【オンライン試写会】「仁義なき、女のバトル」その戦いは、一枚の布団から始まった『ミセス・ノイズィ』Filmarksオンライン試写へご招待します!

家族と生活と人生を懸けた隣人同士のバトルを描いたドラマ『ミセス・ノイズィ』Filmarksオンライン試写へご招待します!

隣人トラブルでSNS炎上、社会を巻き込む大事件に

ささいなすれ違いから生まれた隣人同士の対立が、マスコミやネット社会を巻き込み、やがて2人の女性の運命を狂わせる大事件へ発展していく物語。

「SNS炎上」や「メディアリンチ」など、現代の社会事情も絡みつつ、後半は思わぬ方向に事態が進んでいくサスペンスフルな展開。子どものケンカから、国や民族の紛争や戦争まで、あらゆる“争い”についての普遍的真理をテーマにした、天野千尋監督によるオリジナル脚本の意欲作。

Filmarksユーザー100名様をご招待!

■鑑賞期間:2020年4月17日(金)12:00 〜 4月19日(日)23:59の期間内いつでも視聴可能
■上映時間:106分
■視聴環境:PCのみ(Windows/Macの最新のChromeもしくはFirefox)

※スマホ・タブレット端末での視聴不可
※応募ページにて、動画が再生できる環境か必ず確認の上、ご応募ください

【応募資格】
・日本在住のFilmarksユーザーで作品を鑑賞期間にご視聴いただける方
・上記視聴環境をお持ちの方
・対象作品をClip!(観たい)している方
・作品鑑賞から2日以内に対象作品のレビューを投稿していただける方

【応募方法】
・応募フォームに必要事項をご記入の上ご応募ください

【当選発表】
・応募締め切り後、当選者へのメールをもってかえさせていただきます

応募締め切り:2020年4月12日(日)23:59までのご応募分有効

【ご注意点】
・当選権はご本人様のみ有効です
・当選権利の譲渡、換金は一切できません
・応募内容に不明な点があった場合は、応募を無効とする場合がございます
・同一人物が複数アカウントを使っての応募はできかねます、応募を無効とする場合がございます
・お使いのメールサービス、メールソフト、ウィルス対策ソフト等の設定により「迷惑メール」と認識され、メールが届かない場合があります。 (特にYahoo!メールやHotmailなどのフリーメールをお使いの方) その場合は「迷惑メールフォルダー」等をご確認ください
・当選通知のメールが迷惑フォルダに入らないよう、キーワード「@filmarks.com」を含むアドレスの受信設定を推奨します。設定方法はお使いのサービスサポートにてご確認ください

◆『ミセス・ノイズィ』information

あらすじ:小説家であり、母親でもある主人公・吉岡真紀(36)。スランプ中の彼女の前に、ある日突如立ちはだかったのは、隣の住人・若田美和子(52)による、けたたましい騒音、そして嫌がらせの数々だった。それは日に日に激しくなり、真紀のストレスは溜まる一方。執筆は一向に進まず、おかげで家族ともギクシャクし、心の平穏を奪われていく。そんな日々が続く中、真紀は、美和子を小説のネタに書くことで反撃に出る。だがそれが予想外の事態を巻き起こしてしまう。2人のケンカは日増しに激しくなり、家族や世間を巻き込んでいき、やがてマスコミを騒がす大騒動へと発展……。果たして、この不条理なバトルに決着はつくのかーー?!

上映時間:106分
公開日:5月1日(金)公開
配給:アークエンタテインメント
公式サイト:http://mrsnoisy-movie.com/
(C)「ミセス・ノイズィ」製作委員会

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • YouTuberもっちゃん
    -
    今日は試写にご招待いただいて『ミセス・ノイズィ』を観てきたんですが、これがめちゃ面白かった!変なお隣さんとの隣人トラブルの話かと思いきや… インターネット使う人は全員見てってくらい大事なことが描かれてるし、観終わってふと気づくメタな構造が良い! YouTubeをやっているのでSNSとか動画の描写には過敏になりがちなんですが、すごくリアルでした。 実際にニュースになった「騒音おばさん」の事件を元にワークショップを行って参加俳優の経験談を織り交ぜながら作ったとのこと。 出てくるキャラクターは最初はちょっと取っ付きにくいと感じたんだけど、最後まで観るとすごくしっくりきた。役者さんも個性的!
  • ぎたろー
    -
    野次馬感覚で映画を観てたら、いつの間にか当事者感覚に陥って、人ごとじゃなくなる怖さと面白さがありました。そして、いかに一面的に物事みてるか反省… 「ミセス・ノイズィ」の印象が180度違ってみえる気持ち良い映画!
  • あやあや
    -
    コメディなのに奥深くて、一瞬も目を離せない見応えある作品でした。 つい自分と重ねてしまったり。終わったあとの余韻凄い。です。 こりゃ〜話題になるわ🤭!と思わず声に出てしまった。 私的今観るべき映画です。
  • yukorin
    -
    「『騒音おばさん』がモチーフの映画。物事は、見る角度によって見える景色が違う。人も別の角度から見ると悪人にも善人にもなる、そういうことを盛り込んだ映画にしたかった」と第32回東京国際映画祭で語っており、ささいなすれ違いから生まれた隣人同士の対立が、マスコミやネット社会を巻き込んで、やがて2人の女の運命を狂わせる大事件へ発展していくという物語。「SNS炎上」や「メディアリンチ」など、現代の社会事情も絡みつつ、子供のケンカから、国や民族の紛争や戦争まで、あらゆる「争い」についての普遍的真理をテーマにした。」 だそうだ!見たい!
  • Hiroki
    3.8
    見る価値ある作品。
ミセス・ノイズィ
のレビュー(53件)