【第88回アカデミー賞】ノミネート作品、みんなの注目度をチェック!

2016.01.21
まとめ

FILMAGA編集部

フィルマーくま

oscar

1月14日に第88回アカデミー賞のノミネーションが発表されました。今回は映画レビューサービスFilmarksのスコアを参考に、みんなの注目度をチェックしてみましょう!

一番の注目作品は?

レオナルド・ディカプリオ主演最新作『レヴェナント:蘇えりし者』が作品賞を含む最多12部門にノミネートされました。アカデミー賞の前哨戦ともいわれるゴールデン・グローブ賞でも、最多受賞を果たした今作。今度こそ、ディカプリオが自身初のアカデミー賞を獲ることになるのか!と注目されています。

レヴェナント:蘇えりし者』は昨年のアカデミー賞で作品賞・監督賞・脚本賞・撮影賞の4冠を達成したアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥレオナルド・ディカプリオが初タッグを組み、荒野にひとり取り残されたハンターの壮絶なサバイバルを描いた実話に基づく小説を映画化。

作品賞をはじめ主演男優賞、監督賞、助演男優賞、撮影賞などにノミネートされています。また、昨年日本でも公開された『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が作品賞を含む10部門にノミネートしました。

日本からは長編アニメーション部門にスタジオジブリ作品の『思い出のマーニー』がノミネートされ、スタジオジブリ作品の同部門へのノミネートは、『風立ちぬ』『かぐや姫の物語』に続いて3年連続となりました。

第88回アカデミー賞授賞式は現地時間2月28日(日本時間2月29日)に開催されます。

★作品賞

マネー・ショート 華麗なる大逆転

(2016年3月4日上映予定:Filmarksスコア★3.6)

thebigshort_postar

(C)2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

ブリッジ・オブ・スパイ

(2016年1月8日より現在上映中:Filmarksスコア★3.9)

Bridge of Spies_postar

(C)2015 DREAMWORKS II DISTRIBUTION CO., LLC and TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION.

ブルックリン

(2016年7月上映予定:Filmarksスコア★3.8)

Brooklyn_main

(C)2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

マッドマックス 怒りのデス・ロード

(2015年6月20日上映:Filmarksスコア★4.2)

madmax_postar

(C)2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED

オデッセイ

(2016年2月5日上映予定:Filmarksスコア★3.9)

themartin_poster

(C)2015 Twentieth Century Fox Film

レヴェナント:蘇えりし者

(2016年4月22日上映予定:Filmarksスコア★3.9)

レヴェナント 蘇えりし者

(C)Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

ルーム

(2016年4月8日上映予定:Filmarksスコア★4.4)

ルームメイン画像

(C)ElementPictures/RoomProductionsInc/ChannelFourTelevisionCorporation2015

スポットライト 世紀のスクープ

(2016年4月上映予定:Filmarksスコア★3.8)

spotlight_postar

(C)2015 SPOTLIGHT FILM, LLC

★主演男優賞

ブライアン・クランストン『トランボ(原題)

マット・デイモン『オデッセイ

レオナルド・ディカプリオ『レヴェナント:蘇えりし者

マイケル・ファスベンダー『スティーブ・ジョブズ

エディ・レッドメイン『リリーのすべて

★主演女優賞

ケイト・ブランシェット『キャロル

ブリー・ラーソン『ルーム

ジェニファー・ローレンス『ジョイ(原題)

シャーロット・ランプリング『さざなみ

シアーシャ・ローナン『ブルックリン

★助演女優賞

ジェニファー・ジェイソン・リー『ヘイトフル・エイト

ルーニー・マーラ『キャロル

レイチェル・マクアダムス『スポットライト 世紀のスクープ

アリシア・ヴィキャンデル『リリーのすべて

ケイト・ウィンスレット『スティーブ・ジョブズ

★助演男優賞

クリスチャン・ベール『マネー・ショート 華麗なる大逆転

トム・ハーディ『レヴェナント:蘇えりし者

マーク・ラファロ『スポットライト 世紀のスクープ

マーク・ライランス『ブリッジ・オブ・スパイ

シルベスター・スタローン『クリード チャンプを継ぐ男

★監督賞

アダム・マッケイ『マネー・ショート 華麗なる大逆転

ジョージ・ミラー『マッドマックス 怒りのデス・ロード

アレハンドロ・G・イニャリトゥ『レヴェナント:蘇えりし者

レニー・アブラハムソン『ルーム

トーマス・マッカーシー『スポットライト 世紀のスクープ

★脚本賞

ブリッジ・オブ・スパイ

エクス・マキナ(原題)

インサイド・ヘッド

スポットライト 世紀のスクープ

ストレイト・アウタ・コンプトン

★脚色賞

マネー・ショート 華麗なる大逆転

ブルックリン

キャロル

オデッセイ

ルーム

★外国語映画賞

大河の抱擁』(コロンビア)

裸足の季節』(フランス)

サウルの息子』(ハンガリー)

ディーブ』(ヨルダン)

A War(原題)』 (デンマーク)

★長編アニメ映画賞

アノマリサ(原題)

父を探して

インサイド・ヘッド

ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム

思い出のマーニー

★長編ドキュメンタリー賞

エイミー(原題)

カーテル・ランド(原題)

ルック・オブ・サイレンス

ニーナ・シモン 魂の歌

ウィンター・オン・ファイヤー ウクライナ、自由への闘い

★短編ドキュメンタリー賞

ボディ・チーム 12(原題)

Chau, beyond the Lines

Claude Lanzmann: Spectres of the Shoah

A Girl in the River: The Price of Forgiveness

Last Day of Freedom

★短編アニメ映画賞

Historia de un oso

プロローグ(原題)

Sanjay's Super Team

Mi ne mozhem zhit bez kosmosa

ワールド・オブ・トゥモロー(原題)

★短編実写映画賞

アヴェ・マリア(原題)

デイ・ワン(原題)

Alles wird gut

Shok

Stutterer

★撮影賞

キャロル

ヘイトフル・エイト

マッドマックス 怒りのデス・ロード

レヴェナント:蘇えりし者

ボーダーライン

★視覚効果賞

エクス・マキナ(原題)

マッドマックス 怒りのデス・ロード

オデッセイ

レヴェナント:蘇えりし者

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

★編集賞

マネー・ショート 華麗なる大逆転

マッドマックス 怒りのデス・ロード

レヴェナント:蘇えりし者

スポットライト 世紀のスクープ

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

★美術賞

ブリッジ・オブ・スパイ

リリーのすべて

マッドマックス 怒りのデス・ロード

オデッセイ

レヴェナント:蘇えりし者

★衣装デザイン賞

キャロル

シンデレラ

リリーのすべて

マッドマックス 怒りのデス・ロード

レヴェナント:蘇えりし者

★メイク・ヘアスタイリング賞

マッドマックス 怒りのデス・ロード

100歳の華麗なる冒険

レヴェナント:蘇えりし者

★作曲賞

ブリッジ・オブ・スパイ

キャロル

ヘイトフル・エイト

ボーダーライン

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

★歌曲賞

ザ・ウィークエンド“Earned It“ 『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ

“Manta Ray“ 『レイシング・エクスティンクション(原題)

“Simple Song #3“『ユース(原題)

レディー・ガガ“Til It Happens to You“ 『ザ・ハンティング・グラウンド(原題)

サム・スミス“Writing's On The Wall“ 『007 スペクター

★録音賞

ブリッジ・オブ・スパイ

マッドマックス 怒りのデス・ロード

オデッセイ

レヴェナント:蘇えりし者

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

★音響編集賞

マッドマックス 怒りのデス・ロード

オデッセイ

レヴェナント:蘇えりし者

ボーダーライン

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

 

※★スコアは2016年1月21日現在の数値です

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • KeitaSakaida
    4.0
    復習に燃える男の物語、全てがリアル
  • KK
    -
    クマ
  • ぬく
    4.0
    開拓期の血で血を洗う原住民との争いや、極寒のアメリカ北西部の大自然が圧倒的質量で迫ってくる。圧巻の一言に尽きる。 息子を殺され、自分も瀕死の重傷を負って見捨てられたグラスを演じたディカプリオの演技だけでも胸を打たれる。納得すぎるオスカー。 喉が潰れてほとんど呻くことしかできないグラスが、復讐心と本能だけで息を吹き返していく様子が本当に痛々しい。死んだ方が楽なことってあると思う。そういうことも顧みず、ただ生にしがみつくグラスは、自然に生きる動物たちとなんら変わるところがない。 憎悪と信仰、ネイティブアメリカンの精神、生と死など、たくさんの複雑なテーマが絡み合って、全てがグラスにのしかかる。呪いとも救いともとれる亡き妻の祝詞と息づかいが……… 満身創痍で復讐を果たした後にグラスに、彼にとって意味喪失した生と愛する人がいる死しか残らないのもまた痛切に虚しい… ほとんど登場しないがあまりにも印象的な音楽、生々しいサバイバルシーン、重厚な衣装、特殊メイクなどどこをとっても素晴らしい。 面白いっていうか素晴らしい。 淡々と進むので(そこが絶対に素晴らしいポイントなんだけど)、あまりにも長尺で相当の鑑賞体力が必要かな。痛いシーンも多いから… トムハーディがこんなにわかりやすい悪役を演じるのも珍しいね。あと、最近デトロイトを見たせいか無知で善良な若者を演じるウィルポールターに若干の違和感が…ごめんね……本当に良い俳優陣だ……
  • ありんご
    3.7
    記録
  • ハットリシンヤ
    4.3
    映像だけで楽しめる
「レヴェナント:蘇えりし者」
のレビュー(29491件)