映画ファンに人気の今泉力哉監督おすすめ作品10本!都合のいい関係や二股…モヤモヤ&あるある満載の「恋愛映画」多数!

『愛がなんだ』などリアルな恋愛模様を映し出す今泉力哉監督作品まとめ。『サッドティー』や『アイネクライネナハトムジーク』などの過去作から、2020年公開予定の『mellow』、『his』、『街の上で』まで10本をまとめて紹介。

愛がなんだ』(18)では、胸が痛くなるようなリアルな恋愛を映し出し、多くの共感を呼んだ今泉力哉監督。2020年には、『mellow』(2020年1月17日公開)、『his』(2020年1月24日公開予定)、『街の上で』(2020年5月1日公開予定)の公開が控えている。今回は、そんな今泉力哉監督のおすすめ映画10本をまとめてご紹介。

こっぴどい猫』(2012)

こっぴどい猫

モト冬樹、小宮一葉、内村遥、小石川祐子出演。モト冬樹生誕60周年を記念して作られた作品。

作家の高田則文は、妻を亡くしてから筆が進まないでいた。そんな則文の元へ、かなり歳の離れた美女・小夜が恋愛相談をしたいと頼みに来る……。則文を中心に、小夜や則文の子供たち、スナックのママなど、15人の人物たちによる複雑な恋愛を描いた群集劇。

サッドティー』(2013)

サッドティー

岡部成司、青柳文子、内田慈、永井ちひろ出演。

二股を解消したい映画監督とその二人の彼女。彼の行きつけの喫茶店のアルバイトの女の子とマスター。彼女へのプレゼントを買いに行ったお店の店員に一目惚れする男。元アイドルを10年間想い続けるファンとその存在を知って彼に会いに行こうとする結婚間近の元アイドル。さまざまな恋愛を通して描く「ちゃんと好き」ということについての考察。

サッドティー

知らない、ふたり』(2016)

知らない、ふたり

レン、青柳文子、ミンヒョン、韓英恵出演。

靴職人の見習いの韓国人青年・レオンは、ある日酔っ払いのソナに絡まれる。それから何故かソナのことが忘れられないレオンだったが、ソナの彼氏の友達サンスが、ソナの靴を直しに店へやってくる……。また、レオンのことが好きな小風や、ソナの彼氏が気になっている女性など、さまざまに絡み合う男女の想いが動き出すラブストーリー。

知らない、ふたり

退屈な日々にさようならを』(2016)

退屈な日々にさようならを

内堀太郎、松本まりか、矢作優出演。

映画監督の梶原は、MVの仕事を頼まれるが、さまざまな事態に巻き込まれていく。一方で、造園業を営んでいた太郎は、会社を畳むことを決意する。太郎の双子の弟・次郎は、家出をしてから連絡が取れずにいたが、ある日次郎の彼女と名乗る女性が太郎の元へやってくる。さまざまな人のそれぞれの日常を描いた、今泉監督らしい独特で繊細な物語。

退屈な日々にさようならを

パンとバスと2度目のハツコイ』(2017)

パンとバスと2度目のハツコイ

深川麻衣、山下健二郎、伊藤沙莉、志田彩良出演。

「好きでいられる自信も、好きでいる自信もない」と独特の結婚観を持つふみは、初恋の相手たもつと再会する。プロポーズされたものの、結婚に踏み切れず元彼と別れてしまったふみと、離婚した妻が忘れられないたもつの、モヤモヤ&キュンキュンするラブストーリー。

パンとバスと2度目のハツコイ

愛がなんだ』(2018)

愛がなんだ

岸井ゆきの、成田凌、深川麻衣、若葉竜也、江口のりこ出演。

28歳のテルコはマモルに一目惚れしてから、マモル中心の生活を送っていた。しかし、マモルに踏み込もうとすると拒絶されてしまうので、今の関係を保つために必死になるテルコ。好きと伝えられず、都合の良い女であり続けるテルコだったが、ある日マモルにすみれさんという年上の女性がいることを知る……。

愛がなんだ

アイネクライネナハトムジーク』(2019)

アイネクライネナハトムジーク

三浦春馬、多部未華子、原田泰造、矢本悠馬出演。伊坂幸太郎の小説を原作とし、映像化した作品。

仙台駅前でアンケート調査をする会社員の佐藤は、快くアンケートに協力してくれた紗季と運命的に恋をする。また、佐藤と紗季の周りの人々も皆、不器用ながらも運命的な出会いや恋をしながら生きていく様子を、10年の歳月に渡って描く。

アイネクライネナハトムジーク

mellow』(2020年1月17日公開予定)

mellow

田中圭、岡崎紗絵、志田彩良、松木エレナ出演。

独身、彼女なし、花が大好きで、おしゃれな花屋の店主を務める夏目誠一。廃業寸前のラーメン屋で店主を務める木帆。街で一番オシャレな花屋と廃業寸前のラーメン屋を舞台に、様々な恋愛模様が描かれていく、不器用な片想いたちの物語。

mellow

his』(2020年1月24日公開予定)

his

宮沢氷魚、藤原季節、松本若菜、松本穂香出演。

高校時代に迅と渚は友情が恋に発展し、付き合うことになる。しかし、男同士のため、先が見えないという理由で迅は渚に振られてしまう。それから13年後、迅の元に、娘を連れた渚がやってくる。妻と、娘の親権を争い中の渚は、迅のことが忘れられず、ここまで来たと打ち明けるのだが……。

his

街の上で』(2020年5月1日公開予定)

街の上で

若葉竜也、穂志もえか(保紫萌香)、古川琴音、萩原みのり出演。

下北沢の古着屋で働く荒川青のもとに訪れる「自主映画への出演依頼」という非日常的な出来事、いざ出演することにするまでの流れと出てみたもののそれで何か変わったのかわからない数日間、またその過程で青が出会う女性たちを描いた物語。

【文・くりすちな】

(C)2013 ENBUゼミナール(C)2015 NIKKATSU, So-net Entertainment, Ariola Japan(C)ENBUゼミナール(C)2017映画「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会(C)2019「愛がなんだ」製作委員会(C)2019 映画「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会(C)2020「mellow」製作委員会(C)2020 映画「his」製作委員会

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • みみみ
    2.1
    ともさかりえ、、、、、w
  • Miver2
    4.6
    繰り広げられて行くその会話と物語の空気感がたまらない物があって、とても面白かったな。 温かくて優しくて、時に苦さが滲むけど、愛おしさと尊さが深く感じられる作品で素晴らしかった。 この作品を観ていて今泉力哉監督の近作に登場してた方々の姿と演技と登場してるのを観れたのがとても嬉しかったな。 初めて観る出演者の方もいらした訳ですが、皆さんとても魅力的で。 何よりも物語を描くその視点、登場人物達を捉えるその眼差しからは、奥床しさを深く感じる事が出来たように思えた。 岡崎紗絵さんの演技とその表情に釘付けになったり、思わずグッと来る所があったのが最高だったな。 そのエピソードの面白さは格別だったし、言葉じゃない所でその気持ちが滲み出ているあの素敵さは観ていて格別な物があった。 途中、ともさかりえさんが登場するあの場面、最高に面白かった。 繰り広げられて行く会話の中で感じられる揺るぎない真っ直ぐさと、その戸惑いが露わになるその瞬間にはかなり笑った。 そして繰り広げられて行く会話から感じられるグルーヴがたまらなく良かった♪ 登場人物が語るその台詞は時に格言にしたくなる瞬間がさりげなくあったりするのが最高だった。 そして登場人物達の表情がとても良い映画だったし、あの終わり方は物語のもっと先を観たくなるね。 "好き"を巡る物語での会話が産み出す物語のグルーヴ感は最高だったし、人を想う純粋な気持ちのその先にある尊さが強く深く感じられる素晴らしい作品でした。
  • りこ
    3.0
    田中圭目当てで鑑賞 プラトニックな恋愛や伝えられない想いなどが交錯してるイメージを受けた。 作品の中でいろんな人の時間軸が流れていて少し難しかったが監督の伝えたいものを的確に映像に出来たのではないかと素人目線ながら感じた。 映画館でメイキングが見れるとは思わなかったので貴重な経験であった。
  • 4.1
    今泉監督作品の優しさや空気感が大好き。ともかさりえ夫婦のコントのようなやりとりが面白く、中学生3人の可愛さにニヤニヤしてしまった。ありがとうでもごめんなさいで、皆が受け入れてくれる優しい世界であれば、伝えたいことをなんでも打ち明けられるのかな
  • -
    記録。
「mellow」
のレビュー(1786件)