2016年を飛躍の年にしたいあなたは必見!弱小校が箱根駅伝を本気で目指す青春映画

2016.01.01
邦画

初日の出

遂に2016年が始まりましたね!

今年こそは昨年できなかったことにチャレンジしたいという方、飛躍の年にしたいと意気込んでいる方もたくさんいらっしゃるでしょう。

そこで今回は2016年、まずは最高のスタートをきりたい方に是非ともおすすめしたい『風が強く吹いている』という映画を紹介します。

お正月のビックイベントである箱根駅伝をテーマにしたこのアツい青春映画を観おわる頃には、きっと"今すぐにでも走りたい気持ち""何かにチャレンジしたい気持ち"を抑えられなくなっているはず...! 

『風が強く吹いている』あらすじ

風が強く吹いているポスター画像

箱根駅伝に出場するという夢を持つ寛政大学4年のハイジ(小出恵介)。高校時代に足の故障でそれまでのエリートコースから外れてしまったものの、箱根への夢に向かって見込みのありそうな生徒を自身が寮長を務める寮・アオタケに入居させていた。

そんなある日、ハイジは寛政大学の新入生カケル(林遣都)と出会う。カケルの素質を見抜いたハイジは強引にアオタケに入居させ、寮のメンバー9人の前で約1年後に行われる箱根駅伝を目指すことを告げる。

ハイジが見込んだ生徒とはいえ、自分と高校時代から有力ランナーだったカケル以外の8人は全員素人。本番までの時間が約1年と限られている上に、予選を突破して本線に出場するためには1人も欠けてはならないという厳しい状況の中で、本格的にトレーニングを始めることに..。

2時間後、今すぐ走りたくなる気持ちに駆られること間違いなし...!?

三浦しをんの人気小説が元となっておりその魅力を2時間あまりに凝縮した作品のため見所は満載ですが、個人的なおすすめポイントは以下の3点です。

●非常にテンポがよく、コメディの要素もあるため気軽に楽しめる。(専門知識もほぼ必要なく陸上初心者にもやさしい。)

●臨場感があり、駅伝や走ることの魅力を知ることができる

●メンバー各々が自分の課題に立ち向かっていく姿や随所に散りばめられた名言に心を動かされ、何かに挑戦したくなる 

1. テンポが良く堅苦しくもないので気軽に楽しめる

長編小説を2時間の映画に集約していることもあってか非常にテンポが良く話がどんどん進むので飽きる間もありません。

加えて"陸上の素人(2人だけ経験者ですが)がたった1年で箱根駅伝を目指してがむしゃらに努力していく"という現実じゃありえないような設定と、ちょこちょこ笑えるコメディ要素が入っているため堅苦しくなく、リラックスして楽しめます。

ちなみに陸上に詳しくないという方でも心配ありません。メンバー8人が素人でそもそも箱根駅伝のことを知らないため、箱根駅伝の出場方法やルール、仕組みなども簡単にでありますが紹介されています。

2. 映画ならではの臨場感と緊張感を楽しめる

原作の方が各メンバーごとのエピソードなどが充実していて、より深くストーリーを楽しめる部分はあるかもしれません。

ただ映像ならではの臨場感や緊張感といったものは映画版の大きな見所。実際に汗をかきながら、苦しい表情をしながらも必死に走っている姿や仲間にタスキを繋ぐシーンはかなりリアルで、そういったシーンを通して駅伝の魅力を感じることができます。

出演陣もこの作品に向けて実際の大学駅伝監督の指導のもと練習を積んだとのこと。特にカケルを演じる林遣都さんのフォームはすごくキレイでついつい見入ってしまう程です。

その他多くのエキストラが参加しておりレース本番はもちろん、記録会や予選会の結果発表などもかなり緊張感が伝わってくるので、この作品を観ることで本当の箱根駅伝ももっと楽しめるようになるかも...!

3. メンバーの挑戦する姿や名言が背中を押してくれる

継続は力なり

長距離を走りぬくためには短距離選手とは違う筋力が必要とされる。
短距離は先天的な筋肉の質に寄ってほぼ実力が決まるのに対し、長距離は日々の練習がものを言うんだ。
およそ長距離ほど才能と努力の天秤が努力の方に傾いている種目はない。

本格的に箱根駅伝へ向けてトレーニングを始めた頃、慣れないメンバーに対するハイジの言葉です。これは長距離だけに限った話ではなく、普段の仕事や学生時代の勉強に関してもかなり努力の方に天秤が向いていると言えるのではないでしょうか?

実際になかなか結果がでなくても必死にトレーニングを続けるメンバーの姿を見ていると、自分ももっとやれるんじゃないかと考えさせられます。

このシーン以外にもメンバー各々が自分なりのやり方で自身の課題に立ち向かっていく姿を見たり、随所に散りばめられた名言を聞いていると「とりあえず走りたい」「自分も今すぐ何かに挑戦したい」と感じられずにはいられません。

2016年、最高のスタートをきろう!

素敵な1年

『風が強く吹いている』は気楽に観れるにも関わらず、素敵なセリフやシーン満載のアツい作品です。

日頃の仕事や勉強にも共通する学びも多く、観た人の心を駆り立ててくれる年の初めにはオススメの1本なので是非チェックしてみてください!

[[Logly Link]]

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ハワイアンモンキー
    2.9
    もうすぐ 箱根駅伝の季節がやってきますね! 高校の時に陸上部に所属し、ハイジと同じように膝に大怪我をしたことを理由に 女子マネージャーとばかり喋っていた私には 走る楽しさは全くわかりません。笑 ですが、襷を繋げるという青春ドラマに魅せられて 毎年楽しみに箱根駅伝を見ています。あとは 母校の台頭もありますけどね٩( *˙0˙*)۶アオガク〜!! これは 箱根駅伝が好きな人が見る映画ですね(^-^) あの人の走り方が変とか小さいことにはもちろん目をつぶり、ついでに出来すぎたストーリーではありますが、そんな大きなことにも目をつぶっていただきながら 鑑賞してください!(ずっと目をつぶっちゃいますね、笑) 原作はきっと素晴らしいんでしょうけど 映画では時間の関係もあって 全てが中途半端になっている典型的な作品ですが、林遣都の魅力がたっぷりと詰まってます。走り方が綺麗だし、様になってるんですよねー。いい役者さんです。 小出恵介も好きだったのに、残念。いつかひょっこり戻ってこないかな。 箱根駅伝のシーンは 観客も沢山で どうやって撮影したのだろうと思うくらい、世界観を忠実に再現出来ているので 箱根駅伝好きは楽しめると思います。 実は 家の近くを走ってくるので 毎年道路脇の沿道で応援しています。来年はどんなドラマが繰り広げられるのか今から楽しみです!
  • 223
    3.7
    時間の関係もあったんだろうけどうまくいきすぎだなぁと。 箱根駅伝好きな人ならみてよいかと
  • YurinaShimoyama
    3.9
    原作が好きで 映画もやっぱり面白かった。 小出恵介くんと林遣都くんの 組み合わせが最強に大好きです。 走りこんでるイケメンたち見れます!
  • m13
    3.3
    林遣都のフォームがすっごい綺麗。びっくりするくらい綺麗。 全体的に演技は上手だが、その中でも小出恵介は抜けてた印象。 スピード感の物足りなさとゴール付近の描写がうーんなところでこの評価。 題名の【風が強く吹いている】に関してもアナウンサーが紙を飛ばされて、「風が強く吹いています。」という描写程度でイマイチ表現しきれていない… 原作ではそこがうまく表現されていただけに残念。
  • kt
    -
    その場にいても常に何か別の一つのことを頭に浮かべながら飄々といるから、一歩引いた存在感を小出恵介に感じるのかもしれない。「走るってどういうことなのか」そこに今、ずっと強い興味があるから、周りを気遣いつつも接し方がどこか片手間のように見える。気がする。 いい意味で没入してない、力の入ってない存在感 から騒ぎや他の作品にも感じる小出恵介の魅力かもしれない。 作品は小説よりもあっさりまとめられてるけど何より走ることが圧倒的に説得力があるから、最高にかっこよかった。 好きだから走る。 生きる意味を探すように走る意味を探す。 身体の状態は嘘をつかない。走ることがその場にいる今の履歴書になる。
「風が強く吹いている」
のレビュー(3068件)