【鑑賞前に予習しよう】『007 スペクター』のスペクターって何?

映画はいつだって人生の鏡像だ

鈴清

007シリーズの最新作『007 スペクター』が12月4日より公開されています。

記事004_スペクター01

(C) 2015 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc., Danjaq, LLC and Columbia Pictures Industries, Inc. All rights reserved.

タイトルにあるスペクターと言う言葉に、古い映画ファンの中にはにやりとされた方がいるかもしれません。スペクターとは初期の『007』において何度もジェームズ・ボンドと戦いを繰り広げてきた国際犯罪組織です。

シリーズにおいて大きな存在でありながら、映画においていままで多くは語られてこなかった謎の組織が、今作ではその組織名をタイトルに冠し、満を持してその全貌を明らかにしようとしております。

今回は「スペクターとは何か?」を解説していきましょう。

スペクターとはどんな組織なのか?

スペクターは英語ではSPECTREと表記し、“Special Executive for Counter-intelligence, Terrorism, Revenge and Extortion”を略したものです。訳すと「対敵情報、テロ、復讐、強要のための特別機関」という意味になります。

大規模な国際テロや犯罪を陰から糸をひく存在で、作品としては第1作の『007 ドクター・ノオ』で登場し、2作目『007 ロシアより愛をこめて』、4作目『007 サンダーボール作戦』に5作目『007は二度死ぬ』、6作目『女王陛下の007』、7作目『007 ダイヤモンドは永遠に』、そして12作目『007 ユア・アイズ・オンリー』に登場し、ジェームズ・ボンドと激しい戦いを何度も繰り広げました。

初期の007シリーズはジェームズ・ボンドとスペクターとの戦いを描いたものだといっても過言ではないでしょう。

スペクターの首領は誰か?

このスペクターの首領はエルンスト・スタヴロ・ブロフェルドという男で、本名はフランツ・オーベルハウザー。初期作品ではスキンヘッドで、白いペルシャ猫を腕に抱いているのがトレードマークでした。『オースティン・パワーズ』のDr.イーブルでキャラクターがパロディ化されています。

ブロフェルドは原作者のイアン・フレミングが小説『サンダーボール作戦』でその前半生を描いている以外、映画においては一切過去が明らかにされていない謎の男です。

今回、『イングロリアス・バスターズ』や『ジャンゴ 繋がれざる者』での名演技で映画ファンの心を捉えて離さないクリストフ・ヴァルツがブロフェルドを演じており、今作ではじめて、ブロフェルドの人物像がはっきり提示されるのではと期待されています。

著作権問題で長らく眠っていた怪物

初期シリーズより何度も登場したスペクターとその首領であるブロフェルド。しかし、ある時を境に007シリーズからその存在は消えてしまいます。それは、『007 サンダーボール作戦』の映画製作時に原作者イアン・フレミングの共同執筆者であるケビン・マクローリーが起こした、スペクターとブロフェルドの使用権をめぐる訴訟が原因です。

2006年、マクローリーの死去により、彼の遺族と製作サイドのイオン・プロダクションが和解交渉を行い、マクローリーの遺産はイオン・プロダクションの管理下に入ることになりました。これにより、スペクターとブロフェルドは再びスクリーンに返り咲くこととなったのです。

30年ぶりの復帰

最後にスペクターの名前が登場したのが1981年公開の12作目『007 ユア・アイズ・オンリー』であることから、今回、スペクターが登場するのは実に34年ぶりとなります。

映画史における悪役アイコンのひとつでもある存在の劇的な復帰作、是非劇場でご覧になってはいかがでしょうか?

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ねこ
    4
    途中難しかったけどヒロインかわいい
  • クネクネ
    3.5
    安定の楽しさ(良くも悪くも)。この歳でこんなにモテるのすごいな。
  • Fungicide
    4
    ダニエル・クレイグボンドの第四作。 これまでの事件の首謀者として、満を持して悪の組織スペクターが登場。 本作はダークで内省的なお話だった前作スカイフォールから、派手で盛り上がりが多い作風にシフトチェンジしているため最後まで良い意味で肩の力を抜いてサックリと楽しめた。 キャラクター面で言えば前作で大きく入れ替わったMI6のメンバーも魅力的で、特に嫌味な堅物官僚に見えて意外と血気盛んなマロリーこと新Mは非常にかっこよかった。 (しかし個人的に最も気に入ったのはやはり異形の銃をぶっぱなす無口な仕事人、ミスターヒンクスである。) また、ストーリー演出でも序盤でMが語る「古臭い」スパイの極意がちゃんと活きてくるクライマックスの展開が非常に良いと思った。 欠点として黒幕の動機が個人的事情過ぎてちょっと小物臭が漂ってきたり、ラストが駆け足だったりするのは気になるが、シリアスとエンターテインメントのバランスが程よくとれた手堅い一本。
  • saton
    3.6
    冒頭、メキシコの試写のお祭りシーン、という旅行したくなる画。いつも思いますが、慣れない土地でもよく暴れてますね。本当に死なない。笑 そして、モニカ・ベルッチ美しすぎる! 出演時間すごく短いけど印象的。 爆発シーンが多くとにかくスケールの大きい作品。
  • 跳兎
    3
    かっこいいジェームズ・ボンドを存分に堪能できる作品ではある。一点、ローマでのカーチェイスが車をぶつけ合うスリリングなものではなく、CMかのように車の走りを魅せるタイプのものでやや消化不良。
007 スペクター
のレビュー(60047件)