【ネタバレ注意】『バットマンvsスーパーマン』解らないアレやコレ教えます!

2016.03.30
ネタバレ

Why So Serious ?

侍功夫

バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生もう、ご覧になりましたか?

bvs0000

意味が解らない場面があったでしょう? しかも、かなり多く……

この『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』には明確な“原作”が存在しません。おおまかなベースはありますが、それも「パワードスーツを着たバットマンとスーパーマンがドツキ合いの大ケンカをする」という部分くらいこちら参照で、物語はほぼオリジナルだと言って良いものです。ただ、その替わりに、様々な原作コミック由来の場面がいささか混乱をもってぶち込まれています。

それら細かな“隠しネタ”を紹介していきます。物語後半に展開する“ネタバレ”になる話も出ますので、読む前に映画『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』を見よう!

【その前に……】やっぱりシリーズ映画全部見ないとダメ?

ダメ! ということはありませんが見ておいた方が良いです。ただ、1本しかないですよ。

バットマン映画ではティム・バートン監督の2本、ジョエル・シュマッカー監督の2本、クリストファー・ノーラン監督の3本が有名です。スーパーマンでは1940年代から50年代の連続活劇やテレビシリーズに、クリストファー・リーブが主演した4本、ブライアン・シンガー監督が手がけたスーパーマン リターンズ、そしてザック・スナイダー監督マン・オブ・スティールがあります。これらの中で『バットマンvsスーパーマン』に関係がある映画は『マン・オブ・スティール』の1本だけです。

なので、過去のそれらスーパーヒーロー映画を見ないまま、いきなり『バットマンvsスーパーマン』を見て「さっぱり解らない!」と思っても、それは過去作品を見ていないからでは無いのです。安心してください! みんな、わかってないですよ!

では、なんでそんなことになったのかを解説していきます。

【ネタばれ!】不運のカメラマン

アフリカのテロリスト部隊に突撃取材をするロイス・レーンとカメラマンでしたが、カメラの中から発信機が見つかってしまい、ロイスは囚われ、カメラマンは射殺されてしまいます。この殺されるカメラマンの名前が「ジミー・オルセン」です。

>>>解説

「ジミー・オルセン」は原作コミックで新聞社「デイリー・プラネット」のカメラマンとして、同僚のロイスやクラークと共に事件現場に駆けつけ、大事件に直面しおおわらわする様子を見せてくれます。過去の映像作品でも「気のいいお調子者」キャラクターとして物語を彩る、男はつらいよシリーズのタコ社長のような、無くてはならない存在です。その彼がCIAエージェントとして登場し、いきなり殺されて映画が始まるのです。

【ネタばれ!】ジョーカーのいたずら書き

「ハッハッハ!ジョークだよ!バットマン!」

そう、いたずら書きがされたスーツがバットマンのアジト“バット・ケイブ”に飾ってあります。半そで半ズボンにケープというチャイルディッシュなスタイルから、バットマンの相棒「ロビン」の物だと解ります。しかし、本来は赤と緑のビビッドな色使いのスーツが、煤けたように黒ずんでいます。

>>>解説

原作コミックで「ロビン」は数代に渡って何人かが入れ替わり勤めています。その内の一人、二代目ロビンのジェイソン・トッドは歴代ロビンの中で“殺されたロビン”として知られています。ジョーカーに母親を人質に取られ一人で誘い出されたロビン/ジェイソンは、母親と共に爆殺されてしまうのです。

また、本作にもっとも影響を与えたと言われているコミック『ダークナイト リターンズ』でも、バットマンは「去っていった仲間」の象徴としてロビンのスーツをガラスケースに入れて飾っています。

この2つのイメージを混ぜたのが本作での「ロビンのスーツ」です。

【ネタばれ!】PCモニターからはみ出る謎のヒーロー

「ロイス・レーンが事態のカギを握っている! 我々を見つけるんだ! オレ、早すぎた? アガァァ!早いじゃん! 君は最初から正しかった!」

パソコンのモニターからヒーロー風のマスクを被った男がビリビリと浮き上がり、こんなメッセージを残して消えていきます。劇中のブルース・ウェインと見ている観客の頭の中に大量の「?」を残した場面だと言えるでしょう。

>>>解説

取ってつけたような「オレ、早すぎた?」の台詞があることから、モニターから飛び出す彼は「フラッシュ」だと解ります。日本でもテレビドラマ版「ザ・フラッシュ」が放映中なので知っている人も多いと思います。フラッシュは猛スピードで移動できるパワーを使いタイム・トラベルが可能なのですが、コントロールが難しいために細かな調整が利かない、という設定を台詞に詰め込んでいます。

このシーンはバットマンが予測した「何か」が未来世界で現実となってしまう為、ヒーローチーム結成を促す、という場面になっています。バットマンが予測していた「何か」とは何でしょうか?

【ネタばれ!】トレンチコートを着たバットマン

地面にでっかく「Ω(オメガ)」と書かれた荒廃した世界に、トレンチコートを羽織ったバットマンが登場します。地下組織と思わしき武装集団からクリプトナイトを仕入れようとしますが、肩に「S」マークのワッペンをつけた軍隊に強襲され、バットマンは捕まってしまい、仲間たちも空飛ぶの怪物に襲われます。

映画的な文法で読み解けば「スーパーマンが強大な力を駆使し、自分の軍隊を持ち、異星の怪物を呼び寄せ、地球を恐怖支配する…… かもしれない未来を夢に見るバットマン」という解釈になるでしょう。しかし、この場面は原作コミックを知っている人ほど困惑する場面になっているのです。

>>>解説

まず、DCコミックには多くの「平行世界」が存在します。長いコミック連載の中で設定に矛盾が出た際などに「あれは別設定の平行世界」ということにして、整合性を保つのです。この「平行世界」のことを「マルチバース」。分かれている世界観を「アース1」「アース2」とか「アースX」などと呼んでいます。その中の一つに、名付けられる間も無く消滅したので、コミックファンらが非公式に「アースΩ」と呼んでいる世界もあります。

空飛ぶ怪物はスーパーマンの敵であるキャラクター「ダークサイド」が支配する「惑星アポコリプス」の兵士「パラデーモン」軍団、いわゆるザコキャラです。その「ダークサイド」が放つ必殺技「オメガ・エフェクト」からも「Ω(オメガ)」が連想されます。

トレンチコートを着たバットマンですが、原作の中で一番似ているのは、未来の世界で、タリア・アル・グール(ダークナイト ライジングマリオン・コティヤールが演じたキャラ)と、ブルース・ウェインの血を引くダミアン・ウェインが暴力的なバットマンとして活躍するシリーズです。

それらを統合的に鑑みれば、拳銃嫌いなハズのバットマンが懐から拳銃を抜き出してバンバンと兵士を撃ち殺していく描写も整合性が取れている様に思えます。つまり、ブルースそっくりの息子ダミアンが、スーパーマンの支配する世界の中で、バットマンとして対立しているマルチバース「アースΩ」をブルースが幻視している、と解釈することも可能なのです。

【ネタばれ!】ドゥームズデイとは?

前作『マン・オブ・スティール』でスーパーマンとの激闘の末に死んだゾッド将軍の死体を引き取ったレックス・ルーサーは、クリプトン人の技術を使い、自分とゾッド将軍をDNAレベルで融合した怪物「ドゥームズデイ」を産み出します。

>>>解説

原作コミックの中で、スーパーマンは一度死んでいます。無敵とも思えた彼を殺したのが「ドゥームズデイ」です。

そもそもの「ドゥームズデイ」は高度な科学力を持った異星人が遺伝子操作を繰り返して作った人工生命体です。惑星をいくつも破壊する大暴れをしたことで拘束され、宇宙へ追放されます。それが地球へ辿り着いたことでスーパーマンと対決し、街を破壊する大格闘の末、同士討ちとなり共に息絶えるのです(後で共に復活しますが)。

この時、死んだ「スーパーマン」後継者の座を争い、4人の候補者が現れます。その中の一人に、レックス・ルーサーが自身のDNAとスーパーマンのDNAを混合して作ったクローン(人間/スーパーマンのハイブリッド)の「スーパーボーイ」というキャラクターが登場します。

これらの設定を混ぜたのが映画に登場する「ドゥームズデイ」になります。

【ネタばれ!】レックスが探る“メタヒューマン”とは?

謎の美女ダイアナ・プリンスがレックスのコンピューター・サーバーで探していたのは自分の「秘密」が写った写真や資料でしたが、共に“メタヒューマン”とカテゴライズされた自身を含む4人のスーパーパワーの持ち主たちの動画を見つけます。

>>>解説

マーベルのヒーローチームアベンジャーズと同じ様に、DCコミックにもヒーローチームが存在します。スーパーマンバットマンを筆頭に、上記した「フラッシュ」。機械の体を持った「サイボーグ」。海底王国アトランティスの王「アクアマン」。そしてアマゾン族のプリンセスにして神と人間のハーフ「ワンダー・ウーマン」。このメンバーを有するヒーローチーム「ジャスティス・リーグ」です。副題の「ジャスティスの誕生」とは「ジャスティス・リーグ」の「誕生」を意味しています。

ただ、入れ替わりのあるヒーローチームとはいえ、メンバーに重要なキャラクターが欠けています。宇宙の平和を守る「グリーン・ランタン」です。おそらく、映画グリーン・ランタンが興行的に失敗したため「無かったこと」となり、誰がどんな設定でグリーン・ランタンを演じ直すのか白紙に戻されたので、今回の「レックスの集めた資料」から漏れている、と思われます。

さらに深まる謎……

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生

これら、原作から推測できる事柄もありますが、依然サッパリわけの解らない部分もあります。なぜレックスが安くない私財を投じてまでスーパーマンやバットマンを殺そうとしたのか? なぜ“メタヒューマン”を監視していたのか? それら多くの謎は来る新作ジャスティス・リーグ2部作で解明されるのでしょう!

知らないけど!

(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • たけちゃん
    4.0
    教えてくれ。血は赤いのか? ザック・スナイダー監督 2016年制作 主演ベン・アフレック、ヘンリー・カビル いよいよ公開の「ジャスティス・リーグ」 その前にどうしてもこれをレビューしなければなりません(๑•̀ •́)و✧ まずは、ユニバースの背景を語りましょうか 【今更聞けないDCユニバース】 マーベルのMCUはアプローチがすごく上手いですよね~。最初に「アイアンマン」を出し、シリーズの魅力をしっかり伝えた上で、長官のフューリーを核に、S.H.I.E.L.Dという組織を小出しにしてユニバースを紡いでいく。観ている側は「なになに、どうなるの~?」って焦らされながら、いつの間にか次作を心待ちにしていますよね。その時点で、マーベルの策にハマってるんです。その上で、「ハルク」「キャプテン・アメリカ」と展開されていくので、観ている側の世界観も同時に広がっていく。 しかし、DCはアプローチが異なります。 第1作が「マン・オブ・スティール(スーパーマン)」から始まるのは、マーベルと一緒だけど、次作が「ジャスティスの誕生」で、「バットマン」「ワンダーウーマン」と、突然にユニバースメンバーが登場する。 さらにその中で、「フラッシュ」「アクアマン」「サイボーグ」の登場が予告される。ファンじゃなければ、あのシンボルマーク見せられてもなんのこっちゃ分からん……ですよね。また、昨年公開の「スーサイド・スクワッド」なんかも説明不足で唐突でした。これじゃあ、確かにアメコミファンは歓喜するけど、普通の映画ファンはおいてけぼりになりますね。 DCの展開は、先にヒーローたちの活躍を一挙に見せて、その後で個人のアプローチとなる。今年の夏公開された「ワンダーウーマン」や準備中の「バットマン」や「ザ・フラッシュ」なんかがそうです。しかし、今のところ、それが成功しているとはとても言えない。何とか、「ワンダーウーマン」の成功で取り戻しましたので、次作「ジャスティス・リーグ」が本当に重要となりますよ。 また、ラスボスがサノスで、宇宙が舞台となるMCUと違い、DCのユニバースは、みんな同時代で陸続きのヒーローだということです。 バットマンは有名なニュージャージー州の「ゴッサムシティ」の住人で、普段は大富豪のブルース・ウェインとしてゴッサムシティに住んでいます。ゴッサムシティは架空の都市ですが、ニューヨークの異名としても使われるので、イメージはニューヨークなんですね。 スーパーマンが住む「メトロポリス」も架空の都市ですが、これもニューヨークがモデルとされており、ゴッサムシティと同じニュージャージー州にあります。なので、映画冒頭ではスーパーマンとゾッド将軍との戦いの際に、すぐさまブルースが駆けつけています。 他にも、「ARROW」はスターリングシティ、「フラッシュ」はセントラルシティといった感じで、DCでは街に一人ヒーローが存在し(笑)、個々に街をヴィランから守っているのです。「スーサイド・スクワッド」に登場するジョーカーはバットマンの宿敵として有名ですが、同じ「スーサイド・スクワッド」で出てくるウィル・スミスが演じたデッドショットは、ゴッサムシティで暴れた悪党ですし、「ARROW」にも登場しているんです。 その個々のヒーローでは対処出来ない大事件に際しては、お互いに協力し合う場合もあり、そんな時には大いに盛り上がるんですよね(これをクロスオーバーエピソードと言います)( ˘ ˘ )ウンウン 今回の「ジャスティスの誕生」は、そんなクロスオーバーエピソードの映画版なんですよ。 さて、レビューです! 映画は「マン・オブ・スティール」のスーパーマン対ゾッド将軍の戦いでメトロポリスが破壊されるところから始まります。続編なので、できれば「マン・オブ・スティール」は観ておきたいことろです。 そして、今回の主役はバットマンになります。 本作はリブート版でのバットマンを紹介する映画になっているんです。過去のノーラン・バットマンとは分けて観る必要がありますね。 バットマンはベン・アフレックに変更。 クールなバットマンからよりヒューマンなバットマンへと変更された印象です。正義感は強いけど、思い込みが激しく、無骨で人間臭く、それ故に粗も多い。闇を抱えたまさにダメ人間! オープニングはそんなバットマンの闇の象徴ともなる両親の殺害シーンから始まります。何度も語られてきたので、多くは必要ないね、というアプローチ。でも、バットマンを知らない人はキョトーンだよね。ここもDCイチゲン様はお断り(笑) こういうところが、評判の悪い理由かな( ¯−¯ )フッ そして、スーパーマンが戦うメトロポリスへ。 「マン・オブ・スティール」を観た人は、戦いの影でこんな事が繰り広げられていたのか、と驚喜するわけです。そのあとに残る傷跡。これがブルース・ウェイン(バットマン)がスーパーマンに抱く思い「怒り」の源泉となる。 スーパーマンの正義 バットマンの正義 更にはゾッド将軍の正義 そして、レックス・ルーサーの正義 みな、思い思いの正義を持ち、そして、戦う。 大義という看板の元で繰り広げられる戦いには、その影で、必ず罪なき人々の犠牲が存在する。 何のための戦いなのか 誰のための戦いなのか そのすれ違いにより生じるBとSの戦い 最後にバットマンは、己の持つ正義を超えた戦いをしなければならないことに気づきます。己の過ちに気づくのです。←オソイケド これがジャスティスの誕生となるのですね。 そんな中、重要な役割を果たすのがワンダーウーマンです。彼女は地球生まれの存在ですが、半神半人のセミゴッドなので、バットマンと共通するところもあれば、スーパーマン側の存在でもあるんです。それゆえ、彼女がヒーローたちの鎹(かすがい)となります。おそらくは「ジャスティス・リーグ」の中でそれが描かれるのではと思っているのですが、どうかなぁ……。 それにしても、ワンダーウーマン役のガル・ガドットは素敵だなぁ。よく、彼女を見つけましたよね!この映画が初登場ですが、1発で好きになりました。パーティのドレス姿にドキドキです(笑) あの写真も出るしね( ˘ ˘ )ウンウン 彼女が出るだけで、スコア4.0をキープです(。・ω・。)ゞビシッ!! 以下は、劇場で観た初見時の感想です! 記録:2016 3.26 2D字幕版で鑑賞 事前のPRで大いに盛り上げての公開。それに乗っかって初日に鑑賞。クリアファイルも欲しかったしね。 おおよそストーリーは予想してたけど、ほぼ当たり。そりゃそうだよね、という展開です。粗いところもあるけれど、まあまあ良い出来です。DCコミックがマーベルに対抗すべく、その威信にかけて製作した作品なので、アメコミファンなら楽しめます。でも、そうでないと、ちょっとおいてけぼりを食うかも。 追記:2016 4.22鑑賞 前回は2D字幕だったけど、今回は3D吹替版。 3Dは字幕が浮くのが嫌なんだけど、吹き替えだと画面に集中できるのでとてもいい。後は声優の問題。最近のマーベル作品はタレントを用いるので嫌いなんだけど、DCはちゃんとした声優で良かった。邪魔しない吹き替えでした。ありがとう。 さて、作品は最初に観た時より印象が良くなり、すごく面白かった。ストーリーの粗さは変わらないけど、アメコミの面白さがそれに勝りました。 ベン・アフレックのバットマンも悪くなかったけど、それ以上にヘンリー・カビルのスーパーマンが素晴らしい。スーパーマンにしか見えない。でも、この人、コードネームUNCLEでナポレオン・ソロを演じてたんだよね。全然違う。上手いなぁ。 次はジャスティス・リーグです!楽しみですね。 以上が、過去レビューでした( ¯−¯ )フッ さてさて、こうしてジャスティスに目覚めたバットマンらヒーローたち。いよいよ「ジャスティス・リーグ」です!刮目して、待て\(^o^)/
  • saachii
    3.3
    ジャスティスリーグ鑑賞のための予習。 顎ケツvs顎ケツが気になって気になって。 とりあえずバッドマン激おこやったけどスーパーマンと和解して終わったのは分かった。
  • kishida
    3.0
    20171120 スーパーマンの彼女はいい女
  • 平面
    3.1
    ジャスティスリーグ予習のため再鑑賞。 一度目見たときはよく理解できずモヤっとしていましたが、ジャスティスリーグの流れを知ってからようやく分かってきました。 それでも首をひねる点は多々ありますが、ラストの戦闘が好きなので終わりよければすべてよし。 やっぱりワンダーウーマンは素敵
  • すずめ
    4.0
    普通に面白い
「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」
のレビュー(22916件)