レイチェル・マクアダムス初来日「アカデミー賞授賞式は今までで最高の一夜」

第88回アカデミー賞で作品賞と脚本賞をW受賞した『スポットライト 世紀のスクープ』(4月15日公開)で初来日したレイチェル・マクアダムスが、4月16日にTOHOシネマズ日劇1で開催された舞台挨拶に登壇しました。

レイチェル初来日のお祝いゲストとして、片づけコンサルタントの近藤麻理恵が駆けつけると、著書を愛読していたレイチェルは大興奮でした。

レイチェル06

最初にレイチェルは「コンニチハ!ジャパン」と笑顔で挨拶した後、「地震のこと、心を痛めていますし、被害に遭われた方のことを思っております」と、熊本大地震の被災者への思いを口にし、沈痛な表情を見せました。

レイチェル04

アカデミー賞授賞式の話になると、レイチェルは「今まで生きてきた中で最高の一夜となったわ」と言葉を弾ませます。「作品賞は、もちろん受賞するんじゃないかと思っていたけど、決まった瞬間は、ショックの方が大きかったわ(笑)。作品規模も大きくないインディーズ映画だし、派手さもない映画を、ここまで支持してくださった方々に心から感謝したい。またこのような作品がアカデミー賞を受賞するということが女優としても大変励みになったわ」とこれからのキャリアにおいても自信にもつながったと語りました。

レイチェルたて

続いて、花束を手に近藤が登場すると、レイチェルは「来てくださってありがとう!本も読んだわよ」と、かなりのリアクションで、大喜びしていました。

レイチェル

近藤の著書「人生がときめく片付けの魔法」は、累計200万部を売り上げ、世界30カ国以上でも翻訳されています。アメリカでは米Amazon総合1位を獲得し、2015年にアメリカの雑誌TIMEによる「世界で最も影響力のある100人」に、作家の村上春樹と共に選出されたというからスゴイ!

レイチェル07

近藤も「私も映画を拝見させていただいたし、新聞の記事も読んでいました。私の本も読んでいただいたということで、今日お会いできて本当にうれしいです」と感激し、2人で楽しそうに意気投合していました。

また、本を読んでから片づけを実践しているか?と尋ねられたレイチェルは「シャツは学んだとおりにたたんでいるし、ソックスもいま頑張っているわ。また、ちょうど引っ越しをするタイミングで本を読めたので、良かったわ」と言うと、近藤も「すごくうれしいです」と笑顔を見せました。

レイチェル

『スポットライト 世紀のスクープ』は、世界中に衝撃を与えた、カトリック教会の神父による児童への性的虐待という衝撃的な題材を扱った社会派ドラマ。

レイチェルは、この世紀の大事件をスクープした、アメリカの新聞ボストン・グローブ紙の記者、サーシャ・ファイファー役を演じ、アカデミー賞助演女優賞にノミネートされています。

(取材・文 / 山崎伸子 撮影 / 鸙野茜 編集 / 辻千晶)

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS

  • Keiko
    3.8
    教会というシステムについて考えさせられる映画。現在進行形で再発してないといいけど、、 ボストンの懐かしい場所や知名、さらにはBoston Collegeまで出てきてびっくり ロビー役が良かった でも結局枢機卿はお咎めなしどころか最高位のローマへ移転、、、胸糞わるい
  • よう
    3.6
    なかに見応えがあり、新聞記者たちが真実を明らかにするために地道な取材を続けていくさまがよく描かれていたと思います。 神を信仰すること自体は良いことやと思いますが、自分のエゴが捨てられず神の威を借りて弱者を虐げ、それを隠すという人間ならではの残酷性のコントラストが心に残りました。
  • investigador
    4.3
    点と点がつながっていく様と、記者それぞれが感じる怒り驚き葛藤などが丁寧に描かれていて、役者の技量も大きく難しいテーマながら非常にわかりやすく作られている印象。 神父の精神年齢が低い、この部分は昨今のAll虐待の解決に向けて掘り下げ続けるべき事柄であろう。 上映当時見逃し、レイチェルが出てるとのことでようやく鑑賞したが、約8年前の自分ではここまで感慨を受けなかっただろうと思うから今観てよかった作品。
  • masat
    3.5
    「教会は、万能なのだ」 と、弁護士はベンチに座りながらハッキリと言った。 万能?教会が?神、ではないのか?? それを表すかの如くに差し込まれた“ニューヨークの愚行”におけるニュース。 その煙るビルが映し出されるブラウン管。その横のブラウン管では、神の遣いとしての枢機卿が、声高らかに人類を温かく包み込む様に励ましている。 昨今話題の宗教問題もそうであるが、人間の弱さに根差した創造物が、実態の無いものが、巨大なコミュニティを形成し、力を持ってしまったと言う結果において、完璧なものなど到底ある訳もなく、所詮人間が創り出したものなのだから、隙が生まれる。 その隙を人間自らが“監視”しなくてはならない。 その善意ある監視人たちが、向かって行く中で、人類の矛盾に直面し、やがて自らにも迷い、律し、それでも進んで行くチーム、そのリレーションシップが、自分ごとのように思え、思わせてくれる。地味ながらも、そんなマジカルな瞬間を捉えた作品だった。
  • ぞぞ
    3.4
    日本人には馴染みのない価値観 教会を守りたいとは
スポットライト 世紀のスクープ
のレビュー(50542件)