『ハルカの陶』奈緒、女優という仕事に出会えて「これを離してしまったら絶対にダメだ」【インタビュー】

映画のインタビュー&取材漬けの日々是幸也

赤山恭子

ハルカの陶

奈緒、24歳。日本テレビ系にて4・7月期に放送されたドラマ『あなたの番です』の“尾野ちゃん”怪演で、その存在を知った人も多いかもしれない。放送終了から日が経っての取材だったが、本人も「あんなに反響が多い役は初めてで」と何度か口にしたかもしれない言葉を弾む声で伝えては、薄く微笑んだ。

待機作が続々と控える中、奈緒による長編初主演作『ハルカの陶』が、2019年冬、全国公開を迎える。本作は日本遺産・備前焼の美しさに魅せられた小山はるか(奈緒)が、東京でのOL生活を捨て、身一つで岡山県備前市にやって来て、備前焼の作者・修(平山浩行)に弟子入りを懇願する物語。

寝ても覚めても備前焼のことしか考えられず、陶芸の世界に飛び込んだはるかと、女優になる夢を叶えたいと一念発起し、地元・福岡から上京した奈緒は、オーバーラップするような存在だ。青春キラキラ映画ではない、超絶アクション映画ではない、ひとりの女性が七転び八起きしながらも、自分の夢を掴み取るために奔走する映画の主演を射止めた奈緒の骨太な演技が、何よりも観客の心を揺さぶり続ける。

ハルカの陶

――長編初主演『ハルカの陶』の公開、おめでとうございます。様々な選択肢があったかと思いますが、なぜ本作を初主演作に選んだんでしょうか?

奈緒 ありがとうございます。自分の中ではご縁をいつも大事にしていて、この作品も「私が選んだ」というよりは、「私を選んでもらった」という感覚のほうが、自分の中では強いんです。もともと日本の伝統的なものにはすごく興味があったので、そういう作品に参加できることが、一番最初はすごくうれしかったです。それに、備前焼自体が映画の題材になるのが稀なことだと、作家の先生たちもおっしゃっていたんです。「自分たちがやっている仕事が、映画になるのがうれしいんです!」というお話を聞いて、いろいろな人の想いが詰まっている作品だと感じて、ますますうれしくなりました。

ハルカの陶

――備前焼の大皿に一目惚れし、やがて弟子入りすることになるはるかについて、どのように役作りをされたんですか?

奈緒 特にこれといった役作りはしていません。というのも、はるかさん自身が特別な人というわけではなかったので。夢も特になく、「このまま自分の人生は映画みたいなことは起きずに終わっていくんだろうな」って、どこか虚無を感じながら生きている女性というか。そうやって仕事をしている方は、きっとたくさんいるのかもしれない、と思ったんです。

――奈緒さん自身、わかるところもありますか?

奈緒 はい。私も、地元の福岡にいたときに「このままでいいのかな……」と思いながらも、楽しいことも周りであるし、夢を追いかけることに、いまいち一歩踏み出せない時期がありました。はるかさんが突き動かされて、備前焼を見つけて、「これしかない。これだったら熱くなれる。離したくない」と思って伊部まで行ったことは、「東京に行きたい」と思って上京したときの自分と、すごくリンクしたんです。右も左もわからない状況だけど、とにかくその場所に行ってみよう、というか。自分の中ではかけ離れたものではなかったので、そういう意味では、台本を読んでいて「すごくわかる」と思う気持ちがたくさんありました。

ハルカの陶

――はるかが師匠に向かって、「こっちだって全部捨ててきた!」と強く言葉を返すシーンがありましたよね。あの思いも、うなずける感じですか?

奈緒 すごくわかります。それまで何かに夢中になることが自分になかった分、見つけてしまったときの、温かいものがあふれてきて、自分でもびっくりする瞬間……。こんなことは、自分にめったにないことだとわかっているから、「これを離してしまったら絶対にダメだ」となるんです。「もう前しか見れない」みたいな感覚はあったんじゃないかなと、やっていて思いました。

――「これを離してしまったら絶対にダメ」という感覚自体もリンクするようなところだったんですね。

奈緒 もちろん、俳優はお仕事でやらせていただいてるんですけど、プライベートと仕事が自分の中であまり分かれていないんです。自分の人生のプライベートの中に「仕事」というものがあって。仕事で人として成長させてもらう面も、すごくあるんです。だから、常に自分の人生の中でやりたいことを見つけられたし、出会わせてもらえたから、この仕事に根底で、ずっと感謝しています。熱くなったり、すごく真剣に考えたり、すごく悲しくなったり。仕事で壁にぶち当たったりするたびに、きっとこの仕事をしていなかったら、そういう気持ちにならなかったので、本当に出会えてよかったなって、ずっと思いながらやっています。それが、はるかさんにとっての備前焼だったんじゃないかなとも思うんです。

ハルカの陶

ハルカの陶

――主演ということもあり、出ずっぱりの撮影だったかと思います。撮影期間はどのくらいでしたか?

奈緒 撮影は2週間ぐらいで、撮休も1日もなく、大体朝から深夜まで、みんなずっと働いていました。現場で変わることも多いですし、みんなで力を合わせてやっていました。大変だったことも含めて、自分がすごく強くなれたと思える1本でした。

ハルカの陶

――主演という気概は、持っていましたか?

奈緒 主演といっても、何をしていいかまずわからなくて(苦笑)。スケジュールを見ると、自分が出ているところにずっと○がついているんです。全部に○がついていたから「えっ。私、すごい出るんだ」みたいな感じで(笑)。

――(笑)。実際に現場に入ってから、気づいたことはありましたか?

奈緒 主演がどういうことなのか、この映画で教えてもらえました。私が引っ張っていくというより、「おはようございます!」と朝、私が元気に入っていくと、みんなも元気そうだし、私が笑っていると、ちょっとピリついても、みんなも笑ってくれたりとかして。「ああ、主演ってそういうことなんだ」というのは、すごく空気で感じました。みんなが私を主演にしてくれている感じがしたので、「だったら笑っていたい」と強く思いましたし、今後ももし主演をやる機会があれば、そうしていきたいと思っています。

ハルカの陶

――そんな奈緒さんでも、さすがにいっぱいいっぱいになった瞬間はあったんでしょうか?

奈緒 どうですかね!? え~っと……(場面写真を見て)あ、この窯焚きのシーンですね……! ここは、私から笑顔が消えた瞬間だと思います(笑)。火を扱うので、安全面などいろいろ確認事項もあり、現場もピリピリしていたんです。それに、窯焚きの工程は焼き物の中でもすごく大事なところなので、大切にしたいからこその、「本当にこれでいいのか?」という話し合いもたくさんしました。監修の備前焼の先生たちも見に来てくださっていたので、緊張感が一番ありました。余裕は、本当になかったです。

ハルカの陶

――その甲斐あってと言いますか、はるかの成長が刻まれている、非常に印象に残る素敵なシーンに仕上がっています。

奈緒 ありがとうございます。炎がやっぱりキレイですよね。このシーンに入る前、私がすごく考え込んでいるのもあって、先生たちがすごく心配して声をかけてくださったんです。「大丈夫ですか? 窯焚きはすごく熱いと思うんですけど、この熱さは、窯が頑張って焼き物を焼いてくれている、いい熱さなんです。頑張ってくれている熱さだって、自分たちは思っています」と言われたときに、確かに窯も頑張っていて、はるかさんも頑張っていて、一緒になっているのがこのシーンなんだな、とすごく思って。だから、はるかさん自身はすごく苦しそうではありますけど、いいシーンになったと思っています。(取材・文=赤山恭子、撮影=映美)

ハルカの陶

映画『ハルカの陶』は2019年11月30日(土)より、ユーロスペースほか全国ロードショー。(10月25日イオンシネマ岡山先行公開)

ハルカの陶

出演:奈緒、平山浩行、村上淳、笹野高史 ほか
監督・脚本:末次成人
公式サイト:harukano-sue.com

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • いわさん
    4.2
    透明感があって、雑味がなくて、シンプルで、重くない、そんな印象の作品。とてもよかった。 たまたま出会った備前焼が心に届き、のめり込むというよりは、平凡な日常を打破するために、えいやぁー!って感じで陶芸の世界に飛び込んじゃうハルカの決断に、年齢を超えて共感できた。 ハルカの明るく、元気で、ひたむきで、負けん気なキャラは、演じる奈緒のキャラそのものであるようにも思えた。 舞台挨拶付きだったが、奈緒、いつも周りをパッと明るく微笑ませてくれそうな素敵な女性だった。 ハルカと奈緒に、元気をもらった。
  • いがらっしー
    -
    全てが重すぎず軽すぎず、暗すぎず明る過ぎない丁度良い作品。 備前焼製作技術の大変さがシンプルにえがかれていて好感が持て、重要無形文化財の備前焼ファンがもっと増えれば良いな。と思った。
  • ふみ
    -
    あったかいね〜 備前市行きたくなった 人は人と関わることでしか成長できない
  • しゅう
    4.5
    序盤に主人公が人の心に突っ込んでいく感じは自分にはないなぁと思ったり、師匠が弟子に任せるところもかっこいいなぁと思った。結局は無い物ねだりだけど、暖かいものを思い出させてくれるいい映画だった。あと、みなさん声がいいなぁと思った笑
  • すみすけ
    4.2
    奈緒さん、笹野さん、平山さん、村上さんなど、素晴らしい人のつながりが、備前の土のようにしっかりとこねれらていて、真っ赤な火でじっくりと焼きしめられたような素晴らしい作品でした。
「ハルカの陶」
のレビュー(28件)