【大貫 勇輔】きっと誰もが笑い転げてしまうコメディ・ミュージカル!

Filmarks公式

フィルマーくま

ツッコミどころ満載!
そこが新鮮で楽しいコメディー映画です

a

ダンサー 大貫 勇輔さん

おおぬき・ゆうすけ/1988年神奈川県生まれ。7歳より母の経営するスタジオでダンスを開始。17歳からプロダンサーとして活躍。現在、フジテレビ系ドラマ「ルパンの娘」出演中。2020年2月上旬から村上春樹のベストセラーを舞台化した『ねじまき鳥クロニクル』(東京芸術劇場プレイハウス)に出演予定。

虚を突いて始まる
ミュージカルがクセになる

a

最初から最後までゲラゲラ笑いっぱなし。最高に面白かったです! いわゆるミュージカル映画って、いきなり歌って踊り出すという現実にはあり得ないシチュエーションに何の疑問も持たず、これがエンターテインメントなんだと捉えて楽しみますよね。ところが『ダンスウィズミー』は違う。「いやいや、それはないでしょう」とツッコミを入れながら楽しめる。むしろそれを前提に作られている気がしました。完全にコメディーありきのミュージカル。今までにない新しさを感じます。

特に僕が良いなと思ったのは現実と虚構のバランス。よくあるさりげない日常から突然、非現実の世界へ入っていく感じが絶妙なんです。例えば、レストランのシーン。主人公の静香は先輩と食事をしていたのに、曲が流れ出した途端、虚を突くように突然ミュージカルを始めてしまう。しかも踊りながらテーブルクロス引きをしたり、シャンデリアで空中ブランコをしたり。「普通だったらあり得ない」と思いつつも観ているうちに「楽しいからこういうのもアリかも!」と思わせてしまう妙なリアルさもあるんです。さらにひとしきりミュージカルした後にハッと我に返り、現実に戻るという演出も見事です。

親近感がわく静香が
どんどん愛おしくなる

a

それ以外のミュージカルシーンもどれも楽しかった。とりわけオフィスのシーンは、シュレッダーの紙くずを振りまくことでリアルさを際立たせながらダンスはどこかタカラヅカっぽくて印象的。この絶妙な振り付けは誰かなと思ったら、電撃チョモランマ隊というストリート系の方たちだったのが意外で驚きました。

静香役の三吉彩花さんのダンスも素敵でした。親近感がわくし、どんどん静香が愛おしくなりました。実は想像していたより曲数が多く、三吉さんがこれだけの曲のダンスと振り付けを覚えるのは相当大変だったのではないかと。僕も今、ドラマ「ルパンの娘」でミュージカル調にセリフを言うシーンでは、毎回楽しみつつも暑さと戦っています。一歩間違うと観ている人がその世界観に浸れないだけに難しい。そんなこともあって三吉さんに勝手にシンパシーを感じていました(笑)。

誰もが目が離せない
真のエンタメ映画

a

矢口監督の作品はほとんど観ています。どの主人公もスーパーヒーローではなく、弱点があるどこにでもいそうな普通の人。だけどやるときはやるといった感じですよね。主人公の小さな成長に、最後にはこちらもハッピーな気持ちになれるところも大好きです。『ダンスウィズミー』もまさにそう。静香が強烈で個性的な人々と出会いドタバタを繰り広げながら変わっていく姿から目が離せませんでした。個人的には静香を見つめながら「本来の自分を押し込めて日々を暮らしている人って多いのかも」と考えたりしました。今だからこそ、『ダンスウィズミー』で明るく笑って温かな気持ちになってほしいです。ダンスの魅力も満載! 踊りたくなる人が増えるとダンサーとして僕もうれしいですね。(談)

◆映画『ダンスウィズミー』imformation

a

■STORY■ 催眠術にかけられ、音楽が聞こえると歌い踊り出すカラダになってしまった静香。しかし、所構わず歌い踊るせいで、順風満帆だった人生がハチャメチャに。問題解決のため日本中を奔走するその先には、裏がありそうなクセ者たちとの出会いとさらなるトラブルが!果たして静香は無事に元のカラダに戻れるのか⁉︎

8月16日(金)全国ロードショー

出演:三吉彩花やしろ優chay三浦貴大ムロツヨシ宝田明
制作・脚本・監督:矢口史靖
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式サイト:dancewithme.jp
(C)2019「ダンスウィズミー」製作委員会

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • かないみちまさ
    -
    三吉彩花いい女優。
  • しょー
    3.0
    三吉彩花の印象が変わった! 踊りも上手く可愛かった! ムロツヨシのマジか!には笑った! 設定も他には無く斬新で良かった! ただ、ストーリーが微妙で音楽も少し古いのが残念だった!
  • おいさん
    3.6
    2020年5本目 作品中の挿入歌は懐かしい曲もあり楽しめますが、ミュージカルシーンそのものは少なめな印象。 「ミュージカルって、おかしい」という主人公が、催眠術で当事者になるという、予想通りのドタバタ劇ですが、主人公が催眠にかかった経緯として過去のトラウマなど丁寧に描写されていますので、自然に楽しく鑑賞することが出来ました。 子どもと鑑賞して気になる描写は一切ありません。肩の力を抜いて気軽に鑑賞できる作品だと思います。
  • 幻像
    1.5
    主演の女優さんが可哀想
  • 法月
    3.6
    「そもそもミュージカルってオカシクない? さっきまで普通に喋ってた人が急に歌いだしたりしてさ、そんなのヤバい人だよ、ミュージカルなんてバッカみたい!」 同意っす😂 だからミュージカル映画が昔っから苦手.... なんだけど、これはそれを逆手に取ったコメディ。もしかして日本版「ラ・ラ・ランド」を狙ってるのか?っていう嫌な予感を完全に裏切ってくれてホッとしました。 三吉彩花、ますますキレイになって.... まぁ彼女のいろんなダンス観れただけでも十分楽しめましたよ。 中盤からのグダグダなロード・ムービー展開も嫌いじゃない。 もっとハチャメチャな方に振り切ってもよかったんじゃって気もするけど、ユルさもこの作品の魅力。 難しいこと考えず、楽しく観れる映画でした。キライじゃないです。
「ダンスウィズミー」
のレビュー(3905件)