今夜は即帰宅をオススメ!あの不朽の名作が「金曜ロードSHOW!」にかえってくる!

映画と音楽は人生の主成分

みやしゅん

もうじきクリスマス…この時期になると必ず観たくなる“あの映画”が本日、12月11日の“金曜ロードSHOW!”にかえってきます!そう、クリスマスの代名詞とも言える『ホーム・アローン』です!

今年のクリスマスはきっと特別になる!~大切な人とシェアしたいクリスマス映画選~」でも紹介しましたが『ホーム・アローン』と言えば誰もが知っている不朽の名作です。本作は、頭のきれるキュートな少年と、ちょっとマヌケな泥棒の攻防戦を描いたコメディ作品です。コメディというくくりで見れば、全米歴代No.1ヒットを記録したモンスター映画でもあります。

そんな不朽の名作『ホーム・アローン』の魅力をご紹介致します!

あらすじ

クリスマスは家族でパリへ旅行!出発前日に兄夫婦家族を交えて盛り上がるマカリスター家。しかし、停電の影響で目覚まし時計がリセットされてしまい、まさかの全員寝坊。

慌てて空港へ…飛行機で何かを忘れていると気づく母親。戸締り?…大丈夫。電気のタイマー?…大丈夫。…息子のケビン!!

ちょっとした手違いで家に一人きりになってしまったケビン。当の本人は意地悪な兄弟たちがいなくなってのびのびと“一人暮らし”を楽しんでいた。しかし、クリスマス休暇で空いている家を狙う泥棒ハリーとマーブがケビンの家に狙いをつけたことで事態は一変…ケビンは家を守り抜くことはできるのか!?

不朽の名作『ホーム・アローン』楽しみ方ガイド!

『ホーム・アローン』は、何年経っても色褪せない不朽の名作です。その人気はとどまることを知らず、シリーズ化もされています。今なおこのシリーズが愛されているのはなぜでしょうか?

ホームアローン

驚きのアイディアで泥棒撃退?~ケビン自慢の知恵炸裂~

子ども一人だけの家は、泥棒のハリーとマーブからすると“朝飯前”のはずでした。しかし、大切な家族が暮らす家を守るためにケビンは頭をフルに回転させて、自慢の知恵で様々な仕掛けや罠を生み出し泥棒たちと闘います。

「たかが子どもだ」と思っていたハリーとマーブもこの仕掛けたちは、さすがに予想外…動揺が隠しきれません。泥棒たちが子ども相手に本気で挑んでいく姿が妙に滑稽であり、全編を通して笑いがこぼれ出すものになっています

またケビンの用意した仕掛けがどこか“ピタゴラスイッチ”を連想させるものがあり、思わず感心してしまいます。

心温まるサブストーリー~マーリー爺さんの物語~

笑いに満ち溢れている『ホーム・アローン』ですが、シリーズを通して心温まるサブストーリーが必ず用意されています。今回放送される第1作目では“殺人鬼”と噂される隣人のマーリー爺さんがキーパーソンとなっています。

なぜ、彼は“殺人鬼”と呼ばれてしまうのか、そしてどうしてあんなにも無愛想なのか…その裏側にある、じんわりと心温まるサブストーリーの結末がとても印象的なので、是非注目して観てください!

Holiday Fight~あなたの記憶は正しい?意外と勘違いされているあの曲~

『ホーム・アローン』と言えば、やっぱりこの曲が印象的です。この曲を聴くとクリスマスを感じるのも、やはり『ホーム・アローン』という作品の普遍性や影響力を物語る要素の1つでしょう。

そもそも、この曲はクリスマスを舞台としたバレエ『くるみ割り人形』のために、チャイコフスキーが作曲した組曲の中の第4曲「ロシアの踊り トレパック」というものです。日本で言う年末に演奏されることが多い「第九(ベートーヴェンの交響曲第9番)」のように、クリスマス定番のクラシック音楽なのです。

ですので…ん?…あれ、でも『ホーム・アローン』で耳にする音楽と何だか違うような…。あ、うっかり間違えていました!劇中で使用されていたのはこちらでした!

実は、私も最近まで恥ずかしながら勘違いをしていました。『ホーム・アローン』で出てくるこのメロディーと、チャイコフスキーの名曲がどこか似ているため、意外にも多くの人が勘違いをしているのです。ちなみに、劇中で使われているこの曲は「Holiday Fight」というタイトルのジョン・ウィリアムズのオリジナル曲となっています。

ジョン・ウィリアムズと言えば、『ジュラシック・パーク』や『ハリー・ポッター』の音楽を担当しており、先日、先行予約チケットが即完売し、早くも新シリーズが話題となっている『スター・ウォーズ』の音楽を作曲した巨匠でもあります。クラシック音楽を代表する作曲家の音楽と、映画音楽の巨匠の音楽…今夜、金曜ロードSHOW!を鑑賞する前に、聴き比べてみてください!

クリスマスを先取り!~今なお色褪せない不朽の名作~

『ホーム・アローン』は、何度見ても笑って泣けるクリスマス・コメディーの決定版です!これを観なければクリスマスは始まらない!と言っても過言ではない不朽の名作なのです。

華金の誘惑に負けずに今日はまっすぐ家に帰って、思いっきり笑って心をリフレッシュしてください!クリスマス気分を先取りできる『ホーム・アローン』、お見逃しなく!

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • maho
    5.0
    大好きな映画。
  • Sachiko
    4.0
    大好きな作品
  • 3.0
    夢が詰まった映画。泥棒たちの体と心が丈夫すぎて笑う。
  • waka
    -
    記録
  • はしもとまや
    3.9
    小さい時とある美術館のお庭にかかっていた橋で鳩に挟み撃ちされたことがありました。原因は私が持っていた鯉の餌でした。彼らは相手が小さい子供にも関わらず餌を狙ってジリジリと近寄ってくるのです。お父さんに抱っこされ無事逃げ出しましたが、何を考えているのかわからないあの目。とても柔らかい首。どれもが怖くて今なお鳩が怖いです。それどころか鳥全般が苦手です。ディズニーシーに行って2回も鳩に泣かされたくらいです。あっ結局何が言いたいかと言いますと、この映画に出てくるあの鳩おばさん。あの人やばいと思います。
「ホーム・アローン」
のレビュー(123824件)