菅田将暉が数学で戦争を止めようとした男を熱演。戦艦「大和」建造の攻防を大胆な解釈と圧巻のVFXで描く『アルキメデスの大戦』

Filmarks公式

フィルマーくま

戦艦「大和」。それは巨額の資金を投入し、極秘裏に建造された日本海軍の切り札で、史上最大の戦艦。しかし、出撃機会は限られ、さしたる戦果は挙げられず約3000人もの乗組員とともに撃沈した悲運の戦艦。『アルキメデスの大戦』はそんな戦艦「大和」の建造を巡る攻防から、第二次世界大戦の日本軍のあり方を数学的見地から捉え直した画期的な作品です。『ドラゴン桜』などで知られる三田紀房の傑作漫画を『永遠の0』の山崎貴監督が、菅田将暉をはじめとする豪華キャストと、大迫力のVFXを駆使して完全映画化。現代に生きる我々に、あの戦争と日本人はどう向き合うべきかを問いかけます。

アルキメデス1

 

数学で戦争をと止めようとした男

主人公は、100年に1人の天才数学者と呼ばれた櫂直(かい ただし)。帝国海軍の算出した戦艦「大和」の建造費の問題点を明らかにするため、山本五十六少将にスカウトされ、設計図や材料費などの情報は一切得られないにもかかわらず、驚異的な論理的思考と数学センスで戦艦「大和」の真の建造費を突き止めようとします。建造費見積もり額の捏造は、新国立競技場の建設費の膨れ上がりや厚生省の統計改ざん問題など、現代の日本社会にも通じる根深い問題。第二次大戦前の日本が舞台ですが、ここに描かれる問題は日本にとって強い普遍性のあるものなのです。

美しいものを見たら測らずにはいられないという計測マニアでありながら、無為な戦争を止めねばならないという正義感も合わせ持ち、不合理な巨大戦艦建造を押し通す軍部に、数学者らしい理知で真正面から立ち向かう主人公の姿は、現代の日本人にとって観ていて思わず熱くなることでしょう。

アルキメデス2

アルキメデス7

  • ■ 最後の展開が本当に予想外… ‪すごかった…もう戦争は二度と起こしたくない…(マーコさん)
  • ■ 最近の邦画の中で圧倒的に良かった!!(ややさん)
  • ■ 戦争への見方が変わった作品です。ぜひ若い世代にも見ていただきたいと思います。(かめさん)

伝説の戦艦を緻密に再現した圧巻のVFX

山崎貴監督作品と言えば、ハイレベルなCGを駆使したVFX技術について語らずにはいられません。『永遠の0』では、空母やゼロ戦をCGで精密に再現して観客を驚かせましたが、今作で山崎監督が挑んだのは、史上最大の巨大戦艦「大和」の再現。沈没時の様子も、できうる限りの記録を集め忠実に再現。徹底的なリサーチのもと、人々が魅せられてしまう「美しさ」と、沈没してゆく「儚さ」を再現しています。

アルキメデス4

アルキメデス5

  • ■ たとえフィクションだとしてもこの映画を通してこちら側の胸を熱くさせ動かす力がこの作品にはあると思った。(ameさん)
  • ■ 山崎監督のVFXはサスガ。 大和の映像には満足。(タイガーくんさん)
  • ■ 迫力というか今まで見たことないような、その描き方に引き込まれました。(tttmmm10さん)

豪華キャストで魅せる緊迫の「机の上の戦争」

「数学は嘘をつかない」という信念を持ち、自分の合理性を認めようとしない国、日本を一度は見限ろうと思いながらも、愛する人と祖国を、愚かな戦争から守るために孤高の頭脳戦を戦う男を今やNo. 1若手俳優といっても過言ではない実力派・菅田将暉が熱演!

その他、このビッグプロジェクトに名優が集結。伝説の海軍少将・山本五十六役の舘ひろしをはじめ、柄本佑浜辺美波笑福亭鶴瓶小林克也小日向文世國村隼橋爪功田中泯などベテランから若手まで、演技派俳優が映画を盛り上げています。「机の上の戦争」というだけあって、建造費を巡る軍議のシーンは、名優たちの熱演によって戦闘シーンにまさるとも劣らない迫力、日本の未来をかけた戦いであることがヒシヒシと伝わってきます。

アルキメデス6

アルキメデス3

  • ■ 菅田くんはやっぱり素晴らしい俳優さんだなあとつくづく 若手でこのレベルの人はやはり 彼しかいないなー(ももさん)
  • ■ 菅田将暉の脇を固める國村隼、舘ひろし、橋爪功、小林克也、そして田中泯。ひとりひとりの個性が強いはずなのにうまく調和できているのはキャリアの長さや演技力の高さにあるのだろう。安心して観れる。(ameさん)
  • ■ わざわざあらたまって菅田将暉さんの演技が素晴らしい。などと言うのは論を俟たないかもしれません。 しかしそれでもなお素晴らしいと言いたくなるような内容でした。(しゅうさん)
  • ■ 菅田将暉は天才役が違和感なくハマる。柄本祐はすごくチャーミングな役どころで、多くの観客が彼に感情移入出来るはず。そして何より田中泯さんの圧倒的オーラと存在感。(桜新町さん)

 

この夏、必見の超大作であること間違いなし。迫力のVFXと豪華俳優陣の競演は劇場のスクリーンで体感すべき!!

◆『アルキメデスの大戦』information

アルキメデスポスター

あらすじ:1933年(昭和8年)。欧米列強との対立を深め、軍拡路線を歩み始めた日本。海軍省は、世界最大の戦艦を建造する計画を秘密裏に進めていた。だが、省内は決して一枚岩ではなく、この計画に反対する者も。「今後の海戦は航空機が主流」という自論を持つ海軍少将・山本五十六は、巨大戦艦の建造がいかに国家予算の無駄遣いか、独自に見積もりを算出して明白にしようと考えていた。しかし戦艦に関する一切の情報は、建造推進派の者たちが秘匿している。必要なのは、軍部の息がかかっていない協力者…。山本が目を付けたのは、100年に一人の天才と言われる元帝国大学の数学者・櫂直。ところがこの櫂という男は、数学を偏愛し、大の軍隊嫌いという一筋縄ではいかない変わり者だった。頑なに協力を拒む櫂に、山本は衝撃の一言を叩きつける。「巨大戦艦を建造すれば、その力を過信した日本は、必ず戦争を始める」…この言葉に意を決した櫂は、帝国海軍という巨大な権力の中枢に、たったひとりで飛び込んでいく。天才数学者VS海軍、かつてない頭脳戦が始まった。同調圧力と妨害工作のなか、巨大戦艦の秘密に迫る櫂。その艦の名前は、【大和】…。

出演:菅田将暉 柄本佑 浜辺美波
笑福亭鶴瓶/小林克也 小日向文世/國村隼 橋爪功
田中泯 舘ひろし

監督 脚本 VFX:山崎貴
原作:三田紀房『アルキメデスの大戦』(講談社「ヤングマガジン」連載) 音楽:佐藤直紀

上映時間:2時間10分
公開日:7月26日(金)全国ロードショー
配給:東宝
公式サイト:https://archimedes-movie.jp/
(C)2019「アルキメデスの大戦」製作委員会
(C)三田紀房/講談社

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • つち
    3.3
    すごく長かったけど最後はそういうことって思った😎
  • RAMPO
    4.3
    邦画に対しては、やや懐疑的に観る感覚が身についてしまってるので、本作についてもテーマが好みだったので観ただけで、あまり期待していなかったのですが、いや〜想定を超えて面白かったです。 冒頭にて結果が描かれ、そしてそれは史実でもあって、つまりは戦艦大和の建造は阻止できなかった訳で。本編はそこから遡って描かれるのですが、菅田さん演じる主人公、櫂少佐の孤軍奮闘ともいえる活躍ぶりが、何故その結果に繋がるのか、どの様に違和感なく描かれるのか注目していたのですが…。 日本国の現状を憂い、その将来を見据えて、最悪の状況下で最善の策を講じようとする、そこまでの先見の明は、おそらくは当時の海軍部内にもごく僅かにしかいなかったと思われますが、その海軍将官の深謀遠慮に素直に感動しました。 思えば、敵陣営となる巨大戦艦建造派の造船担当中将を演じた田中泯さんの演技は、当初から抜きん出てたのですよね。よく、目の動きだけで演じるってありますが、丸メガネによる演技・演出が素晴らしい。 菅田さんの演技は、その台詞回しや挙動だけみれば、ややオーバーに感じるほど(まるで演劇でも観てるかの様な)、作り物然としてもいるのですが、それがほど良い感じにこの大作巨編にマッチしてるんですよね。 いちいち挙げればきりがないですが、脇を固める役者さん、柄本佑さん、舘さん、國村さん、橋爪さん、更には鶴瓶さんも、本当に良い感じにそれぞれの役割を演じてます。山本五十六(舘さん)、怖っ! 戦艦大和の出航を見送る櫂少佐の台詞が、冒頭のシーンと相まって深い余韻を残します。 邦画も捨てたもんじゃないと感じられる傑作でした。
  • YH
    3.0
    淡々と進む感じだった
  • BiBi
    3.9
    面白かった!菅田くんのお芝居は良い。佑とふたりのバランスと演じる役の熱量とか、とても良かったです。いわゆる戦争ものではあるけど、戦闘シーンはほぼ無く、ちょっと切なかった。 大好きな小日向さんと田中泯さん出てきて私得でした。國村隼さんの重鎮感はさすが! そんな大物たちに囲まれても埋もれることのない菅田くん。ぶっ飛んだ役をするのを見るのが好きで、今作での彼は変人プラス人情味あって面白かったです。
「アルキメデスの大戦」
のレビュー(14489件)