塚本晋也監督の卓越した映像世界はどこから始まったのか?『野火』までその軌跡を辿る

ハットを被ったドールホラー愛好家

Nekubo

昨年大ヒットし、現在も文字通り“ロードショー”されている塚本晋也監督(『鉄男 TETSUO』、『KOTOKO』)の最新作『野火』。

野火

(c)SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER

本作で描かれるのは第二次世界大戦末期、フィリピンのレイテ島で食糧も尽きかけ、病気に蝕まれ、自分が生きてるかどうかもままならない状況に置かれた日本兵の姿。そして戦争というものが彼等にとって“日常”と化してしまった異様な空気を持った世界の様子です。

塚本晋也監督だからこそ出来る“隠されない暴力性”と戦争の愚かさを嘲笑うかのように映し出される皮肉なまでに美しい情景に、観客の誰しもは魅了され、また目に焼き付いて離れなかったと思います。そんな塚本監督の映像作家としての力量もさることながら、実はそれは『野火』に始まったことではありません。

では、塚本監督の映像世界はどこから始まったのか?“塚本晋也”という名が世界に知れ渡ることとなった長編デビュー作『鉄男 TETSUO』から作品をいくつか掻い摘んでその軌跡を辿っていきましょう。

~製作費1000万の自主映画が示した強烈なインパクトの『鉄男 TETSUO』~

鉄男 

正確な原点は1986年の短編『普通サイズの怪人』ですが、なにより“塚本晋也”という映画監督が日本だけに留まらず世界にも知られるようになったキッカケの作品といえば『鉄男 TETSUO』だったのではないでしょうか。

本作は製作費1000万(最終的には1300万)、四畳半のアパートの一室で廃材を使いVFXを作成されました。監督はもちろんのこと、脚本、編集、照明、撮影、美術、特撮の総てを塚本監督が一人で行い、たった数人のスタッフだけで制作された自主映画です。

VFXに関しても当時の自主製作映画でCGが使えるはずもないので、実際の人間をコマ撮りアニメの手法で撮影し、独特な映像表現を作り出しています。

物語はシンプルなもので、主人公の身体が徐々に鉄と化していく恐怖を描いています。その「アイデア一発!」みたいな題材を8mmの白黒映像だけで説得力を持たせたという部分がなにより凄く、この時点で塚本監督の卓越した映像表現は確かなものだったと言えます。

また、本作を象徴しているのが暴力とエロスの表現であり、これは塚本晋也監督作品全般の一貫したテーマ性とも言えるのですが、特に『鉄男 TETSUO』ではそれが炸裂していて、観る者に強烈なヴィジュアル・インパクトを与えました。

これは言葉にするより実際に観てもらう他ありません。言葉で表現するよりも暴力とエロスを登場人物が体現する『鉄男 TETSUO』の世界はまさに塚本監督の映像表現の原点だと言えるでしょう。

~映像表現の新たな一歩!息も詰まるような体験をする『ヘイズ HAZE』~

haze

塚本作品の中ではあまり話題に挙がることのない映画『ヘイズ HAZE』。本作は2005年に塚本監督がこれまでアナログ制作にこだわっていたところからデジタルに移行した最初の作品です。

本編時間も約50分と短く、物語としても主人公が目を覚ますと見覚えのない密室にいて、そこからの脱出を目指すという当時の流行から量産されたシチュエーション・スリラーの装いがあり、あまり印象付かれなかったのかもしれません。しかし本作こそ分かりやすく『野火』に通じる要素があると思うのです。それが「体験としての映画」という部分。

『野火』では主人公の田村一等兵の目を通して感じられる戦場の空気が観る者に伝わり、まるでそこにいるかのような体験をさせられます。一方『ヘイズ HAZE』では閉所に閉じ込められた主人公がワケも分からぬままその状況から脱出しようともがく様をひたすら描いているのですが、意図的に俯瞰のショットがほとんど無く、閉所で苦しむ主人公に極限までカメラを近付けることで観る者にも窮屈感を与え、主人公と共に苦しくなるような体験をさせられるのです。 

登場人物の視点、感じている空気、切迫した状況を観る者に与え実感させる撮り方をしているのが『ヘイズ HAZE』と『野火』の代表的二作品と言えるでしょう。『ヘイズ HAZE』に関しては世間一般的にもあまり評価されていない気がしてならないですが、ここまで観ていて苦しくなるほど“体験させられる”映画もないので、私個人としてもお勧めしたい作品です。

~すべてを真っ直ぐに撮る姿勢、残酷で悲しく、そして美しい『KOTOKO』~

kotoko 

この作品は『野火』を除けば塚本監督作の中では一番最近の作品です。

塚本監督自身が女性シンガーソングライターのCoccoさんに魅了され、彼女の見えている世界や、彼女自身を物語にしようと考えたことが本作誕生のキッカケだったようです。塚本監督は古くから彼女のファンで、1998年の監督作『バレット・バレエ』に登場するヒロインはCoccoさんをモデルにしているのだとか。

そんなCoccoさんにとって初の映画主演作となった『KOTOKO』はまさに彼女そのものを描いた作品なんですね。本作を象徴する世界観の一つに、劇中の主人公“琴子(コトコ)”にはあらゆる人物が善と悪の二人に見えているという演出があるのですが、これは実際に塚本監督が本作を撮る前の段階でCoccoさんにインタビューをした際に「私には世界が二つ見えるんです。」という言葉を聞いて驚き、演出に取り入れたものだそうです。

『野火』は戦争映画で、一方の『KOTOKO』は琴子という一人の母親の物語ですがこの二作品に共通するのは「生きる」ということと、そこから逃れることのできない主人公の姿。「生きる」ことにもがき苦しむ『野火』の田村一等兵と『KOTOKO』の琴子です。

そんな二人を優しさなどではなく嘲笑うかのように包み込む美しい情景がまた「生きろ」と言っているように感じられるのは、塚本監督の演出力と映像の“魅せ方”にあるのだと思います。

『野火』をご覧になった方で、塚本監督作に興味を持って下さった方はぜひ『KOTOKO』を観てみるのも良いのではないでしょうか?決して同じというわけではないですが、「生きる」という確かなテーマ一つで異なった世界の、異なった美しさをカメラに映し出す塚本作品にさらに魅了されることでしょう。

『鉄男 TETSUO』、『ヘイズ HAZE』、『KOTOKO』と三つの作品を振り返り、現在ロングランヒットを迎えている『野火』に至るまでの塚本晋也監督が魅せる映像世界の素晴らしさを私なりに伝えてみました。『野火』に関しては、なかなか配給会社が付かなかったこともあり、監督自らが日本中の劇場に足を運び、今を生きる映画ファンをはじめとした人々に作品を届けています。

これまで塚本晋也監督のことをよく知らなかったけど興味を持って下さったという方は、今回紹介した作品をはじめとした素晴らしい塚本作品はまだまだありますので、ぜひご覧頂けたらと思います。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • highbury
    2.0
    【見る側が頑張らないと駄目】 3作目にしてようやく観客のことを意識した作品に仕上がってますが、やっぱり一般ウケはしないでしょう。 ストーリーもあり、前作までのイメージムービー感は大分無くなっていますが、それでも・・・。 私はなんとか頑張って3作見ましたが、頑張ってみるものではないです。 おそらくこの監督の作品を今後見ることは無いでしょう。
  • おむ
    1.2
    上映された時は気になってたんだけど、映画館の大スクリーンで見なくてよかった。 カメラワークが揺れすぎでたぶん酔うと思う。 ストーリーも個人的にはなんかイマイチ。 あと、何で英語でしゃべってるのか(主役が外国人だから?)よく分からなかった。 これを「前衛的(といっても元は20年以上前の作品だけど)」というのなら自分は前衛的作品を理解できない人でもいいです。
  • campanule
    3.8
    これは衝撃的な映画でした 金属音が凄い!
  • 人生の無駄遣い
    2.4
    『鉄男Ⅱ』から13年…。 あの鉄男シリーズ最新作!? 『鉄男 the bullet man』 今作の主人公は外国人。 日本人の妻と愛する息子を持つリーマン。 だが、ある日愛する息子を目の前で殺害 されてしまい、怒りにより、彼の体に 変化が…。 (ここまでは前作と一緒なのかぁ。) 怒りと憎しみで怪物へと変貌した主人公。 憎むべき相手を前に復讐の鬼となり 心まで怪物になってしまうのか。 究極の選択を前に彼の下す決断は…。 感想としては、「これでいいのかな?」 たしかに悪くはないし、見やすいですが このシリーズの売りはどこに行ったの? めちゃくちゃクセが強いけど コアなファンがいるラーメン屋が リニューアル工事してから 普通のラーメン屋になってしまった 寂しさを感じる。そんな映画。 ※ゴリゴリの日本映画なのに 全編英語で字幕のみの作品なのは 珍しいと思いました。
  • おさかなはフィッシュ
    2.5
    普通に外国人な顔つきの俳優さんが当たり前に英語を話しているだけなのに、なぜだか笑ってしまう。 ドラゴンボール的な意味でのハリウッド版感。果たして大丈夫だろうか。そんな出だし。 『鉄男』に比べ、わりとしっかりストーリーをなぞっていく。「鉄男プロジェクト」の説明等もあり、かなり親切。 けれども、塚本監督が出張りだしてからがやはり一番面白い。「いや、俺が欲しいのはこんなチンケな一発じゃない」「お前の放つ本当の一発が欲しいんだよ」「平和ボケしたすべての人間を目覚めさせてくれ」。ああ、分かるよ。予定調和の日常を撃ち抜く弾丸を待ち望んでいる。思い切り振りかぶった金属ハンマーに、このくだらない頭が殴られるといい。私は映画に、芸術の中に。いつでもそんなものを求めて見出そうとしている。 そうやって迎えたラスト。これにはどうしても肯首しかねた。炸裂してほしかった…。 * 「鉄男」という目を引きまくるオブジェの存在にもかかわらず、最大瞬間風速が吹き荒れたのは生身の塚本監督が台詞を発するシーンだった。 どうもこういうのには弱い。 つまりはヴィスコンティを好きなのだって同じで、ときには私財を投じてまで、絶対なるものを、完全なる美をこの世に現前させようとする。 創造という執念、その驚異。 * なんとなくアニメのバンクっぽい、謎ダンスシーン。これは毎回あるのかな。迸る感じで、岡村ちゃんを好きな気持ちで好きだった。 前の席のお客さんが音楽に合わせて前後に揺れているのが良かった。私は左右に。 エンドロールをポヤーッと眺めていたら、急にNine Inch Nailsの文字が出てきてびっくり。エンディングテーマ担当だったらしい。 横浜シネマリンにて鑑賞。
「鉄男 THE BULLET MAN」
のレビュー(1075件)