。

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

メモリーズ・オブ・サマー

メモリーズ・オブ・サマー

1970年代のポーランドを舞台に、12歳少年が夏休みを通じて、思春期特有の輝きと心の揺らぎを描くヒューマンドラマ。

アダム・グジンスキ監督自身の体験をもとにした本作は、子供から大人へ変化する時期の苦しくも甘酸っぱい成長模様をリアルに映し出す。

「少年が主人公の作品にここまで惹きつけられたのは初めてかも」「ひとつひとつが繊細で、その場面から登場人物の感情がくみ取れる」「母親の寂しさまで滲ませる終盤の描写が秀逸」など。

メモリーズ・オブ・サマー

誰もがそれを知っている

誰もがそれを知っている

第71回カンヌ国際映画祭オープニング作品。監督は『別離』『セールスマン』でアカデミー賞外国語映画賞を2度受賞している名匠アスガー・ファルハディ。主演を務めるのは、実生活で夫婦のペネロペ・クルスとハビエル・バルデム。

妹の結婚式のために故郷スペインに帰郷した夫婦の娘が、アフターパーティーのさなか何者かに誘拐されたことから、家族に隠された“秘密”が呼び覚まされる。身近な関係に潜む、疑惑や嘘が錯綜するヒューマンサスペンス。

「一見のどかなスペインの田舎町の景色と、こせこせした人間模様のギャップが怖い」「田舎特有の閉塞感と恐ろしさを感じさせる」「余韻がハンパなくて、全身に震えがきました」など。

誰もがそれを知っている

イングランド・イズ・マイン モリッシー, はじまりの物語

イングランド・イズ・マイン モリッシー, はじまりの物語

1980年代イギリスの音楽シーンを席巻し、後世に影響を与えたバンド「The Smiths」。そのボーカリストであるスティーヴン・モリッシーの若かりし頃の日々をつづる青春音楽映画。モリッシーを演じるのは『ダンケルク』のジャック・ロウデン。

高校を中退し、ライブハウスに通って批評を投稿する毎日を送っていた彼が苦悩と挫折を乗り越え、ミュージシャンとして生きる決意を固めるまでを描く。

「The Smithについて知らなくても1つの青春ストーリーとして全然楽しめた」「自暴自棄になりながら前に進む人の映画だった。最高」「サントラをチェックしたくなった」など。

イングランド・イズ・マイン モリッシー, はじまりの物語

邦画[4作品]

長いお別れ

長いお別れ2

日本アカデミー賞をはじめ、国内映画賞34部門を受賞した『湯を沸かすほどの熱い愛』の中野量太監督が、中島京子の同名小説を実写映画化。認知症によってゆっくりと記憶を失っていく父との7年間を通じて、母娘たちが自分自身に向き合う様子をユーモアたっぷりに描く。

認知症を患う父を山崎努が演じ、母を松原智恵子、長女・竹内結子、次女・蒼井優が務める。変化する時代に変わることのない大切なものは何かを問う感動作。

「キャストが素晴らしく内容も身につまされる」「思い返していても、また涙が出てきそう」「これから70代になっていく自分の父と母と一緒に、もう一度映画館で観たい作品」など。

長いお別れ

さよならくちびる

さよならくちびる

女性デュオ「ハルレオ」として門脇麦と小松菜奈のW主演でおくる青春音楽ムービー。監督は『どろろ』『黄泉がえり』などの塩田明彦。主題歌を秦基博が、挿入歌をあいみょんがそれぞれ担当している。

インディーズでにわかに人気を集める「ハルレオ」は、サポート役のシマ(成田凌)を従えて解散ツアーに出る。しかしそれぞれが複雑な感情を抱えたまま、ツアーは思わぬ方向に転がっていく……。

「音楽が最強すぎる」「ハルが描く詩と三者三様の個性がぶつかり合っているのが印象的」「楽曲に込められた2人の思いがストレートに心に響いてくる」など。

さよならくちびる

僕はイエス様が嫌い

僕はイエス様が嫌い

新鋭・奥山大史が監督・脚本・撮影・編集を手がけた初の長編作品。第66回サンセバスチャン国際映画祭で、最優秀新人監督賞を史上最年少(22歳)で受賞したことでも話題。

東京から雪深い地方にあるミッション系小学校へ転校することになった少年ユラ。日々の礼拝に戸惑っていたが、ある日他人には見えない小さなイエス様が彼の前に現れる。ユラは何でも願いを叶えてくれるイエス様を信じ始めるが……。

「子役さんたちの演技がナチュラルで素敵」「ただチャーミングなだけではない心に沁みる映画」など。また、是枝裕和、岩井俊二、行定勲ら映画監督も賞賛のコメントを寄せている。

僕はイエス様が嫌い

LUPIN THE ⅢRD 峰不二子の嘘

LUPIN THE ⅢRD 峰不二子の嘘

モンキー・パンチ原作「ルパン三世」のメインキャラクターにスポットを当てるスピンオフシリーズの第3弾。抜群の美貌とプロポーションを武器に、ターゲットを奪うヒロイン・峰不二子の危機と活躍を描く。

父親が横領した5億ドルの鍵を握る少年とともに、殺し屋に命を狙われ、追われる身となった不二子。その5億ドルを狙うルパンと次元の助けを得て逃げのびるも、再び二人に魔の手が襲いかかる……!

「圧倒的に美しく格好いい不二子ちゃん、最高」「ルパン&次元もカッコよくて素敵な作品でした!」「鉛筆で書いたような映像。たまらなく官能的でストーリーも面白い」など。

LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘

以上おすすめ8作品。お得に楽しめる6月1日(土)は映画館へ!

【文/真央masao】

※地域によって公開時期・上映館の有無は異なります。※記事に掲載されているFilmarksユーザーのレビューは2019年5月29日時点のものです。

(C)2019 Legendary and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved.、(C)2016 Opus Film, Telewizja Polska S.A., Instytucja Filmowa SILESIA FILMOWA, EC1 Lodz -Miasto Kultury w Lodzi、(C)2018 MEMENTO FILMS PRODUCTION - MORENA FILMS SL - LUCKY RED - FRANCE 3 CINEMA - UNTITLED FILMS A.I.E.、(C)2017 ESSOLDO LIMITED ALL RIGHTS RESERVED.、(C)2019「長いお別れ」製作委員会 (C)中島京子/文藝春秋、(C)2019「さよならくちびる」製作委員会、(C)2019 閉会宣言、原作:モンキー・パンチ(C)TMS

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS