レイチェル・マクアダムス初来日「アカデミー賞授賞式は今までで最高の一夜」

第88回アカデミー賞で作品賞と脚本賞をW受賞した『スポットライト 世紀のスクープ』(4月15日公開)で初来日したレイチェル・マクアダムスが、4月16日にTOHOシネマズ日劇1で開催された舞台挨拶に登壇しました。

レイチェル初来日のお祝いゲストとして、片づけコンサルタントの近藤麻理恵が駆けつけると、著書を愛読していたレイチェルは大興奮でした。

レイチェル06

最初にレイチェルは「コンニチハ!ジャパン」と笑顔で挨拶した後、「地震のこと、心を痛めていますし、被害に遭われた方のことを思っております」と、熊本大地震の被災者への思いを口にし、沈痛な表情を見せました。

レイチェル04

アカデミー賞授賞式の話になると、レイチェルは「今まで生きてきた中で最高の一夜となったわ」と言葉を弾ませます。「作品賞は、もちろん受賞するんじゃないかと思っていたけど、決まった瞬間は、ショックの方が大きかったわ(笑)。作品規模も大きくないインディーズ映画だし、派手さもない映画を、ここまで支持してくださった方々に心から感謝したい。またこのような作品がアカデミー賞を受賞するということが女優としても大変励みになったわ」とこれからのキャリアにおいても自信にもつながったと語りました。

レイチェルたて

続いて、花束を手に近藤が登場すると、レイチェルは「来てくださってありがとう!本も読んだわよ」と、かなりのリアクションで、大喜びしていました。

レイチェル

近藤の著書「人生がときめく片付けの魔法」は、累計200万部を売り上げ、世界30カ国以上でも翻訳されています。アメリカでは米Amazon総合1位を獲得し、2015年にアメリカの雑誌TIMEによる「世界で最も影響力のある100人」に、作家の村上春樹と共に選出されたというからスゴイ!

レイチェル07

近藤も「私も映画を拝見させていただいたし、新聞の記事も読んでいました。私の本も読んでいただいたということで、今日お会いできて本当にうれしいです」と感激し、2人で楽しそうに意気投合していました。

また、本を読んでから片づけを実践しているか?と尋ねられたレイチェルは「シャツは学んだとおりにたたんでいるし、ソックスもいま頑張っているわ。また、ちょうど引っ越しをするタイミングで本を読めたので、良かったわ」と言うと、近藤も「すごくうれしいです」と笑顔を見せました。

レイチェル

『スポットライト 世紀のスクープ』は、世界中に衝撃を与えた、カトリック教会の神父による児童への性的虐待という衝撃的な題材を扱った社会派ドラマ。

レイチェルは、この世紀の大事件をスクープした、アメリカの新聞ボストン・グローブ紙の記者、サーシャ・ファイファー役を演じ、アカデミー賞助演女優賞にノミネートされています。

(取材・文 / 山崎伸子 撮影 / 鸙野茜 編集 / 辻千晶)

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • RINA
    4.5
    あっという間に見終わった。 この事件を知らなかったので実話だと気づいた時、衝撃だった。 カトリック教会という誰もが知っている大きな組織でこんな重大な不祥事があったことが信じられなかった。 「被害者にならなかったのは、たまたま運が良かったから」
  • 櫻子
    3.7
    当時のニュースのその後の経緯を追ったら、一連の騒動により、アメリカなどでは一度でも児童への性的虐待が発覚した聖職者は再任することができなくなったが、職場を追われた神父らが、メディアなどの監視が行き届かない南米など発展途上国で同様に聖職に就き、同様の事件を起こしていることがわかり、新たな問題になっていたり、日本カトリック司教協議会は日本国内でも性的虐待があったことについて、2002年6月21日に「子どもへの性的虐待に関する司教メッセージ」として発表。2019年4月8日、全国にある16司教区を通じた性的虐待に関する調査実施の方針を決定した。 日本では、男性(公表当時62歳)が実名での性的虐待被害を告発した。児童養護施設「東京サレジオ学園」に在園していた小4の時に元園長のトマス・マンハルド神父から1年間にわたって性的虐待を受けたという。2020年6月、国内の被害者たちが長崎市内で集会を開き、被害者の会の設立を宣言した。 ・・・といった感じでWikipediaではまとめられていて、20年経っても全然済んでいない話でなんともいえない後味。 信仰は、そもそも人の手に余るものなのだろうかと立ち止まる機会が今年は少なくない。
  • おかもつ
    3.8
    帰省のタイミングで時間があったので、見返してみた。 信仰というものにあまり縁の無い私から見ても、今まで信じていたものが、ドロドロと醜く真実を隠していたとしたら、言葉にならないほどショックだろうなと。 今まで長い間、全員が目を瞑っていた それを告発し、暴いていく勇気、 本来の報道とはこういうものなのだと感じた。 ずっと声だけの出演だった彼が、 いつ出てくるのかと思っていたら、、、、 そういう演出だからこそキーマンになり得るのよね。
  • ゆかり
    4.4
    今月でネトフリ配信終了なので久しぶりに見返した。 当時この問題がニュースになっていたのをうっすらと覚えている気がする。 私はそこまで強い宗教観を持っているわけではないので、信者の苦悩を想像することはできなかった。 しかし、神の声を伝える神父からの虐待って、信者はこの先どうやって生きていくのだろう。信念を持ち続けるのか、それともキリスト教を抜けるのか。(その後のドキュメンタリーがあったら観たい) 犯罪者が正しく罰せられる世界になってほしい。
  • 万事絶好調
    3.7
    公開時に見て、あんま覚えてなくて、名作『スティルウォーター』見たあとにスポットライトの人か!!ってなって再見。 マークラファロさんが調べものに突っ走る系映画。ダークウォーターズでも調べまくってたラファロさん。 バットマンとかでどうでもいいような印象が強い(とんでもなく失礼)マイケルキートンさんが、かなりいい役!誠意! とにかくマークラファロさんとともに映画もグイグイと進む。登場人物にオッサンが多すぎて混乱は免れないんだけど、こんな人どっから見つけてくるのか??と思わずにいられないような、いや、ご本人だろこれはというような絶妙なキャスティングが脇役に至るまで素晴らしい! 新聞好きとしては新聞社にまつわる映画はめちゃくちゃ興味深いし、輪転機がまわってトラックで出荷されてくシーンは否応なく気持ちが盛り上がる。 同じ音楽がマジでずっと流れ続けるのには逆に驚く。
スポットライト 世紀のスクープ
のレビュー(49825件)