『スピード』から25年、アクションへの取り組みはどう変わった?キアヌ・リーヴス【来日インタビュー】

世界のディズニーを翔る元映画サイト編集長

鴇田崇

“殺し屋を始末する殺し屋”、 “1本の鉛筆で3人を瞬殺”など数々の伝説を打ち立て、最強の殺し屋の壮絶な復讐を描いたキアヌ・リーヴス主演の大人気シリーズが、『ジョン・ウィック:パラベラム』として三度登場する。公開を前に来日を果たしたキアヌとチャド・スタエルスキー監督に、これほどまでに観客を魅了する「ジョン・ウィック」シリーズについて聞いた。

ジョン・ウィック

ーー今回またしてもアクションが進化していましたが、どういうトレーニングをしたのでしょうか?

キアヌ:乗馬のシーンが新しいよね。鞍から半身ずれたままでいることが難しかったので、そういう訓練はしたよ。でも楽しかったよ!

監督:(撮影は)楽しかったよ。ジョン・ウィックのアクションは、キアヌ頼みであって、長いテイクや引いたショットも多いのだが、それによって観客を引き込み、また引き込まれてほしいという思いがある。トレーニングは半年くらいだったかな?

キアヌ:三か月くらいじゃない?

ジョン・ウィック

監督:やることはたくさんあって、マーシャルアーツや武術のトレーニングをしなければならず、もちろん銃もね。アクションのシークエンスでは振付があるので、つまりダンスのように覚えないといけない。いろいろな動作を全部覚えてもらい、やらなければいけない。いい映画というものは、そういうものが全部入っている。そのために全部リハーサルをして、プランニングをして、スタントを見て、カメラがどう追いかけるかも把握しておかなければいけない。すごく時間がかかる。

でも普通のアクション映画の場合、キャラクターは愛せなくてもいいと思うことが少なくないなか、みんなが大好きなアクション映画では、ジャッキー・チェンにしてもジェット・リーにしても、キアヌの映画にしても、みんなアクションも好きでキャラクターも愛しているよね。そのためには全部が上手くいかないといけないわけで、それをキアヌは全部やってくれているんだ。

ジョン・ウィック

ーーハル・ベリー演じるソフィアの、犬にまつわるアクションが凄まじかったですが、これは同シリーズにおいて重要なアイテムですよね。どういう点にこだわりましたか?

キアヌ:君の言うとおり、この世界の中での犬は中心的な存在であることは間違いないよ。犬たちとの直接のトレーニングは、僕はほぼやっていなかったけれど、一番言われたことは「とにかくキアヌ、犬と目を合わせるな」だった。なぜなら、自分の主(あるじ)を守ろうとする習性が強く、僕は違う人間だからね。でも、その犬たちにすごくリスペクトを感じたし、彼らの能力にも感動した。彼らの仕事ぶりも本当に素晴らしくて、インスピレーションを受けたよ。

監督:このシリーズの犬は、無垢さのシンボルだったように思う。彼の奥さんへの愛も犬に象徴されていて、観た人たちが惹きつけられ、あまりにも惹きつけられたので、ジョン・ウィックは犬の映画にもなったよね。ラッシーとは違う意味の犬の映画さ。みんなも動物が大好きだと思うけれど、動物が出てくることでジョン・ウィックに違う人間的な要素が加えられているように思う。もはや犬は、映画のDNAに入っているよ。

ジョン・ウィック

ーーところで初来日から28年、『スピード』から25年ですが、アクション映画への取り組みはどう変わりましたか?

キアヌ:確かに25年前と比べると経験値が上がっているので、アクションはもちろんのこと、アクションシーンを作り上げるための、さまざまな要素―たとえば『ハートブルー』の頃は全然知らなかったので、そういう部分で今は知識がある分、よりコラボレーションだったり、貢献ができるようになったと思う。そういう気持ちでいるかな。

ジョン・ウィック

ーージョン・ウィックは世界中から狙われていて、キアヌさんも超有名人ですよね。静かに暮らしたいと思うことはありますか?

キアヌ:時々もの静かな生活を送りたいと思うよ。でも、そう思わないこともあるかな(笑)。(取材・文=鴇田崇)

ジョン・ウィック

映画『ジョン・ウィック:パラベラム』は、2019年10月4日(金)より全国公開中。

ジョン・ウィック

出演:キアヌ・リーヴス、ハル・ベリー ほか
監督:チャド・スタエルスキー
公式サイト:johnwick.jp
(R), TM & (C) 2019 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • トルトル
    4
    基本的に主人公がブチ切れてスタートしてく感じ もう少しだけ続くんじゃよ
  • おいちゃん
    4
    玉は大事
  • 3.5
    シリーズが進めば進むほど00年代のジャンプ漫画を豪華に実写化した感じになっていく。 かっちょういいビジュアルと設定、そしてアクションがすべての映画だが、ストーリーがない分むしろ爽快でいい。 ハイヒールにミニスカの電報打ち、忍者を率いる日本人組織、アラビアンナイト。PCなんてクソくらえな設定だが、00年代のアクションゲームと思えばさほど気にならない。むしろノスタルジーでワクワクしてしまう。
  • ステパフ
    3.5
    犬の恨みの場面もあり初心にかえった。え、スキンヘッドの人渡辺裕之ではない…?w ちゃんとアクションに集中してみるべきだった…ダレてしまった… 今キングスマンとこれだけは新作待ちしてた感じだけど、次見る気起こるかわからないw
  • あにま
    3.3
    581作品目。レビュー337作品目。 『ジョン・ウィック:パラベラム』  監督:チャド・スタエルスキ  主演:キアヌ・リーヴス  興行収入:$321.700.875  製作費:$75.000.000 ジョン・ウィックシリーズ第3作品目。 裏社会の聖域コンチネンタルホテルでの不殺の掟を破り追放された殺し屋のジョン・ウィック。1400万ドルの賞金をかけられ刺客たちと壮絶な死闘を繰り広げる…。 スタイリッシュな一級アクション映画。 キアヌがかっこいいことはみんな知っている。 裏社会のルールみたいなものがあるのが男心をくすぐる。 カタコトの日本語をしゃべる日本人が出てくるとなんだか興ざめしてしまう。
ジョン・ウィック:パラベラム
のレビュー(24704件)