『レヴェナント:蘇りし者』イニャリトゥ、アカデミー監督賞2連覇の偉業達成なるか?

2016.02.24
監督

俺は木こりだいい男よく眠りよく働く

谷越カニ

2月28日(現地時間)に開催される第88回アカデミー賞。『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の最多部門受賞が噂されている今回、密かに注目を集めているのが監督賞ノミネートのアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥなんです。

Alejandro González Iñárritu

出典:https://en.wikipedia.org/wiki/File:Alejandro_Gonz%C3%A1lez_I%C3%B1%C3%A1rritu_with_a_camera_in_production.jpg

第87回アカデミー賞で監督賞(バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』でノミネート)を受賞し、今回も『レヴェナント:蘇りし者』でノミネートされています。もし受賞すれば、史上3人目の監督賞2連覇という快挙!その可能性は?過去にこの偉業を達成した2人は誰で、どの作品が受賞したのか?この記事を読めばアカデミー賞が待ち遠しくなること間違いなし!

イニャリトゥが受賞する可能性は?

レヴェナント:蘇えりし者

(C)Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

実は、アカデミー賞はハリウッドの映画関係者が投票する身内の映画賞なんです。ハリウッドで仕事をする業界人は各業種ごとに協会に所属することになっており、各協会で独自の映画賞を開催します。

ここでの結果がアカデミー賞に大きく関係することになります。各協会の映画賞に投票した人がアカデミー賞でも投票するわけですからね。あまり注目されませんが、ゴールデングローブ賞よりも信憑性が高いウラ前哨戦なんです。

イニャリトゥは今年開催された第68回全米監督協会賞の長編映画監督賞を受賞しました。この賞の結果はアカデミー監督賞とほぼ一致しており、彼は去年も『バードマン』で受賞しています。また、アカデミー賞の前哨戦とされる第69回英国アカデミー賞、第73回ゴールデングローブ賞でも監督賞を受賞しているため、イニャリトゥの監督賞2連覇はほぼ確定したと言えます。

ちなみに、『レヴェナント』の音楽を担当した坂本龍一はゴールデングローブ賞の作曲賞にアルヴァ・ノトと連名でノミネートされましたが、惜しくも受賞を逃しました。

監督賞2連覇の偉業を達成した2人の巨匠

もしイニャリトゥが監督賞2連覇を達成すれば史上3人目の快挙になります。では、過去にこの偉業を達成した映画監督は誰なのでしょうか?

jf

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%89

一人目はジョン・フォードです。西部劇の優れた監督として知られるフォードは1940年に『怒りの葡萄』で、翌41年に『わが谷は緑なりき』で監督賞を受賞しました。

代表作として知られ、映画のお手本として映画学校の教材として使用されることが多い『駅馬車』で39年にも監督賞にノミネートされましたが惜しくも受賞を逃しています。もし『駅馬車』でも受賞していたら、史上唯一の3連覇だったのですが……。

ちなみに、受賞者は13部門にノミネートされた『風と共に去りぬ』のヴィクター・フレミング。『スミス都へ行く』のビリー・ワイルダーもノミネートされており、三つ巴の激戦だったことが伺えます。

二人目はジョーゼフ・L・マンキーウィッツ。プロデューサー上がりのマンキーウィッツは1949年に『三人の妻への手紙』で、翌50年に『イヴの総て』で監督賞を受賞しています。48,51年に公開された映画はなかったため、フォードとは異なり3年連続受賞のチャンスはありませんでした。

1950年の第23回アカデミー賞は『イヴの総て』が39年の『風と共に去りぬ』の13部門を超える14部門でノミネートされ、監督賞は39年に引けをとらない激戦でした。他の候補に『第三の男』のキャロル・リード、『サンセット大通り』のビリー・ワイルダー。誰が受賞してもおかしくない状況でマンキーウィッツが受賞したのです。

イニャリトゥのライバルは誰だ?

フォードとマンキーウィッツには強力なライバルがいましたが、イニャリトゥにはライバルがいるのでしょうか?

ノミネートはイニャリトゥの他に『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のジョージ・ミラー、『スポットライト 世紀のスクープ』のトム・マッカーシー、『ルーム』のレニー・アブラハムソン、『マネー・ショート 華麗なる大逆転』のアダム・マッケイの4人です。

対抗にあげられるのはロサンゼルスやロンドンなど世界中の映画賞で監督賞を受賞しているジョージ・ミラー。作品賞の有力候補である『ルーム』のレニー・アブラハムソンは他の映画賞で監督賞を受賞していないため、可能性は低いと考えられます。

とはいえ、ジョージ・ミラーはゴールデングローブ賞でノミネート止まり、英国アカデミー賞ではノミネートすらされていません。前哨戦での成績を踏まえればイニャリトゥの受賞は揺るぎないということになります。

しかし、イニャリトゥがあのジョン・フォードと肩を並べるに相応しい監督かどうかという議論もあり、受賞を逃す可能性は0ではありません。運命の2月28日、イニャリトゥの運命やいかに。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 中本
    2.9
    熊とごろごろする場面が長くて痛そうだった。あと死んだ馬の中に入るのすごいなと思った。
  • まっつん
    3.9
    ストーリーはシンプル。 見所はレオナルド・ディカプリオの演技なわけだが、たしかに好演。しかしディカプリオの良さが100%出ているかどうかというとハテナ。 どちらかというとトム・ハーディの方が良かった。 映像も壮大で美麗で、十分楽しめることは楽しめるが、総合して名作と呼ぶには足りないか。
  • 菜々
    4.0
    記録
  • Y
    3.8
    ディカプリオの迫真の演技が何せすごかった。しかし彼はなんて綺麗な目をしてるのかしら〜。ストーリーは,私の理解力が足らない上,ながら見してしまったのもあって,細かいところがところどころ理解できなくて,えっこれどゆこと?えっこれは何で??ってなってしまった笑 登場人物も,誰なのか認識できない人がちらほらいた…もう一回観たら分かるのかなー
  • halna
    3.5
    映像すごかった。 きっと、あらすじを聞いただけでは”え?それだけ?”って思っちゃうほどシンプルな内容。眠くなりながら2日に分けて観たからどこか見逃しただけなのかな?? もっと内容あると思っていただけに終わった時の”もう終わり?”感は否めなかったなあ。スコア高いから内容を期待してしまったけれどそういう映画ではなかったね。映画は悪くない。期待したわたしが悪い。 内容知った上でまた観れば違って見えてすごいかな。 ただ、”あ、また這いつくばり生活”とか”生命力…”とかちょいちょいつっこんでしまって、、(笑) わたしには合わなかったのでしょう。
  • Klly
    2.0
    グリズリー強すぎ。 ディカプリオ不死身過ぎ。 重傷なのに崖から落ちても無傷
  • rpmu90377
    4.0
    熊に襲われて瀕死の重症を負ったあと、片足を引きずりながら歩き続けて川に流されても崖から落ちても死ぬことなく、息子の復讐を遂げる男の話。普通死ぬやろと突っ込みたくなるシーンが満載。はじめから終わりまで、寒くて暗くて辛い。重苦しいシーンの連続は観ていてしんどい。それでもディカプリオの迫真の演技には拍手をおくりたい。
  • Ditto
    3.8
    記録
  • ゆうさく
    3.5
    とにかく痛々しい
  • 中庭
    2.4
    荘厳なる冬の大自然&無邪気なインド人監督(転向中)VSエマニュエル・ルベツキ。 カメラの持続力が強すぎて、フェイクの印象を余計に感じてしまう面も。
  • ばっち
    3.5
    記録
  • mm650831
    4.0
    熊とタイマン張るのはブラピ以来かしら
  • そうたん
    3.9
    復讐に燃える父親の不屈の強い意志が感じられた。感情移入出来る良い作品。風景やディカプリオの演技も良かった。good
  • しんたろー
    3.8
    後半ぐだらなきゃ良い。
  • ペン
    3.5
    ディカプリオの出演作が好きで観に行きました。 後半はしつこさを感じる… でも、さすがディカプリオの演技力はすごい!
  • ぴっか
    4.0
    重くて深い怒りの感情が生命を突き動かす。美しい自然の映像を挟まなかったら、ものすごーーーく血なまぐさい映画。 馬で寝るシーンは演技といえども辛いものがありそう
  • やぎしま
    4.0
    クマこわい。リラックマとかいませんから、ホントに。この映画ワイルドすぎます。終始緊張感のある映画。
  • HirokazuMeguro
    3.9
    坂本龍一とalva noteの音楽に違和感なし。 イニャリトゥはバードマンも良かったしこれもよかった。次作は映画館でみたいなあ。
  • kw
    1.5
    好き嫌いが分かれそうですが 私は飽きちゃいました.. ただひたすら、森の中で復讐に燃え 戦い続けるディカプリオを見ている といった感じでした。 映像は素晴らしかったです‼︎
  • れんれん
    3.5
    「バベル」の監督、ディカプリオの生肝喰いの迫真の演技、ということで鑑賞。 復讐する行為そのものが、どのような意味をもつのか、時間の経過と共に当人にも誰にもわからなくなっていくという、人間の弱さであり、逆に言えば優れた忘却の機能を描くのがこの監督。 一方、タランティーノは、復讐劇はきっちり筋を通して血まみれに、と迫る。
  • hisashi
    4.5
    ディカプリオの大冒険(笑) 4Dで観たら迫力あるでしょうね。 アカデミー賞取るの納得です。
  • goodwin
    2.4
    実話。ドーナル目的で。
  • Yuya
    4.9
    とてつもなく壮大 よく作り上げたなと思った作品。 ディカプリオに拍手 トムハーディーえげつない ちなみにこの作品で初めてトムハーディーが素晴らしい役者だと気付いた。
  • nyoloner
    4.0
    なんのために生きて死ぬのか、そんなことを考えさせられたディカプリオ渾身の作品。彼の極限はすごかった!同じ凍死寸前でも、タイタニックみたいに甘くない。私も年取ったけど、レオにも同じ時間が流れてるよね、などと思いました。 カメラワークも彼の渾身を最大に引き出してたと思います。ストーリーのさりげない伏線も好きでした。男臭いシナリオなのに、繊細さもあって大味にならないのは、イニャリトゥ監督の手腕かなって思います。エンターテイメント向けの絵面じゃないのに、全体としてはエンターテイメントでした。 雪山で敵に囲まれ、自分は手負いの状態で、どうやって暖をとって体力を回復するのか。いくつかのバラエティを知ることもできます。真似はできないけど。 抜群のトム・ハーディ。最近見たエクスマキナのときとは135度くらい違う角度のドーナル・グリーソンも素晴らしかったです。 極限の疑似体験までできちゃうんだから、映画って素晴らしいですよね。
  • Tommy
    3.9
    なんか凄いものを観た感。 熊こわッ。なんやかんやで熊が一番怖かった震えた。
  • タマカッパ
    4.0
    怖いのは熊ではない。 一番怖いのは性根の腐った人間。 臨場感溢れる映像によりこちらも終始緊張しっぱなしだった。
  • Yachi
    3.9
    全て自然光を使って撮った作品で、映像が美しい。 その為過酷な自然が凄く表現されていて圧倒される。 凄いパパの話
  • ryu
    3.8
    映像、デカプリオの演技は流石って感じ
  • ヴィンセント
    3.5
    ディカプリオとTハーディが久々の共演。 癖のあるイニャリトゥ監督作でどうかなと思ったけど、これは好き嫌い分かれそう。 過酷な大自然のサバイバルは見てるだけで辛い。 重傷を負いながらも復讐のためだけに生きながらえるディカプリオは壮絶だった。 イニャリトゥ監督らしく、巧みなカメラワークが見られた事は嬉しい限りだが、ストーリーとしては、やや宗教的か… 日本人には馴染めない感覚は否めない。
「レヴェナント:蘇えりし者」
のレビュー(23930件)