CFサイトで話題沸騰!今この映画が凄い!『LISTEN リッスン』&『断食芸人』

人との出会いに日々感謝(ライター・編集)

大久保渉

今回は、現在CF(クラウドファンディング)サイトで話題を集めている期待の映画『LISTEN リッスン』と『断食芸人』についてご紹介させていただきます。

昨年のクラウドファンディング(カテゴリ:映画)では、2016年秋公開予定のアニメ映画『この世界の片隅に』が邦画史上最高の支援額となる3,622万4,000円を達成して話題となりました。

いいプロジェクトには支援者が集まり、そしてその熱が新たな傑作を生み出していく。

現在どんな映画が勢いに乗っていて、どんな挑戦に注目が集まっているのか?CF実施中の映画をしばし見てみることで、実際に映画ファンたちが今何を求めているのかチェックしてみていただけたらと思います。

そしてまた、もしも今回ご紹介した映画にご興味を持っていただけたならば、是非ともCFに参加して、その作品の監督やスタッフ、映画製作者のみなさまのご活動を応援していただけたらと思います。

「聾者(ろう者)の音楽」を視覚的に表現したアート・ドキュメンタリー、無音の58分間

『LISTEN リッスン』

「環境音・効果音は一切なし!出演者全員が聾者のアート・ドキュメンタリー映画『LISTEN リッスン』を通じて、聾者が奏でる「音楽」に秘められた可能性を伝えたい!」

今作は、二人の聾アーティスト新鋭監督の牧原依里と舞踏家の雫境(DAKEI)―によって共同監督、撮影、制作された作品です。

出演者は、全員聾者。国内外で活躍する舞踏家から演技経験のない一般人まで、多彩な顔ぶれがそれぞれの「心の中で鳴り響く音楽」を手で、表情で、身体のすべてを使って表現していきます。

「複数の手話詩を交えながら『四季』を表現する初老の男性、木々のざわめきの中で風を歌う少女、波打つ浜辺で魂を叫ぶ女性、親密な愛情を共鳴させる夫婦……」

無音のはずの画面から聞こえてくる「音楽」とは一体何なのか?耳が聞こえない聾者にとって音楽とは一体何なのか?そして、ご自身が聾である牧原、雫境の両監督がなぜ今作を撮ろうと思ったのか?今作で何を描き出したかったのか…?

現在公開中のCFサイト、並びに公式HPで語られている彼らの想いがとても熱くて、まっすぐで、素敵で、聾者ならびに音楽の可能性を切り開く内容となっていますので、是非とも一度ご拝読いただき、この情熱溢れる映画にご支援、ご声援を送っていただけたらと思います。

  • 『LISTEN リッスン』
  • 監督:牧原依里、雫境(DAKEI)
  • 出演者: 米内山明宏、横尾友美、佐沢静枝、野崎誠、今井彰人、岡本彩、矢代卓樹、雫境、 佐野和海、佐野美保、本間智恵美、小泉文子、山本のぞみ、池田華凜、池田大輔 

 

■CFサイトはこちら(READY FOUR?「映画『LISTEN リッスン』クラウドファンディングページ」 )。

■公式HPはこちら(映画『LISTEN リッスン』公式HP)。

■今プロジェクトへのご支援は2016年4月13日(水)午後11:00まで上記サイトにて受付中です(銀行振り込みも有)。

伝説的映画監督・足立正生、10年ぶりの新作!

『断食芸人』

「キッチュが織りなすディープな“世界”!フランツ・カフカの寓話「断食芸人」の映像化」

今作は、1960年代に日本大学芸術学部映画学科、並びに新映画研究会、VAN映画科学研究所、そして若松孝二の独立プロダクション等々で数々の伝説を残してきた足立正生監督が、およそ10年ぶりにメガフォンをとった「映画史に新たな1ページを刻む」怪作です。

「実験映画」、「アンダーグラウンド映画」、映画史の書物の中でしか知ることができない足立監督の過去の名作『椀』や『堕胎』を今はもう自由に見ることができない今日において、かの巨匠の新作がこうして公開されることにワクワクせずにはいられない映画ファンも多々いることかと思われます。

殴り合いや怒声が飛び交う上映会、性と革命を主題にした前衛的なピンク映画の脚本の数々、そして、1970年代から続いた中東諸国での日本赤軍参加、国際指名手配、逮捕、日本への強制送還(2000年)という驚きの経歴…。

そんな鬼才がドイツの鬼才フランツ・カフカの同名小説を映画化したものだから、もうここでは決して語りきれないほどのめくるめく世界が画面いっぱいに広がっているのであります。

足立監督が「現代社会に投げかけた」というこの摩訶不思議な不条理劇を、是非ともご支援いただき、この世紀の1作をより一層盛り上げていっていただけたらと思います。

  • 『断食芸人』
  • 監督:足立正生
  • 出演者:山本浩司、桜井大造、流山児祥、本多章一、伊藤弘子、愛奏、岩間天嗣、井端珠里、安部田宇観、和田周、川本三吉、吉増剛造(特別出演)、田口トモロヲ(ナレーション)
 

■公式HPはこちら(映画『断食芸人』公式HP)。

■今プロジェクトへのご支援は2016年3月31日23:59まで上記サイトにて受付中です。

 

以上、【CFサイトで話題沸騰!今この映画が凄い!『LISTEN リッスン』&『断食芸人』】紹介記事でした。

今回の2作品は、本当にどちらもオリジナリティにあふれた映画であり、今後全国、そして世界の映画館にまでその名をとどろかせる可能性があります。

いち映画ファンとして、映画の未来を支える支援者として、この素晴らしい映画を一緒に盛り上げていっていただけましたらうれしいです。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • なまえ未定
    -
    ろう者と聴者にはどうしたって分かり合えないものがあって、でもお互いに手を伸ばし合ってやわらかいところを手探りするようなそんな映画だった。 ろう者と聴者の音楽はきっとまったく違うものだけど、両者にとっての音楽として共通するのは感情というものにカテゴライズされる前の身体的な快、不快なのかもしれない。 この映画は音がないので身体ぜんぶを視覚に集中させて見た。音楽のない作品にも関わらず、上映中ずっとじぶんのなかには音楽が響いていた。聴覚的な音楽はもちろん、風であり、会話であり、表情であるような、そんな音楽。わたしにとっての「音楽」という概念が拡張された映画になった。 余談だけど、帰りの電車で目の見えない方の白杖がドアに挟まれてしまうことがあった。こういうことがないと「普通」に合わせて作られた世界であることをついつい忘れてしまうなと思う。
  • コノミ
    -
    3年気になってて、やっと観れた。ろう者の音楽、無音映画。上映後のトークイベントで「ダンスと何が違う?」という質問に藝大の先生が「分別する必要がない」と答えていて何もかもわかりそうなのに、自分の言葉で説明できなくてくやしい。 聞こえない人にも音楽があることはなんか掴んだ。それが音楽かどうかの論争に参加できるほどここに自分の意見はないのだけど。個人的に誰の中にも音楽はあるほうがうれしい、もうちょっと思考整理したい。
  • Sim
    3.6
    ノンバーバルという枠組みを超え、ある種の第六感的なパワーをひしひしと感じた。言語と芸術を横断する手話の美しさにピナも気づいていた。というか、それらが同一であるということを知っていたのかもしれない
  • りさ
    3.4
    無音のアートドキュメンタリー。 入り口で配られた耳栓をつけて鑑賞した。 観ている間、他の観客の物音はシャットアウトされる。でも完全に無音の状態になるわけではない。自分の心臓の鼓動、息を吸ったり吐いたりする音、時々唾を飲み込む音、そして、まばたきの音まで聞こえてくる。 自分の身体の音が目の前の映像と合わさって、「生きている」ということをずんと実感させられた。 自分の頭の中では、出演者たちの身体の動き、表現に音を当てて観てしまっていたけれど、このろう者たちは音を知らない本当の無音状態を生きているんだと思い出しては、ろう者の方の疑似体験は到底できていないのだろうなと思う。 感じたことをことばにするのは難しい。 でも、音のない世界にも「音楽」は存在するし、どんな人の心の中にも「音楽」と呼べるものは存在するのではないかな、と感じた。 この感覚を忘れたくなくて、もうすでにもう一回観て観たい気持ちになっている。
  • izumi
    3.3
    聾唖者の方たちが実際に音楽を視覚的に表すパフォーマンスをしているシーンの撮り方に工夫がないのが残念。。実際に目の前で見てたら迫力と勢いのあるパフォーマンスだろうけど、やはり画面を通して観るとそれが半減。画面を通してもそのままの迫力や勢いを伝えるのが映画の演出なのではと思う。
「LISTEN リッスン」
のレビュー(162件)