「ジョン・ウィック」シリーズを観たことのない人へ、シリーズをざっくりおさらい<4コマイラストで紹介>

右脳と左脳を使って映画を観たい

妖介

キアヌ・リーヴス主演の「ジョン・ウィック」シリーズ待望の最新作『ジョン・ウィック:パラべラム』が絶賛公開中です。

殺し屋世界のカリスマで愛妻家でガン・フー(銃+カンフー)の使い手の孤独な殺し屋ジョン・ウィックのハードな生き様と、シリーズを追うごとにどんどん濃く現実離れしてくる「殺し屋世界」の世界観(「殺し屋ホテル」最高)で世界中のアクション映画好きを虜にしている本シリーズ。

今回は「タイトルは聞いたことあるけど観たことないわー」な人のために、シリーズをざっくりおさらいしてみました。

じょんうぃっく

ジョン・ウィックの運のなさすごいですね。成田山に行ってお祓いしてもらったほうが良いんじゃないかってくらいの運のなさです。ちなみに「ジョン・ウィック」世界では、世界中の人口のほとんどが殺し屋という設定なので、事実上「世界中の人間vsジョン・ウィック1人」という構図になります。やっぱり成田山行った方が良いんじゃないですかねジョン・ウィック。

そんな無理ゲー中の無理ゲー状態ですが、そんな中でもジョン・ウィックに協力してくれる人間(殺し屋)が少なからずいるみたいなので、まだまだ希望はあるぞジョン・ウィック!

ジョン・ウィック:パラべラム』現在全国の映画館で絶賛公開中です!

あ、ウィックさん、ガン・フーの他にナイ・フー(ナイフとカンフー)とカー・フー(車とカンフー)とマー・フー(馬とカンフー)の使い手でもあるのね。もーなんでもアリだな!!(もっとやれ)

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS