【インタビュー】配給担当が語る!1月30日公開『ジェンダー・マリアージュ』の魅力

Filmarks公式

フィルマーくま

今週末1月30日(土)から、シネマート新宿・シネマート心斎橋他で、アメリカ最大のカリフォルニア州でおきた同性婚裁判を追ったドキュメンタリー『ジェンダー・マリアージュ 〜全米を揺るがした同性婚裁判〜』が上映開始します!

ジェンダー・マリアージュ ~全米を揺るがした同性婚裁判~

おそらく、今の日本で一番この作品を多い回数観ているであろう、配給会社ユナイテッドピープルの担当・アーヤさんに「こんな人におすすめ!」という視点から、作品の魅力を聞いてみました!

その前に、まずは映画の内容をざっくりと・・・。

Story

同性婚が合法とされていたアメリカ・カリフォルニア州で、2008年11月、結婚を男女間に限定する州憲法修正案「提案8号」が通過。同性婚が再び禁止されることになった。この「提案8号」を人権侵害であるとして州を提訴したのが二組の同性カップル、クリス&サンディとポール&ジェフ。アメリカ合衆国最高裁判所で婚姻の平等が初めて争われるこの訴訟のもと、かつてブッシュ対ゴアの大統領選で敵同士だった2人の弁護士、テッド・オルソンとデヴィッド・ボイスも手を取り合う。愛とは、家族とは、人権とは……。彼らのかつてない闘いを5年以上に渡って撮影し続けた感動のドキュメンタリー。

予告編

『ジェンダー・マリアージュ』はこんな人におすすめ!!

1. 愛してやまない人がいる人 or 恋人探し中の人​

試写会などで、この映画を観た人から一番よく言われるのが「愛情にセクシュアリティは関係ないよね」という言葉です。訴訟を起こしたゲイカップルとレズビアンカップルの間の愛情は、本当に深く、温かく、純粋で美しい…。社会のなかで関係性を認めてもらいにくいからこそ、パートナーや家族のことを守り、支え合おうとする力が一層強いのかもしれません。台本のあるフィクションではなく、現実をそのまま切り取ったドキュメンタリーだからこそなおさら、「愛の力はすごい!」と思わずにはいられません。「こんな言葉、言われてみたい!」(笑)と思うような名ゼリフもいっぱいです。


今、大切に想う人がいるとしたら、きっとその人のことを一層愛おしく感じる時間になると思いますし、恋人探し中!という人は、焦って表面上の「恋人」を見つけようとするのではなくて、じっくりと、本当の「パートナー」を見つけよう!という思いが湧いてくるかもしれません。

gendermarriage1

2. 大きな、あるいは長期的な勝負をしている人、矢面に立っている人

訴訟を起こす、ましてや、日本で例えるならば「最高裁判所で憲法違反を問う」ような大きな訴訟を起こすわけですから、全国の注目を浴び、矢面に立つことになります。提訴した同性カップルたちは、相当覚悟をしたのだと思います。特に同性愛は、宗教上の理由から根強い反対派も存在します。「国が結婚を許しても 神は絶対にお前らの結婚を認めない」というヘイトスピーチも本作のなかには出てきます。そうした憎悪や攻撃の対象になることも想定したうえで、それでも、愛の平等を求め、同じ願いを抱く同志たちを胸に、5年という長期にわたって戦いつづける登場人物たちの姿は、とにかくカッコよくて、清々しいです。

もし貴方が何か大きな勝負をしていたり、自分の信念に基づいて矢面に立つような状況にいるとしたら、この映画はきっと、勇気と希望の光を見せてくれると思います。

gendermarriage4

3. 法律関係の勉強・仕事をしている人

本作では、ブッシュ対ゴアの米国大統領選で、両陣営をそれぞれ代表した敏腕弁護士、テッド・オルソンとデヴィッド・ボイスが、保守派・リベラル派の垣根を越えて、手を携えて訴訟に臨みます。裁判所のなかは基本的に撮影NGのため、そのままの映像はありませんが、審理の文書記録を読み上げる「再現シーン」も多数含まれているし、そこに至る過程も、相手方の情報をどう入手し、それに対してどのように手を打つか、作戦を練っている場面なども映し出されています。

彼らの切り口や論理の詰め方、裁判所の判決内容などは、法律を専門とする人にとっても、良い材料…、少なくとも良い「肴(さかな)」(笑)にはなるのでは、と思います。

gendermarriage2

4. 思いっきり泣きたい人、明日への元気が欲しい人

理由はよくわからないけど、思いっきり泣いて、すっきりしたい!という気分の時ってありませんか。この映画は2014年のレズビアン&ゲイ映画祭で上映された作品なのですが(映画祭時のタイトルは『アゲンスト8』)、そのときにボランティアスタッフをしていた友人が「会場から出てきた人たちがみんな泣いている!!」とSNSでつぶやいていたことが、実は私が本作と出会ったキッカケです(笑)。

公開にあたっての試写会でも、毎回すすり泣きが聞こえてきますし、女性誌『Sweet』の2016年2月号でも「マジで号泣しちゃうことは確実なので、タオルを持って劇場へ!」と評していただいたほどです。

泣き終えた後も、どんよりと暗い気分になるのではなくて、希望と喜びが胸に満ちてくる作品です。きっと、明るい明日が来るような気がしてくると思います。

gendermarriage3

まだまだ本作の魅力は言い尽くせないほどですが、百聞は一見にしかず…と言いますので、ぜひ直接作品を観て、感じていただければと思います。

いかがでしたか?

今週末1月30日(土)から、シネマート新宿・シネマート心斎橋で公開になる『ジェンダー・マリアージュ 〜全米を揺るがした同性婚裁判〜』。

泣きたい方も、恋人探し中の方にもおすすめの作品なので、週末から足を運ばれてみては?

(c) 2014 Day in Court, LLC

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • やじま
    4.0
    素晴らしいドキュメンタリーでした
  • めかぽしや
    -
    2008年にカルフォルニア州だそれまで認められていた同性婚を認めなくする 州憲法改正案を人権侵害だと訴え、 再び同性婚を合法化を目指す 弁護士、カップルたちを追う ドキュメンタリーです。 これは面白い!と思ったポイントの一つは 弁護士の2人、 テッドとデビッド。 この2人はゴア対ブッシュで 敵同士だった弁護士が 今回は味方になります。 最初はテッドを敵視する人もいました。 そして被告側の主張、 同性婚は周りに悪影響を及ぼすという訴えに関して 悪影響を被った人が見つからなかったという事。 何でも悪影響を心配するところは 恐れの表れですね。 まぁ、日本でも同じなんでしょうけど。 同性婚を否定している宗教だけに 同性婚を反対している人間たちの “恥を知れ!” というヤジが痛烈でした。 同性カップルの子供は不幸になる という訴えも クリスとサンディのレズビアンカップルの 息子を見れば 間違えだと知るし、 異性カップルの子供はみな幸せとも 限らない。 行き着くところは他人がどう意見しようと 本人たちが幸せであれば良いのでは? 裁判も僅差だったし、 未だに同性婚を認めない州の方が多いので 越えるべきカベはまだまだ高いのが 現状なのかな。
  • KUBO
    3.8
    これは見てよかった。ドキュメンタリーとしてたいへん優秀な作品だった。(「cinemo by ユナイテッドピープル」にて鑑賞) 同性婚が認められていたカリフォルニア州で、その同性婚を再び違法とする「提案8号」が施行された。一度は認められていた婚姻が無効とされた2組のカップルが「提案8号」を、性的指向を理由にする基本的人権の侵害として裁判を起こす。 「ブッシュVSゴア」の裁判を戦った2大弁護士が手を組むというのはすごいな。 結婚ではないが「パートナー登録(=結婚と同じ権利を持つ)」という制度もあるらしい。 同性婚を、かつて認められていなかった異人種間結婚と重ね合わせて「ラビング訴訟」(「ラビング 愛という名のふたり」)が引き合いに出されるのは映画ファン的にはおもしろい。 かつて被告側の証人で同性婚に反対の立場を取っていたブランケンホーンが、裁判を通して考え方が変わったことを告白する。 「目の前にある信念が邪魔をして、他人のことが見えなくなることがある。主義や信念といったものが壁になるのだ。その壁は他者との関係を遮断し、他者の視点から人生を見られなくする。それが妨げとなる。」 ソルジェニーツィン曰く「善悪の境界線は人と人の間ではなく、人の心の真ん中を通っている」 カリフォルニア州ではこの裁判を通して同性婚は合法となったが、未だ33州では違法のままだそうだ。トランプ政権の元では、これ以上は広がりそうもないかな? 裁判劇としても痛快な、素晴らしいドキュメンタリーだ。
  • MayuMeguro
    5.0
    裁判映画。用語や裁判の仕組みとか、パッと理解しにくいから時間があるときに見るといいかも。長くないけど、すごく濃い。時間を置いて何回か見るのがオススメ。初見は少し難しく思えたところも理解しやすくなるし、前見た時とは違うメッセージを感じられる。自分の思考の変化にも気づくかも。 法律がある意味、権利を裁判で認めさせる意味、この闘いをする意味は何だろう。 それを考え、発見するきっかけを与えてくれる。
  • Nana
    3.8
    授業で鑑賞 ジェンダーにまつわる映画は何本かみたことがあったけど、ドキュメンタリーなのは初めて。 グッとくるシーンが何度もありました。
「ジェンダー・マリアージュ ~全米を揺るがした同性婚裁判~」
のレビュー(104件)