『スポットライト』だけじゃない!いつもキュートなレイチェル・マクアダムスに夢中!

映画と現実を行ったり来たり

ne22co

今年のアカデミー賞作品賞、脚本賞を受賞したスポットライト 世紀のスクープの公開がいよいよ目前に迫ってきましたね。

スポットライト

(C) 2015 SPOTLIGHT FILM, LLC

アメリカの「ボストングローブ紙」の<スポットライト>という特集記事を担当する記者たちが、神父による性的虐待と、カトリック教会がその事実を組織ぐるみで看過していたというスキャンダルを取材し記事として公表したという実際の出来事をモチーフに制作されています。

世の中の強大な権力に立ち向かった記者たちの姿を描いたこの作品、ポスタービジュアルでも目を引く、主要記者の中で唯一の女性記者を演じるのがレイチェル・マクアダムスです。

カトリック教会の善良性を信じる家族を持つ女性記者が、世間に真実を伝える記者としての自分と、カトリックを心の拠り所として生きてきた家族を持つ一市民としての自分との狭間で葛藤する女性記者を好演し、アカデミー賞助演女優賞にノミネートされました。

4月15日の公開に合わせ、初来日も予定しているレイチェル・マクアダムスはファッションやヘアスタイルなどファッションアイコンとしても注目されており、これからの活躍にもますます期待が集まっている注目の女優です。

そんなレイチェル・マクアダムス、『スポットライト 世紀のスクープ』はもちろんですが、その他にも様々な話題作に出演しています。今回は『スポットライト〜』とはまた違ったレイチェル・マクアダムスの魅力を楽しみながら鑑賞できる筆者オススメ作品をご紹介します。

恋愛映画の名作『君に読む物語』

きみによむ

この作品は彼女がスクリーンデビューをして間もない2005年に公開されました。レイチェルは主役アリーに抜擢され、日本でも王道のラブストリーとしてファンが多い作品です。

このときレチェルは27歳、自身とは身分の違う男性を家族の反対を押し切って一途に愛する記憶の中の女性を奥ゆかしくも力強く演じています。

彼女が着ている1940年代のファッションもとても素敵で、男性のみならず女性でも彼女の魅力にときめかずにはいられないはずです。

深夜のパリで巻き起こる不思議な出会い『ミッドナイト・インパリ』

ミッドナイト

アカデミー賞で脚本賞を受賞した、2012年公開、巨匠ウディ・アレン脚本、監督作としては最大のヒットとなった作品です。

レイチェルは前途の誰もが恋してしまう女性とは反対な、夢見がちなフィアンセに対し、現実的で強気、わがままで自由なお嬢様気質の女性を見事に演じています。

レイチェルを含め、今旬の俳優が時代を創ってきた文化人や芸術家に扮しており、マリオン・コティヤール演じるピカソの愛人役アドリアナ、ダリ役にエイドリアン・ブロディフィッツジェラルド役にトム・ヒドルストン、さらには今をときめくレア・セドゥ!と豪華なキャスティングにも思わず笑みがこぼれてしまいます。

美しいパリの町並みとウディ・アレンならではの饒舌な会話術にも注目して観て下さい。

レイチェル・マクアダムスの魅力が炸裂!『アバウト・タイム 愛しい時間について』

アバウトタイム

(C)2013 UNIVERSAL STUDIOS

記憶にも新しい2014年公開、『ノッティングヒルの恋人』『ブリジットジョーンズの日記』や、『ラブ・アクチュアリー』など、恋する女性をチャーミングに描くリチャード・カーティス監督によるラブロマンス映画です。

タイムトラベルできる能力を持つドーナル・グリーソン演じるティムが恋に落ちるのが、レイチェル演じるメアリー

この映画はレイチェルの持つ魅力を全て濃縮して魅せているといっても過言ではないほど、彼女のかわいさを120%楽しめる作品です。

特に初めてティムと出会った前髪を切りすぎているシーンや、着ぐるみをきてふざけるシーン、メインビジュアルにもなっている結婚式でくしゃくしゃになって笑うシーンなど、とにかくレイチェルのプロモーションビデオを見ているかのような愛くるしく移り変わる豊かな表情にきゅんとくること間違い無し。

筆者はレイチェルのあまりのかわいさに公開期間中、劇場に4回足を運びました!

レイチェルの魅力はもちろん、それを引き立たせる色鮮やかでかわいい洋服、美しい景色と小物使い、音楽の挿入のされ方、少し風変わりな登場人物たちなど、観れば観るほど幸せな気持ちになれる作品です。

最後に、レイチェルが出演している今後の公開作品としては、去年公開の『ナイトクローラー』での怪演が記憶に新しいジェイク・ギレンホールが主演のボクシング映画、『サウスポー』です。

サウスポー

Artwork(C) 2015 The Weinstein Company LLC. All Rights Reserved.

ジェイク演じるビリーが最も愛する妻の役をレイチェルが演じています。

チャンピオンボクサーの妻として夫を支える妻としての演技では彼女のどんな表情がみれるのでしょうか。

6月の公開がとても楽しみな作品です。

レイチェル

いかがでしたか?

男性のみならず、女性をも魅了するレイチェル・マクアダムス。彼女の魅力的な演技、まだ未見の方はぜひスポットライト 世紀のスクープの公開に合わせてチェックしてみて下さいね。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • miku
    3.6
    街レベルの大きな闇にジャーナリズムとして声をあげる事の重要さと、組織的に行われている事に多くの人が被害に遭いながらも声を出せない現実が存在している事。これが事実である現実に胸が痛くなった。
  • ずこやま
    3.5
    ジャーナリストが悪事を暴く。日本のマスゴミもこういう仕事すればいいのに。芸能人の熱愛とか不倫とか追いかけてないで
  • いずぼぺ
    3.8
    観ているうちにずいぶん前にこのニュースを知っていることを思い出した。米紙(どれかは忘れた)で大きく取り上げられていたこと、日本のニュースでも扱っていたがイマイチ熱の入りきらない報道だあったこと。 ボストングローブ紙が記事にしたことと同じぐらいこの作品が映画化したことは困難だっただろう。 日本に住んでいるとわかりづらいが、欧米の保守的な地域で信仰は住民をつなぐ協力なアイテムである。教会や宗派を攻撃することはその地域では生活出来なくなる覚悟が必要である。信仰は人をつなぎコミュニティを強くする力がある反面、形骸化するとカルト化したりそのシステムや権力だけがコミュニティを縛る鎖となる。 映画としてはやや平坦なつくりだとは思うが、その心意気は十分に感じた。 195
  • April01
    4.0
    「ジャーナリズムとは」という問いへの答えになっているような、ストレートでシンプルな作り。ジャーナリストが職務に真摯に向き合う姿を通じて明らかになる事実と闇の深さに衝撃を受ける。 無駄な起伏をつけることを極力避けている印象を受けた。 ドキュメンタリーのようでもあり派手なアピールもなく事の深刻さに緊張し引き込まれていく感じ。 最後に実際の被害者数や訴訟地域などが示され、社会派映画として見ごたえがあった。
  • akane
    -
    以前
「スポットライト 世紀のスクープ」
のレビュー(32255件)