深田晃司監督最新作『よこがお』は、主演・筒井真理子の“横顔”が出発点【インタビュー】

世界のディズニーを翔る元映画サイト編集長

鴇田崇

『淵に立つ』で第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門の審査員賞を受賞した深田晃司監督が、同作で毎日映画コンクール女優主演賞をはじめ、数々の映画賞受賞に輝いた筒井真理子と2年ぶりに再タッグを組み、自身のオリジナル脚本で放った最新作にして問題作、『よこがお』が公開に。

よこがお

今回描く女性は、看護師として正しく生きてきた、ごく普通の女性・市子の物語。予期せぬ理不尽な事態に巻き込まれ、築き上げたすべてが崩壊する絶望の淵のなかから、人生に復讐を仕掛けるヒロインの生き様を描く衝撃作で、カンヌ・ヴェネチアに並び、世界でもっとも歴史ある映画祭のひとつスイス・ロカルノ国際映画祭にも正式出品が決定している。夏の邦画で熱い視線を集めている本作について深田晃司監督にインタビューした。

よこがお

ーーなんでも筒井真理子さんの横顔が美しいから、という理由が映画製作の出発点だとうかがい、すごくびっくりしました。

深田監督 そうですね。「原作・筒井真理子」みたいなもので(笑)。前の映画が終わった後、プロデューサーと次もやりましょうという話になって、その時には筒井さん主演でいこうと決めていたんです。筒井さんには女優としてのポテンシャルが読めないというわくわく感があって、なによりどの作品、どの役柄、どの場面でも全力で取り組まれる方なので、ご一緒したかった。

よこがお

ーー筒井さんが放っている芳醇な美はもちろん、お芝居も非常にハイレベルですよね。

深田監督 俳優さんであて書きする場合、いろいろなパターンがあって、自分は経験ありませんがもしまったく演技ができない新人をプロデューサーから押し付けられたら、書ける内容がかなり限定的になってしまうはず。演技の幅が少ないから。その意味では筒井さんという最高に広いキャンバスを与えられたようなもので、何をやっても答えてくれるだろうと。だから今回みたいに二種の人格が並行して進行するような役柄でも、筒井さんなら演じられるという深いポテンシャルに惹かれた、ということはあったと思います。

ーー実際、撮影が終わったいま、いかがですか?

深田監督 今回の場合は、ほぼ出ずっぱりなんですよね。市子というキャラクターを、一緒に作り上げたという手応えはありますね。僕にとっても一人の人物を追っていく作業は新境地で、その結果は観客に委ねますが、筒井さんとも初めてがっつり取り組み、信頼関係が途中で崩れたら大変ですが、そうじゃなかったので、やり切った感はあります。新境地でいうと映画では『ブルージャスミン』(ウディ・アレン監督作)、『ブルーバレンタイン』(デレク・シアンフランス監督作)などもそうですが、物語を入れ子のようなトリッキーな構造にしたことは自分にとって初めてでした。

よこがお

ーーまた、筒井さん以下、共演の俳優陣も実力派ばかりでした。

深田監督 ありがたいですね。監督の仕事は<いい俳優を集めれば6割終わる>と聞いたことがありますが、本当にその通りだと思いますね。あとはもう演出というよりは、いい俳優さんがちゃんと力を発揮できるような脚本と現場を準備することだと思います。監督の仕事は、早い段階で終わっているようなもの。

市川実日子さん、池松壮亮さん、初めましての俳優さんと、それなりにきちんとお仕事できたので、俳優さんへの接し方という意味では、ちょっと経験値は上がったかなと思います。でも実際どうかはわからない(笑)。

よこがお

ーー苦手?

深田監督 いや、人見知りでしょうかね。初めての俳優さん相手だと人見知りが出て緊張して、普段から早口なのがさらに早口になって、何を言っているかわからないと言われたりもする。ちょっとずつ慣れてくればいいのですが、最初はダメですね。

ーーそれでいて、ご自身のカラーはどう出していくのでしょうか?

深田監督 監督はきちんとコントロールをするべきだとは思います。ただ、コントロールしすぎると、俳優が監督にふりつけられた人形みたいになってしまう。映画の場合はやっぱり集団創作で、また偶然に満ちた世界にカメラを向ける以上、いかにカメラの前に魅力的な偶然を呼び込めるかが大事になってくる。カメラにとって魅力的なものって止まっているものではなく、次の瞬間、どう動くかわからないものが基本的には面白いんですよね。たとえば動物や子どももそうですよね。予測不能。

でも、よく訓練された俳優の演技だと、その生々しさがなくなってくる。ちゃんと脚本通り、キャラクター通り正しくセリフを言ってしまうような。そうすると次にどう動くかわからないような生々しさがなくなってしまうけれど、いい俳優はちゃんと決められたセリフを言いながらも、その生々しさを保てると思っていて、あとは脚本をどう解釈しているかの問題。俳優自身もアーティストなわけで、いい俳優は脚本をどう理解したか見せてくれる。筒井さんは、そういう俳優のおひとりかなと思います。

ーー復讐や再生などが物語のエッセンスとしてあるなか、メインテーマは何でしょうか?

深田監督 それはなんだろう。でも、メインモチーフは、筒井真理子です(笑)。最終的に描けるものって、自分にとって信じられるものだと思っていて、結局どの作品にも通じることですが、「人は孤独である、孤独ではあるけれども、生きて行かなくちゃいけない」っていう部分かなと思っています。あえて言葉にすると。それが自分にとって信じられる世界観なので、その世界観が今回の『よこがお』にも反映されていると思っています。

よこがお

ーー悲観的なのでしょうか?

深田監督 特別に悲観的だとは思いませんが、生きていて辛いなとは思いますよね。そして誰しも孤独だと思う。孤独のままで生きることが辛いから家族を作ったり、家族や国家や宗教などに所属することによって、孤独を忘れながら生きようとしていて、でもふとした瞬間に孤独であることを人は思い出すもの。そういう瞬間を映画の中ですくいとっていきたい。

ーー映画を観ていて、気づきたくない、目を背けたい瞬間ってありますが、孤独もそうですね。

深田監督 でもそれは、誰しもの人生に訪れるであろう辛い瞬間の予行練習だと思いながら観ていただければ。僕は意外と真面目にそう思っています(笑)。(取材・文・写真=鴇田崇)

映画よこがおは、2019年7月26日(金)より全国ロードショー。

よこがお

出演:筒井真理子、市川実日子、池松壮亮 ほか
監督:深田晃司
脚本:深田晃司
公式サイト:
yokogao-movie.jp
(C)2019 YOKOGAO FILM PARTNERS & COMME DES CINEMAS

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ファイ
    4.2
    観賞後に何とも言えない気持ちになりました。主人公の不条理にも、巻き込まれた現実に、誰にでも起こりうるし、いざ起こったら、周りの人の変化に、耐えられなくなるんだろうなと怖くなりました。
  • ふみみん
    3.2
    本読んでから観た。市川実日子さんの何考えてるかわからない雰囲気が良かった。主人公が追いつめられてく様が伝わってきて怖かった。本ではハッピーエンドなのに対し、映画では先が知りたくなる終わり方だったので、私は映画の方が良かったと思ってます。
  • QTaka
    4.1
    自らの意思とは関係なく、どんどん追い込まれていく。 精神的に、とことん追いつめられる。 当然、観客も主人公と一緒に追い込まれる。 まるで、ジェットコースターに乗っているように。 . この映画の中に、おそらく、自分の姿を見つけることができるのだろう。 それは、誰にでも好かれる人当たりの良い看護師なのか。 その看護師を慕いながら、決定的な証言で追い込む女か。 必然か、偶然の悪戯か、加害者になった男か。 騒動に巻き込まれながら、傍で見ているだけの者か。 渦中の彼女を信じきれず、突き放してしまう者か。 それとも、噂に引き寄せられ、カメラやマイクの後ろに群がる群衆の一人か。 誰もが、どこにでも位置してしまうのかもしれない。 そう思うと、この追い込み型のストーリーの恐ろしさが増してくる。 . 私は、平生を一体どんな配役で生きているのだろう?などと考えてしまう。 物語の中で、主人公を渦中に突き落とす証言は、憧れ、嫉妬、横恋慕、殺意?、あるいは全くの無意識から生まれたものだろう。 それは、その言葉の意味、重み、影響、そしてその結末など一切を意識していない。 ある意味で無垢の心さえ見えてくる。 でも、その無邪気とさえ見える、幼ささえ感じさせる大人の女性への想いが、あまりにも稚拙で、幼稚な発想から生まれた発言によって、悪意になってしまう。 そう、それは、悪意のこもった発言としてしか見えないのだけれど、その真意に悪意はなかったのに違いない。そこまでの考えは毛頭なかったのだろうから。 . 無意識がもたらす悪意の表現。 家族ぐるみのお付き合いの中で、少女とその姉、おばあちゃんとお母さん、そして訪問看護師。 その関係は、一線を超えていて、定期的に訪問して、高齢おばあちゃんの介護を含め看護するだけではなく、時に姉妹の勉強に付き合い、姉はその看護師の姿に憧れ、自らの将来を重ね合わせているくらいだった。 そこには、年上の女性に対する憧れというより、同姓でありながらあるいは心を惹かれる想いがあった。 この想いが、しだいに歪んでいく。 姉を親友のように思っていた看護師は、その歪んだ想いに気づけなかった。 果たして、その想いに気づいたところで、一体何があったのだろう?その先もまた見えない。 そして、この物語では、その歪みが、家族と看護師、そしてその周囲に入った亀裂にくさびを打ち込む事になる。 この姉の、年上の女性に対する無意識の想いほど怖いものは無いだろう。 それは、本人にすら気づけない想いであるが故に、制御が効かない。 マスコミを前にしてついた嘘も、彼女にしてみれば、果たしてどこまで意図したものかわからない。 そして、物語の最後に登場する彼女の姿に、悪意のかけらも無い。 誰が悪かったのか。 誰に責任があったのか。 犯罪とは別のところで、悪意が人を惑わせ、追い込んでいく。 この物語のどこに分岐点があったのか。 . 追い込まれ、逃げ惑う、そして復讐を企図する筒井真理子さんの演技の凄さ。 それは「顔芸?」って言うとちょっと違う?。 でも、その表情に息を飲むシーンがいくつもある。 それは、時に幸せを表し、時に苦悩を、狂気を、絶望を表していた。 この物語の中で主人公は、六道を生きていたのだ。 その表情は、地獄・餓鬼・畜生・阿修羅・人・天と変幻自在だった。 一歩先の闇に気づくことができない私達は、このように転び、這い上がり、それでも救われる事なく、そして彷徨う。 それらを、その表情に込めたその演技は、私の眼をスクリーンに釘付けにした。 . 映画を見終わって、ロビーに出ると、深田監督が居られた。 慌ててパンフレットを購入してサインを貰った。 パンフには、脚本が掲載されていた。 すぐに確認したのが、ラストシーン。 丁寧にト書きが付されていた。 そうか、この想いだったんだ。と確認できた。 そして、この脚本の丁寧さこそ、このジェットコースターのような、激しい展開から脱線する事なく、最後まで役者を導いていたのだと思った。 翌日、深田晃司監督の特集上映が有った。 「椅子」「ジェファソンの東」「淵に立つ」と監督と筒井真理子さんのトークショーがあった。 深田監督の丁寧な映画作りと筒井さんの映画への愛情がよくわかるお話だった。 製作者達の生の声を聞くことはとても贅沢で楽しい時間だった。
  • なかやま
    4.3
    深田晃司監督新作「よこがお」 ごく普通でまじめな主人公に潜む影。 淡々とした居心地の悪い不穏さと、見事な対比。何度か鳥肌が立った。 やっぱりこの監督とんでもない、、、
  • lai
    4.6
    池松壮亮の声・語尾の生ぬるさ 筒井真理子の目じりから読み取る正しさと優しさ 市川実日子の袖丈が足りてない演出の細やかさ 苦しかった 本質的に人を許すとはどういうことなんだろう 最後のクラクション、長くてうるさかった(よかった) 上映後の深田監督×濱口監督のトークショーもよかった。
「よこがお」
のレビュー(2080件)