今、ハリウッドが最も欲しがる俳優【アンセル・エルゴート】最新作!ひとつの体にふたつの人格をもつ男。観る者を翻弄する、《脳》・コントロールスリラー

Filmarks公式

フィルマーくま

ベイビー・ドライバー』での大ブレイクが記憶に新しい注目株、アンセル・エルゴート主演の『ジョナサン ふたつの顔の男』が6月21日(金)に公開となります。

脳にタイマーを埋め込み、ひとつの身体を12時間ずつ共有しながら暮らす、全く異なるふたつの人格をもつ、ジョンとジョナサン。ふたつの人格の間で保たれていた均衡はある女性をきっかけに大きく崩れはじめる‥。

これまでにない新鮮な設定が観る者の《脳》を翻弄させるサスペンス・スリラー、その見所を紹介します。

ジョナサン

 

アンセル・エルゴートが演じる正反対なふたつの人格に惹き込まれる!

ジョナサン

本作の主人公、内向的で几帳面な性格のジョナサン、そして彼とひとつの身体を共有する自由奔放なジョンという全く異なるふたつの人格を演じ分けたアンセル・エルゴート。

彼は『きっと、星のせいじゃない』、『ベイビー・ドライバー』、『ビリオネア・ボーイズ・クラブ』などの主演作が続き、全米では10月に公開となる、早くもオスカー候補との呼び声も高い同名ベストセラー小説の映画化『The Goldfinch(原題)』のほか、来年は時代を超えて愛され続ける名作のリメイクであり巨匠スティーブン・スピルバーグ監督が手がける『West Side Story(原題))』での主演も決定している、今ハリウッドで最もアツい実力派俳優の1人です。

ジョナサン

そんな彼が今回の繊細な役を演じるにあたり、インタビューを受けたものをいくつか紹介いたします。

―今回、ジョナサンとジョンという正反対な性格をもつ二人のキャラクターを繊細な演技で巧みに演じられていましたが、どのように役つくりを行ったのでしょうか?苦労した点などはありましたか?

アンセル:どちらのキャラクターも楽しんで役作りしましたよ!映画の終盤にかけて、観ているこちら側がスクリーンの中のジョナサンとジョンに翻弄されていくような感覚に陥るかと思いますが、そういった展開に伴い、演技もだんだんと難しくなりましたね!

―ジョナサンとジョンは互いにいくつかのルールを設定していますが、貴方がもし彼らと同じ境遇だったらどんなルールを設定しますか?

アンセル:ジョナサンとジョンの性格は正反対である為、意見が食い違い、喧嘩をすることも度々ありますが、互いに互いを大切に思っています。そのような二人のマインドがルールにも反映されているわけですが、僕としては、“2人で1つの体を大事にする“というルールが何よりもかっこいいと思いますね。

アンセル・エルゴート自身が脚本と役柄に惹かれ、初めてインディーズ作品への出演を決めたという本作。全く異なるふたつの人格、複雑な設定上の役柄を繊細かつ見事に演じ分け、観るものを深く惹き込みます。進化し続けるアンセル・エルゴート、本作での演技も絶対に見逃せません!

  • ■世界観は“ガタカ”のような無機質な感じでより奇妙な設定が映える。アンセル・エルゴードファンは問答無用で必見。(kotaさん)
  • ■アンセルくんは本当にどんな作品にもハマる万能な役者さんだなと感じました。アンセルくんファンは必見です。(DIZさん)
  • ■2つの人格を持つジョナサン。全く同じ顔、同じ声なのに本当に別人なんだよなぁ、、、アンセル・エルゴートすごい、、、(TAKADAさん)
  • ■繊細すぎるが故の不器用さと、常に不満と不安を抱えたような表情。長身を持て余すような立ち姿は、青春の危うさと揺らぎそのもの。エル・ファニングと並んで「“今”をフィルムに焼き付けてくれてありがとう!」と感謝したくなる俳優さんです。(sironさん)

あなたの《脳》が翻弄される!コントロールの効かない展開、ふたつの人格がたどり着く衝撃の結末

ジョンさん

ジョナサン

全く異なるふたつの人格を、脳に仕込まれたタイマーによって、きっちり12時間ずつ切り替わるよう設定し、お互いにビデオメッセージでコミュニケーションをとり、5つのルールを守りながら共存するという、従来の二重人格を描いた映画作品に無かった設定が印象的な本作。

ジョナサン

ジョナサン

「もう一人の人格は12時間のあいだ、一体何をしているのか?」互いに時間制限のある中で繰り広げられる、ふたつの人格によるやり取りがいつのまにか観るものを翻弄していきます。ふたつの人格がたどり着いた予想外の結末に驚き、見終わった後は不思議な新感覚に襲われることでしょう。

  • ■今まで観た多重人格を扱った作品では、お互いの存在が邪魔になって自分こそ主人格だと主張するものが多かったけど、この作品は2つの人格が特別な兄弟のような関係性で繋がっていて、お互いを大切に、愛しあっていて切なかった。(jackyさん)
  • ■正解のエンディングがない今作に、人によって見解が違うのもまた面白く、映画の面白味を感じずにはいられない。(MiNoRiさん)
  • ■いちいち物語から我に帰る時間が挟まれる事で、否が応にも「今のって、本当はどうだったのだろう…」と考えずにはいられない。追い詰められている相手を知って、追い詰められていく。衝撃のラスト!ああ。やっぱり、もう一回観たいな。(shironさん)

ミニマルでスタイリッシュな画面、お洒落な世界観にも注目

ジョナサン

シーン毎に統一された色調、印象的な画角やカメラワークなど、全く異なるふたつの人格と彼らの暮らしを連想させるスパイスがあちこちにちりばめられた本作は、見終わった後何度も確かめたくなる魅力を秘めています。

ジョナサン

さらには全編を通して、登場する様々な空間や施設、町並み、インテリアやファッションがミニマルでスタイリッシュに演出されており、どのシーンを切り取っても絵になるお洒落さ。ただのスリラー映画には括り切れません。観る人それぞれ、きっとお気に入りの場面が見つかるはずです。

あなたの《脳》が翻弄される、スタイリッシュな新感覚サスペンス・スリラー、是非劇場でゾクゾクを超える新しい感覚を味わってみてください。

  • ■映画にもデザインされた映画とアートの映画があるんだなぁと思った作品。この作品はアートなのかなぁと。(ShoOguraさん)
  • ■出てくる部屋が凄くお洒落で綺麗なんだけど、生活感が全くない。不自然に綺麗すぎる。商品広告みたい。(yukaさん)
  • ■映像もきれいで、インテリアがおしゃれだった。(jackyさん)

◆『ジョナサン -ふたつの顔の男-』information

ジョナサン_1

あらすじ:毎日ルーティーンの生活を送る、内向的なジョナサン。彼は自分の身体にもうひとりの人格をもっていた。自分とは正反対の性格の青年ジョンだ。脳にタイマーを埋め込み、お互いが12時間で切り替われるよう設定していたふたりは、ビデオテープにメッセージを残すことで、知らない時間に起こった出来事について共有しあっていた。全てが完璧のはずだった。ある女性と出会うまではー。

上映時間:95分
公開日:6月21日(金)より、新宿シネマカリテ他全国順次公開
配給:プレシディオ
公式サイト:http://jonathan-movie.jp/
(C)2018 Jonathan Productions, Inc. All Rights Reserved

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • m
    2.8
    同じ人なのに違う人 こういうほぼずっと無表情な映画は苦手だなー、、
  • Vakira
    3.5
    「ベイビー・ドライバー」のアンセル・エルゴートが主演だったので見に行く。 ビル・オリバー監督って初めて見る。 二重人格話。こういう話ってよくあるミア・ワシコウスカがヒロインを演じた「嗤う分身」もそうだ。 元々はドストエフスキーのSF「二重人格」だ。 外交的でちょっとだらしない人格、真面目で几帳面な人格。ほぼ正反対の人格が一人の身体を使う。このアイデアを現代風にアレンジ。 1日キッカリ12時間づつの人生。トラブルが無いように入替り前にビデオにて申し送りを残す。 2人が同じ女性を好きなるパターンも大道ケース。 鬱になって死ぬことは両方の人格がいなくなることになる。 さあ~て・・・
  • 寧々
    3.4
    🌷映画館 🌷前売り券・ムビチケ 販売無し 🌷アンセル・エルゴートが二つの人格を持つ青年を演じ、昼間の人格"ジョナサン"目線で語られるサスペンス作品…と言うよりヒューマンドラマの様な作品でした。 午前7時から午後7時はジョナサン、午後7時から午前7時まではジョンと二つの人格を切り替えながら暮らしている。 ジョナサンは真面目で内向的な性格、 ジョンは破天荒な性格、 異なる暮らしと性格、また異なる時間帯を支配する二つの人格。 そして二人(人格)にはある3つのルールが設けられていた。 ①嘘をつかない。 ②1日1回ビデオレターでその日にあった事を報告する。 ③恋人を作らない。 ある日ジョンがルールを破ったのでは?と疑問を持ち始めるジョナサンは探偵を雇ってジョンの行動を調べ始める。 そこで初めてジョンがルール違反を犯し、彼女を作っていた事を知ることになるのだ。 二つの人格を持つ悲劇が描かれている訳だけど、常に自分の半日の記憶が無く、自分の行動が把握出来ないと言うのは、想像しただけでも恐ろしい。 そして別人格なのに同じ人を好きになると言う趣味趣向の一致から、一見不条理にも見えるパラドックスが生じてしまうのは、悲劇的ではあるけれど実は想定内の事なのかも知れないと思った。 ジョナサンとジョンの心の葛藤や、お互いを思い合う気持ちの温度差、 そして真実と嘘、裏切りがお互いを傷つけて行く哀しさが描かれていた。 ジョナサンとジョンの結末に何とも言えない気持ちにさせられる、不思議な余韻を残す作品だった。
  • いつもいっちゃん
    2.8
    アンセルくんを観る映画だった。 期待してたサスペンス色は少なめ。 少々退屈でした。 ふたつの人格を描くはずなのに、一つの人格を軸にして物語が展開するから少しバランスが悪いし、飽きる。 けど着地は合点がいく。
  • ちはるの映画
    3.6
    予告を観て、面白そうと思っていたけど、想像より良かった! 登場人物も最小限で最初は単調な感じだったけど演技が素晴らしかったです。 2つの人格が1つの体を共有しているというのが面白かったし、本当に全く別の人格と思わせる演技がとても良かったです。 主演のアンセル・エルゴートは初見だったけどとても素晴らしい俳優さんなんだと知れました。 スリラーということだったけど、ラストも含めてヒューマン映画と感じました。
「ジョナサン ふたつの顔の男」
のレビュー(387件)