【みんなの観たい映画No.1は?】11月公開映画の期待度ランキングTOP10発表

遡ることちょうど一年前、2018年11月は『ボヘミアン・ラプソディ』や『ヴェノム』、『スマホを落としただけなのに』などが公開。さて、今年の11月はどんな映画が公開されるのでしょうか。

国内最大級の映画レビューサービス・Filmarks(フィルマークス)が、ユーザーのClip!数[観たい映画として登録している数]を集計し、11月に劇場公開される映画の期待度ランキングを発表。

気になる第1位は!?  映画館で観たい、注目の最新作TOP10をチェック!

10位『マチネの終わりに

マチネの終わりに

6,534Clip! [11月1日公開]

東京、パリ、ニューヨークの三都市を舞台に音楽家とジャーナリストの愛を描いた芥川賞作家・平野啓一郎の同名ベストセラー小説を、福山雅治と石田ゆり子の初共演で実写映画化。切なくも美しい大人のラブストーリーを『容疑者Xの献身』や『真夏の方程式』、『昼顔』の西谷弘監督のメガホンのもと紡ぐ。

マチネの終わりに

9位『永遠の門 ゴッホの見た未来

https://filmarks.com/movies/80435

6,646Clip! [11月8日公開]

『潜水服は蝶の夢を見る』のジュリアン・シュナーベル監督が、不器用なまでに芸術と向き合った孤高の画家フィンセント・ファン・ゴッホの人生を描いた伝記ドラマ。2018年の第75回ベネチア国際映画祭コンペティション部門で、ゴッホを演じたウィレム・デフォーが男優賞を受賞した。

永遠の門 ゴッホの見た未来

8位『閉鎖病棟ーそれぞれの朝ー

閉鎖病棟

6,722Clip! [11月1日公開]

第8回山本周五郎賞を受賞した帚木蓬生によるベストセラー小説を実写映画化。長野県・小諸にある精神科病棟で起こる殺人事件をきっかけに、患者たちの思いが交錯する。『ディア・ドクター』以来約10年ぶりに映画主演を務める笑福亭鶴瓶ほか、綾野剛、小松菜奈の共演で描く。

閉鎖病棟 それぞれの朝

7位『ひとよ

ひとよ

7,598Clip! [11月8日公開]

「劇団KAKUTA」が2011年に初演した舞台を、『孤狼の血』の白石和彌監督のメガホンのもと、佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、田中裕子の出演で実写映画化。最愛の子どもたちのために愛する夫を殺害した母と、その3人の子供たちの再会をめぐる家族のドラマを描く感動作。

ひとよ

6位『マイ・ビューティフル・デイズ

マイ・ビューティフル・デイズ

8,539Clip! [11月1日公開]

2016年製作のティモシー・シャラメ主演作。美しい英語教師に恋心を抱く、行動障害を抱えた高校生ビリーの週末を描いた青春映画。生徒との関係には細心の注意を払っていた英語教師スティーヴンスだったが、真っ直ぐに感情をぶつけてくるビリーにやがて翻弄されていく。

マイ・ビューティフル・デイズ

5位『ゾンビランド:ダブルタップ

ゾンビランド:ダブルタップ

9,091Clip! [11月22日公開]

人気ゾンビコメディ映画『ゾンビランド』の10年後の世界を描く続編。10年の間、ゾンビがはびこる世界を生き抜いた4人が、さらに新種へと進化したゾンビをなぎ倒していくが……!! ウディ・ハレルソン、エマ・ストーン、ジェシー・アイゼンバーグらメインキャストが前作に続き再集結している。

ゾンビランド:ダブルタップ

4位『ターミネーター:ニュー・フェイト

ターミネーター ニュー・フェイト

11,621Clip! [11月8日公開]

人気シリーズ「ターミネーター」の最新作に、アーノルド・シュワルツェネッガーとリンダ・ハミルトン、そして製作にジェームズ・キャメロンが復帰。『デッドプール』のティム・ミラー監督のメガホンのもと、シリーズ最大のヒット作『ターミネーター2』の正統な続編として描かれる。

ターミネーター ニュー・フェイト

3位『アナと雪の女王2​

アナと雪の女王2

14,845Clip! [11月22日公開]

主題歌「Let It Go」が大ヒットを記録。世代を超えて、世界中で社会現象を巻き起こしたディズニー映画『アナと雪の女王』の続編。なぜ、エルサに力は与えられたのか。不思議な歌声によって未知の世界へ導かれたエルサとアナの姉妹が、隠された秘密を解き明かす冒険を描く。

(C)2019 Disney. All Rights Reserved.

2位『ドクター・スリープ

ドクター・スリープ

18,725Clip! [11月29日公開]

スタンリー・キューブリック監督による映画史に残るホラー・サスペンス映画『シャイニング』の続編。40年前、雪山のホテルで狂った父親によって殺されかけるという惨劇を生き残り、大人へと成長したダニーに巻き起こる新たな恐怖を描く。ユアン・マクレガーがダニーを演じることでも話題。

ドクター・スリープ

1位『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。

20,240Clip! [11月1日公開]

正体不明の殺人ピエロ、ペニーワイズによる恐怖を描いた大ヒットホラー『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の続編にして完結作。前作から27年、再び児童失踪事件が発生する田舎町を舞台に、幼少時代に“それ”の恐怖から逃れ、大人になった「ルーザーズ・クラブ」のメンバーが再び“それ”と対峙する様を描く。

IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。

すべての謎が明らかになる「IT/イット」完結編がNo.1

人気ホラーシリーズの完結作となる『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。​』が2万件を超えるClip!数を集め、11月の期待度ランキングNo.1を獲得。

なぜその町では子供が消えるのか、なぜ事件は27年周期で起きるのか、そして“それ”の正体とは……!? どのように謎が明かされるのか期待が高まる。

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。

国内作品No.1は、白石和彌監督の最新作『ひとよ』。15年前の事件によって岐路に立たされた、ひとりの母親と子どもたち三兄弟による家族の物語を描く注目作。

ひとよ

11位以下も注目作がランクイン

11位:『最初の晩餐』4,743Clip![11月1日公開] 

12位:『CLIMAX クライマックス』 4,219Clip![11月1日公開]

13位:『ブライトバーン/恐怖の拡散者』4,207Clip![11月15日公開]

14位:『BOYS/ボーイズ』3,898Clip![11月15日公開]

15位:『生理ちゃん』3,320Clip![11月8日公開]

16位:『ライフ・イットセルフ 未来に続く物語』3,150Clip![11月22日公開]

17位:『わたしは光をにぎっている』2,945Clip![11月15日公開]

18位:『グレタ GRETA』2,511Clip![11月8日公開]

19位:『殺さない彼と死なない彼女』2,381Clip![11月15日公開]

20位:『エンド・オブ・ステイツ』2,066Clip![11月15日公開]

《期待度ランキングとは》

FilmarksのClip!数(ユーザーが観たい映画として登録した数)を集計し、ランキング化したもの(Clip!は1作品につき1人1件まで)。

※本ランキング及び記事内のClip!数及び★スコアは2019年10月28日時点のものです。

(C)2019 フジテレビジョン アミューズ 東宝 コルク、(C)Walk Home Productions LLC 2018、(C)2019「閉鎖病棟」製作委員会、(C)2019「ひとよ」製作委員会、(C)2016 Young Dramatists, LLC. All Rights Reserved.、(C)2019 Skydance Productions, LLC, Paramount Pictures Corporation and Twentieth Century Fox Film、(C)2019 Disney. All Rights Reserved.、(C)2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.、(C)2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS