【人肌恋しい秋の夜長におすすめの映画まとめ】センチメンタルにどっぷり浸れる6作品

2015.10.23
まとめ

主に映画と音楽の生活

赤毛のケリー

周りの景色も緑から紅葉に移り行き、気温もぐっと下がる今日この頃。コートやセーターを着ている人も徐々に増えてきて、なんだかちょっぴり人肌恋しい季節になりました。

今回はそんな季節にぴったりの、センチメンタルにどっぷり浸れる映画をご紹介します。

失恋系センチメンタル「マイ・ブルーベリーナイツ」(2008年公開)

マイブルベリーナイツ

ストーリー

恋人の心変わりで失恋したエリザベス(ノラ・ジョーンズ)。慰めてくれたのはカフェのオーナー、ジェレミー(ジュード・ロウ)が焼くブルーベリーパイ。しかし別れた彼が忘れられないエリザベスは旅に出る。

失恋から始まる自分探しの旅

ハッピーエンドで終わる作品ならどこにでもあるラブストーリーですが、ここから始まるエリザベスの旅がセンチメンタル。行く先々で彼女が出会う人たちとそれぞれの物語。

遠回りすることに意味がある事を教えてくれる作品です。

おまけに、ウォン・カーウァイ監督は独特の世界観があり、画や音楽だけでもほろ酔い気分にさせてくれます。あの人に会いたいな・・・なんて誰かにメールをしてしまいそうな素敵な物語です!

片想い系センチメンタル「胸騒ぎの恋人」(2010年公開)

胸騒ぎの恋人

ストーリー

ゲイのフランシス(グザヴィエ・ドラン)とストレートのマリー(モニア・ショクリ)は姉と弟のような親友同士。ある日、2人は友人らとのパーティで1人の明るく社交的な美青年ニコラ(ニールス・シュナイダー)と出会う。

フランシスもマリーも口では好みでないと言いながらも、ニコラに一目惚れする。片想いの苦悩、駆け引き、嫉妬を経験し、やがて三人の関係に変化が生じる・・・。

生々しく描かれた片想いのもどかしさ

いわゆる三角関係なのですが、普通の三角関係じゃない。でもそんなことじゃないんです。誰かの事が気になり、恋に変わっていく様子がリアルに描かれています。些細なことで喜んだり胸を傷めたり・・・ニコラを想う気持ちが観ている側にも伝わって、同じように爪を噛みたくなります

こちらもウォン・カーウァイ監督同様、独自の世界観を持つグザヴィエ・ドラン監督。彼の作品もハマってしまうと、どっぶりセンチメンタルな気分に。

「嗚呼、片想いでもいいから恋したい!」そう思わせてくれる甘酸っぱい作品です。

観るなら今でしょ系センチメンタル「スウィート・ノベンバー」(2001公開)

スウィートノベンバー

ストーリー

「11月はあなたの月よ」

一流広告会社に勤める仕事人間のネルソン(キアヌ・リーブス)はある日、自動車免許の更新場で出会った風変わりな女性サラ(シャーリーズ・セロン)から、この11月の間1ヵ月だけの恋人になることを唐突に提案される。

サラいわく“自分には問題を抱えた男を救う力があり、仕事人間の不幸なネルソンを助けてあげる”というのだ。勝手なもの言いに怒るネルソンだったが……。 

哀愁漂う季節だから・・・

まさしくこの季節ぴったりの映画です。映画の季節も秋。色褪せていく景色、冷たくなる空気、映画と同じ季節だからリアルに感じられ、より一層作品を感じ取れます。

なぜ11月だけ?1ヵ月と割り切った恋愛。自由奔放なサラですが、それには理由がありました。その理由を知った時、自分がサラならどうするだろうか、ネルソンならどうしたいだろうかを考えさせられます。エンヤの「Only Time」がまたどっぷりと深い悲しみに浸らせてくれることでしょう。

一人鑑賞もおすすめですが、大切な人と一緒に鑑賞してもらいたい作品です。

季節はハロウィン♪ティム・バートン系センチメンタル「フランケン・ウィニー」(2012公開)

フランケンウィニー

ストーリー

友達が一人もできない科学が大好きな少年ヴィクター。ヴィクターは愛犬スパーキーを相棒にして楽しい毎日を送っていた。しかし、思いも寄らぬ事故が起きて、スパーキーは天国へと旅立ってしまう。

深い悲しみに沈んでいたヴィクターだったが、次第にスパーキーをよみがえらせたいという強い気持ちを抱くように。少しばかり危険な科学な知識を駆使してスパーキー蘇生に成功するが・・・。

愛犬家ハンカチ必須!泣けるファンタジーホラー

もうすぐハロウィンですね。ハロウィンやクリスマスと言えばティム・バートン監督のファンタジーホラー映画が一層盛り上げてくれる事間違いなしです。

モノクロ・ストップモーションアニメ(静止している物体を1コマ毎に少しずつ動かし撮影し、あたかも連続して動いているかのように見せる撮影技術)の中でツギハギだらけのスパーキーはとっても無邪気で愛着湧いてしまいます。ラストは賛否両論ありますが、ティム・バートンの世界で言うならアリなんです。

愛犬家さんは、もうセンチメンタルにどっぷりと浸ってしまう作品です。

友情・青春系センチメンタル「きっと、うまくいく」(2009年公開)

きっとうまくいく

ストーリー

大学時代親友同士だったファルハーン(マドハヴァン)とラージュー(シャルマン・ジョシ)は、ある日同窓のチャトルから母校に呼び出される。チャトルは二人に、ランチョー(アーミル・カーン)というかつての学友の消息がつかめたことを話し、探しに行こうと持ちかけるのだった。

物語は10年前の大学におけるエピソードと現代のランチョーを探す3人の旅を織り交ぜながら、やがてファルハーン達も知らなかった彼の秘密に迫っていく。

大切な事は教科書よりこの映画!

歌って踊って長い印象のインド映画に少し苦手意識を持っていましたが、この作品で覆されました。

笑って泣いて、え?もう3時間!のインド映画です。単なるコメディではありません。人生において、大切な事をいっぱい教えてくれる作品です。友情、恋愛、さらには生と死・・・。気付けば何回泣かされたことでしょう。

自分の学生時代を思い出させてもらってセンチメンタルに。あいつ元気にやっているかな?とふざけ合った学生時代の同級生に連絡を取りたくなる作品です。

ハードボイルド系センチメンタル「007スカイフォール」(2012公開)

007スカイフォール

ストーリー

MI6のエージェントのジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、NATOの諜報(ちょうほう)部員の情報が記録されているハードドライブを強奪した敵のアジトを特定し、トルコのイスタンブールに降り立つ。その組織をあと少しのところまで追い詰めるも、同僚のロンソンが傷を負ってしまう。

上司のM(ジュディ・デンチ)からは、敵の追跡を最優先にとの指令が入り、後から駆け付けたアシスタントエージェントのイヴ(ナオミ・ハリス)と共に、敵を追跡するボンドだったが……。 

『お願いだからこの人殺さないで』

言わずとしれた人気シリーズ「007」。カーチェイスや銃撃戦でハラハラドキドキ、最後は解決スッキリが今のボンドシリーズじゃないんです。

『スカイフォール』からサム・メンデス監督になり、人情味溢れんばかり。毎回なのですが、『お願いだからこの人殺さないで』、と思う人が殺されちゃう悲しさ。

このシリーズでは最も死なないで~と願う人が去ってしまい、切ないです。守るべき人を守れなかった悲しみに浸り、124日日本公開の「007 スペクター」に挑みましょう。

鑑賞は午後9時から

秋の夜長におすすめなため、なるべく午後9時以降から観て頂きたいです。2時間観てもまだ日付は変わっていないので、一日の終わりに得した気分にもなれます。

部屋を薄暗くしてほんのり柔らかい灯りで鑑賞するとセンチメンタルな気分も倍増するのではないでしょうか。映画の余韻で誰かに電話しちゃったりして、温度差が出ちゃうので要注意です。

でもその時は、相手に映画をおすすめしてみてはどうでしょう。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • kiwinese
    4.5
    寒くなるこの季節にかかせないこの作品。 今年もみちゃいましたが、またしてもけっこうな勢いで泣きました。 何度見ても涙が。 キアヌの愛が素敵すぎて、苦しくて胸が張り裂けそうでした。 愛ってムズカシイ。
  • islandturtles
    3.8
    最後まで映さない終わり方がすごく綺麗。 途中で流れるエンヤがすごく切なくて、映画の中に引き込まれてしまった。 プレゼントのシーンが可愛くて素敵でキラキラしてて好き!
  • AyakoNatsu
    4.0
    “Every month is November. And I love you every day...” So in love...would rather have this short life if I had this beautiful November
  • 尾木
    3.2
    映画的でスウィートな展開だけど、わかりやすくていんじゃないかなー。 ただちょっと長く感じた アトミックブロンドのシャーリーズセロン姐さんが若くて柔らかい 心がすっとなります。。
  • えりか
    3.7
    鑑賞記録。
「スウィート・ノベンバー」
のレビュー(5458件)