映画ファンに人気の今泉力哉監督おすすめ作品10本!都合のいい関係や二股…モヤモヤ&あるある満載の「恋愛映画」多数!

『愛がなんだ』などリアルな恋愛模様を映し出す今泉力哉監督作品まとめ。『サッドティー』や『アイネクライネナハトムジーク』などの過去作から、2020年公開予定の『mellow』、『his』、『街の上で』まで10本をまとめて紹介。

愛がなんだ』(18)では、胸が痛くなるようなリアルな恋愛を映し出し、多くの共感を呼んだ今泉力哉監督。2020年には、『mellow』(2020年1月17日公開)、『his』(2020年1月24日公開予定)、『街の上で』(2020年5月1日公開予定)の公開が控えている。今回は、そんな今泉力哉監督のおすすめ映画10本をまとめてご紹介。

こっぴどい猫』(2012)

こっぴどい猫

モト冬樹、小宮一葉、内村遥、小石川祐子出演。モト冬樹生誕60周年を記念して作られた作品。

作家の高田則文は、妻を亡くしてから筆が進まないでいた。そんな則文の元へ、かなり歳の離れた美女・小夜が恋愛相談をしたいと頼みに来る……。則文を中心に、小夜や則文の子供たち、スナックのママなど、15人の人物たちによる複雑な恋愛を描いた群集劇。

サッドティー』(2013)

サッドティー

岡部成司、青柳文子、内田慈、永井ちひろ出演。

二股を解消したい映画監督とその二人の彼女。彼の行きつけの喫茶店のアルバイトの女の子とマスター。彼女へのプレゼントを買いに行ったお店の店員に一目惚れする男。元アイドルを10年間想い続けるファンとその存在を知って彼に会いに行こうとする結婚間近の元アイドル。さまざまな恋愛を通して描く「ちゃんと好き」ということについての考察。

サッドティー

知らない、ふたり』(2016)

知らない、ふたり

レン、青柳文子、ミンヒョン、韓英恵出演。

靴職人の見習いの韓国人青年・レオンは、ある日酔っ払いのソナに絡まれる。それから何故かソナのことが忘れられないレオンだったが、ソナの彼氏の友達サンスが、ソナの靴を直しに店へやってくる……。また、レオンのことが好きな小風や、ソナの彼氏が気になっている女性など、さまざまに絡み合う男女の想いが動き出すラブストーリー。

知らない、ふたり

退屈な日々にさようならを』(2016)

退屈な日々にさようならを

内堀太郎、松本まりか、矢作優出演。

映画監督の梶原は、MVの仕事を頼まれるが、さまざまな事態に巻き込まれていく。一方で、造園業を営んでいた太郎は、会社を畳むことを決意する。太郎の双子の弟・次郎は、家出をしてから連絡が取れずにいたが、ある日次郎の彼女と名乗る女性が太郎の元へやってくる。さまざまな人のそれぞれの日常を描いた、今泉監督らしい独特で繊細な物語。

退屈な日々にさようならを

パンとバスと2度目のハツコイ』(2017)

パンとバスと2度目のハツコイ

深川麻衣、山下健二郎、伊藤沙莉、志田彩良出演。

「好きでいられる自信も、好きでいる自信もない」と独特の結婚観を持つふみは、初恋の相手たもつと再会する。プロポーズされたものの、結婚に踏み切れず元彼と別れてしまったふみと、離婚した妻が忘れられないたもつの、モヤモヤ&キュンキュンするラブストーリー。

パンとバスと2度目のハツコイ

愛がなんだ』(2018)

愛がなんだ

岸井ゆきの、成田凌、深川麻衣、若葉竜也、江口のりこ出演。

28歳のテルコはマモルに一目惚れしてから、マモル中心の生活を送っていた。しかし、マモルに踏み込もうとすると拒絶されてしまうので、今の関係を保つために必死になるテルコ。好きと伝えられず、都合の良い女であり続けるテルコだったが、ある日マモルにすみれさんという年上の女性がいることを知る……。

愛がなんだ

アイネクライネナハトムジーク』(2019)

アイネクライネナハトムジーク

三浦春馬、多部未華子、原田泰造、矢本悠馬出演。伊坂幸太郎の小説を原作とし、映像化した作品。

仙台駅前でアンケート調査をする会社員の佐藤は、快くアンケートに協力してくれた紗季と運命的に恋をする。また、佐藤と紗季の周りの人々も皆、不器用ながらも運命的な出会いや恋をしながら生きていく様子を、10年の歳月に渡って描く。

アイネクライネナハトムジーク

mellow』(2020年1月17日公開予定)

mellow

田中圭、岡崎紗絵、志田彩良、松木エレナ出演。

独身、彼女なし、花が大好きで、おしゃれな花屋の店主を務める夏目誠一。廃業寸前のラーメン屋で店主を務める木帆。街で一番オシャレな花屋と廃業寸前のラーメン屋を舞台に、様々な恋愛模様が描かれていく、不器用な片想いたちの物語。

mellow

his』(2020年1月24日公開予定)

his

宮沢氷魚、藤原季節、松本若菜、松本穂香出演。

高校時代に迅と渚は友情が恋に発展し、付き合うことになる。しかし、男同士のため、先が見えないという理由で迅は渚に振られてしまう。それから13年後、迅の元に、娘を連れた渚がやってくる。妻と、娘の親権を争い中の渚は、迅のことが忘れられず、ここまで来たと打ち明けるのだが……。

his

街の上で』(2020年5月1日公開予定)

街の上で

若葉竜也、穂志もえか(保紫萌香)、古川琴音、萩原みのり出演。

下北沢の古着屋で働く荒川青のもとに訪れる「自主映画への出演依頼」という非日常的な出来事、いざ出演することにするまでの流れと出てみたもののそれで何か変わったのかわからない数日間、またその過程で青が出会う女性たちを描いた物語。

【文・くりすちな】

(C)2013 ENBUゼミナール(C)2015 NIKKATSU, So-net Entertainment, Ariola Japan(C)ENBUゼミナール(C)2017映画「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会(C)2019「愛がなんだ」製作委員会(C)2019 映画「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会(C)2020「mellow」製作委員会(C)2020 映画「his」製作委員会

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 味噌のカツオ
    -
    ファーストシーンはある女子中学生が花屋に入る場面。 というか、こんな老舗の蕎麦屋みたいな たたずまいの花屋さんあるのかな? これ否定的な意見ではなくて「その手があったか!」と。 劇中、印象に残った台詞で「好きって気持ちって、表立ってやり取りされないもんでしょ」というのがあります。 もちろん世の中には だれかれ彼構わず「好き」と声をかけるのもおるけど(笑) 本当の「好き」は軽々しく表せないとか。往々にして秘められているものってのはわかるよね。でも ずっとそのままではいられなくて。 時には勇気を振り絞って「好き」を伝えたい…伝えなきゃ…という時があって。 それなのに、やっと世に出た「好き」という感情なのに。受け止める側の「ありがとう」と「ごめん」の感情がね… もどかしいんだけど、世の中そうしたもんだよね。 秘められた思いという意味では 終盤のキーとなる手紙もそうなのかもしれません。 それによって伝えられる思い。初めて知る心の内。 そして迎えるラストシーン。二人で見上げる飛行機。 絵面も台詞も何でもないものだけど、見た人それぞれで感じて想像させるラストシーン。 それにつづくエンドロールは、それらの余韻を噛みしめて味わえるような時間になってたかな。 100人いれば100通りの恋愛感情はあるだろうけど、それでいて誰もが共感しちゃうような“恋愛あるある”みたいなところを描くのが、今泉監督はとてもうまいですよね。 じつに心地よい映画。楽しかったです。
  • ora
    3.7
    空気感が居心地良すぎて寝た
  • rgii
    -
    心がぽっかぽっかする 優しい気持ちになる お花屋さんの内装がとっても可愛くて好き
  • sci
    2.5
    カメラ固定の長回しの中で俳優が感情を抑えて演技しているのが露わになり、大変そうだなと思ってしまった。自分の想いを伝えるか伝えないかに話が終始していたので、最後の方はどうでも良くなり集中力が続かず。そして迎えたラスト、今の時代飛行機が飛んでいるのがそんなに珍しいんだろうかと完全に冷め・・・ 一歩引いて観察している小学生の目が唯一スリリング。岡崎紗絵が可愛かったのと志田彩良のきりりとした感じはよかった。新井郁さんはお化粧が薄い方がカワイイと思う。
  • くぅー
    4
    my映画館2020#35 > こんな状況下のせいもあるかもしれませんが、何かとてもいとおしく沁みる余韻に浸れましたね。 花が好きな独身男が営むおしゃれな花屋と、父親の亡き後を継いで娘が切り盛りする廃業寸前のラーメン屋・・・この二つの対照的な場所が舞台の片想いだらけのドラマ。 そう、片想いの面倒臭さで作品は転がりだし、どこに向かうのかと思いきや・・・徐々に告白がポイントとなってきます。 まぁ、片想い気質な自分なので、すんなり見れましたが・・・この世界観が苦手な方もいるだろうし、今どきの描写も少なく現実離れ感はあるかも。 そんな最後、実は手紙が決め手となるクラシカルさで、もちろん花というアイテムもしっかり作品を彩り・・・正にメロウな後味に持って行く今泉監督の巧さ、今回もやられましたね。 にしても、美しい花に囲まれ、告白され続ける日々・・・羨ましい(笑) なお、俳優陣では、まずは田中圭・・・爽やかな正統派の好かれキャラは流石に鉄板の強さ。 印象に残るはやはり岡崎紗絵・・・また新たないい感じの女優が現れましたね。 さらには、志田彩良に松木エレナに、子役の白鳥玉季から・・・芸達者なともさかりえや小市慢太郎らまで、いい仕事してます。
mellow
のレビュー(2227件)