世界初のドラマ化!隠れた名作映画『わたしを離さないで』金10ドラマで遂に登場!

2016.01.14
洋画

映画と音楽は人生の主成分

みやしゅん

年も明けてテレビドラマも新しいクールが始まります。年末から年始にかけて様々な特番で取り上げられていたため、テレビを見ていて、気になるドラマをすでにチェックしている方も多いのではないでしょうか?

様々なドラマに注目が集まっている中、特に話題を呼んでいるのが、1月15日からTBSではじまる新ドラマ『わたしを離さないで』です。主演が綾瀬はるか、三浦春馬、水川あさみという豪華なキャスティングだから注目されている…そう思っている方も多いことでしょう。しかし、それだけではありません!

今回は『わたしを離さないで』が、なぜこんなにも話題になっているのか?に焦点をあて、その理由と魅力に迫ります!

超社会派作品『わたしを離さないで』とは?~映画ファンも意外と知らない隠れた名作~

実はこの『わたしを離さないで』、舞台化や映画化もされてきた“超”がつくほどの社会派作品です。日本では2014年に舞台化され、多部未華子、三浦涼介、木村文乃を主演にむかえ、演出には蜷川実花が携わり話題となりました。しかし、それよりも昔…2010年にはイギリスで映画化されています。

イギリスの大ヒット小説。本国では実力派キャストで実写化!

原作は日系イギリス人の作家カズオ・イシグロが2005年に発表した同名小説『Never Let Me Go(わたしを離さないで)』です。この原作小説は本国イギリスで大ヒットを記録し、彼の代表作となりました。そして、この作品がもつ普遍的なテーマにいち早く気づいたマーク・ロマネク監督は、原作者カズオ・イシグロを製作総指揮として、2010年に映画作品として発表しました。

わたし

非常に繊細で、少し触れただけでも崩れてしまいそうな物語を実写化するということもあり、本国では映画界の未来を担っていくであろう実力派俳優たちが主演に抜擢されました

まず、アカデミー賞主演女優賞受賞したキャリー・マリガンが物語の中心人物となるキャシーを演じています。そしてキャシーと共に時間を過ごしてきた仲間、トミーには『アメイジング・スパイダーマン』でスパイダーマンを演じたアンドリュー・ガーフィールド、ルースには『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズを始め話題作に引っ張りだとなっているキーラ・ナイトレイが抜擢されました。

私も、はじめてこの作品を観た時はこの豪華なキャスティングに驚きました。まさに今、映画界を牽引していると言っても過言ではない俳優陣たちが出演していたからです…では、この『わたしを離さないで』とはどのような物語なのでしょうか?

“超”社会派作品…そのあらすじとは?

わたしたちは、ただ幸せになりたかっただけだった―。

田園地帯にひっそりとたたずむ寄宿学校ヘールシャム。“特別な使命をもった生徒”として育てられたキャシー、トミー、ルース。18歳になりはじめて外界へと足を踏み出した3人は、その運命に翻弄される。

外界と完全に隔絶されたその学校、そして彼女たちに託された使命とは―?

大人でいられる時間はごくわずか…生きる理由を探す物語。

『わたしを離さないで』は、舞台となったイギリスだけでなく、日本でも比較的タイムリーな社会問題をテーマとした社会派作品です。現代社会を鋭く捉えた原作、そして監督独自の世界観でその問題を繊細かつ壮大なスケールで表現しています。

物語は大きく分けて3つに分かれています。まず、ヘールシャムで過ごす時間…全ての謎はここからはじまります。そして外界への一歩を踏み出す18歳。そして、今…。

ドラマがはじまるということもあって詳しく書くことは出来ませんが、映画『わたしを離さないで』の鍵となるのは「提供」と「終了」という言葉です。3人の絆はこの言葉によって複雑に絡み合い、もがき苦しむことになります。そして、たどり着く彼女たちが生きる理由…その圧巻のラストに私たちはただただ無力となることでしょう。

彼女たちが大人でいられる時間はごくわずか…『わたしを離さないで』は、まさに生と愛が絡み合う究極のヒューマンラブストーリーなのです。

壮大ながらも儚い世界~金曜22時『わたしを離さないで』を見逃すな!~

原作および映画ではイギリスが舞台となっていましたが、今回のドラマ化にあたり舞台は日本へとうつされています。世界初のドラマ化ということもあり、おそらく舞台設定だけでなく物語の流れや結末等も変更が加えられ、映画とは異なる新たな『わたしを離さないで』として登場することでしょう。

そこで、最後にドラマ版『わたしを離さないで』の見所をご紹介したいと思います。

生きる意味を模索する3人の主人公たち

物語の軸となるのは「生と愛」です。これは原作、そして映画版と同じものです。綾瀬はるか演じる恭子、三浦春馬演じる友彦、そして水川あさみ演じる美和…3人の運命が複雑に絡み合いながら、壮大な結末へと向かっていきます。

本作がもつテーマは現代社会の問題を捉えたものであり、普遍的なものでもあります。「生と愛」…それは、決して綺麗事だけで語ることの出来ないテーマであり、大切なものです。だからこそ、多くの人に見て欲しい作品になっています。

大ヒットの法則~綾瀬はるか×森下佳子×TBS~

大ヒット小説の世界初のドラマ化として注目を浴びている一方で、ドラマファンが注目しているもう一つの理由があります。それが“綾瀬はるか×森下佳子×TBS”という組み合わせです。

実はこの組み合わせ、ドラマファンの中でも“ヒットを記録するタッグ”として有名です。これまでのこのタッグの作品を振り返ってみると『世界の中心で愛をさけぶ』や『白夜行』、『JIN-仁-』といった話題作ばかり…どの作品も繊細なテーマを扱いながらも、その壮大な世界観で多くのドラマファンを魅了してきました。

そんなドラマを大ヒットへと導く組み合わせがお送りする今回の『わたしを離さないで』…必見です!なお、ドラマは1月15日、金曜夜10時からスタートします。

ドラマ『わたしを離さないで』公式サイト:http://www.tbs.co.jp/never-let-me-go/

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • kaito
    -
    記録
  • ひろ
    3.4
    イギリス最高の文学賞ブッカー賞受賞作家カズオ・イシグロのSF小説「わたしを離さないで」を、マーク・ロマネク監督が映画化した2010年のイギリス映画 ・ おいおい、せつなすぎるでしょ。外界から閉ざされた空間で育つ子供たちっていうのは定番の設定だけど、この作品の子供たちの運命は、あまりにもむごい。希望を持てない環境で生きていく彼らが、最後の希望としていることさえも、終わりある希望なのがつらい。 ・ こんな夢も希望もない状況の中で、愛を描いているんだから、そりゃせつなくなるのは当たり前。SFとラブロマンスを組み合わせた作品って、大概せつない気がする。この映画で気分が高揚することはないだろうけど、静かな余韻がいつまでも続くような作品だったと思う。 ・ キャシーを演じたキャリー・マリガン。個人的には、いま最も注目している女優の1人。天性の魅力と演技力を併せ持った女優だね。ルースを演じたキーラ・ナイトレイ。大作で売れた大作後遺症に悩むことなく、着実に女優として成長している。この作品の影のあるルースの演技は、彼女の新たな一面を観れた気がする。 ・ トミー役のアンドリュー・ガーフィールドも、いま注目している若手俳優だけど、この役はよかった。心に抱えているものを表に出さないタイプの役だったから、最後の方のシーンで感情を吐露した時は、すごくせつなかった。 ・ ストレートな恋愛映画が好きな人には向いてないし、ハッピーエンドじゃなきゃダメって人にもお薦めできない。でも、この才能溢れる若手俳優の共演だけでも楽しめるし、たまにはせつなさで満たされたいっていう人もいるかもしれないから、そういう人にお薦めします。
  • すぎな
    3.0
    記録
  • 紗也香です
    3.3
    英語の授業で原作を読んだので鑑賞。 個人的には本の方が好きです。 ストーリーはまんまだったのですが、大事な部分がすっとばされててショックでした。 1時間半ってあっという間! 初めて本からの映画をみるというプロセスだったので、やはり一般的には映画が劣るのに気づきました。
  • 自宅警備
    -
    淡々と軽快にすすむサウンド みんなが同じことを同じように規律よくこなす
  • リンゴハヤシライス
    3.9
    切ない映画でした。欲を言えば、もっと考えさせられたかった、引き込ませて欲しかった。
  • ちとせ
    4.5
    すごく良かった。 臓器提供についての話がメインなのかと思いきや、ピュアなラブストーリーなので始めのうちは軽い気持ちで観れるが、話の後半は少し重め。 終盤はかなり重め。 気持ちのすれ違いがとても切なかった。 登場人物の立ち位置もわかりやすく、複雑な伏線もないのでストーリーを追っていくだけで理解できる。 ただ、観る前に大体の内容を把握しておかないと話の展開についていけない。
  • eba
    4.0
    記録
  • kaho
    3.3
    イギリスのくらーい感じがよく出てる映画かな。テーマも重い。自分の命は他の人様にあげるためのもの。なんて悲しすぎる現実。
  • ふーちゃん
    -
    記録用
  • M
    3.0
    なんの予備知識もなく鑑賞。 みなさんのレビューにもあったけれど絶望的な内容。でももう少し入り込みたかったし、入り込めるようにしてほしかった。演技がどうこうではなく演技は良かったのだが、1つ1つのシーンがもう少し長くて心情がこもってればよかったかなと思う。でも見る価値はあると思うし少し現実的なところもいい。 幼少期のころのルースが1番好きだった。
  • poiful
    -
    記録
  • waco
    3.3
    考えてしまう…痛く切ない映画。
  • マックス幸太郎
    4.5
    重厚なストーリー みんなの演技がすごい いろいろと切ない まだ自分が見るのには早すぎたかもしれない。
  • jumo
    2.4
    これぞイギリス映画 グレーのセーターとアッシュっぽいブロンドの美しさよ 死ぬために生まれた命について語られても 現実では起こりえないからどうしても感情移入しづらい… 結局その制度に対して特に抵抗したりしないわけだしカタルシスもない でもヘールシャムのちゅるちゅるの子供は眩しい! ホグワーツかな?賢者の石探すかな?てくらい愛おしい…
  • 菜奈美
    3.9
    記録
  • しゃなり
    5.0
    大好き!素晴らしい!キャストもストーリーも!とにかく切ない!
  • 瓶覗
    2.8
    綺麗な儚い映画 しかし原作のもやーっとした感じを 映画にするのは無理だと思っていたので これくらいかな テレビの奴は論外だった
  • cappuccino
    -
    記録
  • pam
    3.5
    記録
  • はちみつ
    3.5
    ゼミの先生オススメ映画 最後はなんとも言えない感情になった…
  • じぇふ
    -
    終わり方が印象的 ドキュメンタリーてきというか 曇り空が多くて虚しさや儚さが表現されてた
  • みーるナイトレイ
    3.6
    キーラ出演作品ということで鑑賞。生の自由を与えられなかった人生の中で愛、葛藤、嫉妬、生きることを象徴するテーマが見え隠れする皮肉。命の価値は決めるものではないし宿る命を自分で選ぶことも出来ない。夕焼け空の景色がゆっくりと心の底に染みてくる作品。
  • Z
    3.6
    予告の時点で絶対に観ようと思った作品 幼少期時代は皆可愛いけど成長すると切ない イギリス映画の映像やっぱり好き
  • エイリアン
    3.8
    映像が綺麗だった。
  • かしま
    4.5
    哀しい話は画が綺麗 船が打ち上げられた海岸、なんかもっと湿地みたいなのを想像してた Never let me goが聴けた 子役が全員かわいい 話は知ってるのに原作を読みおわった後と同じ状態になる 平日の昼間に観るものではなかった。出かけたくないな…
  • すー
    3.0
    ちょっと前にドラマでやってたな。見てないけど。コピーされ、提供するだけの存在に魂は必要か。なんとも重いテーマ。最後の台詞とアンドリューガーフィールドの叫びに全てが詰まってる。 関係ないけど子役がみんな可愛い。どうして外人の子ってこんなに可愛いのでしょう。ペレグリンで見た女の子や、ライラに出てきた男の子など見た顔が。
  • なつ
    3.0
    記録
  • momomo
    3.3
    記録
  • mapleyonyon
    3.7
    キャリー・マリガンとアンドリュー・ガーフィールド他キャストの演技に引き込まれる。ラストシーンのセリフが忘れられない
「わたしを離さないで」
のレビュー(7745件)