【女子必見!】クリスマス目前。映画の中の男性陣からあなたへ一言恋愛アドバイス。

恐竜をこよなく愛するナード系ハーフ

ANAIS

クリスマスデート

街はクリスマス一色。いよいよクリスマスまであと2日ということで、今日あたりからはクリスマスデートラッシュになるはず!皆さんもデートのご予定はありますか?

今年は彼と過ごす初めてのクリスマスという方、はたまた付き合う前の緊張マックス状態でのデートという方も多いのでは?やっぱり同じ相手と何回もクリスマスを過ごすのが理想ですよね。

しかし女子というものは、勝手に突っ走ったり、妄想したり、勘違いをする…まさに恋愛の仕方が男性以上に不器用な生き物。気がついたら彼が一歩遠のいていたなんて事になりかねません。しかも、こういった事は女子会でいくら議題にしても仕方ないこと。恋愛は男女の間に起こるものですから、男性にアドバイスをもらった方が一番ベストなのです!

という事で今回はクリスマスに限らずいつも確認したい、映画の中の男性陣たちによる身にしみる恋愛アドバイスを作品とともにチェックしていきましょう。

「愛と幸せを自分の中に見いだす事だよ」

『ブロークン・イングリッシュ』より

ぶろーくん

老人「多くの人は一人になりたくないから誰かと一緒にいるんだ。でも中には魔法を信じる人もいる。君はその中のひとりだね。

ノラ「別に間違っていないわよね?

老人「もちろん。だけど魔法がいつも起こるとは限らない

ノラ「でも、起こるでしょ?

老人「ノラ、君が最初にしなければならないのは、愛と幸せを自分の中に見いだす事だよ。

(本編より引用)

 

この主人公のノラは自分だけ結婚できない気がして焦ります。出会いを渇望して行ったホームパーティーで出会ったフランス人男が特別素敵に見えて気を急いでしまいます。そんな自分に自己嫌悪しつつも、ついには彼をフランスにまで追いかける事になるのですが…

孤独から脱却する事だけを考えて、適当な相手を見繕って”特別な人”と自分に言い聞かせてはいませんか?

自分の事が好きでなくても、好きな人に愛されることで好きになれるという人がいます。しかし、その人が去ればまた振り出しにもどってしまうのですか?この男性の言葉を受けて、彼女はようやく恋愛のスタート地点にすら立っていなかった事を知るのでしょう。

「彼は君に興味がない」

『そんな彼なら捨てちゃえば?』より

そんなかれ

アレックス「彼から電話は来ないよ、男だから行動は読める。

ジジ「でもとても優しかったわ……。

アレックス「会って1週間連絡が来ないんだろ、それは電話ができないのではなくて、電話をしたくないからだ。彼は君に興味がない。

(本編より引用)

 

現代だと電話よりLINEにあたるのでしょうか。全然既読がつかない!or既読がついているのに返事がこない!とやきもきしてその事ばかり考えるのはやめましょう。相手にも生活があるので返事ができないタイミングであったり、精神状態があるはずです。そしていつまでも自分の方から一方的に連絡をし続けると嫌がられたりもします。

このアレックスは恋愛に対してかなりクールです。一方ジジは禁断症状か何かのように電話に張り付いて仕方ありません。人に意見を求めている時も、実際はあまり聞いていないのです。これ、女性によくある事ですよね。

彼女は意見ではなく同意を求めている。けど、同意を求め続けてきた彼女がこのアレックスの意見にバッサリ切られた事を快感のように感じます。その後彼は彼女の恋愛アドバイザーとなっていくので、その後の彼らの動向も見ておきたいところですね。

「付き合うために馬鹿なふりを…」

『ウォールフラワー』より

かべはな

サム「私はいつも自分に酷い仕打ちをする男の子たちと寝てたの。

サム「誰かの憧れなんていや、本当の私を愛してほしい。

(サムが新しい年上の彼氏とダンスをしているのを見ながら)パトリック「気に入る男ができたら、付き合うために馬鹿なふりを…。それじゃ、誰も救われない

(本編より引用)

 

パトリックはサムの義兄であり、彼女のよき理解者です。サムという女の子は可愛くて奔放で恋愛主義。自信家と思いきや、素敵だと思った相手には自分を落としてまでも、好きになってもらおうとする傾向があります。彼女の台詞からも、自分自身の何がダメなのかをわかっているという悲しい面も持っています。

これは当てはまる方多いのではないでしょうか?いいなって思った相手に合わせて本当の自分を隠してしまう。まず、隠し事は長くは続きません。そしてそもそも本来の自分を相手から隠してしまう、という行為は「彼は本当の自分なんて受け入れてくれないだろう」という相手への不信感によるものです。

信頼されていない、と彼が知ったら彼は傷つきませんか?相手の事を信じていないのに、信頼関係を築いていこうなんてちゃんちゃらおかしな話ですよね。

まず、ありのままの自分を相手に見せましょう。もしそれで彼があなたを拒むことがあれば、その相手はあなたに合わなかっただけの事です。

時には我を押し通すのではなく、譲り合うことも恋人の関係の中では大事なことですが常に相手に合わせている必要もないのでは?案外、相手はあなたが自分を隠していることを見透かした上で、曝け出してくれることを待っていてくれているかもしれませんよ。

焦らず、幸せな恋をしよう!

3つのストーリーに共通する女の子の特徴は、恋愛に焦っていることですよね。しかし焦りは禁物です。

一人でいる事に焦らず、自分自身をまず愛する。

自分から何度も相手に連絡をせずに、余裕をもつ

自分らしさを大事にする。相手と信頼関係を築きたいならまず自分が相手を信じる。

 

以上の3点、常に胸にとめながら誰かを愛し、愛されていたいですね。恋愛に迷ったら同じシチュエーションの主人公のラブストーリーを見ると以外と求めていた答えのヒントになるかも知れませんよ?

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ろに
    3
    ノラがすきだ 色々奇跡が起きてよかったね
  • kinako
    -
    30代で男運のないノラはある日フランスから来たジュリアンに出会う。恋に臆病になってた彼女だが彼のアタックに心が揺れ動くが彼がフランスに帰ると言い・・。同じ年代なので周りが結婚して焦る気持ちは解るけど、そうそうこの映画の様にスイスイ行くわけないから、やっぱり夢物語だなと冷めた目で観てしまった。が、監督の実体験を基にしてるとは・・。メルヴィル・プポーが目の保養になったけど。
  • ユウ
    2.5
    僕がずっと『ブロークン・イングリッシュ』だと思っていたのは、どうやら『ダウン・イン・ザ・バレー』だったらしい。 何がどうなってそんな勘違いをしていたのかまったく不明。 20分くらいエドワード・ノートンを待っていた。 映像が独特。 あ、これジャスティン・セローか!ってなった。
  • yume
    3
    ブロークンイングリッシュでここまで人と関係築けるのはまるで奇跡 恋に億劫になっていた主人公が自ら動き出す展開にドラマを感じたけど、最後の最後に現実に引き戻すジュリアンの冷静な台詞が一周回って良かった
  • バナバナ
    2.8
    前半の会話がすごくリアル。 「まだ結婚しないの?」「子供はまだ?」など、 アメリカも日本の親と変わらないんだな、と苦笑い。 結婚五周年パーティーを開いた、誰もが羨む結婚をした友人の本音は、「体裁ばかり気にして、もう彼にはウンザリだわ」だし、 女性監督だけあって本音が出るわ、出るわ。 ジュリアンの登場シーンは、いかにも女性をナンパ目当てにパーティに来た、軽薄そうなフランス人で、これじゃあ連敗続きのノラは信用できないよな…、と共感。 しかし、出会いが最悪で、ダメな所を先に全部見せてしまうと反って安心するというか、ノラはジュリアンの事がどんどん気になりだす。 そこまではアル、アルって感じで見てたんだけど、あのクッキー店で会った男は元彼だったのかな? あそこからノラの様子が急に病的になって、ちょっとやり過ぎじゃない?と思ってしまった。 精神安定剤を家に常備してるのは、アメリカでは普通なのでしょうか。母親の「あの人は成功して、信託財産まで持ってたのに…」とか、 「結婚とは契約よ」とか、 「魔法はあまり起きないよ」とか、 年季の入った紳士淑女の発言には、重みがありました(笑)。 ラストも、どうなるかは本人次第、本人にかかってます…みたいな唐突な終わり方で、ハッキリさせなかったところが良かったです。
ブロークン・イングリッシュ
のレビュー(4824件)