もうひとつの映画の祭典!「第16回東京フィルメックス」の注目作をチェック

Nobody's Perfect.

久保田和馬

10月は東京国際映画祭で盛り上がりましたが、11月にもうひとつ大きな映画祭があるのをご存知でしょうか。それが今年で16回目を迎える東京フィルメックス。

有楽町の朝日ホールをメイン会場に、アジア圏の超有名監督の新作や、インディペンデント映画を紹介するこの映画祭。今回は、例年にも増して豪華なラインナップが並ぶ、今年のフィルメックスをご紹介いたします。

待ちに待った作品が並ぶ!特別招待作品

ぱなひ

出典:第16回東京フィルメックス公式サイト

今年のベルリン国際映画祭で、最高賞である金熊賞を獲得したジャファル・パナヒ監督の最新作『タクシー』がついに日本へ上陸します。

前作『これは映画ではない』もこのフィルメックスでお披露目されており、すっかりフィルメックスでおなじみのパナヒ監督。未だイラン国内での公式な映画製作が許されていない彼の手がけるアイデアに脱帽すること間違い無しです。

じゃんくー

出典:第16回東京フィルメックス公式サイト

そしてこちらもフィルメックスではおなじみのジャ・ジャンクー(賈樟柯)監督の新作『山河故人』

今年のカンヌ国際映画祭コンペティションに出品された本作は、ひとりの女性にフォーカスを当て、現代中国社会の移り変わりを描き出した大作。もちろんすでに日本公開が決まっている作品ですが、今年のクロージング作品として上映される目玉のひとつです。

みんりゃん

出典:第16回東京フィルメックス公式サイト

一昨年上映された『郊遊』(映画祭題「ピクニック」)で、商業映画からの引退を表明していたツァイ・ミンリャン(蔡明亮)監督。彼の最新作である『あの日の午後』は、おなじみのリー・カンションとの対話を記録したアート作品です。

新たなる映画表現の可能性を見出そうとする監督の意欲を感じることができる本作を始め、今回の映画祭の関連企画で特集上映も予定されておりますので、この機会に是非近年の短編作品などを観てみるのもいいのではないでしょうか。

他にも、香港映画界のエース、ジョニー・トーの新作『華麗上班族』や、塩田明彦監督の新作中短編『昼も夜も』『約束』が上映されるなど、注目作が並びます。

未来を担う才能が集結!コンペティション部門

コンペティション部門にはアジア圏の新進気鋭監督の作品が並びます。今年上映されるのは10作品。日本、中国、韓国といったおなじみの国から、スリランカ、カザフスタン、ネパールといった、この映画祭でしか観る機会がないような国の作品が上映されます。

この中から、注目作を2作ご紹介します。

消失

出典:第16回東京フィルメックス公式サイト

東南アジアきっての映画国であるタイの作家ジャッカワーン・ニンタムロンの長編劇映画デビュー作『消失点』

日本では2011年の山形国際ドキュメンタリー映画祭で上映された『偽りの森』以来の紹介となるニンタムロン監督の本作は、ロッテルダム国際映画祭の最高賞であるタイガー・アワードを受賞しました。香港や台湾の映画祭でも上映されており、今後の東南アジア映画界を見ていく上でも重要な一本となるはずです。

白い

出典:第16回東京フィルメックス公式サイト

ロカルノ国際映画祭に出品された、スリランカ映画界期待の星ヴィムクティ・ジャヤスンダラ監督の最新作『白い光の闇』も日本上陸。

スリランカ映画なんて観たことない、という人も多くいると思います。このジャヤスンダラ監督は第58回のカンヌ国際映画祭で、ミランダ・ジュライと共にカメラ・ドール(新人監督賞)を獲得している、要注目監督なのです。本作は複数の人物の物語の断片から、現代スリランカ社会を描き出した実に興味深い作品となっています。

見逃せない名作が並ぶ!特集上映

エテックス

コンペティションと特別招待作品のふたつの部門が中心になるこの映画祭ですが、毎年ピックアップされた監督の特集上映が行われるのも注目です。

今年は前述のツァイ・ミンリャン特集をはじめ、今年久々の新作『黒衣の刺客』が日本公開されたホウ・シャオシェン(侯孝賢)の特集として、名作『悲情城市』『戯夢人生』『風櫃の少年』が上映されます。

さらに今年の映画祭ポスターにもなっている、ピエール・エテックスの特集上映として、日本未公開の2作品が上映。アジア圏のみならず、ヨーロッパの名監督を特集してくれるとても魅力溢れる映画祭になっております。

チケットはチケットボードにて絶賛発売中!

今年から東京国際映画祭と同じチケットボードで発売されることになったフィルメックス。これまでは映画料金以外にも手数料などがかかって少しお高いイメージでしたが、今年からは手数料もかからず購入できます。

一部の上映を除き前売り1300円。平日の夕方までの上映を11/9までに購入すれば1000円で観れるという「限定早割」も実施中です。お早めにスケジュールを立てて、今月末も映画祭をお楽しみください。

第16回東京フィルメックス公式ホームページ

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 大森栄治
    4.1
    素晴らしかった
  • ジョー
    3.4
     バブル期のマハラジャの覚醒。日本のディスコシーンはお立ち台の女性たちで彩られる。  そう、かってお立ち台に上った女性のその後を描いた邦画があってもいい。  ボディコンの服をまとったあの女性たちのその後があってもいい。  そう思ってた矢先に、この作品が突然出現した。  舞台は六本木ではない。中国の雪深い田舎だった。でもディスコのフイーバーぶりは半端じゃなかった。  ペットショップボーイズの『Go West』が流れ、踊りは佳境に入っていく。  そこには、よくある男女の三角関係があった。女は地味な炭鉱労働者を捨て、派手な実業家を選んだ。これも、若さゆえのあるある。そして子供が生まれ、実業家は中国と妻を捨てた。  そんな境遇が、お立ち台の女性にもあったりしないのかな?地方から出てきて、お立ち台に立って、何かの因果でまた地方に戻って、この作品の女性のように、麦穂餃子を作ったりしている女性が。  ラストシーンいいな。雪が降りしきる、時が過ぎても変わらぬ風景の中で、『Go West』で踊る女性。  息子と離れてひとりぼっち。息子が自分のことをずっと慕い続けているということも知らない。移民の苦労も経験することはない。欧米かぶれも何のその。お洒落な生活もどこかに置き忘れ。中国の雪の大地にこれでもかと踏み止まっている。彼女はひたすらカッコいい。思わずブラボー!と叫んでしまった。
  • LOP
    3.8
    冒頭、Pet Shop Boys 『Go West』をバックに踊る人たち。 実際の90年代ごろのクラブシーンで撮影された記録映像を組み合わせたダンスシーン。 ラスト、極めて個人的な感情を発露させた踊りを踊ってみせるチャオ・タオ。 本作では、印象的なダンスシーンが三箇所登場するが、どのシーンでも、言葉では語ることができない想いや感情が込められている。 西洋化や先進国化に期待を抱いているような選曲(タイトルは「Go West」だ)であると同時に、マスゲーム的で均質的な冒頭の踊りは、当時の時代感を反映してのものだろうし、その同質化から逃れるように自由を渇望する若者たちのエネルギーがひしひしと伝わってくるのはクラブシーンでの踊りである。 そして、冒頭の踊りをたった一人で再演して見せるラストシーンは、タオが過去とどのように向き合い、どのように未来を切り開いていくかを象徴するかのような素晴らしいショットで終わる。 また伝統的な中国の踊り=艶やかな春節の獅子舞と音楽は物語が進むとともに、画面から失われていく。 同時に、画調も中国の伝統的な衣装のような彩度の高いものから、工業的なビル群のような彩度の低いものへと変わる。 また、画面のアスペクト比も人々の繋がりや文化的な紐帯が希薄になった現代社会を象徴させるようなワイドスクリーン(=広い画面空間を生かし、人間関係の侘しさを視覚化するシークエンス)へと変化していく。 中国の経済成長とともに変わる人々を丁寧な脚本と、卓越した映画技法を用いて映し出していくジャ・ジャンクー。 踊りから見る現代中国史とも言えそうな本作。何が変わり、何が変わらずにいるのか。 本作の踊りのショットはそれを静かに語っている。
  • かえで
    3
    ストーリー迷子(-_-;) ピンとこなかった。
  • おぐり
    5
    2021-02-09 ぽすれん いい映画だった 作家の成熟を感じる
山河ノスタルジア
のレビュー(1259件)