レイチェル・マクアダムス初来日「アカデミー賞授賞式は今までで最高の一夜」

第88回アカデミー賞で作品賞と脚本賞をW受賞した『スポットライト 世紀のスクープ』(4月15日公開)で初来日したレイチェル・マクアダムスが、4月16日にTOHOシネマズ日劇1で開催された舞台挨拶に登壇しました。

レイチェル初来日のお祝いゲストとして、片づけコンサルタントの近藤麻理恵が駆けつけると、著書を愛読していたレイチェルは大興奮でした。

レイチェル06

最初にレイチェルは「コンニチハ!ジャパン」と笑顔で挨拶した後、「地震のこと、心を痛めていますし、被害に遭われた方のことを思っております」と、熊本大地震の被災者への思いを口にし、沈痛な表情を見せました。

レイチェル04

アカデミー賞授賞式の話になると、レイチェルは「今まで生きてきた中で最高の一夜となったわ」と言葉を弾ませます。「作品賞は、もちろん受賞するんじゃないかと思っていたけど、決まった瞬間は、ショックの方が大きかったわ(笑)。作品規模も大きくないインディーズ映画だし、派手さもない映画を、ここまで支持してくださった方々に心から感謝したい。またこのような作品がアカデミー賞を受賞するということが女優としても大変励みになったわ」とこれからのキャリアにおいても自信にもつながったと語りました。

レイチェルたて

続いて、花束を手に近藤が登場すると、レイチェルは「来てくださってありがとう!本も読んだわよ」と、かなりのリアクションで、大喜びしていました。

レイチェル

近藤の著書「人生がときめく片付けの魔法」は、累計200万部を売り上げ、世界30カ国以上でも翻訳されています。アメリカでは米Amazon総合1位を獲得し、2015年にアメリカの雑誌TIMEによる「世界で最も影響力のある100人」に、作家の村上春樹と共に選出されたというからスゴイ!

レイチェル07

近藤も「私も映画を拝見させていただいたし、新聞の記事も読んでいました。私の本も読んでいただいたということで、今日お会いできて本当にうれしいです」と感激し、2人で楽しそうに意気投合していました。

また、本を読んでから片づけを実践しているか?と尋ねられたレイチェルは「シャツは学んだとおりにたたんでいるし、ソックスもいま頑張っているわ。また、ちょうど引っ越しをするタイミングで本を読めたので、良かったわ」と言うと、近藤も「すごくうれしいです」と笑顔を見せました。

レイチェル

『スポットライト 世紀のスクープ』は、世界中に衝撃を与えた、カトリック教会の神父による児童への性的虐待という衝撃的な題材を扱った社会派ドラマ。

レイチェルは、この世紀の大事件をスクープした、アメリカの新聞ボストン・グローブ紙の記者、サーシャ・ファイファー役を演じ、アカデミー賞助演女優賞にノミネートされています。

(取材・文 / 山崎伸子 撮影 / 鸙野茜 編集 / 辻千晶)

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • YuA
    3.6
    根深い闇についての話なので、全体に被害者の話を不必要に下品にせず、記者が事実を丹念に洗い出していく地道な部分にスポットライトを当てていた。加害者に当てるのは難しかった印象。 宗教が厄介なのは、本当に必要な状況にいる人と、それを支えてあげる人と、ただ何も考えたくないからそこに属してただただ信じている人と、既得権益を守りたい人で集団化するからだと思う。後ろの二組が結構占めているので、実は犯罪に繋がりやすい気がしているのは、私だけでしょうか。 研究をしていた情報提供者は顔は出てこなかったし、映画を作る上でいろいろ配慮が必要だったのか、それとも実際もそんな感じで取材が進んでいったのか。
  • kana
    4.8
    聖職者の児童性虐待 韓国映画「トガニ」も 同じテーマの映画だけど どちらも事実。。 声を上げられない社会的弱者に 聖職につく人たちが… なんていう世の中でしょう。。 調べてみたら なんと日本でも同じことが起きていて 学校側が 事実を容認しないという記事を見つけた。 こういう光が当てられないようなことを、映画としてスポットライトを浴びた時は、非難すべきときはアクションしなくちゃいけないとおもった
  • ken
    3.8
    今世界にある宗教、教会は人が作ったもの。 固定概念だけで信じるのは危険。 自分ので信じる人を判断しないと。 ただ、子供たちにそれはできない。 全てじゃないかもしれないけど、暴かれてよかった。 世界のため、国のため、身近な人のため、家族のために仕事する記者達はかっこよかった。 悪側につく弁護士ってどういう気持ちなんだろう。
  • ミレイ
    3.8
    あまりに淡々と話が進むので、最初の30分くらいは危うく寝落ちしそうになった。 でも良い映画でした。骨太。静かな闘い。 地道な調査を一つ一つ積み重ねることの大変さと大切さ。 実話ならではの説得力がありました。 記者達が教会との馴れ合いにも圧力にも屈しないで信念を貫き通したところ、格好良かった。 新しい局長が核。トップの方向性って本当に大事。 虐待を繰り返す神父たちは聖職者としての自分との矛盾は感じないのだろうか? 信頼され警戒されない立場を利用して、子供に近付きやすいからと神父になる小児性愛者がいるとしたら、本当に怖い。 最後のテロップ、心底ゾッとしました。
  • メル吉
    3.8
    記録
スポットライト 世紀のスクープ
のレビュー(38486件)