【古市 憲寿】今、実写版として蘇る意味のある作品『アラジン』

抜け出す勇気をくれる名作です

a

社会学者 作家 古市 憲寿さん

ふるいち・のりとし/1985年東京都生まれ。著書『絶望の国の幸福な若者たち』『誰も戦争を教えてくれなかった』などで注目を浴びる。『だから日本はズレている』『保育園義務教育化』『平成くん、さようなら』など他にも著作多数。最新刊は『誰の味方でもありません』。慶應義塾大学SFC研究所上席所員。

従来の物語の魅力プラス
現代的アレンジが随所に

a

子どもの頃からアニメーション版『アラジン』が大好きで繰り返し観ていました。実は中学1年の文化祭でアラジンの劇をクラスで発表することになった際、僕が脚本と監督・演出を担当したほど。それぐらい好きで、思い出深い作品です。だから実写化されると聞いてとても楽しみにしていました。

本作を観てまず驚いたのは王女ジャスミン。現代的な女性の強さが色濃く投影されていました。お城から飛び出してアラジンと出会い、恋に落ちて結婚を望むところは同じなのですが、加えて本作のジャスミンは真剣に国民の幸せを願い、ごく当たり前に女性の自分が王位を継承することを考えている。彼女がより主体的に自分の力で未来を切り開く存在として描かれている点がとても新鮮で、いかにも2019年らしさがあって素敵だなと思いました。

権力を求める怖さが伝わる
社会風刺の利いた作品

a

全体的にさわやかで気持ち良く楽しめるエンタメ作品なのですが、随所に風刺が利いていて、単なるファンタジーではないところが本作の魅力。例えば邪悪な国務大臣ジャファー。ナンバー2の立場から国王の椅子を狙って悪事を次々と画策し魔法のランプのお陰で一度は国王になりますが、彼の姿やたどる命運はいまの政治を風刺しているようにも見えました。何よりどんな政治家にも最初は根っこに「社会を良くしたい」といった自分なりの夢があったはず。それを忘れてジャファーのようにただ権力にしがみつくと欲望だけが肥大化し、結果的に不自由になっていくということを示唆しているように思えました。こんな具合に様々な社会風刺が内包されているので、世界情勢や社会問題を知っていると幾重にも本作を楽しむことができるはずです。

自由をつかむためには
世界を知り、勇気を持つ

a

最後にアラジンは魔法のランプという保険を、ランプの魔人ジーニーは宇宙一のパワーを、そしてジャスミンも今までの安定した暮らしを、彼らの〝本当の願い〟をかなえるために手放します。人は誰かと出会うことで新たな世界を知ることができる。でも、そこから一歩踏み出して自分を変えるためには、自ら選択する勇気が必要なのだとアラジンたちの行動から改めて気づかされました。

そして『アラジン』と言えば名曲「ホール・ニュー・ワールド」です。音楽と共にアラジンとジャスミンが魔法のじゅうたんで世界を旅するシーンはやはり圧巻。胸のすく爽快感があります。2人がそれぞれの日常から離れて世界を知るように、僕たち観客も映画を通して非日常を体験できる。今の社会に対して違和感があってもそれを受け入れなくていいし、もっと幸せに生きていい。そんな自由と夢を抱かせてくれる映画です。生きることに窮屈さを感じたり、閉塞感を覚えたりしている人にこそ届いてほしいなと思います。(談)

◆映画『アラジン』imformation

a

■STORY■ ダイヤモンドの心を持ちながら、本当の自分の居場所を探す貧しい青年アラジンと自由に憧れる王女ジャスミン、そして“三つの願い”をかなえることができるランプの魔人ジーニー。果たして3人はこの運命の出会いによって、それぞれの本当の願いをかなえることができるのだろうか――?

美女と野獣のディズニーが「アラジン」を実写化

監督:ガイ・リッチー
出演:ウィル・スミスメナ・マスードナオミ・スコットほか
音楽:アラン・メンケン
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
公式サイト:Disney.jp/Aladdin
(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

Rakuten TVで観る【登録無料】

 

※2021年8月30日時点のVOD配信情報です。

映画『アラジン』インタビュー連載

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • うんこ
    3.6
    金曜ロードショー
  • もちこ
    4.3
    歌が好き
  • Siri
    -
    記録
  • AO
    3.9
    ウィル・スミスいい アラビアの世界も好き
  • 秀ポン
    3.5
    オリジナルは、昔歯医者の待合室で部分的に見たことがあったかな?くらい。 面白かった。 何よりもまず 「『願い事を増やす』という願い事はNG」と、ちゃんと明言されていることに驚いた。 これまでの人生で、3つの願い事をどう使うかという議論には何度も遭遇してきて、そのたびに誰かから、『願い事を増やす』とかいう、空気ぶち壊しな回答が出てきて、その是非を問うターンが発生していた。 だけど、そもそも願えない願いとしてちゃんと設定されていたのか。じゃあ数多く繰り返されてきたあの議論は何だったんだよ。(この禁則が、リメイクによる追加要素である可能性もあるけど) 冒頭、国王が食べさしの肉を虎に投げやるところで、この国王への心象は悪くなっているので、用意された座にただ座っている王様よりも、俺が1番になってやるんだ!というジャファーの方をずっと応援していた。 (城で贅を凝らした暮らしを送る王様と、街でドブネズミと呼ばれて生きるアラジンの対比を見て、こんな歪んだ国をどうにかする話なのかなと思っていたけど、別にそういう話ではなかった。) ジャファーはまじでカッコよかった。「リンゴを盗めばコソ泥、国を盗めば支配者だ!」カッコいい〜。 アラジンより一枚上手なスリの技術とかもカッコいい。 それだけに終盤の詰めの甘さが残念だった、不確定要素である空飛ぶ絨毯は燃やしておくべきだったし、何よりもまずやるべきことは、最大の負け筋であるランプを無力化することだろう。彼は、最強の魔法使いにしてもらった後に、続け様にジーニーを人間に戻して解放してやるべきだった。 まあ、ジャファーがこの国だけで満足する男でない以上、目先の勝利よりも、今後のことを考えて願い事の権利をとっておきたかったというのも分かる。 だけど、自分より強い存在(ジーニー)が、誰の手にも渡り得るというリスクを軽視しすぎだろうとは思った。 ジャファーのキャラクター性が最もよく表れていたのは、最強の魔法使いになることよりも先に、国王になることを望んだ点だ。 彼にとって国王になる事の方が優先順位が高く、次善策として最強の魔法使いになることを望んでいた。 これはジャファーが、実質的な力よりも、周囲からその力を承認されることに重きを置いていることを示している。 ジャファーが、自分のことを2番手と言った部下を許せなかったのはそういう理由だ。彼は根本の部分で他者に依存している。 だから終盤で唐突にジャスミンと結婚しようとしたのも、別にジャスミンのことが好きだったからとかでは無くて、ただアラジンよりも自分を上として承認させたかったからだ。 周囲に自分を認めさせたいというこの欲求は、アラジンにも共通している。というか、ジャファーはアラジンがいつかなり得る可能性の姿として設定されたキャラクターだろう。 ところで、主人公のアラジンのことはあんまり好きじゃなかった。というより、ジーニーがアラジンにあそこまで肩入れする意味が分からず、それがずっと不満だった。 ジーニーがアラジンのことを特別だと思ったのは、彼がジーニーを解放するつもりだったから。途中でその約束を破棄してるんだから、ジーニーはアラジンのことを裏切り者として憎んでいたって良いはずだ。なのに何故かその後もアラジンのことを気にかけている風だったのが気に食わない。 それに願い事を軽視しすぎだろ、ってのも不満に思っていた。 特に、水中で溺れ、気を失ってしまったアラジンに、本人の了解なく願い事を使わせるシーン。 これをアリにしちゃったらもう何でもありじゃないか。主人が寝ている間に「ジーニーを解放する」って書類にサインさせちゃえば良いじゃん。 それに、引き裂かれた絨毯をついでみたいに直すのだってラインを超えてる。魔神って、自分では何一つ主体的に物事に関わることができない存在なんじゃないの? ジャファーの願い事を、アラジンの有利に働くように解釈したりと、全体的ななあなあさ、というよりもやっぱり、アラジンとの意味不明な馴れ合い関係がかなり不快だった。 ジーニーがアラジンのことが嫌いになっても、それでもアラジンに協力せざるを得ないような話にして欲しかった。(その協力関係を取り持つ役を、ジャスミンとその侍女に担わせればいいのに) 映像はすごい楽しかった。特にジーニー周り。アラジンを操り人形みたいに踊らせるところが好き。 歌も良かった。特にジャスミンのソロ曲。 ホールニューワールドは微妙だった。 なんか王女を広い世界に連れ出してる風だけど、むしろ地図なんかで勉強していた分、ジャスミンの方が外の世界に詳しいだろ。 話の中で浮いてる感じもした。(文字通り) 2が出るらしいので楽しみ。
アラジン
のレビュー(200868件)