『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の監督J.J.エイブラムスってどんな人?

2015.11.14
洋画

映画はいつだって人生の鏡像だ

鈴清

スター・ウォーズ・シリーズ最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の公開が来月に迫っていますね。この全世界が注目する作品の監督に抜擢されたのがJ.J.エイブラムスという人物です。

ドラマ、映画を問わずヒットメーカーとして認知されるエイブラムスですが、彼には脚本家、プロデューサー、そして映画監督と様々な顔があります。

彼のフィルモグラフィーを追いながら、その特性を紐解いていきましょう。

脚本家としてキャリアを本格的にスタート

 

J.J.エイブラムス

出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/J・J・エイブラムス

エイブラムスはニューヨーク生まれ、カリフォルニア育ちのユダヤ系アメリカ人です。TVプロデューサーである父の影響で幼い頃から映画製作に興味を持ち、大学4年生の時にチームを組んで長編映画『ファイロファックス/トラブル手帳で大逆転』の脚本を書き上げ、映画界で本格的なキャリアをスタートさせます。

その後も『フォーエヴァー・ヤング/時を越えた告白』や『アルマゲドン』などのメジャー作品にも脚本家として参加し、順調にキャリアを積み上げることでストーリーテラーとしての足腰を鍛えていきました。

大風呂敷を広げる天才

映画界で脚本家としての地位を築き上げたエイブラムスは、やがてTV界へ活躍の場を移します。そして製作総指揮として『フェリシティの青春』や『エイリアス』などの人気シリーズを次々と世に送り出し、『LOST』の大ヒットでヒットメイカーとしての名声を不動のものにしました。

日本の連続ドラマと違い、人気が出れば数年に渡ってシリーズが続くアメリカのTVドラマにおいて、エイブラムスはドラマの序盤から様々な伏線を仕掛け、作品内の世界観や、ストーリー展開の可能性を無限に広げることを得意としています。

例えば『LOST』では、ある島に旅客機が墜落するところからストーリーがはじまり、人々が無人島でサバイバルする話という既定フォーマットを予期させつつ、その島に人工物や巨大生物などの存在を伏線として張り巡らせ、シリーズを重ねるごとにストーリーを思わぬ方向へ進ませて視聴者の心を掴みました。

スター・ウォーズの新シリーズを始動させるにあたって、作品世界の可能性を最大限に広げ、視聴者の興味を何年にも渡ってひきつける企画力が買われたということは大いに考えられるでしょう。

大人気俳優による抜擢で映画監督デビュー

ミッションインポッシブル3

2005年、TVシリーズ『エイリアス』の大ファンだったトム・クルーズの抜擢により、ミッション:インポッシブル・シリーズの3作目『M:i:Ⅲ』で映画監督デビューを遂げます。

映画2作目『M:i-2』では、ベースとなっているTVドラマ『スパイ大作戦』の魅力であった「チームワーク」という特色が薄まり、トム・クルーズ演じる主人公イーサン・ハント独壇場のストーリー展開になってしまっていたことを受け、彼は『M:i:Ⅲ』で再びイーサンにチームを編成させ、『スパイ大作戦』の映画化らしい仕上がりにすることに成功したのです。

エイブラムスとトム・クルーズとの蜜月は以後も続き、4作目『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』、5作目『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』でもプロデューサーとして作品を支えています。

人気シリーズのエッセンスをしっかりと理解し、進むべき道へと指針を示す、そんな特性も長寿シリーズである『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を監督するうえでふさわしいものですね。

スティーブン・スピルバーグ監督とのシンクロニシティ

エイブラムスはハリウッド界の巨匠スティーブン・スピルバーグの下で映画を監督したことがあります。

それは『SUPER8/スーパーエイト』という作品です。

宇宙生物との邂逅や、家族の和解を描くもので、時代設定も1979年となっており、これはスピルバーグが1970年代から1980年代の間に監督した『未知との遭遇』や『E.T.』といったSF映画へのオマージュなのではないかと言われています。

彼とスピルバーグとの出会いは古く、エイブラムスが15歳のときに映画祭へ出品した8mm映画の作品がスピルバーグのアシスタントだったキャスリーン・ケネディの目に留まり、スピルバーグが少年時代に撮影したホームムービーを編集するという仕事を手に入れたのが二人の邂逅でした。

『SUPER8/スーパーエイト』製作時にも、二人でストーリーを構築していったみたいです。そこでエイブラムスはスピルバーグからエンターテイメントの秘技をしっかりと叩き込まれたかもしれませんね。

風貌がにていることもあり、二人の数奇な接点も含めて、「エイブラムスはスピルバーグの隠し子じゃないか?」などと都市伝説的に囁かれたこともあるほどです。

スター・ウォーズ・シリーズに並ぶ大人気SFシリーズの監督へ抜擢

スタートレック

2009年、エイブラムスはスター・ウォーズ・シリーズに並ぶ大人気SFシリーズ『スター・トレック』を監督して世に送り出しました。

こちらは劇場版第11作にして仕切りなおしとなったいわゆるリブート作品ですが、前作までの流れを引き継ぎ既存のファンも満足させながら、新規の視聴者でも楽しめると非常に評価の高い仕上がりでした。

彼は引き続き続編の『スター・トレック/イントゥ・ダークネス』でも監督をつとめ、各方面から高評価を得ます。

そして、このスター・トレック・シリーズのリブートに成功したことが最大限評価され、エイブラムスはいよいよ自身も大ファンであるスター・ウォーズ・シリーズの監督の座を射止めることになったのです。

世紀のカルト・ムービーに臨む稀代のヒットメーカー

上記のように、エイブラムスは監督として、脚本家として、そして製作者としてTV界も映画界も制しました。

そして、そんな彼が全世界の映画ファンが注目するカルト・ムービーの新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を来月、いよいよ世に送り出します。

公開のカウントダウンとともに、エイブラムスのフィルモグラフィーを辿りながら本編の展開に思いを馳せてみてはいかがでしょうか?

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • nori417
    4.5
    Love STARWARS
  • nameless
    4.2
    スターウォーズは幼い頃から観てました。エピソード3を当時劇場で観て衝撃を受けまして、もうアナキンロスに陥りまして、それはそれまでのシリーズを忘れるほどで、「スターウォーズ?知らん。アナキンは好き」と偏った印象になっておりました。なので新シリーズが出ると知った時もなかなか手をつけないままでした。 最近フォローさんのレビューでエピソード7が評価高く、面白そうでウズウズしてきたので観る事にしました。 面白かったです。 私の中のスターウォーズはネガティブなのですが(エピソード3しか記憶が無いので)、今回はとてもポジティブな印象を受けました。こんな軽い気持ちで観て良かったっけ?とちょっと焦りました。 もちろん映像は懐かしさもありとても良かったのですが、興味引かれるキャラクターが良かったです。 とにかくBB-8が可愛くて可愛いい!んです。階段を降りる動作とか、ホログラムを写す時の見上げる動作とか、もう本当にキュンキュンするんです。たかが球体をこれだけ可愛く見せる制作の方々凄いですね。 「主人公女かぁ…」と思っていたレイも、可愛いんです。女臭さが無くて、野生児の如くガニ股で飛び回って、良い意味で小学生みたいなんですよね。とても純粋そう。この子がジェダイになるというなら素直に応援できそうです。 レンも完璧な悪ではなく、まだ不安定で物悲しいところがアナキンを垣間見て、こういう敵って好きだなぁと思いました。 ルークが出てきたときは、エピソード4〜6で終わったと思ったストーリーがまだ続くんだ!と実感し嬉しくなりました。そういえば昔はルーク好きだったんだっけ。 なんかまだまだ感想とか思い出とか書きたいことあるけど、全然纏める事が出来ないのでやめときます。 今回の作品を観ても、エピソード3は揺るぎないものですが、スターウォーズをネガティブな印象からポジティブへ変えてくれ、続編も観たいなと思わせてくれました。観て良かったです。
  • なつ
    4.0
    8に向けた予習をすることにしました。
  • ぴよぴよ
    4.1
    来たる12月15日の為の復習✨ あの音楽と共にファーストシーンの文字が画面に現れただけで鳥肌が立ってしまい、ドキドキワクワクが止まらない💓 あれから2年…自分の忘れっぽい頭脳を喜ばしいと思えた2時間。砂漠にたたずむレイとBB-8のなんて絵になる立姿✨ 1977年から続く壮大でロマン溢れる物語に改めて胸を熱くする🔥 ハンソロ、レイア、ルーク、チューバッカ、C-3PO、R2-D2、ミレニアムファルコン号…みなさん随分お年を召されたけど、画面に登場するだけでそのオーラと背負った物語を思い出し涙が止まらない💦 新しい登場人物も魅力的✨勇敢でエネルギッシュなレイ、包み込む様なあたたかさが優しいフィン、動きの全てが可愛らしくて目が離せないBB-8、宿命の一族の血統を引き継ぐレン。もうすぐ公開の物語にすべて引き継がれると思うと期待が高まり又泣けてくる💦 も〜!どうしちゃったんだろう!私こんなにスターウォーズ好きだったっけ?この魔力✨1〜6と見続けてきて、物語が7に結びつく喜びに改めて浸っちゃいました😍 レイの差し出したライトセイバーに、振り返ったルークがどう応えるのか…12月15日が待ちきれなくなってきました💓
  • HELLOPANDABOOK
    2.5
    マイフェア・ポップコーンムービー🍿
「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」
のレビュー(54753件)