童貞だけどセックス・セラピスト!? Netflix USのドラマ視聴数TOP8にランクインした『セックス・エデュケーション』待望のシーズン2配信!

2019年1月の配信開始からわずか4週間で世界累計視聴者数が4000万世帯を超え、異例の速さでシーズン2の制作が決定した『セックス・エデュケーション』。

ファン待望の新シーズンがいよいよ1月17日(金)より配信を開始します。全世界の注目を集めている本作の魅力に加え、シーズン2の見どころを紹介します!

Filmarks驚異の★4.3!『セックス・エデュケーション』とは

SE2

 

タイトルを直訳すると、ズバリ「性教育」。10 代の性の悩みをメインテーマとした斬新な設定で、同性愛、中絶、家庭の問題などの社会問題にも切り込んでいく、今を生きる若者たちのリアルな姿を描いたイギリス発の大ヒット青春ドラマシリーズです。

Netflix USで最も視聴されたドラマTOP8にランクインし、米レビューサイト Rotten Tomatoesではオーディエンススコア95%(11/25時点)を獲得。Filmarksスコアは★4.3という高得点を叩き出した本作のあらすじは以下の通り。

主人公オーティス・ミルバーンは、いたって普通の高校生。セックス・セラピストの母ジーンの仕事柄、性の知識だけは人一倍豊富。しかし彼自身は経験がなく童貞で、人付き合いが苦手なタイプ。ある日学校で母の職業がバレたことから、密かに憧れを抱いていた自由奔放な女子メイヴの発案で【性の悩み相談クリニック】を開くことに。

オーティスの的確なアドバイスで依頼者たちの悩みは次々と解決し、メイヴとの関係性も少しずつ変化していきます。同級生の悩みの解決に奮闘しながらも、自分自身の体、恋愛、友情、親子関係と葛藤し、自分らしさを探して成長していきます。

これはまじで、タイトルで敬遠しないで観てほしい!めちゃめちゃ良作!(xxxさん)

日本の高校生にこそ授業教材として見せてやりたい、まさに"性教育"ドラマ!(kengo1in10さん)

観終わる頃には登場人物全員のことが愛くるしくなること間違いなし。最高。(マグワイアさん)

悩むって普通のこと!あの頃・そして今の自分を肯定してくれるドラマ

SE2

ストーリーを彩る個性豊かなキャラクターたちは、本作の大きな魅力の一つ。それぞれが抱える悩みに向き合っていく姿は、あの頃・そして今の自分を肯定してくれるような感覚になるほどリアルに描かれています。

両親の離婚の原因にトラウマを抱え、【性の悩み相談クリニック】を開きながらも、自分自身も悩みを抱える主人公のオーティス、学校でたった2人だけゲイを公言している生徒のうちの1人である親友エリック、複雑な家庭環境のメイヴの3人が物語上のメインキャラクターです。

学校の一番「イケてる」グループに所属しながらもうまく馴染めないエイミーや、誰とでも良いから早く初体験を済ませたいリリー、いじめっ子のアダム、生徒会長で水泳チームのエースであるジャクソンといった彼らを取り巻く人物たちの背景も豊かに描かれています。

SE2

斬新な設定ながら10代が抱える様々な性の悩み、同性愛、中絶、複雑な家庭問題などのシリアスなテーマやタブーに切り込んだ本作では、誰もが思春期に衝突する恋やアイデンティティの悩みから次々と巻き起こる予想外の展開に、泣けて、笑えて、胸がいっぱいになること間違いありません。 

また本作は、男同士の友情や、セックスの語り方にも一石を投じています。オーティスとエリックは互いの性に関する悩みをからかい合ったりもしますが、安心して心内をさらけ出せる男同士の友情として描き、 “男らしさ”ではなく、“自分らしさ”を理解することや、相手とコミュニケーションをとり、自分に正直になることの大切さに気づかせてくれることでしょう。

思春期の恋愛、友情だけでなく、複雑な環境にある親子関係も描かれていて観出したら止まらなくなった。(ジョジーさん)

大切なのは下ネタを"ネタ"としてではなく列記とした"悩み"として取り上げるところしっかり向き合い解決するのがまさに教育:education(Asuuuさん)

みんないろんな悩みを抱えてるし、それは決して恥ずかしいことじゃないんだよね(せいきちさん)​

ファン待望のシーズン2はさらなるタブーへ切り込む!

SE2

ファン待望のシーズン2では、主人公のオーティス、オーティスが好きだと気づいたメイヴ、親友エリックはもちろん、メイヴの親友エイミー、エリックに対する想いと葛藤するアダム、オーティスの彼女オーラほか高校生達はもちろん、オーティスの母ジーンの強烈キャラも健在。また、オーラの父親ヤコブほか大人たちの物語も展開していきます。さらに人には言えない悩みを抱えた“ヤバみ強め”の個性的なキャラクターたちが集結。シーズン1を超える騒動が巻き起こり、さらなるタブーへと踏み込んでいきます。フィルマークスレビューでも、シーズン2への期待の声が続々と投稿されています。

sexを通して物語は展開していくけれど、観ていて全然苦にならない。と言うか、全然下品に感じない。真っ当な青春を描いてて、そこも大好き。season2の配信がこんなに待ちきれないなんて!(赤鬼さん)

初めは邪な気持ちで観たけど完全に裏切られた。笑える場面もあればめちゃくちゃ泣かせてくるようなシーンもあってとにかくよかった。はやくシーズン2観たい。(Chloeさん)

初めてこんなにボロボロ泣いたしギャグ要素がこんなにおもしろかったのも初めて。シーズン2早く観たい!(Rmさん)

“ふつうじゃないのが、ふつうでしょ”を掲げる本作。日本でも徐々にダイバーシティ(多様性)の時代へ突入し、私たちに“変わるべきこと” “変わらなくていいこと”を問いかけ、生きていく上で大切なことを様々な視点から教えてくれる、まさにエデュケーショナルなドラマ『セックス・エデュケーション』。是非、”ティッシュを用意してごらん下さい”!シーズン2の配信、お見逃しなく。

◆『セックス・エデュケーション シーズン2information

SE2

あらすじ:主人公オーティス・ミルバーン(エイサ・バターフィールド)は、セックス・セラピストの母ジーン(ジリアン・アンダーソン)の仕事柄、セックスマニュアルやビデオ、赤裸々な会話に囲まれてうんざりしつつ育った高校生。おかげで性の知識だけは人一倍豊富になったのですが、実は経験がなく童貞で人付き合いが苦手な陰キャラタイプ。ある日、学校で母親の職業がバレてしまい悩みますが、逆に自分が人気者になれるチャンスかもとひらめきます。秘かに憧れていた自由奔放な女子メイヴと組んで秘密の【性の悩み相談クリニック】を開き、学校内で一躍注目を浴びていくことに…。

1月17日よりNetflixにて独占配信中
公式サイト:http://netflix.com/セックスエデュケーション

(Filmarksスコア:2020年1月17日時点)

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS