【第88回アカデミー賞結果発表】ディカプリオ念願の主演男優賞!気になる作品賞は?

2016.02.29
映画

Filmarks公式

フィルマーくま

2/29(月)10時30分より(現地時間2/28)より開始された第88回アカデミー賞授賞式。今年は人気コメディアンのクリス・ロックが司会をつとめました。

作品賞はマーク・ラファロ、マイケル・キートン、レイチェル・マクアダムス、リーヴ・シュレイバーらの豪華キャストが出演し、ボストンにおけるカトリック教会の神父たちによる児童性的虐待とその組織的隠ぺいに迫った記者たちの実話を描いた『スポットライト 世紀のスクープが作品賞を受賞し、脚本賞と合わせて2部門受賞しました。

最多12部門にノミネートされていた『レヴェナント:蘇えりし者』は主演男優賞でレオナルド・ディカプリオが念願の主演男優賞を受賞したほか、3年連続でエマニュエル・ルベツキが撮影賞、また2年連続でアレハンドロ・G・イニャリトゥが監督賞を受賞しました。

最多受賞は昨年日本でも公開された『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が衣装デザイン賞、編集賞、メイク・ヘアスタイリング賞、美術賞、音響編集賞、録音賞の6部門を受賞。

また、日本からは長編アニメーション部門にスタジオジブリ作品の『思い出のマーニー』がノミネートしていましたが、『インサイド・ヘッド』が受賞し惜しくも逃しました。

第88回アカデミー賞全結果は以下の通りです。

★作品賞

スポットライト 世紀のスクープ』(2016年4月15日上映予定)

スポットライト

(C) 2015 SPOTLIGHT FILM, LLC

★主演男優賞

レオナルド・ディカプリオ『レヴェナント:蘇えりし者』(2016年4月22日上映予定)

REVENANT

(C)Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

★主演女優賞

ブリー・ラーソン『ルーム』(2016年4月8日上映予定)

ルームメイン画像

(C)ElementPictures/RoomProductionsInc/ChannelFourTelevisionCorporation2015

★助演男優賞

マーク・ライランス『ブリッジ・オブ・スパイ

Bridge of Spies_sub4

(C)2015 DREAMWORKS II DISTRIBUTION CO., LLC and TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION.

★助演女優賞

アリシア・ヴィキャンデル『リリーのすべて』(2016年3月18日上映予定)

アリシア・ヴィキャンテ

(C)2015 Universal Studios. All Rights Reserved.

★監督賞

アレハンドロ・G・イニャリトゥ『レヴェナント:蘇えりし者』(2016年4月22日上映予定)

レヴェナント 蘇えりし者

(C)Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

★脚本賞

ジョシュ・シンガー 、 トム・マッカーシー『スポットライト 世紀のスクープ』(2016年4月15日上映予定)

chr06

(C) 2015 SPOTLIGHT FILM, LLC

★脚色賞

チャールズ・ランドルフ 、 アダム・マッケイ『マネー・ショート 華麗なる大逆転』(2016年3月4日上映予定)

thebigshort_postar

(C)2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

★外国語映画賞

サウルの息子』(ハンガリー)

saul

(C) 2015 Laokoon Filmgroup

★長編アニメ賞

インサイド・ヘッド

insideout

(C) 2015 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

★短編アニメ賞
Historia de un oso

★長編ドキュメンタリー賞
AMY エイミー

★短編ドキュメンタリー賞
A Girl in the River: The Price of Forgiveness

★短編実写映画賞
Stutterer

★撮影賞
エマニュエル・ルベツキ『レヴェナント:蘇えりし者

★視覚効果賞
エクス・マキナ(原題)

★編集賞
マッドマックス 怒りのデス・ロード

★美術賞

マッドマックス 怒りのデス・ロード

★衣装デザイン賞
ジェニー・ビーバン『マッドマックス 怒りのデス・ロード

★メイク・ヘアスタイリング賞
マッドマックス 怒りのデス・ロード

★作曲賞
エンニオ・モリコーネ『ヘイトフル・エイト

★歌曲賞
サム・スミス“Writing's On The Wall“ 『007 スペクター

★録音賞
マッドマックス 怒りのデス・ロード

★音響編集賞
マッドマックス 怒りのデス・ロード

これから公開する作品が目白押し!気になった作品は要チェックです!

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • Syk
    -
    たばこを巻きながらなんとなく観ていたの、入り切らず。 断念
  • -
    記録
  • ユウ
    3.0
    ここまでするか、レオナルド・ディカプリオ。ここまでしてようやくか、レオナルド・ディカプリオ。おめでとう。 まさに執念を感じた演技だ。 大自然の映像が、ファンタジックな美しさではなく剥き出しの雄大さで、ありのままの残酷さまで感じるようだった。 内容としては珍しくはない復讐劇。 レオナルド・ディカプリオとトム・ハーディが作品を力強く引っ張っている。 ウィル・ポールターおっきくなったなあ。なんだか感慨深い。 助けてくれた部族のおっちゃん最高の癒し系でした。 あそこのレオは素が出てたんじゃないかなって可愛さが見えた。 半端に悪巧みするとあっさりバレるからダメよっていうお話。(違います) そこで甘さを見せるからいけないんだ。 やってることダメダメだけど言ってることは極端に間違ってはいないし、でも姑息だし、憎いけど憎めない悪役トムハ。 トムハ食べてるとこ可愛い。 すごいと言えばすごいけれども特別突出した内容ではないかなあ。 それでも最初から最後まで退屈することはなく見られました。
  • yh
    4.0
    ワンカット(風?)の襲撃シーンがすごい。 復讐の話ではあるけど、それはサブ要素に感じた。 美しくて厳しく、極寒さが伝わってくる自然でのサバイバル描写が印象に残った。
  • muu
    3.9
    蘇りしディカプリオの生命力の高さと壮大で美しすぎる大自然に最初は息を呑んで観ていたが、だんだん凄すぎて面白くなってきてしまうレヴェナントハイになった。主人公がみまわれる事態が壮絶すぎて私ならこの作品で10回は死んでいる。熊がこんなにも怖いと思った映画ははじめてだった。中だるみせず最後までしっかり面白くてハラハラする映画でした。また、考察を読んでなるほどと思う点もあったので、ただのサバイバル映画ではなく深いテーマ性を知ってから観ても楽しめると思った。
「レヴェナント:蘇えりし者」
のレビュー(36257件)