オスカー狙い?異例だらけのNetflix映画『ビースト・オブ・ノー・ネーション』

2015.10.27
洋画

映画好きをこじらせLAへ

MaryK

レア映画満載!劇場未公開でDVDリリースも無しのNetflixスルー映画10 選ではNetflixでしか観ることのできないオリジナル・コンテンツについてご紹介していましたが、10月16日より配信が開始した『ビースト・オブ・ノー・ネーション』もNetflixが製作した長編映画です。

メイン

出典:http://nerdist.com/idris-elba-is-a-warlord-in-new-character-posters-for-beasts-of-no-nation/
しかし、これまでのオリジナル・コンテンツと大きく異なるのが、劇場での公開も行なったということ。しかも、Netflixで配信された同日にです。一体これにはどのような意図があるのでしょう?

そこで今回は、『ビースト・オブ・ノー・ネーション』が他のNetflixオリジナル映画と一線を画するポイントをご紹介していきます。

第72回ベネチア国際映画祭でワールドプレミア

ナイジェリア人作家による同名の小説が原作である今作品。西アフリカの内戦が続く、とある国に暮らす少年のアグーは目の前で父親と兄弟を殺され、一人ジャングルを彷徨っていました。

しかし、NDFと名乗る反乱グループに捕らえられ、少年兵として生きていくことに。死にたくなければ相手を殺さなくてはいけないという過酷な生活を追った衝撃的な内容です。

その内容のすごさはもちろんですが、世間へのお披露目の方法もさすがです。世界中から良作が集まるベネチア国際映画祭でワールドプレミアを行なったのです。

VOD配信会社のNetflixが手がけた作品が歴史のある映画祭でプレミアを迎えるのは異例。映画界のルールすらを壊すことになる今回の上映には、Netflixの未来へ向けた自信を感じることができますね。

監督は今一番注目のキャリー・ジョージ・フクナガ

監督を務めたキャリー・ジョージ・フクナガはその名前から想像できる通り、日系人の父親を持つアメリカ人です。

これまでに監督をした長編映画は『闇の列車、光の旅 』と『ジェーン・エア』の2作が知られていますが、彼の名を一躍有名にさせたきっかけは傑作ドラマシリーズとして語られる『True Detective / 二人の刑事』です。

マシュー・マコノヒーとウディ・ハレルソンの2大映画スターの共演および、ゴールデングローブ賞へのダブルノミネートという快挙を成し遂げました。

通常、ドラマの場合一話ごとに異なる監督が担当をするのですが、8話すべてをフクナガ監督が手がけました。そのため、まるで8時間の長い映画を観ているかのようなクオリティを保つことができ、フクナガ監督自身もエミー賞を受賞しています。

見事新人賞受賞!注目すべき主演の2人

主役のアグーを演じた新星エイブラハム・アッターはベネチア国際映画祭で見事マルチェロ・マストロヤンニ賞(最優秀新人賞)を受賞。撮影地のガーナで1000人以上の候補者の中から選ばれた才能溢れる新人俳優です。

とはいっても、まだ若干15歳。監督に見出された当時、彼はガーナの路上で物売りをする少年でした。西アフリカのシエラレオネ共和国で10年にも及んだシエラレオネ内戦を実際に経験した人物を演技指導のために呼び、エイブラハムに武装技術などを教えたそうです。

bbn1

出典;http://netflixlife.com/2015/09/11/will-netflixs-beasts-of-no-nation-be-eligible-for-academy-awards/

一方、アグーを支配する立場の反乱グループの冷血な指揮官を演じたのがイドリス・エルバ。『マンデラ 自由への長い道』ではネルソン・マンデラを熱演しゴールデングローブ賞へノミネートもされました。

『007』シリーズの次期ジェームズ・ボンドを演じるという噂も立っていますが、初黒人俳優によるボンドは実現するのか気になるとことです。

イギリス生まれのイドリスですが、両親は『ビースト・オブ・ノー・ネーション』の舞台となった西アフリカ出身だそうです。彼にとっても、この作品への思い入れは人一倍であることは間違いありません。

アカデミー賞ノミネートにも期待が!

10月16日に世界同時にNetflixにて配信を開始した『ビースト・オブ・ノーネイション』。Netflix上で観ることができるのにも関わらず、なぜ劇場同時公開という道を選んだのでしょうか?

それは、Netflixは今作品をアカデミー賞ノミネートの対象作品にしたいという狙いがあるからです。作品賞はもちろん、主演男優賞や監督賞も期待できるのではないでしょうか。

とは言っても、自宅で見れる作品をわざわざ劇場まで足を運ぶのはほんの一部だけ。このことから、全米の映画館を敵にまわしたことは言うまでもありませんよね。

しかし、もしNetflixの戦略通りこの作品がアカデミー賞にノミネートされることになったら、VOD会社による記念すべき初のノミネート作品となるのです。

クオリティの高いオリジナルドラマシリーズの製作により、TV業界を敵に回したと思ったら、今度は映画業界まで怒らせてしまいました。

自由度の高いNetflixでドラマや映画を作るメリットも多く、魅力を感じる監督が多いのも事実。今後もアダム・サンドラーやブラット・ピットがNetflixオリジナル作品をリリースすることが決定しているので、どれほどの傑作を世に生み出してくれるのかが楽しみですね!

『最新作を見るなら映画館』の認識が崩れてしまう日もそう遠くはありません。

東京国際映画祭でも上映

これからの映画界の常識を覆すきっかけになるかもしれない『ビースト・オブ・ノー・ネーション』。東京国際映画祭でも上映され、来日している監督の舞台挨拶も行われました。

残念ながら映画祭には行けず、大きなスクリーンでの鑑賞はかなわなかったという皆様でも、今すぐNetflixでご覧いただくことができるので、ぜひご自宅でゆっくりお楽しみください!

東京国際映画祭『ビースト・オブ・ノー・ネーション』

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • セデック
    3.9
    主人公の家族を微笑ましく人物描写している冒頭10分のシーンがなければ、B級戦争映画になり下がっていたと思う。しかし、監督は「闇の列車、光の旅」やドラマ「トゥルーディテクティブ」のあのキャリージョージフクナガである。 ストーリーは、アフリカ少年兵版山椒大夫といったところ。 凄惨な出来事を羅列するだけの人ではない事は明白。
  • 3丁目のタマ
    3.9
    眠れる良作すぎる。さすが「闇の列車、光の旅」(邦題も最高!)のキャリー・フクナガ監督作品。世界のどこかの隅っこで、不遇だけど逞しく生きる誰かがいること。本作も「闇の列車~」も、本当に悲惨すぎて最悪な状況にその誰かはいるんだけど、監督の手腕なのか、その誰かへの目線はどこか優しい。 どこかアフリカの国の政府軍・反乱軍の内戦に巻き込まれて、少年兵として戦場でゲリラとして戦うことになる少年アグーの物語。圧倒的なカリスマ性もつイドリス・エルバ演じるコマンダーに従い、町を壊して人を殺して略奪してを繰り返していく。まるで、野球部で新人がボール拾いしろと言われる感覚で人を殺せと命じられる。少年兵たちはぞれが善悪を考る余地もなく、生きるために自分が所属する組織の敵を倒していくしかない。 末恐ろしい話なんだけど、残酷ながらも美しい作品。アフリカのオレンジ色の大地に、湿った森林、民族衣装をあしらったカラフルなゲリラ服を纏った銃を手にした少年兵たち。人が死んでいくさま、町を襲撃するさまさえ、どこか寓話的で神秘的で美しくも見えてしまう妙。そして、少年兵アグーの敏感な感性が素晴らしい。アグーは、組織に従い、人を殺して慣れていく。だけど、どこかで神を信じたり、生き別れた母が生きていると思っていたりする。 ゲリラ兵たちは、コマンダーの洗脳に従っていくうちに、思考を停止していく中、アグーは戦争に巻き込まれるまでの普通の少年としてのアグーと、人殺しを生きる術として容認するもう一人の本能に生きるアグーがいる。そういった意味のタイトルのbeast なのかなと思った。 それにしても、アグーの役の子役の子も、イドリス・エルバも素晴らしかった。必見!
  • YUKKYONG
    4.1
    こういう類のやつはだいたい戦争や少年兵の惨劇がただただ痛烈に印象に残るだけってものが多いけど、この映画においてはちょっと違った。前半の家族や友達との幸せな時間や、少年が笑顔でいれるときの描き方がとてもいいからだと思う。主人公の男の子の演技が上手い。
  • 猟奇
    3.7
    ちょいちょい「こぢんまりスタイリッシュ」に感じる部分があって惜しい
  • Shogo
    3.8
    現実の問題を取り上げ、知らない人に気付きを与えるよく出来た作品だけど、個人的には 「a good movie , but not great」。スポットライトのマーク・ラフォロがこの作品のイドリス・エルバを上回ってると思わない。たぶんアフリカ訛りが強い、ストロングパフォーマンス。ミスってたらただのガキ大将になってたと思う。
  • kensteady
    4.2
    西アフリカの某国で主人公アグーが普通の少年からゲリラ少年兵になり、そしてその後までを描いた話。指揮官との関係、アグーの心情と行動の変化、友人との死別。ストーリー自体は予想の範囲内だけど、映像として見せつけられると圧倒的で言葉を失う。 戦争により少年が変貌を遂げてしまうというテーマは、スピルバーグの『太陽の帝国(1987)』と同じだけど、本作では最後に主人公アグーが「自分はビーストで悪魔だけども家族が居たんだ。愛されてたんだ。」と述べ、子供らしく海へ駆け出して行くというシーンで終わる。ベタだけど、主人公がゲリラ少年兵だけにこういうのを描かないと救われないのは分からなくもない。
  • きらめけ
    3.9
    すごい。似たようなやつでジョニーマッドドッグっての見たことあるけどこっちのほうがおもろい。 アカーンそれはアカーンってずっと言いそうになる。最初に幸せな日常パートちゃんとあるからかな。 司令官のとこでめっちゃ待たされるのはわろた
  • Mounir
    3.8
    寝る直前に観る作品ではなかった。重いし、グロい。けれどこれが現実。親と引き離され、食べて行くためにはもう近くの大人に頼るしかない。どんどん洗脳もされて、人も殺せるようになる。ほんの子供だったのに、次第に感情を無くしていく姿がとても悲しい。いまなおこうしてたくさんの子供が犠牲になってるのかと思うと遣る瀬無い。
  • ペコ
    3.7
    とても緊張感があった。こんな実情が世界の何処かで本当に起きているのだからやるせない。
  • つるみん
    3.8
    子供が当たり前のように銃を持ち、人を殺すといった点からすると本作は〝シティオブゴッド〟以来の衝撃的な映画ではないでしょうか。 避難地が襲われ、母親と引き離され、父親兄弟も巻き添えになる。唯一生き残った少年アグーは、武装集団に偶然出会い、兵士として鍛え上げられていくのだが…。 純粋無垢な少年が戦争を前にし徐々に自尊心を失い、理性が蝕まれていく。たとえ子供であろうと状況によってこんなにも人は簡単に豹変してしまうものなのだと言うのが分かる。 少年アグーを含め10代〜20代の若者が何故戦っているのかも分からず銃を持ち、指揮官の指示に従う。 その指揮官を演じたのがイドリス・エルバ。彼はこんな作品にも出演しているのかと感心した。とにかく彼のキャラクターが脅威。時には儀式を行い、時には歌を歌う。何故戦っているのか分からない子供達を洗脳していく。そんな彼自身が制御のつかぬ心の持ち主となっているのだ。 本作は真っ向勝負をしていると感じた。 子供が人を殺すシーンをしっかり映す。逃げたりしない。そんな衝撃的なシーンに加え、斬新なカット割りもスピード感が出ていて良い。特に麻薬を吸った後に戦場が辺り一面ピンク色に変わるシーンは驚いた。戦場にも関わらず、色鮮やかに描かれているのは結構珍しいと思う。 前半から中盤にかけて完璧に近い作品だったが後半につれ失速する感は否めない。あれだけ衝撃的なシーンが目に焼き付いているのだから最後まで突っ走ってもらいたかったのが正直なところ。ただ作品として上手く纏めた感じは良かったのかもしれない。僕はあまり好きではなかったが…。 あとアフリカ内戦の悲惨さというのは伝わるがもう少し戦争についての情報を我々に教えてくれても良かったのではないかと思う。あまりに大雑把な設定で100%入り込むことが出来なかったのが悔しい。勿論フィクションというのは分かっているのだが…。 ただ子供の視点から描く戦争映画というのは珍しく、何なら多少ズレるが反戦映画として〝禁じられた遊び〟くらいしか観たことがない。 その純粋無垢なフィルターを通して映し出させる血の色に絶望を感じる。
  • 人非人
    3.5
    最初イドリス・エルバだと分からなかった。ショッキングピンクの風景とエメラルドグリーンのAK。
  • shin
    4.5
    凄い映画。 紛争に巻き込まれて家族と離され死別し、ただ生きる為に戦争をする。 それしか選択肢がないから。 指揮官が言う「人間には導く者、それについていく者、そして死ぬ者しかない」と。 そりゃ、悲劇を経験し頼る者も無く飢え、毎日が殺すか殺されるかの日々じゃ洗脳されて当たり前。 保護してくれた大人に小学生程であろうアグーが言う『目を覗き込まないで。あなたは僕が子供だから黙っていると思っている。恐ろしい事を目にし、恐ろしい事をした僕は老人だ。本当の事を知らないあなたは子供だ。』と。 突き刺さる映画でした。 余談ですが次期 ジェームスボンドか?と噂のイドリスエルバの演技がヤバい。
  • ShioriKira
    4.2
    何がよくて何がだめなのか。もう何にも分からない。
  • KHRyu
    5.0
    真夜中こんなヘヴィーな内容だと知らずに鑑賞スタート。2時間20分の間トイレにも行かずに一気に消化した。 もちろんNetflixオリジナル制作映画、しかもその第一作目ということは知らずだったが、天晴れ。 少年兵を題材にしている点で、大好きな映画「シティー・オブ・ゴッド」を彷彿とさせるが、負けないぐらい面白い。 映像も美しく、テンポも良いので見ていて飽きない。 皆んなが言うように、これは劇場公開されたらアカデミー賞にノミネートされるに違いないと思うけど、今後改革が必要な映画業界的にはNetflixに粘り続けて頑張って欲しい。
  • privetaxi
    -
    記録
  • 緑玲奈
    4.1
    鉈のところ、どう見せるんだろうと思ってたら想像以上でものすごいドキドキした。
  • YusukeTaruya
    3.5
    Netflix 世界で250000人と推定されている少年兵達には選択肢がない。家族を殺され住むべき国を失い、人を殺しドラッグを投与され、虫を食べながらも必死に生きるしかない。 そういった状況が、主人公Aguを通して描かれる。彼は自分をBeastと形容する。 日本人にとって、少なくとも自分にとっては、一生体験することもなく理解することもできないような世界だ。 そして、ここに映画鑑賞の意味を発見することが出来る。 映画は自分が経験しないことを迫力ある映像や演技を通してバーチャルに映す。 人の性格は環境的な経験によって形成されるから、 それらの出来事を一人称視点で追体験することで、 現実世界で自分が経験する際に知覚しインプットを増やすことに寄与する。 これからも、「娯楽」を超えて映画の意義を最大限に享受できるような鑑賞方法を続けていきたいと思った。 ーーー 余談だが、この映画ではアフリカ人が話す独特な英語も忠実に再現されているのが興味深かった。 I knowはI am knowing, We're going to dieはWe're going to be die といったように、 彼らはSVO動詞に全てingをつける。
  • Auto
    4.6
    罪の無い少年が 戦争を通して憎んでいた加害者側になってしまう話 これはどうしようもない…
  • DAIKI
    -
    【名作】 Netflixのおかげでこんな名作に出会えました。政治的な活動や悪事などと無縁の少年が兵士として巻き込まれていく姿が描かれています。観ていて気分爽快な映画では全くないです。ラストシーンの少年の演技は心打たれるものがありました。 "チキンホーク"と呼ばれる方々には是非こういった映画を観て、考え方を自身で見直してみる必要があるのではないかと感じました。
  • ラディ
    3.8
    人は意外にも早く豹変してしまう生き物だと知った。 適応能力が高い。 正義とは何なのかと言うものを考えさせられた。
  • fatkng
    4.5
    心理描写の描き方カメラのアングルモーション独特な民族歌のリズムと、 全部がよかった。 子役の表情に脱帽!
  • さき
    -
    2016.8.22
  • Ringo
    -
    「戦争が終われば、罪に問われる」 「やめたかったら、死ぬしかない」 なんていうセリフが印象に残った。 オトナって身勝手。 なぜだ? この映画は、内戦の中で生きる子どもの物語。 戦わざるを得ない状況を生き抜いて、抜け出せた子は、ラッキー。 その反対の人達も沢山いる。 その立場を喜んで選択している人もいるかもしれない。 自給自足の鎖国じゃダメ?
  • なーわ
    4.5
    深夜4時に観るには重すぎた
  • YukariAbe
    4.5
    いつもは映画の感想をSNSに長々と書かないのだけど、この作品はすごく心に引っかかるものがあったので書こうと思います。 戦争の体験をしたことはないけど、授業で習ったことがあるので戦争自体がどういうものかわかる人は多いと思います。 だけど内戦、紛争ってニュースでは耳にするくらいで詳しいことはわかってませんでした。 内戦、紛争を物語ってる作品なんだけど、戦争に参加してる人って人を殺したくてって思ってる人ってきっと少なくて、戦争をやめたいけどやめられない人が多いんだな、と思った。死ぬことへの恐怖だけでなくて逆らうことへの恐怖、いつまで人を殺すのだろうという自分自身への恐怖、家族は無事だろうかと妄想を働かせちゃう恐怖、それを5歳児が本当に今この時経験しているのだと思うと、自分の日々の行動だとか、考えてることってこれでいいのかとか、すごくいろんなことを思います。 この手の映画は射殺シーンが多いから苦手な人も多いと思うけど、これは日本全国民に見て欲しい。 もしかしたら日本もこんなことになってたかもしれなかったし、 これからも絶対ならないとは言い切れない。本当に思うことがたくさんあるので、これを見て話できる人ほしいなあ DVD化してなくて、Netflix独自の公開みたいだけど、もったいないなすぎる。
  • Kent
    3.8
    これがリアルなんだと思うと、なんともやるせない。
  • dwuuuun
    5.0
    ベストムービー設定のため。filmarks登録以前に鑑賞。
  • しの
    5.0
    ?????????? DVD If I know about them, what can I do? There are only few people can save them in true meaning and I'm not among them. I was shocked.
  • とまと
    3.5
    ただ私たちは全く何も知らない。って思った 東京でいい学校行ってるのに宿題せずに、こうして映画見てても誰にも怒られないし、ご飯もあと数時間待てば出てくるんだよ。今日はキッシュを作ることにしたけどね。 舞台は内紛状態のアフリカ。開始15分ほどで、主人公アグーが住んでいたバッファーゾーンが、クーデターの成功(?)によって戦地と化すことが知らされる。 混乱で喚く人々の中での母と妹弟との別れ。あそこの5分ぐらいはマジで胸糞悪い。Fuckって涙流しながら観てた。最近こういうこと多いんだけど、助けて。 お父さんと兄と盲人の祖父と、4人で戦地に残るのだけれど、すぐに彼らは、アグーの目の前で政府軍に撃ち殺された。 これもクソい。 メタルギアとかやってるとさ、特にMGSVでアフリカの少年兵出てきたじゃん。ただ、ああかわいそうだなぐらいにしか思ってなかった。アフリカ大変だな、みたいな。 でもあの別れのシーンの衝撃が強くて、当たり前なんだけど、最初から兵士ではなかったんだって思って。やっぱ戦争は恨みだらけのドロドロだって思ったり。 とりあえず少年兵への印象が変わったね。何かしてあげたいって思った。 黒人っていう肌の色が、貧しかったり少年兵であっても、私たちのそれに対する問題意識を麻痺させてる。だって毎日少年兵について議論してないでしょ? 最後の方のまとめ方がとりあえずUN神って感じで終わって、「そこもうちょいどうにかなんなかったの」「何white washしてんだよ」って感じだった あと教会での神への賛美歌が楽しそうすぎた。壁には同じイェスの画があるのに、民族音楽に化してた。違うとは知っていたけど、違った。
  • じょにー
    3.8
    戦いとは何だろう。なぜ戦うのだろう・・・
「ビースト・オブ・ノー・ネーション」
のレビュー(226件)