【決定】2019年上半期 映画ランキングTOP10発表!満足度No.1は『アベンジャーズ/エンドゲーム』

国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」は、サービス内のデータに基づいた「2019年上半期 映画ランキング」を発表。

2019年1月1日から6月30日までの間に、国内の映画館で公開された映画を対象に、Filmarksのデータをもとにした「満足度(★スコア)ランキング」と「レビュー数ランキング」を算出しました。

満足度ランキングは、大作を中心とした「レビュー数1万件以上」を対象にしたものと、ミニシアター系を中心とした「レビュー数500〜9,999件」のふたつのランキングがあります。

満足度ランキング【レビュー数:1万件以上】

10位『キングダム

キングダム

★★★☆☆3.898[4月19日公開]

中国の春秋戦国時代を舞台にした原泰久のベストセラー漫画を『いぬやしき』の佐藤信介監督が実写映画化。大将軍を夢見る少年と、中華統一を狙う若き国王の運命を壮大なスケールで描く歴史エンターテインメント大作。

キングダム

9位『七つの会議

七つの会議

★★★☆☆3.899[2月1日公開]

池井戸潤の同名企業犯罪小説を実写映画化。結果第一主義の中堅メーカーを舞台に、部下からのパワハラ告発をきっかけに起こる波乱を描く。主演の野村萬斎のほか、香川照之、及川光博、片岡愛之助ら池井戸ドラマ常連キャストが顔を並べた。

(C)2019映画「七つの会議」製作委員会

8位『運び屋

運び屋

★★★☆☆3.924[3月8日公開]

老人がひとりで大量のコカインを運んでいたという前代未聞の報道記事をもとに、巨匠クリント・イーストウッド監督・主演で映画化したヒューマン・ドラマ。仕事一筋に生きてきた孤独な90歳の男が、メキシコの麻薬カルテルの運び屋の仕事をすることになる。

運び屋

7位『キャプテン・マーベル

キャプテン・マーベル

★★★☆☆3.947[3月15日公開]

マーベルシリーズ初、女性ヒーローが単独主役となったアクション。アベンジャーズ結成以前の1990年代を舞台に、過去の記憶を失くしたキャプテン・マーベルの戦いを描く。『ルーム』で第88回アカデミー賞主演女優賞を受賞したブリー・ラーソンがキャプテン・マーベルを演じる。

(C)2019 MARVEL

6位『コンフィデンスマンJP​

コンフィデンスマンJP

★★★★☆4.054[5月17日公開]

さまざまな業界の華やかな世界を舞台に、長澤まさみ、東出昌大、小日向文世が演じる信用詐欺師“コンフィデンスマン”が、欲望にまみれた人々から奇想天外な計画で大金を騙し取る痛快エンタメTVドラマの劇場版。お馴染みのメンバーが香港を舞台に、壮大な計画を実行する。

コンフィデンスマンJP

5位『グリーンブック​

グリーンブック

★★★★☆4.195[3月1日公開]

人種差別が残る1960年代のアメリカ南部で、「神の域の技巧」をもつ黒人ジャズピアニストと粗野なイタリア系白人運転手の2人が繰り広げる旅を、実話をもとに描いたロードムービー。本年度第91回アカデミー賞で3部門(作品賞、脚本賞、助演男優賞)を受賞。

グリーンブック

4位『アラジン​

アラジン

★★★★☆4.236[6月7日公開]

魔法のランプを手に入れた青年が愛する女性と繰り広げる冒険を描いたディズニー・アニメの名作を、「シャーロック・ホームズ」シリーズの名匠ガイ・リッチーが実写映画化。ランプの魔人をウィル・スミスが演じることでも話題を集めた。

アラジン

3位『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム

誇大宣伝

★★★★☆4.262[6月28日公開]

スパイダーマンこと高校生のピーター・パーカーが、『アベンジャーズ/エンドゲーム』後の世界を舞台に次なる戦いに挑み、ヒーローとして成長する姿を描くアクション大作。異次元の世界から来た男ベックとともに、世界各国に現れた炎や水などの自然の力を操るクリーチャーに立ち向かう。

2位『スパイダーマン:スパイダーバース

スパイダーマン:スパイダーバース

★★★★☆4.306[3月8日公開]

時空が歪められたことで異なる次元でそれぞれ活躍していたスパイダーマンたちが、一堂に会する世界を描いたアニメーション。第91回アカデミー賞で長編アニメーション賞を受賞。スパイダーマンとしてはまだ未熟な中学生マイルスがピーター・パーカーの指導によって成長していく姿を描く。

スパイダーマン スパイダーバース

1位『アベンジャーズ/エンドゲーム

アベンジャーズ/エンドゲーム

★★★★☆4.599[4月26日公開]

マーベルシリーズの完結編。最強を超える敵“サノス”によって、ヒーローたちを含めた全人類の半分を一瞬で滅ぼされた世界で、アイアンマン、ソー、キャプテン・アメリカたち残されたヒーローたちがもう一度集結。世界を救うために史上最大の戦いに挑む。

エンドゲーム

■11位以下はこちら

11位:『アクアマン』★3.880[2月8日公開]

12位:『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』★3.868[5月31日公開]

13位:『ブラック・クランズマン』★3.866[3月22日公開]

14位:『シャザム!』★3.848[4月19日公開]

15位:『愛がなんだ』★3.817[4月19日公開]

16位:『アリータ:バトル・エンジェル』★3.814[2月22日公開

17位:『女王陛下のお気に入り』★3.796[2月15日公開]

18位:『メリー・ポピンズ リターンズ』★3.754[2月1日公開]

19位:『名探偵ピカチュウ』★3.751[5月3日公開]

20位:『翔んで埼玉』★3.733[2月22日公開]

※上記は、2018年6月30日時点のレビュー数が、1万件以上投稿されている映画を対象としたランキングです。

満足度ランキング【レビュー数:500〜9,999件】

PSYCHO-PASS サイコパス

★★★★☆4.043[2月15日公開]

人間の心理状態を数値化して管理する近未来の日本を舞台に、罪を犯す前の「潜在犯」を追う刑事たちの戦いを描いた人気TVアニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」の劇場版3部作の第2弾。2112年に発生した、無人の武装ドローンが国防省を攻撃する事件の真相に敏腕パイロットと刑事が迫る。

9位『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん

劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん

★★★★☆4.044[6月21日公開]

仕事一筋だった父を、息子のアキオがオンラインゲーム「ファイナルファンタジーXIV」に誘い、自分の正体を隠して共に冒険に出る。累計アクセス数1000万件超えの人気ブログを実写映画化した感動作。息子役を坂口健太郎、父役を吉田鋼太郎が務める。

劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん

8位『イップ・マン外伝 マスターZ

イップ・マン外伝 マスターZ

★★★★☆4.068[3月9日公開]

ドニー・イェン主演の「イップ・マン」シリーズのスピンオフ作品。かつてイップ・マンとの詠春拳の正統争いに破れて武術界を去ったチョン・ティンチを主人公に物語が展開される。ある出来事をきっかけに、町を仕切る反逆児キットたちと闘うことになるティンチの活躍を描く。

イップ・マン外伝 マスターZ

7位『プロメア

プロメア

★★★★☆4.070[5月24日公開]

「天元突破グレンラガン」や「キルラキル」を生んだ監督・脚本家コンビが再びタッグを組んで送り出す、初の劇場長編アニメーション。全世界の半分が消失した“世界大炎上”の30年後を舞台に繰り広げられる戦いを描く。ボイスキャストに松山ケンイチ、早乙女太一、堺雅人らが名を連ねる。

プロメア

6位『僕たちは希望という名の列車に乗った

僕たちは希望という名の列車に乗った

★★★★☆4.103[5月17日公開]

ベルリンの壁建設前、東西冷戦下の旧東ドイツで起きた実話をもとにした青春ドラマ。たった2分間の黙祷が反逆行為とみなされ、国家を敵にまわしてしまった18歳の若者たちをめぐる過酷な現実を描く。仲間を密告してエリートの道を歩むか、信念を貫いて大学進学を諦めるか、重大な選択を迫られる。

僕たちは希望という名の列車に乗った

5位『主戦場

主戦場

★★★★☆4.118[4月20日公開]

映像作家、YouTuberとして活躍する日系アメリカ人のミキ・デザキが、従軍慰安婦問題をめぐる論争に迫るドキュメンタリー。日本、アメリカ、韓国、肯定派と否定派それぞれの立場で、論争の中心にいる人物に取材を敢行。さらにニュース映像や記事の検証を交え、論争の裏にあるカラクリを明らかにする。

主戦場

4位『劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~​

劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~

★★★★☆4.125[4月19日公開]

吹奏楽に熱中する高校生たちの青春を描いた、京都アニメーションによるの人気アニメ「響け!ユーフォニアム」の新作劇場版。TVシリーズでは1年生だった主人公の黄前久美子らが2年生になり、新たに入部してきた1年生たちとともに全国大会金賞を目指す姿を描く。

劇場版 響け!ユーフォニアム 誓いのフィナーレ 劇場公開日 2019年4月19日

3位『ガールズ&パンツァー 最終章 第2話

ガールズ&パンツァー 最終章 第2話

★★★★☆4.174[6月15日公開]

2013年にTVシリーズが放送され、2015年に公開された劇場版もヒットを記録するなど人気を集めるアニメ「ガールズ&パンツァー」のOVA「最終章」の第2話。戦車でぶつかりあう武芸「戦車道」が普及した日本を舞台に、主人公・西住みほをはじめとした大洗女子学園の戦車道チームの活躍と成長を描く。

ガールズ&パンツァー 最終章 第2話

2位『劇場版 Fate/stay night Heaven's Feel II. lost butterfly​

劇場版 Fate/stay night Heaven's

★★★★☆4.175[1月12日公開]

ビジュアルノベルゲーム「Fate/stay night」を映画化した劇場版3部作の第2章。ヒロインのひとりである間桐桜を中心に、魔術師(マスター)と英霊(サーヴァント) が、どんな願いも叶う「聖杯」をめぐり戦う「聖杯戦争」の真実に迫ったシナリオルート「Heaven's Feel」(通称・桜ルート)を描く。

(C)TYPE-MOON・ufotable・FSNPC

1位『バジュランギおじさんと、小さな迷子

バジュランギおじさんと、小さな迷子

★★★★☆4.298[1月18日公開]

インドで迷子になった声が出せないパキスタンの少女を、正直でお人好しなインド青年が母国に送り届ける700キロの旅路と、国や宗教を超えてつながる絆を描くハートフルコメディ。『ダンガル きっと、つよくなる』『バーフバリ 王の凱旋』に次ぐ、インド映画歴代興行成績第3位を記録。

バジュランギおじさんと、小さな迷子

■11位以下はこちら

11位:『クリード 炎の宿敵』★4.038[1月11日公開]

12位:『劇場版 幼女戦記』★4.037[2月8日公開]

13位:『特捜部Q カルテ番号64』★4.019[1月11日公開]

14位:『凪待ち』★4.008[6月28日公開]

15位:『RBG 最強の85才』★4.002[5月10日公開]

16位:『洗骨』★3.992[2月9日公開]

17位:『マックイーン:モードの反逆児』★3.989[4月5日公開]

18位:『コードギアス 復活のルルーシュ』★3.980[2月9日公開]

19位:『ワイルドツアー』★3.978[3月30日公開]

20位:『新聞記者』★3.965[6月28日公開]

※上記は、2018年6月30日時点のレビュー数が、500〜9,999件投稿されている映画を対象としたランキングです。​

映画レビュー数ランキング

1位『グリーンブック』52,012件[3月1日公開]

2位『アベンジャーズ/エンドゲーム』49,976件[4月26日公開]

3位『アラジン』38,643件[6月7日公開]

4位『キャプテン・マーベル』32,243件[3月15日公開]

5位『キングダム』30,274件[4月19日公開]

6位『名探偵ピカチュウ』25,683件[5月3日公開]

7位『アクアマン』23,886件[2月8日公開]

8位『マスカレード・ホテル』23,520件[1月18日公開]

9位『スパイダーマン:スパイダーバース』22,851件[3月8日公開]

10位『名探偵コナン 紺青の拳』20,632件[4月12日公開]

※記事内の★スコア及びレビュー数は2019年6月30日時点のものです。※★スコアは、映画鑑賞後に各ユーザーが★の数(5.0点満点)で評価をしたものです。 ※各作品の★スコアは、順位付けのため最大で小数点以下3桁まで表示しています。サービス内の正規表示は小数点以下1桁までです。※本ランキングのレビュー数は、公開日から2019年6月30日までのMark!数を算出したものです。※レビュー投稿(Mark!)は、1作品につき1人1件までです。

(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会、(C)2019映画「七つの会議」製作委員会、(C)2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC、(C)2019「コンフィデンスマンJP」製作委員会、(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.、(C)2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.、(C)2019 MARVEL、(C)サイコパス製作委員会、(C)2019「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」製作委員会 (C)マイディー/スクウェア・エニックス、(C)2018 Mandarin Motion Pictures Limited All Rights Reserved、(C)TRIGGER・中島かずき/XFLAG、(C)Studiocanal GmbH Julia Terjung、(C)NO MAN PRODUCTIONS LLC、(C)武田綾乃・宝島社/「響け!」製作委員会、(C)GIRLS und PANZER Finale Projekt、(C)TYPE-MOON・ufotable・FSNPC、(C)Eros international all rights reserved. (C)SKF all rights reserved.

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS