【WOWOW】見逃した方、もう一度見たかった方必見!独占初放送『パラサイト 半地下の家族』通常版&モノクロ版を含むポン・ジュノ監督作品8作品を大放出

WOWOWでは11月7日(土)夜9時より、第92回アカデミー賞で最多4部門を受賞し、その名を歴史に刻んだ映画『パラサイト 半地下の家族』(字幕版)を独占初放送のほか、そのモノクロ版を含む至極のポン・ジュノ監督作品を大特集!長編映画監督デビュー作である『ほえる犬は噛まない』や、Filmarksでも★3.9(2020年10月20日(火) 時点)と高評価のソン・ガンホ出演作『殺人の追憶』など含めた至極の8タイトルを放送します。

さらに、ポン・ジュノ監督の魅力を紐解いていく特別番組の放送や、『パラサイト 半地下の家族』(字幕版)同時鑑賞会イベントなど、内容盛りだくさんの特集となっています。しかもWOWOWメンバーズオンデマンドで全作同時配信されるので、移動中や外出先でもスマホやタブレット、PCがあれば気軽に視聴が可能に。

今回は、今年最も世界を熱狂させた映画監督 ポン・ジュノの作品の魅力を『パラサイト 半地下の家族』を筆頭に、たっぷりとご紹介していきます!

世界が震撼『パラサイト 半地下の家族』とは

『パラサイト 半地下の家族』は、映画『殺人の追憶』『グエムル 漢江の怪物』などで世界中の映画ファンをエキサイトさせてきた鬼才ポン・ジュノ監督の、新作にして集大成的大傑作。

今年発表の第92回アカデミー賞で非英語映画として初となる、作品賞を含む4部門を制し、第72回カンヌ国際映画祭でも最高賞にあたるパルムドールを受賞したエポックメイキングな歴史的1本でもあります。ここ日本でも、韓国映画として史上最高となる興収46億円超の特大ヒットを記録しました。

計算尽くしのディテール あの豪邸も半地下も、すべてセット

半地下にある家で暮らす貧しい4人家族は、ひょんな事から高台で暮らすセレブ一家の豪邸に出入りするように。息子と娘は家庭教師、母は家政婦、父は運転手として、互いが家族であることを隠しながらジワジワとセレブ家に寄生していきます。しかしその豪邸には、想像を絶する衝撃的な秘密が隠されていました。

いつの世も、世界共通の問題である「持つ者と持たざる者の格差」「共存の難しさ」というテーマを視覚的にも強調すべく、監督は“高低差”に着目。実はセットのほとんどが本作のために制作されたものであり、階段や段差の多い豪邸な家は、一軒丸ごと建築したもの。

急こう配の坂のある雑多な街並みも意図的に作りこまれ、高台にある“豪邸” と日の当たらない“半地下”という高低差で、格差社会を皮肉たっぷりに表現しています。

“富裕層”と“貧困層”が空間的に隔たる世界は綿密に計算された美術セットでありながらも、私たちに胸が痛くなるほどの現実を突きつけてきます。ディテールを重視し「神は細部に宿る」をポリシーとする“ポンテール”がいたるところに散りばめられており、監督があまりにも階段を多用するので、撮影スタッフたちは本作を“階段映画”と呼んでいたとか。

※ポンテール:ポン・ジュノの細部(ディテール)、略して「ポンテール」

社会的地位が異なる人間たちがお互いを理解し、手を取り合って共存する。そんな道徳的に正しい理想をことごとく打ち破っていく怒涛の展開も、悲しいことに実にリアル。

ポン・ジュノ監督曰く、本作は「悪人のいない悲劇であり、コメディアンのいない喜劇」とのこと。今までに食糧問題や未解決事件、障がい者の責任能力など、どんな娯楽作にも必ず社会問題を反映してきたポン・ジュノ監督の一貫したポリシーが最も色濃く反映され、世相の裏に潜む”格差社会”という現実を突きつけ、観客の心を鷲掴みにしました。

また劇中の重要なアイテムとして登場する「水石」や「桃」も意味深であり、伏線としてストーリーに強烈なインパクトを与えます。そもそも、とあるキャラクターが桃アレルギーという設定は、ポン・ジュノ監督とその友人との出来事が元ネタとなっているそうです。さらに豪邸に家庭教師として出入りするという設定も、ポン・ジュノ監督の家庭教師としてのアルバイト経験に大きくインスパイアされたものであるとか。こういった実体験がキャラクターそれぞれに反映されたからこそ、リアルを追求した人間味溢れるキャラクター造形が成立したのでしょう。

それら人物や事象を捉えるショット、巧みな編集が寸分の狂いもなく完璧なのは、漫画好きの監督自らがストーリーボードを事前に完成させていたから。撮影の段階で全スタッフに監督の脳内イメージが共有されていることで、緻密なストーリーに計算された画角の美しさを作ることが出来たと言えます。

撮影当時、監督はスタッフ一人一人の名前をしっかりと覚え、全員で一つの作品と向き合うという姿勢で現場に臨んでいたそうです。監督というリーダーが先頭に立ち大きく旗を振れば、その後ろに続く仲間たちもそれに応えようと、あらゆる趣向を凝らします。

その一つが、“匂い”の表現です。半地下の家のセットに美術係が集めた本物の生ごみを置き、その異臭がハエや蚊を自然に集めることによって、映像には映らない”匂い”を生み出すことに成功しました。

そういった細部への拘りはすべてリアルの追求であり、良い作品を作りたいという製作陣の想いの強さの現れとも言えます。これぞポンテールを支える神髄です。一度の鑑賞では到底捉えきれないほどのディテールの細かさは、2度、3度と見返すことで、より深く半地下の世界を楽しめるようになっています。

モノクロなのにより鮮明?『パラサイト 半地下の家族』モノクロ版

今回の特集で注目すべきは、『パラサイト 半地下の家族』モノクロ版。かつて自身の監督映画『母なる証明』のモノクロバージョンをソフト化するなど、白黒古典映画への愛着をみせる監督は、『パラサイト 半地下の家族』でもその偏愛とこだわりを炸裂させました。『ミスト』のフランク・ダラボン監督しかり、白黒映画へ憧れを持つのは鬼才あるあるなのでしょうか。

色彩がそぎ落とされた白黒の世界では、人物の動きや表情に重みが増し、非常に濃厚な見ごたえに。後半の衝撃的展開でその扉が開く地下の深さは、白と黒のコントラストによって底が見えず、恐怖をより一層煽ります。色による情報がない分想像力が刺激され、サスペンスとしての面白さもより強調された仕上がりとなっています。

映画終盤の重要なキーワードになる“匂い”も、モノクロ版では画面を通してより強く感じられるのも不思議。同じ作品のはずなのに、なぜカラー版とこんなにも違うのか?ぜひ両方を見比べてください。

もっと地下深く掘り進みたいアナタには

また、今回のWOWOWの放送では映画『パラサイト 半地下の家族』の同時鑑賞会を開催いたします。「#WOWOW同時鑑賞会」を付けてツイートし、臨場感ある楽しい時間を過ごせること間違いなし。劇中に出てくるチャパグリを用意してみるなど、放送で観ることならではの楽しみ方も様々です。(WOWOWメンバーズオンデマンドでも同時配信されます)

さらに、より一層本特集を楽しむための特別番組2シリーズを11月1日(日)(午後5:40)と11月3日(火・祝)(午後3:00)より放送。ポン・ジュノ監督作品の魅力に迫ります。

映画『パラサイト 半地下の家族』でアカデミー賞編集賞にノミネートされたヤン・チンモや、ポン・ジュノ監督の才能を見出したとされる韓国の大物プロデューサー、チャ・スンジェに独占インタビューし、『パラサイト 半地下の家族』誕生の内幕に迫りました。長編映画デビュー作の『ほえる犬は噛まない』から最新作の『パラサイト 半地下の家族』まで、ポン・ジュノ作品に通ずるものとは何なのか、その答えをじっくり紐解いていきます。この機会に、是非ポン・ジュノの世界に浸ってみてください!

ポン・ジュノ監督特集 放送・配信予定日一覧

■『パラサイト 半地下の家族』

・放送日: 11/7(土)夜9:00(WOWOWシネマ)[字幕版]
11/8(日)午前10:10(WOWOWプライム)[吹替版]
11/9(月)深夜0:30(WOWOWプライム)[吹替版]
11/15(日)午前9:10(WOWOWシネマ)[字幕版]
11/26(木)午後2:45(WOWOWプライム)[吹替版]
・同時配信:WOWOWメンバーズオンデマンド

■『パラサイト 半地下の家族』モノクロ版

・放送日: 11/7(土)深夜1:15(WOWOWシネマ)[字幕版]
11/21(土)午後1:15(WOWOWシネマ)[字幕版]
・同時配信:WOWOWメンバーズオンデマンド

■『ほえる犬は噛まない』

・放送日: 11/7(土)午前9:45(WOWOWシネマ)[字幕版]
11/15(日)午前4:45(WOWOWシネマ)[字幕版]
・同時・見逃し配信:WOWOWメンバーズオンデマンド

■『殺人の追憶』

・放送日: 11/7(土)午前11:45(WOWOWシネマ)[字幕版]
11/15(日)午前6:40(WOWOWシネマ)[字幕版]
・同時・見逃し配信:WOWOWメンバーズオンデマンド

■『グエムル 漢江の怪物』

・放送日:11/3(火・祝)午後3:20(WOWOWプライム)[字幕版]
11/7(土)午後4:15(WOWOWシネマ)[字幕版]
・同時・見逃し配信:WOWOWメンバーズオンデマンド

■『スノーピアサー』

・放送日: 11/7(土)夜6:30(WOWOWシネマ)[字幕版]
11/21(土)午後3:30(WOWOWシネマ)[字幕版]
・同時・見逃し配信:WOWOWメンバーズオンデマンド

■『母なる証明』

・放送日: 11/7(土)午後2:00(WOWOWシネマ)[字幕版]
11/29(日)午前9:45(WOWOWシネマ)[字幕版]
・同時・見逃し配信:WOWOWメンバーズオンデマンド

■『TOKYO!』

・放送日: 11/7(土)夜11:20(WOWOWシネマ)[字幕版]
11/21(土)深夜2:30(WOWOWシネマ)[字幕版]
同時・見逃し・配信:WOWOWメンバーズオンデマンド

■鬼才ポン・ジュノの世界
「映像にリズムを刻む演出術」:11/1(日)午後5:40(WOWOWプライム)ほか
「ジャンルを超える想像力」:11/3(火・祝)午後3:00(WOWOWプライム)ほか
・同時配信:WOWOWメンバーズオンデマンド

詳しくは、番組概要欄をご確認ください。

パラサイト 半地下の家族/パラサイト 半地下の家族[モノクロ版][PG12指定]:(C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED
ほえる犬は噛まない:(C) 2013 CJ E&M CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED
殺人の追憶  [PG12指定](C) 2003 CJ Entertainment Inc&Sidus Corporation
グエムル 漢江の怪物:(C) 2006 Chungeorahm Film. All rights reserved.
スノーピアサー  [PG12指定](C)2013 SNOWPIERCER LTD.CO.  ALL RIGHTS RESERVED
母なる証明[PG12指定](C)2009 CJ ENTERTAINMENT INC. & BARUNSON CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED
TOKYO!:(C)2008「TOKYO!」

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS