もうひとつの映画の祭典!「第16回東京フィルメックス」の注目作をチェック

Nobody's Perfect.

久保田和馬

10月は東京国際映画祭で盛り上がりましたが、11月にもうひとつ大きな映画祭があるのをご存知でしょうか。それが今年で16回目を迎える東京フィルメックス。

有楽町の朝日ホールをメイン会場に、アジア圏の超有名監督の新作や、インディペンデント映画を紹介するこの映画祭。今回は、例年にも増して豪華なラインナップが並ぶ、今年のフィルメックスをご紹介いたします。

待ちに待った作品が並ぶ!特別招待作品

ぱなひ

出典:第16回東京フィルメックス公式サイト

今年のベルリン国際映画祭で、最高賞である金熊賞を獲得したジャファル・パナヒ監督の最新作『タクシー』がついに日本へ上陸します。

前作『これは映画ではない』もこのフィルメックスでお披露目されており、すっかりフィルメックスでおなじみのパナヒ監督。未だイラン国内での公式な映画製作が許されていない彼の手がけるアイデアに脱帽すること間違い無しです。

じゃんくー

出典:第16回東京フィルメックス公式サイト

そしてこちらもフィルメックスではおなじみのジャ・ジャンクー(賈樟柯)監督の新作『山河故人』

今年のカンヌ国際映画祭コンペティションに出品された本作は、ひとりの女性にフォーカスを当て、現代中国社会の移り変わりを描き出した大作。もちろんすでに日本公開が決まっている作品ですが、今年のクロージング作品として上映される目玉のひとつです。

みんりゃん

出典:第16回東京フィルメックス公式サイト

一昨年上映された『郊遊』(映画祭題「ピクニック」)で、商業映画からの引退を表明していたツァイ・ミンリャン(蔡明亮)監督。彼の最新作である『あの日の午後』は、おなじみのリー・カンションとの対話を記録したアート作品です。

新たなる映画表現の可能性を見出そうとする監督の意欲を感じることができる本作を始め、今回の映画祭の関連企画で特集上映も予定されておりますので、この機会に是非近年の短編作品などを観てみるのもいいのではないでしょうか。

他にも、香港映画界のエース、ジョニー・トーの新作『華麗上班族』や、塩田明彦監督の新作中短編『昼も夜も』『約束』が上映されるなど、注目作が並びます。

未来を担う才能が集結!コンペティション部門

コンペティション部門にはアジア圏の新進気鋭監督の作品が並びます。今年上映されるのは10作品。日本、中国、韓国といったおなじみの国から、スリランカ、カザフスタン、ネパールといった、この映画祭でしか観る機会がないような国の作品が上映されます。

この中から、注目作を2作ご紹介します。

消失

出典:第16回東京フィルメックス公式サイト

東南アジアきっての映画国であるタイの作家ジャッカワーン・ニンタムロンの長編劇映画デビュー作『消失点』

日本では2011年の山形国際ドキュメンタリー映画祭で上映された『偽りの森』以来の紹介となるニンタムロン監督の本作は、ロッテルダム国際映画祭の最高賞であるタイガー・アワードを受賞しました。香港や台湾の映画祭でも上映されており、今後の東南アジア映画界を見ていく上でも重要な一本となるはずです。

白い

出典:第16回東京フィルメックス公式サイト

ロカルノ国際映画祭に出品された、スリランカ映画界期待の星ヴィムクティ・ジャヤスンダラ監督の最新作『白い光の闇』も日本上陸。

スリランカ映画なんて観たことない、という人も多くいると思います。このジャヤスンダラ監督は第58回のカンヌ国際映画祭で、ミランダ・ジュライと共にカメラ・ドール(新人監督賞)を獲得している、要注目監督なのです。本作は複数の人物の物語の断片から、現代スリランカ社会を描き出した実に興味深い作品となっています。

見逃せない名作が並ぶ!特集上映

エテックス

コンペティションと特別招待作品のふたつの部門が中心になるこの映画祭ですが、毎年ピックアップされた監督の特集上映が行われるのも注目です。

今年は前述のツァイ・ミンリャン特集をはじめ、今年久々の新作『黒衣の刺客』が日本公開されたホウ・シャオシェン(侯孝賢)の特集として、名作『悲情城市』『戯夢人生』『風櫃の少年』が上映されます。

さらに今年の映画祭ポスターにもなっている、ピエール・エテックスの特集上映として、日本未公開の2作品が上映。アジア圏のみならず、ヨーロッパの名監督を特集してくれるとても魅力溢れる映画祭になっております。

チケットはチケットボードにて絶賛発売中!

今年から東京国際映画祭と同じチケットボードで発売されることになったフィルメックス。これまでは映画料金以外にも手数料などがかかって少しお高いイメージでしたが、今年からは手数料もかからず購入できます。

一部の上映を除き前売り1300円。平日の夕方までの上映を11/9までに購入すれば1000円で観れるという「限定早割」も実施中です。お早めにスケジュールを立てて、今月末も映画祭をお楽しみください。

第16回東京フィルメックス公式ホームページ

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 晴れない空の降らない雨
    3.6
     ジャ・ジャンクーの映画はロケーションが良すぎて適当にロングで撮っておけば絵になっちゃうんだよなー、とか思う作品。しかし、この映画にしばしば挟まれる意図が不明瞭なショットの数々はそれ自体として不思議な(本筋以上の)魅力をもっており、おそらくはドキュメンタリーからの影響と、監督自身のその素質を表すものだろう。  それだけに三流のストーリーや安い叙情感には「やれやれ」なところも。音楽の使い方がワンパターン、そもそも上手くない、ありきたり。とはいえ、フェンヤンの歴史的建造物をバックにタオが踊るのは、つまるところ「良いとこどり」であり、それは彼女にとっても中国にとっても叶わぬ夢として、このうえない美しさで要約されている。1990年代は開放された中国の青春時代だったのだろう。  つまりこの映画は、あの寺院や塔とGO WESTが共存するという、2人の男との友情が永続するという、悲劇的な勘違いとその顛末を描いたものだ、といえよう。タオは常に裏切られ続けており、映画はアイロニカルな眼差しを彼女にそそぐ。これは冒頭のGO WESTから始まっている。明らかに映画は、田舎っぺたちのダンスを馬鹿にしている(一方でそうした素朴さに憧れているようだが、結局これは軽蔑の裏返しでしかない……そのことに監督は気づいているのだろうか?) 。春の祭りでタオが歌うのを楽しんでいるとき、最初こそカメラは彼女の近くにあって彼女は普通に歌えているように見えるが、つぎの客席後方からのショットではマイクの性能が低くてほとんど声が届いていない。こうした視点のズレによるアイロニーは、第2部における父親の突然死のあとの一連のシーンでより顕著になる。息子との対比は言うまでもないが、他にもあの手この手で映画は、父親に対するタオの悲嘆と哀悼を妨害してくる。
  • 大野
    4.0
    謎ショット多めだが、それが悉く良い。
  • 桐生998
    3.5
    三角関係で捨てた方を結婚式招待するのにドン引きした しかも自覚なし
  • usme
    -
    H53
  • MTY
    2.9
    ジャジャンクーをちゃんと観たことなかったので。 最後、母親が踊って終わる末路、母なる証明のオマージュ?
「山河ノスタルジア」
のレビュー(1108件)