【解説】そろそろ冷静に『パシフィック・リム』を見てみよう!

Why So Serious ?

侍功夫

2016年2月24日、ギレルモ・デル・トロ監督がツイッターで以下の連投をしたことで、老若男女問わず、世界中の“元小学生”たちが歓喜しました。

Met w DeKnight and we are all so happy with our choice to take Pac Rim 2to where we know it can go!!

— Guillermo del Toro (@RealGDT) 2016, 2月 24

Dream of Kaijus and Mecha!!

— Guillermo del Toro (@RealGDT) 2016, 2月 24

「(スティーブン・S)デナイトと会って“パシ・リム2”について幸せな合意に達した!」「カイジュウとメカの夢よ!」

ハリウッド版ゴジラキング・コングなど巨大怪獣映画を有する製作会社レジェンダリー・ピクチャーズの思惑(ゴジラ/キングコング/イェーガーのクロスオーバー作品!)により、続編製作に暗雲がたれこめるニュースが続いた『パシフィック・リム』新作の具体的な進行を伝えるツイートです。

監督にはテレビ・ドラマ『スパルタカス』シリーズや『デアデビル』を手がけるスティーブン・S・デナイトが就任し、デル・トロはプロデューサーとして企画を支えるようです。

そして、晴れて“第1作目”となる予定の『パシフィック・リム』が3月5日に地上波初放送されます!

ppp

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

この放映を記念して、『パシフィック・リム』を構成する要素を読み解いてみます。実は画面に映っているものの他に、意外な要素が隠れているのです。

まずは“カイジュウ”と“メカ”

よく知られているように、『パシフィック・リム』には日本が育んだポップ・カルチャーが取り込まれています。

登場する“カイジュウ”たちは中に人間が入って演じることが出来ることを前提にデザインされています。これは、本作を手がけたギレルモ・デル・トロ監督が幼少期にテレビで見た「ウルトラマン」「ウルトラセブン」などのテレビ・シリーズや、ゴジラフランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラといった怪獣映画など、円谷英二が特撮を担当した作品への敬意です。特に必ず海から上がってくるパシリムの“カイジュウ”たちは、同じ様に必ず海から上がってくるゴジラへのオマージュとして見ることも出来ます。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS

  • だむ
    4.4
    カイジュウ!ロボ!人間パートも必要最小限でいい。嫌いなやつおらんやろ〜
  • ta
    4.2
    記録
  • おら
    3.6
    これ勝ちでええの? トランスフォーマーよりは見劣るロボアクション 日本リスペは嬉しいけどな
  • Romie
    2
    映画館でみたけどつまらなくてショックだったことは覚えている
  • ぬーの
    3.8
    記録用
パシフィック・リム
のレビュー(62028件)