【12/30放送】どっちが海の王者か思い知らせてやる!年末に観たいサメ映画って?

2015.12.29
映画

FILMAGA編集部

フィルマーくま

サメ03

もうすぐ今年も終わりますね。 年末年始の過ごし方はもうお決まりでしょうか?映画ファンのみなさんの中には、映画三昧!という人も多いのではないでしょうか?

大掃除が終わった後の一息や初詣帰りに映画館でロードショー作品を楽しむのもいいですが、年末年始は、地上波、BSなどテレビでも話題の映画が放送されます。

ラインナップを紹介すると、洋画では、12月に新作が公開したばかりの『スターウォーズ』の旧作シリーズ、『ジュラシック・パーク』や『オーシャンズ11』、邦画では、『源氏物語 千年の謎』や『鍵泥棒のメソッド』など、話題作が目白押しです。

そんな中、テレビ東京の「年忘れロードショー」がアツイ!と話題になっています。今回はラインアップの中の一作品、『メガ・シャーク VS メカ・シャーク』についてご紹介します。

『メガ・シャーク VS メカ・シャーク』(2014年製作の映画)

chr06

サメ!さめ!鮫!テレビ東京では7月にもサメ映画祭りを開催!

サメ02

ちなみにテレビ東京では、今年7月に平日午後の映画枠「午後のロードショー」で、“サメ”映画ばかり集めた特集を放送し、ネット上で話題となっていました。

気になるサメ映画祭りのラインナップは、二つの頭を持つサメが大暴れする『ダブルヘッド・ジョーズ』、巨大なサメと巨大なタコの壮絶な闘いが描かれる『メガ・シャークVSジャイアント・オクトパス』、人喰いサメと超巨大タコが合体したモンスターが登場する『シャークトパス』、降サメ率100パーセント、サメの大群が空から降ってくる『シャークネード2 サメ台風』、砂浜を泳ぐサメと人間の戦いを描いた『ビーチ・シャーク』というサメ尽くしの内容。

『ダブルヘッド・ジョーズ』(2012年製作の映画)

chr06

『シャークネード2 サメ台風』(2014年製作の映画)

chr06

今回の「年忘れロードショー」では、12月30日は『メガ・シャークVSメカ・シャーク』と、ポール・ニューマンとロバート・レッドフォードが出演する『明日に向って撃て!』と2作品続けての上映。

 1月1日は、ハリケーン・カトリーナを題材にした『超巨大ハリケーン カテゴリー5』。1月2日は、宇宙空間での過酷なミッションを描いた『リターン・トゥ・アース』。

サメに銀行強盗、ハリケーンにSF、となんでもありのラインナップですが、ハリウッド映画のような大作ではなく、独自路線を突き進む編成内容に、B級好きのファン心をくすぐる!とネット上では賞賛の声が上がっています。

年末に観たいサメ映画『メガ・シャークVSメカ・シャーク』って?​

サメ01

今回放送される『メガ・シャークVSメカ・シャーク』は、アメリカの映像会社アサイラムが製作。低予算&短期間撮影でいわゆるB級映画と呼ばれる作品を数多く生み出しています。

本作は、『メガ・シャークVSジャイアント・オクトパス』、『メガ・シャークVSクロコザウルス』に続き、「メガ・シャーク」シリーズの第3弾です 。

Filmarksの星スコアは2.1点と、他の高得点の作品と比べると決して良い点とは言えません。
しかし!レビューを見ると、B級映画を愛するユーザーから愛情にあふれた投稿がたくさん寄せられています。

僕たちのメガシャークがまたまた帰ってきたよ!今度の対戦相手は人工AI搭載のロボットサメ!その名もメカシャークだよ! 装甲は硬いし魚雷も撃てるんだよ!すごいね!

ついに来ましたよ、メガシャークシリーズ第三弾!もうこのくだらなさにハマりつつある自分がいます。今までは、とりあえず相打ちにしておけという投げやりな脚本だったので納得の行かなかった方も、本作はもしかしたら楽しめるかも?前二作とは全く違ったテイストなのです。

オープニングのメガシャークがくそ格好良かった。それだけでも観る価値あったかも。お行儀よく道路走るメカシャークは可愛かったけど、やっぱそこは街ぶっ壊して爆速したり人食いまくったりしなきゃさ!!でも好き。陸上モードとかわくわくした。

サメメイン

2015年には「メガ・シャーク」シリーズ第4弾、あの『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』のそっくりさんが登場するというメガ・シャークVSグレート・タイタン』​も公開されています。

サメ映画ファンの人もそうでない人も、年末にはお家でゆっくり、みんなでわいわい笑いながら楽しめるサメ”映画はいかがでしょうか?

『メガ・シャーク VS メカ・シャーク』※地上波初放送
放送日時:2015年12月30日(水) 26時05分~29時30分

(C)2013, DARK CONTINENT, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

テレビ東京「年忘れロードショー」​

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • りんたろー
    4.2
    これ見ながらタコパしてて楽しかった 内容はほぼ覚えてない、
  • 大輝
    2.5
    垂直な感想は、思ったより悪くはなかった でもこれだけは言わせて欲しい  CG がクソ過ぎる。ミサイルがCG を使ったアニメみたいにリアリティーがない。そして言葉がくさい。漫画か!!ってぐらいなんか恥ずかしい。けどストーリーとかは以外としっかりしていてツッコミ所もあってある意味面白かった。 オススメ度⭐⭐ ストーリー⭐⭐⭐ CG ⭐⭐
  • 地獄少女ぶんぶん
    2.3
    デップー観ようとしてこれ観てしまった。 ある意味デップーです。 もう何でもありな世界なので面白くなくていいのです。 「ただ観てみたいだけ」なのです。 サメが空を飛ぶシーンはさすがに見飽きた。
  • mamo
    3.5
    過去記録 4作目にしてやっとw
  • のら
    2.0
    前作でメカ・シャークによって倒されたメガ・シャークが復活。冒頭でメカ・シャークもあっという間に破壊される。一方その頃ロシアではソ連時代に開発されたコロッサスという人型大量破壊兵器が起動して大暴れ、そこでメガ・シャークにぶつけようという内容。 ただ基本出て来るキャラクターが総じて無能で、前半でメガシャークを仕留め損ねるのも8割方海軍提督の判断ミスだし、コロッサスの制御方法を探るキングとスペンサーは基本的に何もしてない。 コロッサスの専門家という位置付けのスペンサーに至っては終盤で「俺はダメな奴だから左遷されて」みたいな事を言う。普通そこから活躍してお前はやれば出来る奴だ!!という展開を期待するものだが、本当にダメな奴なままで、こいつのおかげで解決した事が何一つ無い。 アクションシーンも振りかぶる所でカットして、次のシーンではアクションの結果になっている等見せ場もない。またコロッサスは腕からレーザービームを出すのだが、レーザービームで殺される人よりも踏み潰されて殺される回数の方が多かったりとチグハグさが目立つ。 全体的にいって巨大サメvs巨大ロボットというマッチメイクのメリットを全く生かせていない作品になっている。
「メガ・シャークVSグレート・タイタン」
のレビュー(407件)