カフェにお酒にお食事にごろ寝!映画好きが集まる『特別な上映スポット』特集

2015.11.16
ライフスタイル

映画系文筆/映画館勤め/映画祭好き

大久保渉

今回は、映画×シチュエーションに富んだ「特別な上映スポット」をご紹介させていただきます。

お洒落なカフェでお茶をしながら、柔らかなソファーでお酒を飲みながら、ゆったりごろ寝をしながらイカした映画を満喫する。そんな映画体験も、たまにはいいのではないでしょうか?

恋人同士でも、お友達同士でも、もちろんお一人様でも。入りやすくて雰囲気のイイ会場ばかりをまとめてみましたので、映画の鑑賞だけじゃない、特別な思い出が残る映画体験を、是非楽しんでみてもらえたらと思います。

上映会アイキャッチ

画像:https://unsplash.com/photos/oFAVqfTSby8

※各会場の上映予定の変更もあるとは思いますので、気になるものは公式サイト等を改めてご確認いただけますようお願いいたします(「要予約」の会場もございます)。

「まち中が映画館!選べる会場・選べる演出」

調布まちシネマ

「映画を身近に楽しむ」をモットーに、「映画で調布をもっと楽しく、もっと良い街にしていこう」とご活動をされている調布まちシネマさん。カフェにバーにアトリエに、調布市内の様々なお店で上映会を行っているイベントです。

直近のイベント情報

はなればなれに

第7弾 調布まちシネマ!『はなればなれに』上映

上映日:2015年11月21日(土)~23日(月)

上映場所:京王線沿線・調布市内の5会場(柴崎・ウェアハウスガーデン、八百屋食堂ゆめ、Live Bar DingDong、他 )。

(下手大輔監督のご来場もあり)。

真夜中の虹

第8弾 調布まちシネマ!『真夜中の虹』上映

開催期間:2015年12月11日(金)~13日(日)

開催場所:京王線沿線・調布市内の4会場を予定(柴崎・ウェアハウスガーデン、フィアット/アルファ ロメオ 調布、Live Bar DingDong、他 )

オススメの鑑賞スタイル in Live Bar DingDong

ディんドン筆者撮影:Live Bar DingDong(京王線 仙川駅より徒歩5分)

ふかふかソファーに身をゆだねながら、アルコールを飲みつつゆったりのんびり映画を見ることができるのがLive Bar DingDongさんでの上映会のイイところ。

そしてまた、こちらに関しましては、鑑賞料金1000円+ワンドリンク付き(予定)で入場できるというところがリーズナブルであり、嬉しいポイントでもあります。

過去の名作を取り上げた<至極のラインナップ>にも注目

月曜日のユカ

過去のイベントでは、以前調布に日活の撮影所があったということから【日活100周年邦画クラシックス】が上映されたりもしておりました。

前回の第6回では、フランス・ヌーベルバーグに多大な影響を与えた中平康監督による傑作『月曜日のユカ』が上映されました(ちなみに、今作は前田敦子さんの一番のお気に入りとのこと)

危ないことなら

そして同じく、第4回のときには同監督による傑作『危いことなら銭になる』が上映されました(漫画『ルパン3世』に多大な影響を与えた1作とのこと)。

    過去の名作をスクリーンでじっくりと堪能できるといったところも、こういった特別な上映会の素晴らしいところなのだと思っております。

    ※イベントの詳細につきましては、調布まちシネマさんの<公式HP>をご確認くださいませ。

    調布まちシネマ:http://chomacine.tamaliver.jp/

    サブカルチャーの集まる小さな名画座

    シネコヤ

    藤沢は鵠沼海岸駅(小田急線)から徒歩10分のところにあるシネコヤさん。ひっそりと佇む民家を改装したお洒落なスペースで、往年の名作を主とした「鵠沼シネマ」、アート系作品を主とした「隠れ家シネマ」の2つの上映会が定期的に行われております。

    ■ 映画がもっと好きになる映画館!藤沢にある”シネコヤ”が素敵すぎる!

    直近のイベント情報

    ロシュフォール

    鵠沼シネマ 『ロシュフォールの恋人たち』上映

    上映日:2015年11月20日(金)・21日(土)11:00/15:00/19:30 

    ※金曜日11:00の回は【ベビー連れOK】。別室休憩室での鑑賞も可能です。

    ニューシネマ

    隠れ家シネマ 『ニュー・シネマ・パラダイス』上映

    上映日:2015年12月4日(金)・5日(土)11:00/15:00/19:30

    ※金曜日11:00の回は【ベビー連れOK】。別室休憩室での鑑賞も可能です。

    若草

    鵠沼シネマ 『若草物語』上映

    上映日:詳細につきましては、近日公開予定とのこと。

    オススメの鑑賞スタイル in シネコヤ

    アイビーハウス館内2

    出典:http://cinekoya.com/Place.html

    ソファーもあれば、マットもあって、座布団をお尻に足をのばしつつリラックスしながら映画を鑑賞できるところがシネコヤさんのイイところ。

    会場内に散りばめられたろうそくの明かりが心地いい温もりを醸し出してくれていて、映画×シチュエーションで癒されること間違いなしの空間だと思います。

    映画によって毎回変わるスペシャルフード&ドリンクにも注目

    アート系作品を扱う「隠れ家シネマ」の回では、毎回映画にちなんだシネフード(別途料金)が用意されていて、目だけではなく口でも映画を楽しむことができるところもオススメポイントのひとつです。

    次回の「ニュー・シネマ・パラダイス」の回では、藤沢にあるコーヒー専門店カフェパンセさんの「アーモンドミルクのジェラート」(500円)が販売されるそうです。

    アイビーハウス

    出典:http://cinekoya.com/Place.html

    ※イベントの詳細につきましては、シネコヤさんの<公式HP>をご確認くださいませ。

    シネコヤ:http://cinekoya.com/

    「指定の座席はありません。」

    New Cinema Dining

    千駄ケ谷駅(中央線)から徒歩5分、GOBLIN. Sendagayaさんという貸しスペースで上映イベントを行っているNew Cinema Diningさん。その名の通り、本格料理を嗜みつつ、カクテルやソフトドリンクを飲みつつ、自由に映画を観る、話す、飲む、食べることができる上映会が開催されております。

    直近のイベント情報

    上映日:2015年12月13日(日)18:30(予定)

    上映場所GOBLIN. Sendagaya(中央線 千駄ケ谷駅から徒歩5分)

    「作品の発表につきましては、しばしお待ち下さい!」とのこと(公式Facebookより)。

    過去上映作品

    全然大丈夫

    第1回上映作品『全然大丈夫』

    (監督:藤田容介/出演:荒川良々、木村佳乃、他)

    乱暴と待機

    第2回上映作品『乱暴と待機』

    (監督:冨永昌敬/出演:浅野忠信、美波、山田考之、他)

    オススメの鑑賞スタイル in New Cinema Dining

    new cinema dining 2

    出典:http://newcinemadining.com/

    おいしいフードを食べながら、おいしいドリンクを飲みながら、もちろん映画を楽しみながら、気ままに時間を過ごせるところがNew Cinema Diningさんのイイところ。

    第二回のときは、フードクリエーターの「goost.」さんがお料理をご担当されたとのこと。

    料理、ドリンク類は全てキャッシュオン制となっておりますので、食べたい分だけ、飲みたい分だけ、思うままにカウンターへ行って購入することができるようになっております。

    new cinema dining

    出典:http://newcinemadining.com/

    ※イベントの詳細につきましては、New Cinema Diningさんの<Facebookページ>をご確認くださいませ。

    New Cinema Dining:https://www.facebook.com/newcinemadining/

    「クリスマス恒例の教会で見るサイレント映画!」

    柳下美恵の聖なる夜の上映会 vol.9

    クリスマスシーズンで賑わっている12月に、教会でサイレント映画をグランドピアノの生伴奏付きで楽しめる。そんな至福なひとときを、サイレント映画ピアニストの柳下美恵さんが演出してくださいます。

    イベント情報

    ナヌーク

    聖なる夜の上映会 vol.9 『極北の怪異』上映

    上映日時:2015年12月18日(金)19:00~、19日(土)17:00~

    上映場所:日本基督教団 根津教会(東京メトロ千代田線 根津駅から徒歩5分)

    オススメの鑑賞スタイル in 柳下美恵の聖なる夜の上映会

    兎にも角にも、ただただ映画も演奏もシチュエーションも、すべてをそのまま味わっていただけたらと思います。

    まるで初めからサイレント映画に音が付いていたかのような、観ているこちらの気持ちをグングンと高ぶらせてくれる柳下さんの素晴らしい演奏を、是非この機会に楽しんでもらえたらと思います。

    ※イベントの詳細につきましては、柳下美恵さんの<公式HP>をご確認くださいませ。

    柳下美恵:http://mie7thheaven.tumblr.com/

      まだまだあります、特別な上映スポット

      cinecafe soto

      映画の上映ができるカフェであり、素敵な音楽とおいしいお料理を堪能することができるお店です。

      (JR埼京線 十条駅北口を降りてすぐ)

      直近のイベント情報

      洗濯機は

      出典:http://www.cocodecow.com/coco/popup/ADE0022.jpg

      『洗濯機は俺にまかせろ』上映+トークショー(ゲスト/主演:富田靖子、監督:篠原哲雄督、撮影:上野彰吾)

      上映日:2015年11月23日(月・祝) 昼と夜の2回(夜にゲストが登壇予定)

      東京国際映画祭2015のクロージング作品『起終点駅 ターミナル』を監督された篠原哲雄督さんの初期作品がスクリーンで見られる貴重な機会でございます。

      ※イベントの詳細につきましては、cinecafe sotoさんの<公式HP>をご確認くださいませ。

      cinecafe soto:http://www.cinecafesoto.com/

      CINEMA AMIGO

      映画を観ながら、地元の野菜や海の幸を使った料理が食べられるシネマカフェです。こちらではほぼ毎日上映が行われております。

      (京急逗子線 新逗子駅から徒歩15分/バスも有り)

      シネマアミーゴ

      出典:http://cinema-amigo.com/about.html

      11月のラインナップ

      『地球交響曲ガイアシンフォニー第八番』、『さよなら、人類』、『ヴィンセントが教えてくれたこと』、他。

      地球八版

      さよなら、

      ヴィんセントが

      ※上映の詳細につきましては、CINEMA AMIGOさんの<公式HP>をご確認くださいませ。

      CINEMA AMIGO:http://cinema-amigo.com/

      リバティーシネマ倶楽部

      「The Great Good Place ―ある映画 ✕ ある仕掛け―」をモットーに、コーチング×映画上映を行っているイベントです。次回開催は来年予定とのことです。

      主な過去上映作品

      『マン・オン・ワイヤー』、『パーソナル・ソング』、他。

      マンオン

      パーソナルソング

      ※イベントの詳細につきましては、リバティーシネマ倶楽部さんの<公式HP>をご確認くださいませ。

      リバティーシネマ倶楽部:http://liberty-cinema.club/

       

      以上、駆け足ながら【カフェにお酒にお食事にごろ寝!映画好きが集まる特別な上映スポット】をまとめさせてもらいました。

      もちろん、まだまだたくさんの上映イベントが他にもありますので、是非是非皆様も色々と探してみては、自分だけの特別な映画体験を楽しんでみてくださいませ。

      記事をシェア

      公式アカウントをフォロー

      • RSS
      • Mako
        4.8
        アルフレードの愛情に感動!!! ラストシーンはぐっときた 心温まる素敵な映画でした
      • KAIYA
        4.5
        子供出来て男やったら本気でトト迷い中 最高。
      • うの
        4.0
        火事のシーンと、見送りのシーンはジーンとくる。 ・冒頭の寝方が可愛い。肘ついて顎乗せてくかぁーってしてるのちっちゃくて可愛い。 ・顔は青年なのに声が少年で、外人さんの発育の良さを感じる。が、違和感も笑
      • メインストリートのならず者
        4.6
        物語の中身やストーリー自体はそんなに衝撃的なシーンは何一つないのに、なぜかじわじわくるようないい映画でした。 この監督さん、とにかくカメラワークとや情景の捉え方が独特で、センスが抜群にいいなあと感じることがある。 自分も何年も生まれ故郷に帰ってない時期があったせいかそれと重なって、この映画にはすごく共感できました。
      • タムエル
        4.1
        人生。
      • Megumi
        3.5
        傑作!ずっと気になっていましたが、早く見るべきでした! ラストのキスシーンたちには感動!
      • はまちちゃん
        4.5
        最後のオチが繋がっているとは。感動。
      • HAL8192
        3.3
        自分には理解できない感覚。 映画館で映画を見て、フィルムの美しさを感じる映画・・・ってそれって「なに?」 正直、映画はPCモニターか、スマートフォンで見る割合の方が多くなり、フィルムの良さよりもIMAXの方が好きな身としては理解できない映画でした。 20世紀の映画の美しさ、それが好きで理解出来る「高尚」な方に向けての映画だと思います。 月額いくらで映画見放題の現代で、小さなモニターで映画を見る「俗物」な私には合わない映画でした。
      • 卍丸
        4.0
        オシャレオチ 映画ってステキ
      • aaa007
        4.5
        THE名作!
      • 土屋慶典
        3.9
        アルフレード最高
      • しんたろー
        4.4
        映画へ込める想いを感じ取れる。泣ける。
      • あんでぃ
        4.0
        長い版で観た方が良かったかもしれん…
      • とむそーや
        4.0
        映画『ニュー・シネマ・パラダイス』(原題:Nuovo Cinema Paradiso) 1988年公開のイタリア映画。ジュゼッペ・トルナトーレ監督のミニシアター映画の最高峰作品として名が知られています。物語はとある中年男性サルヴァトーレの映画に魅せられていた少年時代を回想するところから始まり、映画を通して成長していく姿が描かれていました。全体的にまとまっていたし、この映画のラストシーンは印象的で感動しました。自分の持ってるものを愛す大切さ、誠実に生きるほど孤独になってしまうものだという映画のようには上手くいかない人生の難しさ、愛情とノスタルジアと時代の流れ、たくさんの想いが詰まった少し哀しくも温かい映画でした。1989年、カンヌ国際映画祭審査員特別賞を受賞した名作です。
      • ストロガノフ
        4.4
        まず、舞台のイタリアの景観が本当に綺麗だったし村人達が唯一の娯楽である映画を皆で楽しむ様子は良いなぁと思った。あぁイタリアに行きたい…。 ストーリーでは高校生の僕からするとトトとエレナの話よりもアルフレードとトトの話にとても感動した。 アルフレードとトトの話は本当に良かった。 段々歳をとっていくアルフレードと成長していくトトが離れていく様子は切なかったし、それでもトトを思い続けたアルフレードには本当に感動した。 あとあの音楽は反則。あんな曲かかってたら泣いちゃうでしょそりゃ。素晴らしいストーリーと映像があの音楽によって際立っていたと思う。(回想が終わってトトが村に戻ってきてからは泣けるとこ多すぎ!) トトとエレナの話(特に二人が歳をとってからの話)はもっと大人になってから観ると深く感動できるのだろうなと思った。 高校生が1回観たくらいじゃこれっぽっちも理解できていないと思うので大人になってからしっかり観返したいと思った。
      • やまやま
        4.3
        娯楽としての映画というものが昔からあって、それにこんなにも夢中になれる人々がいたこと。 アルフレードのトトへの愛には心を打たれた。 やっぱり映画って、素晴らしい。
      • Natsuki
        4.7
        さすがは名作✨ 映画好きならこの映画は観なな!音楽もすごいいいから自然と物語に引き込まれる。個人的に初イタリア映画🇮🇹
      • 義理bot
        4.8
        ホントの名作に出逢ってしまったら言葉はいらないね これがいい、これでいい。 素晴らしい映画
      • YutakaSumi
        3.5
        幼少期のヒロインが再考にカワイイ。
      • すみす
        2.6
        長い
      • ハルカツキモト
        4.2
        モリコーネの音楽が最高に美しくて最高に切ない。小さい頃に1度みて、大人になってまた観たけど、観れば観るほど深みを感じる!
      • osugi
        3.0
        一応こっちも観たので記録。いくらなんでも説明が少なすぎると思った。
      • YukaKuboya
        4.0
        何十年も経て伏線回収した形見が粋
      • 望月
        4.5
        この映画には名台詞と 名シーンが多すぎる。
      • うーに
        3.8
        「自分のすることを愛せ。子供の時、映写室を愛したように」 by アルフレード
      • ゆいっぴ
        5.0
        号泣 もっと大人になってまた見たい
      • ぱる
        4.0
        記録
      • べんじゃみん
        4.9
        名作。 中学のとき吹奏楽でニューシネマを演奏したけど、この物語を知った今演奏したらどんな素敵な音色にできたんだろうって考えちゃいました。 愛すること、自分のやりたいを追いかけること。 また観たいです。
      • cacao
        4.0
        記録
      「ニュー・シネマ・パラダイス」
      のレビュー(28431件)