クリスマスデートは映画で決まり!今年おすすめのスター・ウォーズ式デートプラン

2015.11.19
映画

映画は三度のメシの次に好き

もい

今年はまさに新しい歴史の1ページが始まるスター・ウォーズイヤー!『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の公開も近づき、映画館やレンタルショップなど盛り上がっております。

29504_I

「スター・ウォーズ知ってるけど…実際観たことない。」

全く恥ずかしいことではありません!むしろ今が絶好のチャンス。この盛り上がりに乗り遅れないように、特にカップルの方々に向けて、スター・ウォーズをテーマに二人の距離が近くなるデートプランを提案します!

今年のクリスマスデートは『フォースの覚醒』を観に映画館へ!

今まさに話題となっている『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は、1977年〜2005年に公開されたエピソード1〜6からの新たなシリーズとして今年からスタートします。

監督は映画だけでなくテレビドラマなど幅広くその才能を発揮しているJ.J.エイブラムス。おなじみのキャストたちも出演が決まっており、すでに地球上の全スター・ウォーズファンが公開日を今か今かと待っています。

その公開日ですが、なんと12月18日(金)~!ということは、カップルにとっての一大イベントであるクリスマスは『フォースの覚醒』が上映中なのです。後々「この映画、クリスマスデートで映画館に観に行ったのよ!」と孫まで自慢できるように、記念すべき新シリーズを大好きな彼氏・彼女を誘って行きましょう!

事前準備が肝心!「愛が深まる」スター・ウォーズ6作品

クリスマスの予定も入れたし、もう安心だ。なんて思わないでください。カップルにとっては事前準備が二人をより近づけるポイント!スター・ウォーズのことよく知らないという方はさらにラッキー!なんと、クリスマスまでに事前準備を口実に約6回はデートができちゃうんです。

なぜ6回?そう、それはぜひ『フォースの覚醒』を観る前に観てほしい映画が6作品あるからです。全ての始まりであるジョージ・ルーカス監督の代表作『スター・ウォーズ エピソード1~6』です。

starwars_02

「一体どれが最初の作品なの?」よく質問を受けますが、スター・ウォーズは公開順(米国)に観ると以下のようになります。

1977年公開 『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』
1980年公開 『スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲』
1983年公開 『スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還』
1999年公開 『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』
2002年公開 『スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃』
2005年公開 『スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐』

1977年当時に、宇宙という撮影不可能な空間を表現した素晴らしい作品は、そのCG技術の発展と共に迫力あるCGでのシーンが増え、より壮大な作品となっていきます。しかし、ストーリーは4から始まり、1999年には1にさかのぼる形で公開されました。

彼氏・彼女の家に、DVDショップでレンタルして家デートでも良し。9月からはデジタル配信がスタートしたので、なんとPC・スマホ・タブレットなどでも見れるようになりました!鑑賞旅行と題して、新幹線の中や旅行先などで6作品いっき見も可能です!

「スター・ウォーズ」デジタル配信

身に付けたくなるグッズの数々

さて、6作品の予習も終わると、好きになってきましたよね?スター・ウォーズの世界!

彼女は可愛らしいドロイドたちに、彼氏は激しいライトセーバーでのバトルに夢中ではありませんか?現在、ロフト・トイザらス・ディズニーストア(12月4日~順次)、映画館の売店などの一部店舗では、特設コーナーが設けられるなどたくさんのグッズが販売されています。せっかくのクリスマスですから、彼氏・彼女へのクリスマスプレゼントスター・ウォーズグッズはいかがでしょうか?

例えば、彼氏へのプレゼントとして、スター・ウォーズ関連のビジネスグッズがオススメです。その中でもさりげなく毎日身につけられるものとして、ネクタイが豊富です。彼氏の好みに合わせて、色・デザインを選んでみてください。

starwars_03

12月4日~順次ディズニーストア限定店舗にて販売されるのが、PORTER×ディズニー×スター・ウォーズのコラボ商品です。彼女へのプレゼントでも良いですが、二人で一緒に持てるデザインがとても可愛らしいです!

“スター・ウォーズ女子”必見★ポップで可愛いディズニーストアオリジナルアイテム発売決定!!

ディズニーランドで銀河を旅しよう!

「ディズニーランドデート?そんなの行ったことあるよ!」というカップルの方々、スター・ウォーズ6作品を観たら、ぜひ今一度乗っていただきたいアトラクションがスター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニューです。

starwars_01

最新の3D映像により、リアルな宇宙旅行が体験できます。2013年にリニューアルされたこのアトラクションは、6作品の中でもあのシーンやこのシーンなど記憶に残るキャラクターや風景が広がります。ルートは54通りあり、何度乗っても新鮮で、シーンによって揺れ方なども変わってきます。6作品を観れば、さらに隠れたアレなどにも気づくかもしれません!

また、2016年2月上旬〜9月上旬の期間限定『フォースの覚醒』バージョンになるとのことで、鑑賞前と鑑賞後で何度も楽しめるのが嬉しいですね!

家デート、クリスマスプレゼント、ディズニーランドデート…そしていよいよ『フォースの覚醒』は目の前です!公開後の映画館は混雑が予想されます。

さらに、12月18日(金)の初日から3日間は、限定回のみメモリアル・パンフレット付きの上映があり、その回だけは11月18日(水)から座席指定券の先行受付が始まります。必ず上映劇場や時間などの最新情報を事前にチェックするのを忘れずに!

『スター・ウォーズ フォースの覚醒』公式サイト

そして最後に、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の予告編を観て、気分を盛り上げましょう!

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 年中女子無休
    2.8
    あなたの中のフォースが目覚める
  • Souma
    3.8
    『伝えろ。ミレニアム・ファルコンは、ハン・ソロが取り戻したとな。』 正直な感想を書くと 初観賞時は、オマージュばかりの内容が許せなかった。 これはリスペクトじゃない。 金をかけて作った、ただのファン映画だ!・・・とね。 文句を言いながら既に何回も観賞してるんだけど(笑) 3回目くらいから 懐古厨の悪癖をすべて捨て去ることで やっと楽しんで観ることができるようになったので 改めて再レビューすることに。 (以下の内容は今更なにを当然のことをとか思うかもしれないけど 以前の僕と同じでフォースの覚醒を楽しめてない人向けかな) この作品は SW初心者でも存分に楽しめて 往年のSWファンは、歴代のキャラや乗り物、オマージュで楽しんでもらうために作った、世代を超えるためのSWなんじゃないだろうか。 という解釈をすることで楽しむようにしてます。 いままでのシリーズと比べて政治的な要因はほぼ省略し 初心者や子供でも入りやすい単純な内容にして SWの魅力をできる限り詰め込んでる。 そして、この作品が新しいSWファンのために 捧げていると思う一番の要因は 主人公が女性になっている点だと思う。 (これは、配給がディズニーだから戦略的には当たり前なんだけど) SWファンの割合は男性が多かったと思うんだけど 主人公をレイ(デイジー・リドリー)にすることで 女性にも興味を持ってもらい BB-8という最高にかわいいマスコットで 心を鷲掴みにされたのは女性だけではないはずだし その上で過去のSW作品にも興味を持ってもらうという 隙の生じぬ二段構えどころか三段構えの 超戦略的な興行映画として大変素晴らしいと思う。 やはり「フォースの覚醒」は いままでSWを観たことない人に対して かなり配慮した作品であることには間違いないと思うし 内容自体も、過去のいいとこ取りしてるような作品なので 普通におもしろい仕上がりになっている。 ただ、一つだけ何回観ても納得行かないのが ラストのレイvsカイロ・レン いくら手負いとはいえカイロ・レンがあまりに弱くて…。 父を殺して、ダークサイドとしてより強くなった直後だというのに…。 控えめに言っても雑魚。 SWの良さって、やっぱり悪役にもあるはずなんだよ。 今作で欠けているものは、悪役の魅力だと思う。
  • ようせい
    -
    産業廃棄物
  • サケ
    4.0
    記録。
  • ツジヒロキ
    3.2
    あんまりやった、、、
「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」
のレビュー(70174件)