あの夏を思い出す。夏休みをノスタルジックに描いた映画12本

映画マニアと呼ばないで

夏りょうこ

大人になっても夏休みがあるかもしれないけれど、子供時代のワクワクするような夏休みや、思春期の甘酸っぱい夏休みのような時間はもう過ごせない。

記憶に刻み込まれた切ない思い出。ひと夏の冒険。出会いと別れ。

長い夏休みには、人生を変えるようなことが起きても不思議じゃない

そこで今回は、甘酸っぱい夏休みを思い出させてくれる夏休み映画を12本ご紹介しよう。

冬冬の夏休み』(1984)

いろいろあった夏休み

冬

小学校を卒業したばかりの少年が、入院中の母親の見舞いに行った後、妹と一緒に祖父の家で夏休みを過ごす。

監督自身の少年時代をモチーフにした作品。友だちと川で泳いでいたら、仲間外れにした妹が怒って服を捨ててしまい、裸で帰るハメになったという程度なら微笑ましいエピソードだが、強盗を目撃したり電車に轢かれそうになったり。おじいちゃんのいる田舎で過ごす夏休みにしては、少々ワイルドな日々である。

まだ幼い兄妹が、親と離れて知らない土地で暮らす不安や心細さ。そんなぼんやりした寄る辺のなさと、子供の視点から見た大人の世界が淡々と描かれる。例えば、妊娠をめぐる2つの騒動などはまさに大人の事情なので、困っちゃう。雨降って地固まるとはこのこと。古き良き日本の風景を思い出す台湾映画。

冬冬の夏休み

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

旅するジーンズと16歳の夏』(2005)

1枚のジーンズを通して

ジーンズ

生まれる前から母親同士が親友である幼なじみの4人は、16歳になって初めて別々に夏休みを過ごすことになる。

そんな4人が見つけたのは、体型がバラバラな彼女たち全員にピッタリ合うというジーンズ。この不思議なジーンズは、自分たちに幸運をもたらしてくれるはず。そう感じた彼女たちは、離れ離れになる夏休みにそのジーンズを順番に履いていくことにする。

キャッキャした青春メモリー映画かと思いきや、四人四様の人生がなかなかのもので、中にはハードな問題を抱えた子もいたりして、だからこそ絆が深いのだろう。旅するジーンズは、彼女たちの怒りや悲しみ、苦悩を見つめていく。みんなそれぞれいろいろある。続編『旅するジーンズと19歳の旅立ち』(08)と併せて観るべし。

旅するジーンズと16歳の夏

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

大人ドロップ』(2013)

言い出せなくて

大人ドロップ

男子高校生の主人公は、親友に頼まれて自分の好きな女の子をデートに誘うことになるが、ある出来事によって彼女と気まずくなり、そのまま夏休みを迎えてしまう。

片思いの女の子が夏休み中に高校を辞めると知ったら、そりゃもう会いに行くしかないだろう。辞める理由もわからないし、仲直りもしていないから、気持ちの整理がつかない。しかし、だからといって、彼女の居場所情報が「あそこらへんのどこか」レベルで行ってしまうところが、男子のバカでカワイイところだ。

居ても立ってもいられないまっすぐな衝動。大人になっても忘れられないあの夏休み。池松壮亮の親友である前野朋哉が、冴えないくせに自意識過剰という思春期特有の味わいで、複雑な家庭事情を抱える橋本愛の神秘的で大人びた雰囲気が、男子は憧れるだろうけど手に負えない感じでよい。

大人ドロップ

僕のスウィング』(2003)

君と音楽に出会った夏

僕の

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS