【あさのあつこ】一夜の出来事から紡ぎ出される人生が淡々と、しかし鮮やかに描かれていく『ひとよ』

Filmarks公式

フィルマーくま

一夜の出来事によって、人生が激変した家族の行く末はどうなるのか――。今を強く生きる人間たちへの賛歌を圧倒的な熱量で描いてきた白石和彌監督が、初めて「家族」というテーマに挑んだ映画『ひとよ』が11月8日(金)から全国公開となる。田中裕子さん演じる母親の心情や、描かれている母親と子どもたちとの関係などをひもといていただきながら、本作の魅力を作家のあさのあつこさんにうかがった。

私たちはどう生きるのか?自らと向き合う家族の物語

a

俳優陣のまなざし、言葉、しぐさ、全てが圧巻。
「人よ、人よ」と問いかけられている気がしました

あさのあつこ/作家。1954年岡山県生まれ。青山学院大学文学部卒業。小学校講師を経て作家デビュー。『バッテリー』で野間児童文芸賞、『バッテリーⅡ』で日本児童文学者協会賞を受賞。『たまゆら』で島清恋愛文学賞を受賞。著著に『福音の少年』『No.6』『弥勒の月』『ありふれた風景画』『ランナー』『The MANZAI』『晩夏のプレイボール』『ぬばたま』『火群のごとく』『ミヤマ物語』『花や咲く咲く』『末ながく、お幸せに』など多数。

大切な何かがストンと落ちてくる心地良さ

a

ある一夜の事件をきっかけにバラバラになった家族の葛藤と戸惑いを描いた『ひとよ』。登場人物それぞれが抱えているものは重く、いろいろ考えさせられるのですが、それでも観終えた後、ほの明るくなっていく夜明け前に立たされているようで不思議な感覚を味わいました。

本作は冒頭シーンから衝撃的。母親のこはるが子どもたちに「お父さんを殺しました」とストレートに言うんです。淡々とまるで真実をポンと投げ出すように。その瞬間、こはるの人となりが見えた気がしてグッと心をつかまれました。

15年ぶりにこはるが子どもたちの元へ帰ってきたシーンも印象的です。ドアをたたく母親を見た時、長男の大樹は一度開けるのをためらうんです。本作が単なるバラバラになった家族の再生物語ではなく、一人ひとりが何かを抱えざるを得なくなってしまった運命の物語なのだと強く感じました。

母親役の田中裕子さんから目が離せない

a

何より私が感動したのは俳優陣。そのまなざし、笑い方、泣き方、ふと息をつく瞬間の表情、しぐさなど全てが圧巻でした。特に田中さんが素晴らしかった。彼女が演じたこはるは、15年ぶりに子どもたちのところへ帰ってきた時も終始毅然とした態度で、悪びれたところは一切ありません。ざんげもしない。それどころかふてぶてしさ、したたかさをチラリチラリとにじみ出させてきます。

にもかかわらず、時折見せるちょっと笑った顔がすごくチャーミング。どんな人間も一色ではないんですよね。優しい面もあれば怖い面もある。こはるという人間の多面性を田中さんは演技でちゃんと表現しているのです。それゆえ、彼女が演じているのは「3人の子どもの母親」ではなく「こはるという人間」そのもの。こはるという人間が母親になったらこうなるんだろうなあと実感できる存在感でした。大げさですが、この田中さんの演技だけでも本作を観る価値はあると思うほど人を惹きつけるものがあります。

もちろん他の俳優陣も素敵でした。佐藤健さんは何とも言えない虚無感を抱えた次男・雄二として、鈴木亮平さんは自分にもやりきれなさを持つ長男・大樹として、そして松岡茉優さんはやや荒れているけれど本音でぶつかる妹・園子として、見事にそこに生きていました。いい意味でそれぞれの既存のイメージを打ち破っていると感じました。

ストーリー展開も見事というしかありません。こはると3人の子どもたちの生き方、心情の一つひとつをきっちりと描き、丁寧に浮かび上がらせています。普通、収まりの良い物語にするため、肯定すべき人物1人を中心に話を繰り広げていくことが多いのですが、本作はあえてその手法を使っていません。

強烈な人生を抱える人を何人も登場させながらも、誰一人否定することなく、物語として成立させています。しかも、何一つ明確な答えを提示していないので、観客が自然に自分なりの答えを見つけなればという思いにかられていくんです。小説と映画とでは形は違いますが、物語を紡ぐ一人として「こんな風に人間の生き方を表現できたら」とうらやましくなりました。

自分の幸せの形を探せばいい
そう教えてくれる作品

a

「家族」は今や時代のキーワード。虐待の問題もあり、世間全体に「優しい両親の元、健やかな子どもがいる家族が理想」という価値観がしみついています。でも、果たしてそれが本当に幸せなのかと考えました。確かにこはるたち家族は完全に破綻しています。それでも、つながっていてそこに生きて何かを発見し、何かを失いながらもなお共に生きていく。その中で自分たちなりの絆で家族の形を作っていけばいいのだと、彼らを見つめながら思いました。

それと、同じ母親として最初は、自分を犠牲にしてでも子どもを守るのが母親だから、こはるの罪もしかたないと捉えていたのですが、鑑賞後、実は子どもを守っているつもりで傷つけてしまうこともあるんだと思い、この親子のぎくしゃくした関係は、こはるの独りよがりがもたらしたものだと気づかされました。

タイトル『ひとよ』は「一夜」を意味するそうですが、私は今もなお「人よ、人よ」と呼びかけられ問いかけられている気がしています。本作は「人が生きるとは何か?」「家族とは何か?」という深遠なテーマを静かに、鋭く突きつけてきます。それでいてユーモアにあふれ、笑えるシーンも多いので、とても見応えのある映画です。あらゆる年代の方に観ていただきたいですね。(談)

◆『ひとよ』information

ひとよ

■STORY■どしゃぶりの雨降る夜に、タクシー会社を営む稲村家の母・こはる(田中裕子)は、愛した夫を殺めた。それが、最愛の子どもたち三兄妹の幸せと信じて。そして、こはるは、15年後の再会を子どもたちに誓い、家を去った—。たった一晩で、その後の家族の運命をかえてしまった夜から、時は流れ、現在。次男・雄二(佐藤 健)、長男・大樹(鈴木亮平)、長女・園子(松岡茉優)の三兄妹は、事件の日から抱えたこころの傷を隠したまま、大人になった。抗うことのできなかった別れ道から、時間が止まってしまった家族。そんな一家に、母・こはるは帰ってくる。15年前、母の切なる決断とのこされた子どもたち。皆が願った将来とはちがってしまった今、再会を果たした彼らがたどりつく先はー。

上映時間:123分
公開日:11月8日(金)全国ロードショー
配給:日活
公式サイト:https://hitoyo-movie.jp
(C)2019「ひとよ」製作委員会

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 月城
    5.0
    泣きました。
  • そら
    -
    佐々木蔵之介パートが突然の非現実的展開で涙が乾いたけど、役者さん達がうまいなぁ。松岡茉優の末っ子感!
  • mrかっちゃん
    4.2
    15年前母親は父親を殺した。 それから15年後母親は帰ってきた。 僕たちは再び家族になれるのか。 白石監督の映画は緩急の付け方が独特なのが特徴です。 メインストーリーが進行していく合間にコメディが挟まりそこがいいアクセントになっている。 キャラクターの内面を炙り出す役者の演技が監督らしさだと思う。 遠回りして僻みあって人生を呪って来たけどここから始めればいい。 弱さも全部見せて本気でぶつかって絆を作っていく。 家族だから。
  • inotomo
    4.5
    タクシー会社を営む稲村家。大樹、雄二、園子の兄妹は、父親から暴力を振るわれ、怪我が絶えない毎日。そんな父子を見て耐えかねた母親のこはるは、ある土砂降りの夜、故意に夫をタクシーで轢き殺す。これで苦しむことはもうない、15年後に戻ってくると言い残し、こはるは警察に出頭する。それから15年経ち、こはるが突然帰ってくる。大樹は家庭を持っていたが、妻とは別居中。園子は美容師になる夢を持っていたが、母親の起こした事件でそれを諦めるしかなくなり、今はスナックで働いていた。雄二は雑誌のライターになっていたが、ある秘密を抱えていた。監督は白石和彌。 白石和彌監督作品は、今までにいくつか見てきているけど、骨太な人間ドラマを作れるクリエイターとしていつも注目している。バイオレンスや、人の持つ悪意みたいなものをリアルに描いている作品が多いけど、この作品では人が人に対して思う気持ちとその優しい眼差しみたいなものが感じられて、心に響いた。キャラクターがそれぞれきちんと描かれていたのも良かった。 家族をテーマにしたこの作品は、家族の絆の再生というか、新たにそれを作りあげている様を見せてくれているように感じた。私はいわゆる普通とは言えない家庭に育ってきたし、今も決してごく普通の家庭を営んでるとは言えないので、見ていて何だか身につまされる感があったのだけど、家族って何なのか、簡単には語れない、それが家族なのではないかなと思ったし、血の繋がりだけで単純に説明できる何かがあるとは言えないとも感じた。この物語では、すべての問題が解決し大団円を迎えるようなラストが待ってるわけではないけど、それでも何か吹っ切れたような感触があって、明らかにこの家族に変化が訪れたことが見てとれた。その感触が心地良くて、映画を見終わった後の余韻に繋がっていたと思う。 役者は好演でその演技は見応えがあった。中でも良かったのは末っ子の園子を演じた松岡茉優。本当に元ヤンか?と思わせるようなセリフ回しと佇まいが自然でリアル。この前見た「蜜蜂と遠雷」とはまったく違うカラー。本当に上手い女優だなと思う。こはるが戻ってきて、兄達が戸惑う中、いち早くこはるに寄り添っていくその様子に、自然な優しさが滲み出ていた。同じくらい良かったのが、長男の大樹を演じた鈴木亮平。吃音を抱える大樹は、唯一兄妹の中で既婚者なんだけど、今は妻と子どもと別居していて、話し合いがうまく進んでいない。うまく自分の気持ちを表現できない不器用な大樹を鈴木亮平が好演していた。雄二役の佐藤健が一応主演扱い。表情、目力はなかなかなんだけど、セリフ回しがイマイチでちょっと残念。こはるを演じたのは田中裕子。このこはるは、ちょっと変わったキャラクターで、子ども達の為に、夫を殺してしまうほどの人なのに、どこか飄々としてて、よくあるような熱血の、涙流しまくりの母親像とも違う。でも確かな母性と優しさがそこにはあって、田中裕子がうまく肩の力を抜いて演じていたように思う。もちろん計算された力の抜き具合だったとは思うけど。こはるが、「謝ったら、あの子達が迷子になってしまう」と言うセリフが印象的だった。 クライマックスの場面は、ちょっとそれは無理あるのでは?という感じでしたが、重過ぎず、コミカルな場面もあり、自然に心に入り込んできて、感情を揺さぶってくれる作品でした。
  • itottm
    4.0
    あの状態でパソコン置いてシャワー浴びるかねぇとか、そんな大事なもんデスクトップだけに置いていたんかなぁとか、防犯カメラわぁいとか、佐々木蔵之介の役偶然過ぎない?とか、俺ならお母さんありがとうってただただ思っちゃうなぁとか、思うことはあったけれども、良かった。 特に役者の皆々様。
「ひとよ」
のレビュー(2841件)