【古市 憲寿】今、実写版として蘇る意味のある作品『アラジン』

Filmarks公式

フィルマーくま

現代社会や日常生活の窮屈さから
抜け出す勇気をくれる名作です

a

社会学者 作家 古市 憲寿さん

ふるいち・のりとし/1985年東京都生まれ。著書『絶望の国の幸福な若者たち』『誰も戦争を教えてくれなかった』などで注目を浴びる。『だから日本はズレている』『保育園義務教育化』『平成くん、さようなら』など他にも著作多数。最新刊は『誰の味方でもありません』。慶應義塾大学SFC研究所上席所員。

従来の物語の魅力プラス
現代的アレンジが随所に

a

 

子どもの頃からアニメーション版『アラジン』が大好きで繰り返し観ていました。実は中学1年の文化祭でアラジンの劇をクラスで発表することになった際、僕が脚本と監督・演出を担当したほど。それぐらい好きで、思い出深い作品です。だから実写化されると聞いてとても楽しみにしていました。

本作を観てまず驚いたのは王女ジャスミン。現代的な女性の強さが色濃く投影されていました。お城から飛び出してアラジンと出会い、恋に落ちて結婚を望むところは同じなのですが、加えて本作のジャスミンは真剣に国民の幸せを願い、ごく当たり前に女性の自分が王位を継承することを考えている。彼女がより主体的に自分の力で未来を切り開く存在として描かれている点がとても新鮮で、いかにも2019年らしさがあって素敵だなと思いました。

権力を求める怖さが伝わる
社会風刺の利いた作品

a

全体的にさわやかで気持ち良く楽しめるエンタメ作品なのですが、随所に風刺が利いていて、単なるファンタジーではないところが本作の魅力。例えば邪悪な国務大臣ジャファー。ナンバー2の立場から国王の椅子を狙って悪事を次々と画策し魔法のランプのお陰で一度は国王になりますが、彼の姿やたどる命運はいまの政治を風刺しているようにも見えました。何よりどんな政治家にも最初は根っこに「社会を良くしたい」といった自分なりの夢があったはず。それを忘れてジャファーのようにただ権力にしがみつくと欲望だけが肥大化し、結果的に不自由になっていくということを示唆しているように思えました。こんな具合に様々な社会風刺が内包されているので、世界情勢や社会問題を知っていると幾重にも本作を楽しむことができるはずです。

自由をつかむためには
世界を知り、勇気を持つ

a

最後にアラジンは魔法のランプという保険を、ランプの魔人ジーニーは宇宙一のパワーを、そしてジャスミンも今までの安定した暮らしを、彼らの〝本当の願い〟をかなえるために手放します。人は誰かと出会うことで新たな世界を知ることができる。でも、そこから一歩踏み出して自分を変えるためには、自ら選択する勇気が必要なのだとアラジンたちの行動から改めて気づかされました。

そして『アラジン』と言えば名曲「ホール・ニュー・ワールド」です。音楽と共にアラジンとジャスミンが魔法のじゅうたんで世界を旅するシーンはやはり圧巻。胸のすく爽快感があります。2人がそれぞれの日常から離れて世界を知るように、僕たち観客も映画を通して非日常を体験できる。今の社会に対して違和感があってもそれを受け入れなくていいし、もっと幸せに生きていい。そんな自由と夢を抱かせてくれる映画です。生きることに窮屈さを感じたり、閉塞感を覚えたりしている人にこそ届いてほしいなと思います。(談)

◆映画『アラジン』imformation

a

■STORY■ ダイヤモンドの心を持ちながら、本当の自分の居場所を探す貧しい青年アラジンと自由に憧れる王女ジャスミン、そして“三つの願い”をかなえることができるランプの魔人ジーニー。果たして3人はこの運命の出会いによって、それぞれの本当の願いをかなえることができるのだろうか――?

美女と野獣のディズニーが「アラジン」を実写化

監督:ガイ・リッチー
出演:ウィル・スミスメナ・マスードナオミ・スコットほか
音楽:アラン・メンケン
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
公式サイト:Disney.jp/Aladdin
(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

映画『アラジン』インタビュー連載

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • yuichiro
    4.0
    ナオミとウィルの映画 アラジン乙
  • mii
    4.0
    ジーニー♡
  • ゆづるす
    2.0
    アニメの方が圧倒的に好き
  • さのきち
    4.0
    アラジン A whole new worldはエモエモソングで最高ですよね。 ジャスミンが、バリキャリ感があって最高でした。
  • 勝ったのは農民だ
    3.7
    アニメ版『アラジン』のレビューにも書きましたが、正直言って、ディズニー・アニメの過去の名作を実写化する制作方針は、大ヒットしたとしても自分はあんまり好きではありません。 ただ、今作に関しては元々の『アラジン』が好きなこともあり、今まで観てきたディズニー実写化作品の中では1番面白かったです。 今回は具体的なストーリーのネタバレはしませんが、基本的には今作の鑑賞の前か後に元のアニメ版『アラジン(1作目)』を観て、比較して楽しむのを1番オススメします。🧞‍♂️ 🕌🕌🕌🕌🕌🕌🕌🕌🕌🕌🕌🕌🕌🕌🕌🕌🕌🕌🕌🕌🕌🕌🕌🕌🕌🕌🕌🕌 【アニメ版と比べてのプラスポイント】 ①ストーリー上で改編して新しい要素をいろいろ盛り込んだ製作者の挑戦する志。 ②山寺宏一さんをはじめとした声優陣の頑張り。 ③ウィル・スミスさんをはじめとした俳優陣の頑張り。 ④ミュージカル・シーンの実写ならではの迫力。 ⑤ジーニーや悪役のジャファーが実写版でも不自然に見えない。 🐒🐒🐒🐒🐒🐒🐒🐒🐒🐒🐒🐒🐒🐒🐒🐒🐒🐒🐒🐒🐒🐒🐒🐒🐒🐒🐒🐒 【マイナスポイント】 ❶いろいろストーリー上で元のアニメ版にはない新しい話やキャラクターを盛り込んでいるため、元のアニメが上映時間90分なのに対して、今作の上映時間128分は少し長いです。⏰ もうちょっとダイエットの余地はあると思いました。 ❷あと、オリジナルのアニメ版に比べると、長い時間の割にワクワクする時間は短かったです。 すごく美しい映像なんですが、「所詮、CGだろ」って思えてしまいます。😅 🧞‍♂️🧞‍♂️🧞‍♂️🧞‍♂️🧞‍♂️🧞‍♂️🧞‍♂️🧞‍♂️🧞‍♂️🧞‍♂️🧞‍♂️🧞‍♂️🧞‍♂️🧞‍♂️🧞‍♂️🧞‍♂️🧞‍♂️🧞‍♂️🧞‍♂️🧞‍♂️🧞‍♂️🧞‍♂️🧞‍♂️🧞‍♂️🧞‍♂️🧞‍♂️ 【ワクワクするところと、ワクワクしないところ】 元々のアニメ版でもあった、ジーニー登場からの洞窟の中でのミュージカル・シーンは圧巻だと思いましたし、パレードのシーンはCGも使っているんでしょうが、「魔法なんて使えなくても、あんなミュージカルシーンを撮れるだけで人間って凄い」と思いました。😁 そういう部分は普通に楽しめました。♨️ その反面、序盤の『プロジェクトA』みたいな逃走シーンはアラジン役のメナ・マスードさんも頑張ってるし、身体能力の高さも分かるんですが、なぜかワクワクしませんでした。 映像技術の進化に反して、そこは残念です。⤵️ 🗣🗣🗣🗣🗣🗣🗣🗣🗣🗣🗣🗣🗣🗣🗣🗣🗣🗣🗣🗣🗣🗣🗣🗣🗣🗣🗣🗣 字幕版で観るか❓吹き替え版で観るか❓迷いましたが、今回は山寺宏一さんの声が聞きたくて吹き替え版にしました。 ミュージカル・シーンだけは字幕版で観直したいです。 最後に一つ、どうでもいいんですが、個人的にはジャスミン役のナオミ・スコットさんが広瀬アリスさんに似て見えてしかたなかったです。😅
「アラジン」
のレビュー(82509件)