【芸術の秋だからこそ観たい】芸術性を感じさせるショートフィルムの世界

劇場未公開作品を愛してやまない田舎人

フレスコの傘

ショートフィルム(短編映画)最大の魅力はなんと言ってもその短さ。10分前後で鑑賞できる作品が多く、最長でも30分程度しかないので忙しい人でも手軽に観られるという点は非常に助かりますね。

映画は好きだけど、その日の体調によっては映画自体観る気力が起きない・・・。そんな日も大丈夫。ショートフィルムには台詞自体が用意されていない作品も多いので、映像だけを感覚的に楽しめる側面も持ち合わせているのです。

今回はDVDで観ることができるショートフィルム作品をご紹介します。

入門編:CINEMA 16シリーズ 『CINEMA 16 EUROPEAN SHORT FILMS』

ヨーロッパ出身の監督たちによる16編のショートフィルムを集めた作品集です。

有名どころではルイス・ブニュエルとスペインの画家サルバドール・ダリがタッグを組んだ『アンダルシアの犬』、ヤン・シュヴァンクマイエルの『ジャバウォッキー』などがあり、その他ラース・フォン・トリアー、ジャン=リュック・ゴダール、クリストファー・ノーランといった名監督たちの名前が並んでいます。

また映画監督だけではなく、スコットランドの名優ピーター・マランによる作品も収録されているのも特徴。もともとショートフィルムはヨーロッパで確立されたジャンルですので、その懐の深さを知るにはもってこいの作品集と言えるでしょう。

pickup!『アンダルシアの犬』(1928年/16分)

アンダルシアの犬

有名な眼球を剃刀で真二つにされる女性の映像から始まり、手から這い出てくる蟻の大群、ピアノの上に横たわる動物の死体・・・。淡々と羅列されていく映像はどれもショッキングですが、その映像は意味があるようで全くないのかもしれません。

アヴァンギャルドやシュールレアリスムといった小難しい言葉は何もいらない。観る者をただ感性の赴くままに導いていく16分間の世界がそこにはあります。

『CINEMA 16 AMERICAN SHORT FILMS』

前述のEUROPEANと対になっている作品です。こちらはアメリカ編。

前衛映画のパイオニアと呼ばれるマヤ・デレンの『午後の網目』をはじめ、ティム・バートン、ガス・ヴァン・サント、マイク・ミルズ、ジョージ・ルーカスといったヨーロッパ編に引けを取らない監督たちの作品が収録されています。

pickup!『午後の網目』(1943年/14分)

午後の気怠い日差しが射す中、夢の中を微睡んでいるかのような世界が展開されていく。一輪の花、ナイフ、受話器、鍵、鏡といった何気ない道具の使い方がとても印象的です。

監督のマヤ・デレンが主役を演じておりマヤのエキゾチックな容姿は魅惑的なのですが、同時にどこか危険な香りもする。そこに焼き付いた彼女の姿は今もなお大勢の人々を魅了することでしょう。

また音楽を彼女の3番目の夫となったテイジ・イトーが手掛けており、和楽器を使用した日本風のBGMが目だけでなく耳をも刺激する内容になっています。

テーマの共有が面白い『ROOM13』

ROOM13

13人のフランスの監督たちによるショートフィルム・ムービー。1組の男女のうちどちらかは必ず死ぬという設定と1938年~2000年代にかけてとあるホテルの13号室の中で起きる出来事という限定されたテーマがとてもユニークな作品集です。

1話の時間数は約6分程度。全て同じ素材なのに蓋を開けてみれば13通りの料理が出てくるスタイルはある意味実験的とも言えるかもしれません。

カンヌ国際映画祭で絶賛された短編5作品『カンヌSHORT5』

short5

スタンリー・キューブリック監督作品『シャイニング』の舞台となったオーバールック・ホテルをCGアニメで再現した『Do You Have the shine?/ドゥー・ユー・ハブ・ザ・シャイン?』。

イギリスの美しい田園風景とともに映し出される少年たちの歪んだ狂気を描いた『field/フィールド』。

オランダの湿原、用水路の中で水と戯れながら眠る女性。白昼夢のなかに永遠に佇むかのような不思議な雰囲気を持った『Play with me/プレイ・ウィズ・ミー』などを収録。

いずれもヨーロッパ各国の監督たちによる作品となっています。

刹那の時間を彩ってゆく芸術性

film画像

ショートフィルムは短い時間の中で構築された世界観を一瞬にして体感できる素晴らしい映像表現です。

短さ故に夢から醒めるのも早いのですが、その短さならではの名残惜しさというものがあり、それはそれで心地の良い感覚だったりするのです。これはまさに芸術と言う他ありません。

芸術の秋も日々深まるばかり。皆さんも秋の夜長にお気に入りのショートフィルムを見つけてみてはいかがでしょうか?

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS

  • SteveShi
    4.3
    Marvelous idea 💡
  • miku
    -
    白日夢。休日の午後に昼寝すると見る夢のよう。もしくは踊る人の頭の中。これを解体して再構築したらおもしろい舞踊作品になりそう。重力に異常を来たし上手く走れなかったり、異様に浮かび上がったりする身体と、それを俯瞰で見る自分。揺れるカーテン。光と闇とナイフが不安を煽る。好き。
  • s
    4
    itoの音楽が良かった
  • Kto
    3.5
    BFIのThe Greatest Films of All Time ランキング16位。 デヴィッドリンチ、デレクジャーマン、ジョーダンピールなどに多大なる影響を与えた、歴史的短編。 マルホランドドライブやロストハイウェイの文脈を語る上で外せない映画と聞いて鑑賞。たって14分に、以後様々な作家によって繰り返し使われるテーマやギミックが凝縮されていた。偉大過ぎる。 内容は“内面的・詩的なサイコドラマ”。フロイトの自由連想法を用いて”夢の論理”で創られた「アンダルシアの犬」に共通する要素もある。 渦巻くように配置された断片的な要素と、不条理なループに錯乱する主人公は、「悪夢の中で、自分の身体と思考が制御できない苦しさ」を表している。無意識又は潜在意識の映像化。 「夢の中の夢」という二重構造を開発したのも偉大。インセプションやパプリカの発想の根源的発想と思われる(直接引用というより、構造の開発としての業績が大きい)。 見慣れた日常的景色が不穏な空気によって「汚染」されていく感覚。精神科的には”離人感”と呼べる感覚が、ループの中で発現してくるのも凄い。マヤデレン自身も”離人感”を精神的な目覚めと関連づけていることを踏まえると、主人公の行動も「自殺」に見えて「自我の死≒解放≒精神的な目覚め」という意味なのかもしれない…(マヤデレンは映画を精神分析的に見られるのを拒否しているらしいので、映画に描かれていない主張を解釈するのは失礼な態度かもしれないが…)。 マヤデレンは映画作家になる前、詩人だったそうだけど、自分の頭のなかにあることを表現するには詩では限界がある、と思っていたそう。確かに明らかに、海・窓・ナイフ・鍵・鏡などは詩的な使い方をしてた。 充実した解説↓ https://dianamarin.com/2019/12/19/meshes-of-the-afternoon-1943-spiralling-nightmare-maya-deren-dialogue-with-the-unconscious/
  • りおっぴ
    3.8
    天井に背中が押しやられる、貼り付く 自分を自分がみている パンにささったナイフ 階段に足をおくタイミングと一歩前に出そうとするタイミングがずれる 階段の横の壁をつたって浮遊する
午後の網目
のレビュー(950件)