遂に日本上陸!カルト教団への潜入を描くPOVホラー『サクラメント 死の楽園』

2015.11.29
洋画

感受性複雑骨折

寂々兵

8ポスター

(c)2013 SLOW BURN PRODUCTIONS LLC

 

ウガンダ終末教団、ヘヴンズ・ゲート、太陽寺院など、世の中には闇の深そうな宗教団体の集団自殺(あるいは殺人)が多々あります。

中でも1955年に設立され、1978年に教団員914名が集団自殺を遂げた「人民寺院」はカルト教団の元祖にして最凶と言われています。

そんな「人民寺院」をモチーフに、タイ・ウエストが監督、イーライ・ロスが脚本・製作を務めたPOV形式のホラー映画『サクラメント 死の楽園』が11月28日より公開しました。

あらすじ

 

カメラマンのパトリックはある日、行方不明になっていた姉キャロラインから「田舎で友人と共同生活を送っている」という趣旨の手紙を受けとります。不審に思ったパトリックはマスコミ関係の友人サム、ジェイクと共に、その共同体に潜入取材をすることに。

飛行機やヘリを乗り継いで到着したのは「エデン教区」と名付けられた共同施設。キャロラインや他の人物たちが「ファーザーのお陰で楽しく暮らしている」とみなが口を揃える怪しさ全開の町です。

異様な雰囲気を感じ取りながらも一見平和なこの町の取材を続ける彼らの元に、とある女性が「ここを出たい、助けて」という手紙を渡したことから映画は急展開を迎えます。

そもそも「人民寺院」ってなに?

8ジョーンズタウン

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E6%B0%91%E5%AF%BA%E9%99%A2

「人民寺院」とは1955年、ジム・ジョーンズによってアメリカのインディアナ州で設立された宗教団体です。

当初は差別反対運動などに尽力し、社会からも大きな注目を集めていましたが、次第に団体の独裁体制や不審な資金稼ぎがマスコミに報じられ、この頃からジョーンズも薬物使用などによっておかしくなっていきます。

その後、南アメリカのガイアナ共和国へと移住した人民寺院は1973年、土地を買い取ってジャングルを開拓し、外海から完全隔離した自給自足の楽園「ジョーンズ・タウン」を作り上げました。

『サクラメント 死の楽園』は主役の3人がこの街を訪れるところから始まります。

既に映画化されていた「人民寺院」の全貌

1980年には、「人民寺院」をモチーフにしたドキュメンタリー風の社会派映画『ガイアナ 人民寺院の悲劇』が公開されています。

パナマ・メキシコ・スペインの共同製作、監督は『サンタ・サングレ/聖なる血』の製作総指揮をはじめ、日本未公開の冒険映画やアクション映画を製作してきたルネ・カルドナ・Jr。見るからにカルト臭が漂う作品ですが、実際には驚くほど地味な映画です。

物語は史実に忠実に作られています。

自称「神」の教祖ジョンソンがアメリカを捨て、究極の楽園を作り上げるべく南米のガイアナに土地を購入し、「ジョーンズ・タウン」という教団施設を作り上げて信者を移住させます。

始めは悠々自適の理想郷生活に満足げだった信者たちも、徐々に暗雲立ち込める教団の不穏さに気付いてきます。休みのない炎天下の労働やプライバシーも何もない寝室、「あれ、おかしくない?」と気付いたときにはもう最後。不条理な規律を破ると女子供も容赦なく拷問、恥辱の限りを尽くされます。

全体的に弛緩した雰囲気の映画ですが、ジャーナリストが潜入して銃撃戦へともつれ込む終盤から圧巻のラストにかけての展開はかなりの見もの。

勿体ないのは、本作はなぜか『ナチ女収容所』など「女囚ファイル」シリーズ扱いになっているため、一部レンタルサイトや店舗などでエロス映画扱いされてしまっているところ。確かに懲罰シーンでサディズム溢れる演出は一部ありますが、本質は硬派な社会派ドラマなので、手が伸びなかった方はこれを機に鑑賞してみてください。

おわりに

POVホラーは数多く製作されていますが、本作は今までと少し違うカラーのようです。

本国アメリカのホラーサイトでも2014年のホラー映画ベスト10に選ばれるなど、まずまずの評価を受けているようです。

センセーショナルな題材だけに、期待したいですね!

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ぶんちょうだいすき
    3.7
    おもしろかったけど薄味
  • NoMoviesNoLife
    1.5
    予告編を観て、 「実在したカルト教団を元に描く禁断の事件映像!!」とか 「史上最大規模の集団自殺!」 とか謳ってるから面白そうと思ったけど…… そんなに怖くなかった。 胸糞悪い。 カルト教団って怖いね。 あんなのに洗脳されるとか馬鹿みたい。 日本人でよかった。 外国の人から見たら日本は無宗教で不思議がられるけど無宗教の日本に生まれてきてよかったと思う。
  • うめ
    3.4
    カルト教団「エデン教区」に入信したと妹からの手紙をもらったパトリック。 報道機関のVICE社の2人を伴って、取材しながらの妹奪還を考える。 「おとうさま」という教祖のもと、幸せそうに見える「エデン教区」 しかし、少しずつ見え始める異常性… 残念な映画でした。 これは、つまらなかったという事ではなくて… けっこう面白かったんです。 ただ、もっと面白くできたのにもったいないなという感じです。 怖さを前面に押し出すなら、ドキュメンタリーっぽい雰囲気なんか削ぎ落としてPOVでシンプルにいけばいいし… 事実っぽく仕上げるなら、POVじゃなくもう少し尺を使って丁寧にカルトの狂気を描けばいい。 何か中途半端になってる。 やたらに、都合良すぎる謎な展開も多い。 「おとうさま」の語る理想。 文明を捨て素朴な生活をする信者。 人種差別もなけりゃ、貧困の苦しみもない。 こういう自然に生きるコミュニティも悪いものじゃないなと思ってしまう自分もいる。 でも、教祖一人が全てのカルト教団ですからね。 段々とお決まりの狂気が見え始める。 「おとうさま」はもちろんなんですが… 信者も別な意味で、おかしくて… やっぱり、宗教って一歩間違えれば怖いと思いました。 年とったからかな? 最近、POVでちょっと酔いやすくなってる気がする(^◇^;)
  • ユウヤ
    2.5
    2016/10/6
  • YUKI
    2.5
    記録
  • あゆゆ
    3.0
    VHSの短編の中で面白かった教団もの。期待して挑んだ割には、全くのリアル仕上げ。VHSのほうが断然面白かったので、ちょっと残念。 モキュメンタリーは、誰がこのビデオを持って帰ったのか、誰が編集したのかを考えるのが楽しい。ただ今回は結果に至る動機がわかりにくかったり、回収してない物あったけど、どうなったの?ってなる箇所があって…うーん…モキュメンタリーなのに細い設定が行き届いてないと納得できない部分があった。 ストーリーは好きだし、まあ3点かな…
  • ナカノカナ
    -
    意外とサッパリしてて、現実味が薄いような。 教祖様もなんか振り切れてない感じでもったいない。
  • ダミアン
    3.5
    カルト教団『人民寺院』で実際に起きた大量集団自決事件をモチーフにしたフェイクドキュメンタリー。 カルト教団って素晴らしいですね。 僕も入信して出家したいと思います。
  • silencio
    3.5
    個人的には好きな映画。新興宗教、カルト集団、大量自殺とホラー映画の題材にはもってこい。厳密にはホラー映画ではないかもしれないけど。 この映画を見て「人民寺院」を知るきっかけになったし、実際の死者は1000人弱というから驚き。なんで事実より死者を大幅に減らしたんだろ。。 ただ新興宗教・大量自殺ホラーだったら「V/H/Sネクストレベル」のギャレスエヴァンスが監督した短編が圧倒的に面白い。
  • yaaa
    4.0
    気になる女の子が「キスしてもいいよ」と言ってるのに、手だけ握った…みたいな映画。 ※本作は恋愛映画ではありません。 監督タイ・ウェスト!生真面目すぎるう。 イーラス・ロスPRESENTSの看板の意味は「ホラー」のではなくて「ハッタリの」や「こけおどしの」(100%よい意味で)のことじゃないの。 恐ろしい人民寺院事件を入り口におおいに暴れてくれないと。 たしかに旅立つ際の異常な光景は怖いが、ドキュメンタリーを観たいわけではないので。 無茶しても飛躍しても許されると思ったけど。 残念! といいながら、見事にイーラス・ロスPRESENTSに騙されて、何かあるかもしれないと観ました。
  • MaruyamaHiroto
    2.4
    フェイクドキュメンタリー形式だけどカメラ揺らしすぎで酔う 親子の死ぬシーンワンカットで撮ってんのは結構いい 1日の話なので時間的スケールがなくあっさりしてる
  • 3.5
    面白いし、元になった実際の事件も興味深いんだけど、ファウンドフッテージ方式でやる意味はないように感じた。
  • het
    4.2
    ずっと観たかったやつ 宗教団体の闇 あー私もこんなとこ住みたいって思ったけど後半怖すぎた 好きなPOVなので面白かったです
  • KANAKO
    3.5
    すっごいえげつない。
  • noroyu
    2.8
    現実の方がもっとヤバいからなぁ。 167人ごときじゃねぇ...。
  • アガサ
    -
    事実は小説よりも奇なり。事実は映画よりも奇なり。 元となった人民寺院事件をチラつかせつつもそのおぞましさを再現するには程遠かった、いろいろ惜しい作品。 もっと楽園な部分が欲しかったし、もっと失楽園な部分が観たかった。 一晩の物語にまとめるのは無理があったのではなかろうか。 妹とお兄ちゃんの壮絶なくだりも、楽園に来てからお兄ちゃんがほとんど出てこないので突飛に思えました。
  • tuttle
    -
    人民寺院をモチーフに潜入取材を描いたPOVサスペンス。 カルト団体を真摯に写す描写は良かったけど登場人物に奥行きが感じられず、ショッキングな題材をただなぞっただけという印象で期待はずれではあった。 イーライ・ロス製作ということで、公開時には本作と『グリーン・インフェルノ』をハシゴすると缶バッチセットが貰えるっていう企画もありました。
  • さい子
    4.2
    <教区>の〝父親゛を絶対的存在としている熱狂的とも狂信的ともいえる信者の様子が凄まじかった とても良いです
  • ふるか
    2.9
    POV混じりにしては見やすかった。すごい後味は悪いし、こいつらさえいらんことしなければーーいやでもなーーみたいなもやもやはあるけど、グロい描写とかはなく、狂信的な雰囲気出しててよかった。
  • まちだねこ
    3.5
    淡々と行われる記録映像のような映画。フェイクドキュメンタリーよりもドキュメンタリーに近い。史実を追いかけてるだけのようにも見えるが、そもそもこの事件自体が集団意識について説いている話であるからこそ、その映像は異常な説得力を持つ。
  • obgra
    2.5
    実話に基づくドキュメンタリーチック映画。 字幕オンリーなところや映しかたなど 実際のドキュメンタリー番組に寄せてつくられていて良かった。 リアルでこんな状況になったらと思うとゾッとする。
  • こんろ
    3.5
    実話を題材にしたモキュメンタリー。朝8時にヘリで迎えに来るからな、って嫌な予感しかしないオープニングからスタート。 VHSシンドロームの監督さんなだけに、あの宗教短編の衝撃が頭をよぎってしまって少し物足りなさを感じる。ちょっと硬派にしすぎたかな。 皆さんも書いている様に、題材がとんでもなく衝撃的だからスケールダウンした様に思ってしまう悲しさよ。教組側の彼なりの行動原理がイマイチわからなくて残念。ラストの教組とサムが一緒にいたシーンの映像を観せない無念さ。てか置いてってるじゃないか! 兄妹の薬のシーンと、紙切れを渡されるシーンはゾクゾクしました。良かったです。
  • 3.0
    始まってそのまま終わったので驚いた。VICEの自虐以外に自分は受け取れるものが特に何もなかったけど、淡々としてる感じが今っぽいんだろうか。
  • 出世ドンドコドン
    4.0
    フェイクドキュメンタリーにしては脇が甘いところが多々ありましたが、とにかく気持ちの悪いシーンの連続でとってもおもしろかったです。 司祭のインタビューのところとか、笑顔の住民に夜に見せた心底困った表情に、表情のない幽霊のような少女。 楽しく生きられるのならそれで良いとはおもうのだけれど、何かを信じる時には疑いと不確かなものだけど確実に在る常識を携えねばならない。
  • カツラカワ
    -
    実話に基づいて作られたモキュメンタリーホラー
  • みーこ
    3.0
    『ヘブンズ・ベール 死のバイブル』に続きカルト教団作品をもう一つ。 こちらはイーライ・ロスが製作に関わっていたそうですが鑑賞後に知りました。 どちらかと言うと『ヘブンズ・ベール』の方がイーライが関わってそうな作りに思える程こちらは全体的に“味気ない”印象を受けたような…(^^;; しかしこの作品のベースとなった【人民寺院 集団自殺事件】は本当に恐ろしいですね‼︎ 黒人信者が多いのに幹部は白人ばかりで“楽園”などと言いながらその裏で不穏な動きをする信者には暴力や監禁、女性にはレイプを行なっていたとか…。 しかし今作ではそのような描写はほぼ無く、信者は教祖を“ファーザー”と呼び幸せに“エデン・パリッシュ”と名付けられた場所で生活しているようなシーンが多かったです。 側から見たら明らかに狂ってるのに洗脳されていれば間違いなくそこは“楽園”であり、自分は幸せだーと思えてしまうのが心底恐ろしい。 教団の幹部となっていた妹を連れ戻したい主人公と過激取材がウリのTV局クルー2人が乗り込む事で教団は集団自殺を図り終わりを迎えますが、100分という短い時間では事件の上っ面をサクッと描くのが精一杯という感じでしたね。 POV方式なので逃げ隠れするシーンはかなりハラハラ出来たので良かったですよ。 ただ命の危機だって時にもまだ撮影するのかよ⁉︎と思ったりもしましたが、そこはまぁプロ根性として受け止めましたw 監督さんが何を描きたかったのかにもよりますが、これはこれで有りですかね〜?
  • yap
    1.0
    2016.12.05鑑賞。久々に出た!予告編以上のものが何も描かれていない映画。POV形式で恐怖を煽る演出をしているが、この作品独自の演出が無い。クルーが登場することによって、教団内に不協和音が生じるのだが、そのさまが全く見られない。昨夜、みんなで仲良くゴスペルやら瞑想やらしてたやんけ!一晩開けたら、一定以上の人間が帰りたくなっているというのが興ざめだった。カルト教団らしい描写や信仰がほとんど無いのも残念。警護をしている冷静な兵が相手ではなく、狂った信者たちから抜け出すくらいの方が面白みが増すと思ったし。あっけない幕切れも残念。
  • RAITEF
    3.4
    実話に基づき作られたアメリカのカルト教団の集団自殺をPOV方式で撮られたドキュメンタリーチックな作品。とにかく人間が怖い。作品では100人ぐらいだが実話は900人以上だと聞くのでまた恐ろしい。
  • よしだ
    -
    人民寺院
  • すばい
    3.1
    実際の事件を調べてから観たんですが、そんなことより妹こわい。VOP視点と言いつつ基本固定が多いのでかなり観やすいです。臨場感ないけど。
「サクラメント 死の楽園」
のレビュー(405件)