代官山蔦屋書店コンシェルジュ一押し!独特な世界観のある映画特集

代官山蔦屋書店 シネマ・コンシェルジュ

上村敬

はじめまして。代官山 蔦屋書店でシネマコンシェルジュをしております上村敬です。公開予定の作品について、月に1回ほどご紹介していきます。
どうぞよろしくお願いいたします!

それでは、早速ですが、3月公開のオススメ映画をご紹介します!
題して<独特な世界観で作家性の強い映画特集>です。

独特な世界観を描く映画監督とは?

映画監督の中では、非常に独特な世界観を描く方々がいます。
古くは、ジョン・フォードからアルフレッド・ヒッチコック
邦画で言えば、小津安二郎黒澤明など沢山います。
そういった昔の監督達は、映画スタジオでセットを作り、撮影をしていた時代ですので、自分の世界観を表現しやすかったのです。映画スタジオで製作することが少なくなった最近でもそういった独特な世界観を描いた作品を撮る監督たちがいます。

たとえば、ウェス・アンダーソンアキ・カウリスマキギャスパー・ノエグザヴィエ・ドランなどなど。
今月は、そういった独特な世界観を表現する映画監督たちの作品を取り上げたいと思います。

3月5日(土)公開 『ロブスター』

ロブスター

(C)2015 Element Pictures, Scarlet Films, Faliro House Productions SA, Haut et Court, Lemming Film, The British Film Institute, Channel Four Television Corporation.

まず、1本目はギリシャ出身のヨルゴス・ランティモス監督の『ロブスター』です。
ロブスター』は、独身でいることが禁じられ、ホテルに閉じ込められ、45日以内にパートーナーを見つけないと、自分で選んだ動物になってしまうという突拍子もない設定です。
題名の『ロブスター』は、主人公のコリン・ファレルが選んだ動物に由来しています。ちなみに、彼の兄はすでに犬になっているという設定です。

彼の映画は、笑っていいんだか、悪いんだか、大爆笑というよりは、クスクスと笑えるコメディ映画です。登場人物も、すぐに鼻血を出す女性や、すべてにおいて冷酷な女性など一癖も二癖もある人ばかりで、これほどまでに個性的な世界観は、パラジャーノフホドロフスキー並みで、映画史に類をみないほどです。とはいえ、ストーリー性は『ロブスター』の方がよっぽどありますが!とはいえ、ランティモス監督の頭の中を、ちょっとのぞいてみたいぐらいです。

絶賛レンタル中!『籠の中の乙女』

29413_I

この『ロブスター』の前作『籠の中の乙女』も、ブラック・ユーモアに溢れた作品で、厳格な両親のもと、決して外の世界に出さずに、家の中で育てられた子どもたちを描いているのですが、おぞましい両親のエゴで、言葉でさえ誤って覚え、勝手な両親のルールに従って生きていて、かなり常識からはずれた人間になっているのを描いています。

相変わらず不条理で狂った世界観です。そんな中、子どもたちの一人が外の世界に興味を持ち、外に出ようとしますが、どのように脱出するかは見てのお楽しみです。『籠の中の乙女』は、当店でもレンタルしておりますので、『ロブスター』を見る前にぜひご覧ください。

この2作の映画に共通しているのは、まるで、『ヴァージン・スーサイズや『ロスト・イン・トランスレーション』を描いていた初期のソフィア・コッポラ監督のように、外に出られない主人公がいかに外に出るかを描いています。これがヨルゴス・ランティモス監督のテーマかもしれません。

 

3月12日(土)公開 『マジカル・ガール』

マジカル・ガール

Una producción de Aquí y Allí Films, España. Todos los derechos reservados©

2本目は、スペインの新星カルロス・ベルムト監督の『マジカル・ガール』です。監督は日本の文化が好きらしく、映画の中で日本のアニメのコスプレをする少女や、長山洋子の「春はSA-RA SA-RA」が流れるなど、日本人には親近感が湧くかもしれません。

しかしながら、ストーリーは余命いくばくもない娘を持つ失業中の父親ルイスが、娘の最後の願いを叶えるために、ひょんなことで知り合ったバルバラという女を脅迫して、多額のお金を要求する。しかし、一度だけのはずの脅迫を反故にされたバルバラはかつての自分の教師ダミアンに救いを求めようとするのだが・・・。

それぞれの事情が、複雑にからみあっていき、読めないストーリー展開や、どこまでも不吉な世界観は、見るものを魅きつけながらも惑わしていきます。時間軸も右から左へと流れるのではなく、行きつ戻りつしながら、父親ルイスとバルバラとダミアンのストーリーが交錯していく脚本は見事ですので、ぜひ映画の細部も見逃さずにいてください。

いわゆる普通の映画に飽きた方にはうってつけの映画です。何より、ポスターのバルバラの額から一筋に流れる血が、この映画がそんじょそこらの映画とは一線を画しているのを雄弁に物語っています。カルロス・ベルムト監督の次回作がどんなものになるか、今からとっても楽しみです。

スペインの巨匠ペドロ・アルモドバルや、町山智浩さんも惜しみない賞賛をした映画をぜひご覧ください。

第1回目から、ちょっと他では味わうことが難しい映画を取り上げてみましたが、いかがだったでしょうか?
映画好きな人にこそ、独特な世界観を持つ作家性の強い映画を見て、映画の様々な楽しみ方を知ってもらえたらと思います。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • hts
    4.5
    記録
  • ぐー選手
    3.1
    レア・セドゥと聖なる鹿殺しタッグ(コリン・ファレルとコルゴス・ランティモス)が気になって観てみた作品。 正直よくわからなかった。難しいし、シュール。独特の世界観と設定で話についていけなかった。(聖なる鹿殺しと同じくらい) けど、役者陣の演技は良い。 コリン・ファレルは役に応じて、まったく印象が変わるなぁとつくづく思う。
  • has
    4.0
    どうぶつの森みたいな音楽がよく流れてた
  • つるみん
    3.5
    45日以内にパートナーを見つけなければ、動物に変えられてしまうというファンタジー作品。ところが、それをランティモスが作るのだから不穏な世界観と嫌な感じがずっと続くファンタジーになります。 題名の『ロブスター』は主人公がもしパートナーが見つからず動物に変わる時になりたい動物。自分だったら鷲かな(笑)なんて自分がもしこの世界に居るとしたら…なんて考えてしまう世界観を作り上げるのが非常に巧い。 その変テコなルールを思いつく辺りがランティモスらしいし、とにかく嫌な音楽、心臓が抉られるような音楽が続くのもランティモスらしい。そして何よりこの世界で重要視されている〝共通点〟が起こす悲劇(喜劇?)が最高。キャストもかなり豪華だが、この世界観や雰囲気が合わない人には118分間苦痛で仕方ないだろう。ランティモスはそういう監督さん。
  • かめこ
    3.5
    字幕版。 漫画のような設定。面白いけど酷です。 運営側の無表情具合もなんだかツボ。 名前すら出てこないキャラがほとんどで、感情移入も何もなく淡々と観ることができました。 どっちの世界も極端で狂ってるなぁ、と。共通点を探して、無理矢理作ったりする様はかなり滑稽でした。 委ねる系のラストはあまり得意じゃないのでそこだけ残念…。
「ロブスター」
のレビュー(11754件)