レイチェル・マクアダムス初来日!「一生に一度のめぐり合わせ」と花柄ワンピで魅了!

2016.04.14
映画

FILMAGA編集部

フィルマーくま

第88回アカデミー賞作品賞&脚本賞ダブル受賞を果たした『スポットライト 世紀のスクープ』(4月15日公開)の記者会見が4月14日に日本外国特派員協会で記者会見が行われ、初来日を果たしたレイチェル・マクアダムスが登壇しました。

レイチェル03

レイチェルは「コンニチワ」と日本語で挨拶。花柄の刺繍が施されたミニ丈のワンピースで登場し、「『スポットライト』のチームの着ているものは、ユニフォームのようなもの。ジャーナリストにはファッションはあまり大事ではないと知ったわ。Tシャツとパンツを履いて、『よし、これで撮影できる』という役は女優にとっても珍しい役どころ。すごく居心地がよかったわ」とユーモアたっぷりに話すなど、キュートな笑顔と気さくな人柄で会場を大いに魅了していました。

レイチェル05

神父による児童への性的虐待を、カトリック教会が組織ぐるみで隠蔽してきた衝撃のスキャンダルを暴いたボストン・グローブ紙の調査報道チームの軌跡を映画化した本作。

レイチェルは、唯一の女性記者として活躍するサーシャ・ファイファーを熱演し、本年度のアカデミー賞で助演女優賞にノミネートされました。サーシャ本人とも濃密なやり取りをし、役作りに挑んだというレイチェル。

レイチェル02

「一筋縄ではいかない職業。記者がいかに影のヒーローであるかを知った」といい、「長期的な取材では『これで記事が書ける』というところに辿り着けるまでには、大変な時間がかかるもの。暗闇の中で手探りで探している状況だけれど、『いつか真実を見つけられるんだ』と信じ続ける心は、素晴らしいと思ったわ」と真摯に仕事に取り組む記者たちから刺激を受けることも多かったそうです。

また、『きみに読む物語』や『アバウト・タイム 愛おしい時間について』など数々のヒット作に出演してきたレイチェルですが、本作との出会いについては、「一生に一度のめぐり合わせ」と明かしました。

レイチェル04

「脚本を読んだときには、誰が観るんだろうと思ったの」と脚本の印象を話し、「報道では知っていた事件だけれど、私が知らなかった細かいことまでが描かれていた。そこに惹かれたわ」と告白。

「決して派手な作品ではないけれど、本作がたくさんの方に支持されたことで、私は大きな勇気をもらったわ。観客の方々も真実に迫る物語が観たいんだと思った。この作品をきっかけに、もっとこのような作品に出たいと思った。まだまだ綴られるべき物語はあるはずだから」と、女優業に励む上でもパワーとなるような作品になったと心を込めて語っていました。

レイチェル06

さらには「今回、この映画をきっかけに『私もこんな体験をした』と声を上げている人も多いそうなの。声なきものに声を与えられた。この映画が、自分のことを声高に言える勇気を与えられることができたのかもしれない」と本作のもたらした功績にも誇らしげな表情。

レイチェルの『スポットライト 世紀のスクープ』への並々ならぬ愛情が伝わる記者会見となりました。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • あら楽し
    4.0
    報道かっこええな
  • 4.3
    少し長かったけれど、のめり込んでみてしまうくらい面白い作品だった。 この事件のポイントである「教会」は身近ではないかもしれないけれど、似たような権力構造やシステムは自分の身近でも容易に思いつく。 果たして私たちも弱者に寄り添って正義のために動けるだろうか?頭でわかっていても、実際に行動できるだろうか?と映画を見ながら思った。
  • ごんしらむそい
    4.0
    扱ってるテーマが重いのにおもしろい。マークラファロが教会で歌ってる子供達をなんとも言えない顔で見てたのが印象的。キリスト教圏では教会がこんなにも強い存在なんだとおもた。
  • 3.7
    あってはならない聖職者の汚職、日本では馴染みのない事件で新鮮だった。 これを暴くことにより救われる者、信じてきたものが崩れるものも多いだろう。 報道の責任と影響力は絶大だなと改めて思ったし、新聞でこの影響力なので比較にならないほどの情報の中を生きている私達は最大級の意識をもって情報と接していかなければならない
  • rubiokishi
    4.0
    熱い
「スポットライト 世紀のスクープ」
のレビュー(27008件)