『スピード』から25年、アクションへの取り組みはどう変わった?キアヌ・リーヴス【来日インタビュー】

世界のディズニーを翔る元映画サイト編集長

鴇田崇

“殺し屋を始末する殺し屋”、 “1本の鉛筆で3人を瞬殺”など数々の伝説を打ち立て、最強の殺し屋の壮絶な復讐を描いたキアヌ・リーヴス主演の大人気シリーズが、『ジョン・ウィック:パラベラム』として三度登場する。公開を前に来日を果たしたキアヌとチャド・スタエルスキー監督に、これほどまでに観客を魅了する「ジョン・ウィック」シリーズについて聞いた。

ジョン・ウィック

ーー今回またしてもアクションが進化していましたが、どういうトレーニングをしたのでしょうか?

キアヌ:乗馬のシーンが新しいよね。鞍から半身ずれたままでいることが難しかったので、そういう訓練はしたよ。でも楽しかったよ!

監督:(撮影は)楽しかったよ。ジョン・ウィックのアクションは、キアヌ頼みであって、長いテイクや引いたショットも多いのだが、それによって観客を引き込み、また引き込まれてほしいという思いがある。トレーニングは半年くらいだったかな?

キアヌ:三か月くらいじゃない?

ジョン・ウィック

監督:やることはたくさんあって、マーシャルアーツや武術のトレーニングをしなければならず、もちろん銃もね。アクションのシークエンスでは振付があるので、つまりダンスのように覚えないといけない。いろいろな動作を全部覚えてもらい、やらなければいけない。いい映画というものは、そういうものが全部入っている。そのために全部リハーサルをして、プランニングをして、スタントを見て、カメラがどう追いかけるかも把握しておかなければいけない。すごく時間がかかる。

でも普通のアクション映画の場合、キャラクターは愛せなくてもいいと思うことが少なくないなか、みんなが大好きなアクション映画では、ジャッキー・チェンにしてもジェット・リーにしても、キアヌの映画にしても、みんなアクションも好きでキャラクターも愛しているよね。そのためには全部が上手くいかないといけないわけで、それをキアヌは全部やってくれているんだ。

ジョン・ウィック

ーーハル・ベリー演じるソフィアの、犬にまつわるアクションが凄まじかったですが、これは同シリーズにおいて重要なアイテムですよね。どういう点にこだわりましたか?

キアヌ:君の言うとおり、この世界の中での犬は中心的な存在であることは間違いないよ。犬たちとの直接のトレーニングは、僕はほぼやっていなかったけれど、一番言われたことは「とにかくキアヌ、犬と目を合わせるな」だった。なぜなら、自分の主(あるじ)を守ろうとする習性が強く、僕は違う人間だからね。でも、その犬たちにすごくリスペクトを感じたし、彼らの能力にも感動した。彼らの仕事ぶりも本当に素晴らしくて、インスピレーションを受けたよ。

監督:このシリーズの犬は、無垢さのシンボルだったように思う。彼の奥さんへの愛も犬に象徴されていて、観た人たちが惹きつけられ、あまりにも惹きつけられたので、ジョン・ウィックは犬の映画にもなったよね。ラッシーとは違う意味の犬の映画さ。みんなも動物が大好きだと思うけれど、動物が出てくることでジョン・ウィックに違う人間的な要素が加えられているように思う。もはや犬は、映画のDNAに入っているよ。

ジョン・ウィック

ーーところで初来日から28年、『スピード』から25年ですが、アクション映画への取り組みはどう変わりましたか?

キアヌ:確かに25年前と比べると経験値が上がっているので、アクションはもちろんのこと、アクションシーンを作り上げるための、さまざまな要素―たとえば『ハートブルー』の頃は全然知らなかったので、そういう部分で今は知識がある分、よりコラボレーションだったり、貢献ができるようになったと思う。そういう気持ちでいるかな。

ジョン・ウィック

ーージョン・ウィックは世界中から狙われていて、キアヌさんも超有名人ですよね。静かに暮らしたいと思うことはありますか?

キアヌ:時々もの静かな生活を送りたいと思うよ。でも、そう思わないこともあるかな(笑)。(取材・文=鴇田崇)

ジョン・ウィック

映画『ジョン・ウィック:パラベラム』は、2019年10月4日(金)より全国公開中。

ジョン・ウィック

出演:キアヌ・リーヴス、ハル・ベリー ほか
監督:チャド・スタエルスキー
公式サイト:johnwick.jp
(R), TM & (C) 2019 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • まも
    4.3
    頼むからウィック休んでくれ満身創痍なのに最強すぎる
  • 有永妃花
    -
    しゅき〜
  • natsumi
    3.6
    記録
  • toshi
    3.6
    ネタバレはしていませんが、ストーリーや内容に一部ツッコミを入れております。 神経質な方は、先に映画をご覧になってからこのレビューを お読みください。 一人でBD鑑賞。 正直、チャプター1,2,3の中で一番がっかりした。 Good points! 〇ハルベリーアクション好き。イイ味出してるね♪ Bad points! ×日本人じゃない俳優を日本人ぽく使うのは 本当に腹が立つ。 全く日本語が使えないの、アクセントでわかるからな。 キアヌは親日家なはずなのにそういうところを適当にするんだ、 って(キアヌの裁量じゃないだろうけど)がっかり。 日本人俳優、もっとアクション頑張ってハリウッドで活躍してほしい。 ×シナリオが違う方向に行きすぎ。 なんかつじつまを合わせようとしてる感が否めない。 ×やられ役が、やられるのを待ってる。 バイクで隣につけてから、撃たれ待ちっておかしいでしょ。 キアヌはアクション俳優じゃないから、多少テンポが遅れるのは わかるけど、そういうシーンが多すぎる。 Filmarksでの評価がチャプター3が一番高いのが驚き。 みんなあまり気にしてないのかな?日本人役に外国人が使われることに。
  • けーたか
    4
    いやぁ〜、楽しいですね。 ぶっ飛びすぎてて、ジョン・ウィックでないと許せないアクションシーンの連続。 だんだんハマってきました😊
ジョン・ウィック:パラベラム
のレビュー(17241件)