【映画で考える人生】『マイ・インターン』に学ぶ、今すぐ真似したい人としての在り方

恐竜をこよなく愛するナード系ハーフ

ANAIS

ロバート・デニーロ、アン・ハサウェイ共演の大注目作品『マイ・インターン』。みなさんはもう見ましたか?まだ見てない方は是非見に行ってほしいです!

もともと『プラダを着た悪魔』の大ファンだったので公開直後に見に行ったのですが、とても感動しました。個人的に、2015年劇場公開映画の中でトップ3に入るほどの良い映画だったと言っても過言ではありません(笑)

その要因が見所の多さ!そのうちの大部分を占めるのが、映画の中にちりばめられた”教訓”なんですね。

最初に簡単にだけあらすじを紹介すると、

「ファッション業界で成功、バリバリキャリアウーマンなのに素晴らしい家庭も持っていてまさに勝ち組なジュールズ。そんな彼女の部下としてシニア・インターンのベンが雇われ、はじめは彼を目ざとく思っていた彼女が、人生経験豊富な彼のアドバイスを得ることでどんどん人として変化していくという」お話です。

ただこの映画を観ていると、まるで私たちも彼女と同じようにスクリーン上から彼の教えを受ける感覚になるんですよ。そこで”今すぐに真似したくなる”ベンから学んだ人としてのあり方を6点ご紹介します

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

1.丁寧であること

ベンは初日から会う人皆に自ら、そして変な顔をされても丁寧に挨拶をしていました。言葉使いも丁寧だし知的さを感じます。また、自分の物の扱い方も丁寧で素敵だなって素直に思いますよね。

2.清潔であること

当たり前のことですが、皆さんできているでしょうか。

ベンは毎日ヒゲをそり、身だしなみもこだわってしっかりしています。それに関心したインターン仲間が「クールだな!」って真似てきて、最終的にジャージ姿から立派なスーツ姿に変身するのです!

また、ベンの鞄の中身やデスク上も整理されています。そして彼が綺麗なのは人前だけではありません。一人暮らしであるにも関わらず家も整頓されていて、ウォーキングクローゼットの美しさはため息がついてしまうほど!

住む家を綺麗に保ったり、毎日身につけるものだからこそ服などは愛情を持って扱いたいですね。

そして極めつけは彼のハンカチ。ハンカチを持って出かけるのが当たり前と母親に教わってきたのに、映画の中でもハンカチを持っている人は少なかったですね。ハンカチを持つ事は紳士に、そしてレディにとってマストな事です!

3.信頼されること

人の信頼を得ることはとても難しいこと。しかしそれに向けての一歩は自分次第でいつでも踏み出せるものです。

例えばベンは朝一番に出勤し、自ら皆が見てみぬふりをしていた”ゴミためデスク”を片付けました。皆が嫌でやらないことをあえて自分からやってみる事で周りからの評価が高まることは当たり前。彼はここで上司ジュールズの信頼を得ました。

そして彼の話の聞き方。ながら作業で聞くのではなく、いつもしっかり手を止めて相手に身体を向けて親身に聞いています。だからこそ彼に相談に乗ってもらいたい人が増えて行ったのではないでしょうか?

ジュールズは”ゴミためデスク”を認知していながらも自分が忙しいからと理由をつけて片付ける事を中々しぶる。オフィスを自転車で移動しながら、横をアシスタントに走らせてスケジュール確認をする。しっかり集中して聞いていないため会議はいつも遅刻。

さあ、彼女のその行動は部下達からどういう目で映っていたでしょうか?

4.他人をいたわる・喜ばせる心を持つこと

ジュールズはアシスタントにかなりの量の仕事をふっていました。おかげでアシスタントはパンク状態。口では彼女を心配するそぶりを見せますが、大丈夫と言われれば、あらそうと仕事を任せてしまいます。

部下から無理です、と言うことはとても勇気がいる事なのでそこは上司である彼女が気づいた上で仕事の振り分け方を考えるべきでしたね。相手の立場になって考えてみる事の重要性に気づかされます。

また、他人の事を考えるだけでなく喜ばせるような人になりたいですね。ベンはジュールズに仕事ぶりを褒められた際、彼女のアシスタントが多いに手伝ってくれたおかげであると彼女を立たせ、後で彼女を褒めるようジュールズに伝えたのです。

ただでさえ仕事が大変なのにあまり感謝されないアシスタントからしたらとても嬉しい事ですよね。そういった小さな喜びを他人に何気なしに与えられる人になりたいものです。

5.ユーモアがあること

以上の4つをこなしていても、人間として面白みがなかったらなんだか取っ付きにくいですよね。ベンは周りと比べると高齢であるにも関わらず、皆と打ち解けられました。それというのも、彼持ち前のユーモアによるものではないでしょうか。

仕事仲間と一緒に悪さをやる時のノリノリなベンは思わずクスッと笑ってしまいます。見た目が堅物な人でも、中身が茶目っ気があると好感がもてますよね。年齢や性別関係なく飲みに行きたくなる人だと言えるでしょう。

6.笑顔でいること

これが一番重要であり、一番簡単なことです。笑顔でいること!

ジュールズ役のアン・ハサウェイ、とても可愛いですよね。私も大ファンです。彼女は映画前半、仕事に追われたり余裕がなくていつもしかめっ面です。

そんな彼女が映画の後半、ベンのおかげで肩の力が抜けてきて彼の面白い話で心の底から笑ったりしているのを見るととてもホッとします。やはり、笑顔の女性の方が可愛いものなんですね。

これは勿論男性にも言えることでしょう。ベンは常にニコニコしていて、そんな彼だからその場にいるだけで和めるからみんな安心できるんです。

笑顔は人に移ります。自分の笑顔が、もしかしたら隣の人を笑顔にさせられる。それってとても素敵なことですよね。

まとめ

以上6点、非常にシンプルなことですが実践し、尚かつそれを続けることは以外と難しいかもしれません。しかし効果はオフィス内どころかプライベートにも反映されるでしょう。

これらのベンが教えてくれた”あり方”を続けていくことによって毎日が今よりもう少しハッピーになる気がしませんか?私も是非実践したいと思っています。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

※2020年11月27日時点のVOD配信情報です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • まこ
    -
    名作
  • もつ
    4.7
    心から見て良かったと思えた映画。 考えを押し付けずに、ひたむきに努力をして、周りにいるとみんな笑顔になっていくベンのような人になるために まず良いハンカチを買おうと思います。
  • えだ豆
    3.9
    記録
  • bluesmoke
    -
    たぶん12歳頃だったと思うのですが、もしも世界をありのままの姿でつかまえることができたならと、夏休みのプール帰りに真っ青な空を見上げながらぼんやり考えた記憶があります。 悲しさやうれしさといった感情の、ほんとうの姿が見えるかもしれない。 あの頃は「存在する」ということが不思議でしかたがなく、それを不思議に思っているということをさらに不思議に思っていました。まるでデカルトの「我思う、ゆえに我あり」みたいですが、同様の感覚を持ったひとは少なからずいるように思います。おばけを怖いと思う自分の不思議を見つめれば、怖さが不思議になるという実践的な変化形もありました。 こうした問いは古代ギリシャ時代から連綿と続いているものであることを青年期に知ったのですが、形而上学(けいじじょうがく:Metaphysics)や存在論(ontology)と呼ばれる哲学の1分野として存在します。そして今ではさまざまな賢人たちが唱えたそれぞれの説よりも、そうした問いに強く惹かれるということそのものに僕は関心があります。 前述のデカルトの言葉は『方法序説』に書かれたもので、人が人であるかぎり(習俗や文化を超えて)「誰もが共通した認識を得られる」ということを示したものです。そのため自然科学や社会構造など「近代」と呼ばれるあらゆるアプローチを切り拓いた考えとされています。 そんなデカルトがのちに『情念論』を書いたと知ったとき、僕はとても面白く思いました。悲しさやうれしさといった感情の、ほんとうの姿がどんなものであるかを徹底した思考の先に考えたひとがいた。 * この『マイ・インターン』(原題:The Intern)は僕にとっての『情念論』にあたるような作品で『方法序説』では解けない種類の映画です。率直に言ってしまうとまったく良いとは思わなかった。 しかしながらこれをダメだとする感想に接してもそういうことではないように思い、むしろ良いとする感想のほうが圧倒的に説得力がある。問題なのは良いとする感想に説得されない自分がいることです。 たぶんプロット(物語の筋道)はよく出来ています。 若い女性(上司)/老いた男性(部下) 働く女性/家を守る男性 未来(新世代)/過去(旧世代) カジュアル/トラッド 葛藤/決断 現代的な要素を盛り込みながらドラマとしての対比がしっかりと盛り込まれており、心の交流の深まりが作品の推進力となっているため飽きさせません。またそれを演じているのがアン・ハサウェイとロバート・デ・ニーロですから悪くなろうはずもない。さらに監督はナンシー・マイヤーズで『ハート・オブ・ウーマン』(2000年)や『恋愛適齢期』(2003年)や『ホリデイ』(2006年)などいずれの作品も僕は好きです。 こんなふうに書きながら文字だけを追っていけば、いい映画じゃないかと思うのですが僕の「情念」は違うと告げます。 デカルトは『情念論』のなかで、精神(意思)に対する情念(感情)の彼岸性を挙げています。例えば人が恋に落ちるとき、恋をしようと思って恋に落ちるわけではありませんし、悲しもうと思って悲しむものでも、喜ぼうと思って喜ぶわけでもないからです。 そのように位置づけたうえで、喜怒哀楽に驚きと欲望を加えた6つの感情を基本的な情念としています。そしてなかでも欲望を特別なものとしてとらえ、ひとを未来へと動かす情念としています。これはかなり説得力があるように僕には思えます。このデカルトの思索にそって本作をふりかえってみたとき、僕がの感じた違和の正体はこんなふうに言い表せるかもしれません。 ジュールズ(アン・ハサウェイ)にせよベン(ロバート・デ・ニーロ)にせよ、彼らの見せる感情は彼岸(ひがん)にではなく此岸(しがん)にある。プロットがよく出来ている分その枠組みのなかに終始してしまい、心がもつやむにやまれない感覚が失われてしまっている。 たしかに涙は流れハンカチは差し出される。そして心の交流は果たされる。けれどそれはハンカチのための涙であり、心を交流させるためのハンカチにしか過ぎない。涙や心は、そんなふうに何かのために存在するのではない。 また彼女らのしめす欲望は、未知なるものへと僕たちを連れていくというよりは、そうであってほしいという既知の欲望へと回帰していく。そのときコメディの舞台は舞台のためのコメディとなる。 つまり僕なりによく使う表現の1つである物語としての「方程式」しか見えてこないということですが、このことを少しだけ丁寧に記してみました。
  • だだ
    4.6
    おもろい
マイ・インターン
のレビュー(261385件)