本日ボジョレー解禁!でも飲みすぎにはご注意を!アルコール依存の恐怖を描く映画5選

2015.11.19
まとめ

感受性複雑骨折

寂々兵

「ここ数年で最高」「過去50年でも素晴らしい出来」「1950年以降最高の出来といわれた2009年と同等の出来」などのキャッチコピーでお馴染み、ボジョレー・ヌーヴォーが本日11月19日に解禁です。今年は「フルーティな味わい」だそうで、楽しみですね。

しかし、飲みすぎにはご注意を。今回はアルコール依存によって人生が狂ってしまった人々を描く映画を紹介したいと思います。

『失われた週末』 アル中度:★★★★★

7週末

作家志望の男がニューヨークへ出てくるものの次第に筆が進まなくなり、気持ちを紛らわすために軽い気持ちで飲んだ一杯のお酒が原因でアルコール依存に。兄や恋人が酒を忘れさせるために奔走させるものの、あの手この手で酒を飲もうと頑張る主人公の姿を描きます。

ミステリや悲喜劇の巨匠、ビリー・ワイルダー監督による世界で初めてアルコール依存を大きく扱った映画です。主人公が商売道具であるタイプライターを質に入れてまでも酒を手に入れようと奔走する姿が恐ろしくも滑稽で、絶望と喜劇は紙一重であることを体現しています。

狂気の底にいる患者にとって恋人の存在がアルコール依存と闘う重要なファクターになるのは映画も現実も同じですが、かえって悪影響を与えてしまう作品も存在します。

『酒とバラの日々』 アル中度:★★★★☆

7酒とバラ

PR会社に勤務するジャック・レモンが得意先の秘書をセミプロの女性と間違えてしまったことから交流が始まり、やがて結婚して家庭を持ちます。

しかし出張が多く、寂しさから妻は酒に溺れるようになり、元々アルコール依存気味だったジャック・レモンと共に手が付けられない状態に。アルコール依存だと頑なに認めない妻と共に決死の治療が始まります。

『ピンクパンサー』シリーズのブレイク・エドワーズ監督、ジャック・レモン、アルコール依存、というキーワードから完全無欠のコメディが連想されますが、これがなかなかのシリアス路線で驚きです。

序盤は確かに夫婦の出会いがややコミカルに描かれるのですが、結婚してからが苦難の連続。酔っぱらった妻が家に火をつけたり、義父の植物園に酒を持ち込んで荒らしまくったり、一体お酒はどれだけ人を狂わせるのかと仰天必至。

そして本作のもっとも大きなポイントは、ラストを迎えるまでハッピーエンドになるのかバッドエンドで終わるのかの予測が付かないところ。誰が救われて誰が救われないのかに注目です。

『鬼火』 アル中度:★★☆☆☆

7鬼火

アルコール依存で病院にいるモーリス・ロネが孤独感によって自殺を決意し、パリの旧友を尋ねて歩く最後の48時間を描く作品です。監督は『死刑台のエレベーター』等の作家ルイ・マル。

主人公がアルコール依存症患者という設定ではあるものの、実際はその男の空虚で厭世的な生きざまを厳かに活写した繊細な人間ドラマです。終始「人生とは……」みたいな哲学的な台詞のオンパレードですが、誰もが経験したであろうモラトリアムと本質的には変わりないのですんなりと頭に入ってきます。

何となく社会に適応できない、日々を漫然と過ごしている、仕事も恋人もいるがなぜか満たされない、そんな方におすすめの作品です。

『リービング・ラスベガス』 アル中度:★★★★☆

7リービング

妻子に逃げられ仕事も失ったニコラス・ケイジが自暴自棄になり、ラスベガスで酒浸りの生活を送ります。ある日出逢った娼婦に心惹かれていき、また孤独を抱えていた娼婦も優しいニコラスに惹かれていき、何となくふわふわした恋仲に。世間からの白い目に晒されつつもトラウマを克服すべく懸命に生きる2人の姿を活写します。

何といっても見所は本作でオスカーを取ったニコラス・ケイジのあられもない姿。90年代以降はアクション俳優としての一面が強くなっていきましたが、本来彼は情けないオジサンの役が堂に入っているのではないかと思います。

2009年にはリメイク版『バッド・ルーテナント』において、ドラッグに溺れる悪徳警官を演じていたのが記憶に新しいですね。

『28days』 アル中度:★★☆☆☆

728days

サンドラ・ブロック演じる破天荒なコラムニストが酒に酔っ払い、姉の結婚式をぶち壊したことからアルコール依存の更正施設に入れられます。施設で出会ったのは、それぞれ薬物依存やセックス依存などに悩む個性豊かな面々。彼女は禁断症状に苦しみながらも、過去のトラウマなどに向き合いながら依存症を克服していきます。

女流監督ベティ・トーマスによる2000年の長編です。テーマは重いですが、先述の4作とは比べものにならないほどアルコール依存を軽く扱っており、良く言えば非常に観やすい作風になっています。

序盤はいがみ合っていた所内の人々が絆を深めていく様子は必見。また、登場人物の誰よりも何かしらの依存症で苦しんでいそうなスティーヴ・ブシェミが冷静な職員を演じているのも笑えます。

酷似したタイトルのホラー映画『28日後』(原題:28 Days Later...)と間違えないようにしましょう。

おわりに

いかがでしたか?

「酒は百薬の長」と言いますが、今回紹介した作品の主人公たちほどアルコールに溺れないようにしたいところです。

社会人になって2年経ちますが、周りの友人たちも「仕事あがりのビールは最高だ~!」とテンプレ通りの文句を言うようになってきました。おっさんへの第一歩です。

ちなみに筆者は梅酒を一杯飲んだだけで顔が梅みたいになるほどの下戸なので、今夜はハンカチを噛みしめながらブドウジュースを飲みたいと思います。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 56
    4.0
    はー怖かった〜〜!!私も酒好きなので背筋が凍ったわ。酒は飲んでも飲まれるな! 優雅なタイトルと、ヘンリー・マンシーニの甘いメロディからは想像もつかない、壮絶な内容だった。 ジャック・レモンとリー・レミック演ずる夫婦が、酒に溺れてアル中になり、ずるずると破滅していく。 酒を探し求めて暴れたり、誘惑に負ける瞬間とか、回復期の苦しさとか、二人の演技が迫真すぎて怖い! 脚本としても、依存症患者の考え方や世界の見え方を、冷静かつ分かりやすく描いていて、なるほど〜と思った。(個々のケースにより違うとは思いますが) ドラッグ依存もそうだけど、カップルが二人して依存症だと、相乗効果でますます悲惨に(つД`) 片方が回復しつつあっても、相方に足を引っ張られる。二人の間の溝を埋めるものが酒や麻薬で、キメてる時は楽しいので二人の仲もうまく行ってると勘違いする。愛を確かめる方法が、ともに堕落することなんだけど、それに気付かない共依存関係。 とりあえず、酒で大失敗したり、記憶をなくした苦〜い経験のある人は、一度は見ておくと良いかもね!私も気をつけよう…
  • Aya
    4.1
    決して楽しい映画ではないですが、かなり印象に残る映画です。内容もそうですが、それよりも主役2人の演技が印象的でした。特にジャックレモンはコメディのイメージが強くて、こうゆうシリアスな役は初めて見ましたが、本当に凄い。圧倒されました。
  • Machy
    2.6
    題名がロマンチックだったのに、話が全然違ったのでビックリ。こんなはずでは…って私も言いたい。 アル中は欧米では深刻な問題ですが、日本人はそもそもそこまで飲める人がたくさんいないので、比じゃないそうです。
  • stair512754
    4.3
    これは観ておくべきアル中映画 真剣怖い ラストも救いないわ
  • ひでし
    4.0
    memo
  • 烋沱苦閔
    3.6
    不朽の名曲たる主題歌だけではない。 ラストもビターでよかった。
  • おみ
    4.0
    ジャックレモンと、ジャケット借りなので、前半コメディだったのに後半シリアスになってビックリ アルコール依存性の演技が、もう迫真! 音楽オシャレ
  • Hawkwind
    5.0
    水面にゆらゆら揺れるバラの絵にヘンリー・マンシーニの最高の映画音楽テーマが流れるオープニングから、傑作の雰囲気に満たされる。 演出と脚本の素晴らしさ、ジャック・レモンとリー・レミックの渾身の演技に、映画芸術の頂点を見る思いである。 後半はシリアスだが前半は愉快なコメディで難しい話でもないのに、日本のテレビ地上波洋画劇場は殆ど洋酒メーカーがスポンサーになっているのでオンエアされなかったという、バカバカしい実話が有名。 ちなみに、マンシーニ作曲の主題歌はジャズ・ヴォーカルのスタンダードになっているが、自分の知っている範囲で映画の内容を知っている歌手は一人もいなかった。
  • まこと
    3.7
    アル中映画はビリー・ワイルダーの「失われた週末」も良いけどこっちも好き どちらも主人公が苦悩する様を主演が見事に演じきってる
  • saito
    4.6
    とっても痛い映画だった アル中、共依存、いろいろと考えさせられた 中途半端にやられるぐらいなら、このぐらい悲劇の方が良いのかな 観た人に問うから 前半のコミカルな要素が切なさを倍増させる ジャックレモンの表情がとても切なかった 依存症の人の気持ちはわかる でも悲劇に身を投じてそこに酔ってるだけ 視点を変えれば健康に幸せになれるのに 誰かのレビューに、相手を愛するあまり、同じ苦しみの中に身を投じようとしてしまい、それがお互いの足を引っ張るとあった まさにその通りだった マトモに生きて人に幸せを与える人でありたい 愛する人とは高め合っていく関係で。 2016/07/17
  • SushiMayer
    -
    爽やかに演奏されるジャズスタンダードになった同名主題歌から想定されるようなジャズ映画ではなく、アルコール依存性のなかなか悲惨な話。 元来的に主題歌は物悲しいバラードなのだと感じた。
  • ゆめか
    3.8
    元々作品は知ってたけど、ジャックレモンが主演だったりこんな悲惨な内容だったことにも驚いた。 おしゃれなバーに行って映画好きなマスターが最後に作ってくれたブランデー・アレキサンダーが思いの外美味しくて、この作品に興味を持つきっかけとなった。 ここで終わるのかと言うラストでなんだか腑に落ちないところもあるけど、窓に反射するBARの文字が印象的。 自分自身アルコールが好きで、飲むと止まらなくなってしまうこともあり、お酒の怖さを改めて知ることのできた映画でした。
  • emily
    4.4
    毎日仕事の追われる広告会社の営業マンジョー、接待三昧で浴びるようにアルコールを摂取している。そんな彼は美しい秘書のカーステンと出会い、チョコレート中毒で、アルコールは一滴も飲まなかった彼女も、ジョーと結婚することで、アルコール依存症へ落ちていく。 華やかな世界、華やかな装い、人生絶頂のジョーは美しいカーステンと出会う。冒頭からジョーは酒を浴びるように飲み、接待でパフォーマンス的なお酒を飲み、そのストレスでさらに酒を浴びる。カーステンはアルコールを一滴も飲まない女性である。しかし出会った時から彼女の依存症を目前にしている。チョコレート中毒なのだ。お酒に比べたら体に害はなくとも、やはりそれに依存してしまうのは、大変危険な行為である。そんな二人が出会ってしまった。愛する人が好きなもの、それは私の好きなものになる。自然な行為である。彼と時間を、同じものを共有するということは、絶対的な信頼関係と絆を作り、酒を飲む幸せと、それを共有する人がいる幸せで、二人は抜け出せない関係性を築いてしまう。 当然お酒はジョーの仕事に支障をきたす。そうして気が付くのだ。今度は二人で落ちた世界から、酒のない世界を目指し二人で酒を断つ。しかし一旦依存に陥ってしまった二人は、その体が求める欲望に負けてしまう。酒を飲めばバラ色の日々で、二人で幸せだった日々もただの地獄の世界へ変貌していく。ただお酒がないよりも”ましな世界”で、飲んでも、飲まなくても二人の世界は破綻してしまい、救いようのない状態へ導かれる。 二人でやれば怖いものはない。二人だから、簡単に地獄へ転落し、カースティンは「シラフだとすべてが汚く見える」と発言するのだ。ジョーは自分の現状を認め、酒のない世界へ戻っていく。しかし彼が抜けたことで、彼女はさらに落ちていくのだ。自分の醜さも、みじめさも、全部わかっている。彼と飲んでいたあの世界だけを愛しく思う。しかし自分がアルコール依存症であることを認めることができない。 だれだってお酒を飲みすぎることはあるだろう。それが病気だと周りがいくら言っても、自分自身が認めることでしか、前に進むことはできない。二人には子供もいる。そうしてここで一番犠牲になり、一部始終を見てきたのは子供なのだ。ジョーは現実を見つめ、大事なもの、大事にしないといけないものをしっかり抱きしめ、妻を突き放す形になる。しかしそれは愛情ゆえの行為である。二人で一緒に元の生活に戻るのが理想であるが、それができないなら彼が変わり、それを示すことで、妻の心を動かすしかないのだ。 そうして同じことを子供が繰り返さないように、しっかり向き合い愛情を注いでいくことが、今できるすべてなのだろう。 二人の演技は自然体で、徐々に落ちていく笑顔とまぐわり、コミカルな要素も対照的に痛々しく、体がお酒を欲し、血相を変えてお酒を探す演技が見事。 愛する人と落ちていくのは簡単だ。お互いに刺激を与えあえる。前を向ける関係が理想であるが、落ちるほうが楽だし、楽しいだろう。しかしそんな日々はいつか終わる。そこに待ってるのは絶望の絶望しかないのだ。リアルな酒の怖さを描くことで、ほんのりと明るさも残す。
  • みなこしたかみな
    3.8
    酒バラやりたい。酒バラやりたくない?
  • タニー
    3.0
    「シラフだとまわりが汚く見える」ってセリフ。 ドキッとした! 昔私は「シラフだとつまらない」と思ってて、週4位朝まで飲み歩いていました。あとチョコレートも大好きです・・。 酔ってる時の気持ちとかって、全てマヤカシです。 この映画みたいに毎日泥酔するまで飲むのはアル中だけど、毎日じゃなくても一回飲むと止まらないのもアル中の一種らしいです。 気をつけましょう。
  • Wednesday
    3.5
    ゴキブリのくだりめっちゃおもしろい。 タイトルと内容とが全然ちがう。つらい。 愛しあうために自分がダメにならなくちゃいけないなんて耐えられないな。 ラストシーンの「うそだろ…」感がすごい。 っつってもやっぱ最初のジャズに限るわ
  • KoheiTime
    3.4
    酒、夫婦、依存、会 レクイエム・フォー・ドリームとかの素地にもなってるんだろうなあ。 ジャック・レモンをコメディ作品でしか知らなかったので新鮮に楽しめた。 実際に依存があったと後に判明するというのも運命の悪戯か。 アレキサンダー悪用する人が増えてそう。
  • Fumie
    3.6
    ある中の夫婦の恐怖。 夫婦はお酒で繋がってたのかぁ、 楽しげなときはもうとっても愛らしいふたりなのに。 シラフだとすべて汚くみえるなんて!
  • 典子
    4.0
    私が本当に良かったなと思うのは、あんまりお酒に強くなかったこと。 それでも毎日のように呑んだくれているのに、強かったら本当にもっと滅茶苦茶な生活だったと思う。 酒に頼るのは寂しさなり、ストレスなり、心の弱さからくるもので、お酒で何かを埋めたいから。見つからない今日を探しているから。お家に帰る前に今日を埋めようとしてるんだよね。 酔って思考を放棄してはいけない。強い心持ちでおらねば呑まれるのなんてあっという間。 結局寂しさに勝てなかった女のひとだけど、気持ちがわかってしまう… でもどんどん堕ちていく人をみるのは本当みすぼらしいね。 人の振り見て我が振りなおしましょう。
  • shatoshan
    3.8
    失われた週末より好み
  • モグワイ
    3.0
    タイトルにひかれて軽い気持ちで観たら驚いた。嵐の中半狂乱で酒瓶を探すさまに絶句した。酒に溺れている時の部屋の荒み方が物悲しかった。幸せな暮らしとの対比がきつかった。 あ〜疲れた酒飲みたいな、とかイライラするからタバコ吸いたいな、とか、嗜好品はむしろ渇望してる時の方が魅力的なので危険。
  • 人非人
    5.0
    アル中映画にはずれ無し。
  • かずタロ
    4.5
    一気にどん底にはならない、徐々に、段階的に深みにはまっていく描写が本当に恐かった。ラストまでアルコール依存と夫婦の共依存がセットになっていて、いつもどちらかが足を引っ張って状況が悪化し、余計に離れられなくなる。つらい。 迫真のジャック・レモン。
  • hanaretakanata
    3.8
    お酒で人生が狂っていく 悲しい映画です。
  • boheme
    3.0
    記録メモ
  • うぉ
    3.4
    いやー酒飲んだ。 酒にまつわる映画でこれをレビュー。 きれいな恋で、関係が始まるのだけれど、 酒で人生が崩れていく。 酒好きなジョーに憧れるカステーン。 酒と、それに憧れる稚拙さが、人生に不利益だと見せながらも、なにか美しさとかが残る。 この映画残るテーマからジャズのスタンダード曲になった、同名曲、酒とバラの日々もこの映画の見どころです。 オスカーピターソンのカバーも聴くといいと思います
  • 貝崎
    3.5
    久しぶりにモノクロ映画みたなあ。当時の作品のいかにも映画っぽいセリフっていうのが好きです。ふたりで見つめあってロマンチックな言葉を囁きあって、最初は絶対キスをしそうでしないんですね!何度かデートをして厳格なパパの待つ自宅へ送り届けて、パパに挨拶して、紳士的かつ正攻なやり方で始まるラブストーリーです。現代では失われた貞操。 というロマンチックな雰囲気で始まる映画ですが、この作品はアルコール中毒患者の悲劇を淡々と描いたものであります。幸せ度数でいうと、始まりが100パーセント。物語が進むにつれ事態は悪くなるばかりの悲しい映画ですね。 アル中ってどこからをそう呼ぶんだろうと思っていたけど、この映画をみていたらよくわかりました。ジョー(ジャック・レモン)の豹変っぷりは見事なほどに異常者でした。終盤のシーンで妻のキアステン(リー・レミック)が「チョコレートが好きだったあの頃に戻りたい」とか何とか甘えた発言をするんだけど、病気だから仕方ないと言うべきなのか、ちょまてよ。。って感じだよね。そうきっとこれがアル中の恐ろしさというものです。 とても描写的で、彼らの感情に関しては一切知り得ません。でもよく考えたら昔はそういう映画の方が一般的なのかな?余談だけど、晩年のジャック・レモンはアル中じじいだったらしいよ。
  • 3.7
    ジャックレモンすばらしいな..
  • kenjistanbul
    4.4
    ジャックレモン、、、やゔぁい
  • やけっぱち
    3.8
    アル中映画と言えば、『失われた週末』と『リービング・ラスベガス』で、どちらも傑作だが結末は違って、その中間がこの『酒とバラの日々』だと思った。と言っても、アル中の幻覚?シーンや画面や音楽を歪めた2作とは違って、この映画は基本的にアル中を外から見つめている。まあテーマがテーマなので、ヘビーであることは違いないが。 ジャック・レモンが主演だし、前半は軽快に2人が会話をしていたりして、これはコメディ仕立てなのかな、なんて思ったけど、どんどん悲惨になっていく。2人の幸せを最初に見せられたが故に、余計悲惨に感じる。 視点は外からだが、カメラワークが良いシーンが何個かあって、引き込まれていくポイントになった。よく窓に反射したシーンがあったが、これがまた良い効果。窓に反射した像はアルコールに浸って歪められた世界で、現実世界との対称として現れているように見えた。特に最後のショットは秀逸で、BARという文字が反射してうつるのと、窓の向こうのジャックレモンが重なるあたり、深いなーと。 特典映像にジャック・レモンのインタビュー映像があって、これが短かったけど良かった。ジャック・レモンのことを偏愛してしまっているのもあるかもしれないけど、やっぱりジャック・レモンは唯一無二。大好きだ。
「酒とバラの日々」
のレビュー(118件)